ストローク テニス テニス上達

【テニス】フォームが汚いと悩む必要はない4つの理由

2018-05-07

自分のストロークやサーブのフォームが汚い…

と悩んでいませんか?

僕も以前は自分のフォームが汚いことに悩んでいました。試合では勝てるんだけど、毎回ボールに合わせてなんとか返すだけで、プロみたいにいつも同じ形できれいに打てないことが悩みで、 自分のテニスは見栄えがしないんだろうなと、フォームがきれいな人たちにずっと引け目を感じていました

しかし、今となってはそんな悩みは馬鹿らしい、というかそこまで気にする必要がないことだと断言できます。

それは

  • みんな少なからず自分のフォームに不満を持っている
  • フォームを意識して直すのは無理
  • 打ちやすいフォームは人それぞれ
  • テニスの勝ち負けはフォームで決まらない

からです。

自分のフォームに不満を持っているのはみんな同じ

この記事を読んでくれているあなたは、フォームが汚いという悩みは自分だけのものだと思っていませんか?

でも実際は全然そんなことありません。

みんな少なからず自分のフォームに不満を抱えています

僕は普段サークルでテニスをしていると、テニスのフォームについてサークルのメンバーとよく話す機会があります。

僕は自分の動画を撮ってあーでもないこーでもないと検証するのが好きで、他のみんなに

動画を撮ったりしないの?

と聞くのですが、だいたい

自分のプレーを見たくないから動画なんて撮りたくないよ

ナイスショットだったら撮りたいけど…

こんな感じの返事が返ってきます。

サークルの中のテニスの上手い人に聞いてみても、

自分はサーブのフォームはまあいいけど、ストロークのフォームはあんまり綺麗じゃないからなあ…

とか、フォアハンドもちゃんと打てるのに

俺のフォアはダサいから見たくない

なんていう人もいます。

かくいう僕も、テニスを5年くらいわりと真面目にやってきてストロークはそれなりに打てるものの、未だサーブのフォームに若干のコンプレックスを抱えているわけですw

サークルの中であまりテニスをやっていない人はもちろん、僕が話した限りではかなりの上級者でもほとんどの人が自分のフォームにコンプレックスを抱えていました

なかにはそれをあんまり気にしていない人もいますけどね。

そう考えると楽になってきませんか?

フォームに対するコンプレックスがないように見えるあの人も、実はコンプレックスはあるけどあんまり気にしていないだけかもしれませんよ。

関連記事

フォームを意識して直すのは無理

フォームが汚いと気にしてみたところで、それを意識して直すのは至難の業です。

よくテニス仲間から「フォーム変えたんだけどどう?」というようなことを聞かれるのですが、大体の場合 ほとんど変わっていません

もちろん、意識して動作を完全に別物に変えた場合には変わっていることはありますが、 大体の場合、本人が思っているほど動きは変わっていません。

友達がプロ選手のモノマネをしているのにその真似している本人のフォームのまんまで全然似ていないなんてこともよくあります。(マネがうまい人もいますがw)

これは友達だけじゃなくて、自分にも同じことが言えます。僕も友達にサーブの指導を頼んだときに「ここを変えて」といわれて自分ではその言葉の通り動作を変えているつもりなのに、何回やっても、「全然変わってないよ」と言われ続けたことがあります。

それくらい、自分のフォームを意識して変えるというのは難しいことなのです。

もしかすると、球を入れることを放棄すればフォームを変えることはできるかもしれません。しかし、実際に打ったときにフォームに頭がいきすぎて球が入らないのではテニスを楽しめないし、勝てないので苦痛です。

そうなるのではフォームを変えても全く意味がありません。

関連記事

打ちやすいフォームは人それぞれ

人間は、体格も筋肉の付き方も骨格も考え方もみんな違います。テニスも同じで、人それぞれ自分にあったフォームがあります。

フェデラーというフォームの美しい選手が戦績でもNo.1プレーヤーであるために、フォームの美しさ=テニスの強さみたいに思われがちですが、必ずしもそうではありません。

同じように世界ランク1位であるラファエル・ナダル選手も、元世界ランク1位のジョコビッチ、マレー、サンプラス、アガシ、マッケンローなどを見てみても、皆往年の名選手ですが、 誰一人としてフェデラーと同じフォームをしている人はいません

どの選手のフォームも無駄な動きがないという意味での洗練された美しさはありますが、フォームそのものは本当に人それぞれです。

悪い例えになってしまって恐縮ですが、僕はガルビス選手のフォアハンドは決してカッコいいフォームとは思いませんし、サービスエース数世界一のカルロビッチ選手のサーブも、フォームだけで言えばそこまでかっこいいとは思いません。

↑1試合で78本サービスエースを決めたこともあるカルロビッチ選手のサーブです。https://youtu.be/SmmmGm9fAcUより

プロ選手でさえフォームが違うのですから、僕らのようなアマチュアレベルで人によって打ち方が違うのは当たり前です。

もちろん、基本的な筋肉の配置や骨格は皆共通しているので、明らかにそれに反した体の使い方をしながらうまく打てないのであればフォームは変えなければなりません。

しかし、現状自分なりのやり方で普通に打てているのならそれがあなたにとって打ちやすい打ち方なのですから、大きく変える必要はありません。

テニスの勝ち負けはフォームで決まらない

そして今回の記事で一番伝えたかったことがこれ。

テニスの勝ち負けにフォームは関係ありません

テニスはフィギアスケートみたいにフォームの美しさを競うものではないのです。

僕自身あまりフォームがきれいな方ではなく、悩んでいたのでどうしてもこのことは伝えたかった…。

テニスはただ「球を多く返せば勝つ」それだけのスポーツです。

どんなにフォームが汚かろうと、走りまくってフォームが崩れようと、相手より多く球を返したほうが勝ちです。

むしろアマチュアレベルでは、フォームは汚くても、すごく走ってどんな球でも左右深浅にコントロールするのが上手いために強い選手はたくさんいます。

もちろんフォームがきれいであることに越したことはありませんが、テニスを真剣にやり続けていれば、きれいかどうかに限らずフォームは必ず洗練されてきます。僕もそうでした。

そこで身につけたフォームはあなたが勝つため、打ちやすいように洗練されたフォームなのだから、胸を張るべきです。フォームが汚いと言ってくるやつがいても、「自分の中ではこれがベストなんだ」と心の中で自信を持っていればよいのです。

関連記事

まとめ

この記事の内容ををまとめると

  • 皆多かれ少なかれフォームにコンプレックスがある
  • フォームは簡単に変えられない
  • 打ちやすいフォームは人それぞれ
  • テニスの勝敗とフォームは関係ない

テニスが単なる球入れゲーである以上、フォームを気にして悩むのは馬鹿らしいことだと言う理由がわかっていただけたでしょうか。

もちろん僕は、フォームを綺麗にするために努力することを否定していません。できるならフォームを綺麗にするに越したことはありません。

ただ、汚いフォームを変えられないと言って悩む必要はないということです。

いくら悩んだって変えられないし、他の人と自分は違うのだから違って当たり前です。他人と比べて悩んでも意味はないし、テニスの勝ち負けはフォームで決まらないので悩む必要もありません。

自分のフォームが「ダサい」なんてテニスプレーヤーの9割(たぶん)が思っていることです。悩む意味も必要もなく、変えられもしないフォームにくよくよ悩むのはやめて、自分のフォームに自信を持ちましょう。

最後まで読んで下さりありがとうございました!

-ストローク, テニス, テニス上達

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】小指側を使ってフォアハンドのスピン(回転)量を上げる方法

強力なスピンの掛かったフォアハンドを打つときには小指側の使い方がめちゃくちゃ大事です。 僕はこのことにテニスを初めて7年経っててようやく気づきました。その原因については下記記事に書いてます。 【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話 なぜスピンを増やすのに小指側が大事なのか、具体的に何をどう意識すればフォアハンドにスピンがかかるようになるのかについて書いていきますね。 「何当たり前のことを言ってんだこいつは…」と思った方はこの記事は閉じていただいて大丈夫です(笑) 目次 なぜ小指側が大事な ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】練習すりゃできる!股抜きショットのコツと練習方法4ステップ

テニスの股抜きショットは一見難しそうに見えますが、練習すれば意外と出来るようになります。 実際、僕も股抜きなんて難しそう…って思っていたクチですが、3日ほど真面目に練習したらできるようになりました。 もちろん僕はテニス7年目なのである程度ラケットとボールの扱いに慣れているというのもありますが、テニス歴が浅い方でも段階を踏んで練習すれば全然できそうだなと感じたんですよね。 ということで、僕が実際にやった股抜きショットの練習方法と、そこで分かった股抜きのコツを紹介したいと思います。 目次 股抜きショットの基本 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスで並行陣の低く浅いボレーに対するアプローチショットのコツ

ダブルスの平行陣に対して前ポトのボレーに追いつけなかったり、走りながらのアプローチでバックアウト連発していたりしていませんか?   この記事ではテニスのダブルス、特に平行陣の前ポト、短いボレーに対するアプローチショットのコツをお伝えしたいと思います。   アプローチにおいて大事なポイントは、マインド、身体の使い方、戦略の3つです。これらをすべて無意識にできるようになれば、見違えるようにダブルスを楽しめるプレーヤーになれること間違いなしです。   目次 アプローチショットのコツ ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】伸びるバックハンドスライスを打つのに絶対不可欠な3つのコツ

皆さんは普段テニスのラリーでスライスを使っていますか? スライスをうまく使えると ボレーがうまくなるシングルスの守備範囲が超広くなるラリーのペースを落とすことができる などのメリットがあります。試合をしない人でもスライスを打てると自分のテニスの幅が広がって面白いですよ。 それでは本題に入りましょう。 目次バックハンドスライスをうまく打つコツ打点と体の間に適切な距離を取る当たりの厚さで飛距離を調節する打点の高さに体を合わせるまとめ バックハンドスライスをうまく打つコツ Embed from Getty Im ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスのストロークで並行陣を崩す5つのコツ

ダブルスでなかなか平行陣に勝てない…そんな風に思っていませんか? シングルスでは速くて力強いストロークが打てるのにダブルスでは勝てない、そんな悩みを抱えているとしたら、その原因はダブルスのストロークを理解していないことかもしれません。 はっきり言って、ダブルスのストロークはシングルスのストロークとは別物です。 もちろん、シングルスのストロークが打てないのにダブルスのストロークがうまいというのも珍しいですが、シングルスのストロークがうまいからといってダブルスで強いとは限りません。 今日は、ダブルスで平行陣に ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォームが汚いと悩む必要はない4つの理由

自分のストロークやサーブのフォームが汚い… と悩んでいませんか? 僕も以前は自分のフォームが汚いことに悩んでいました。試合では勝てるんだけど、毎回ボールに合わせてなんとか返すだけで、プロみたいにいつも同じ形できれいに打てないことが悩みで、 自分のテニスは見栄えがしないんだろうなと、フォームがきれいな人たちにずっと引け目を感じていました。 しかし、今となってはそんな悩みは馬鹿らしい、というかそこまで気にする必要がないことだと断言できます。 それは みんな少なからず自分のフォームに不満を持っているフォームを意 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/14

テニス歴5年の僕がストローク練習に壁打ちをおすすめする理由とその方法!

こんにちは。僕は今日も元気にテニスをしました。ああ、今日も順調に単位回収が遠のいていくよ。 そんなどうでもいい話はさておいて。 みなさんテニスのストロークの練習をするときに、壁打ちをやったことはありますか??壁に向かって一人でボールを打ち続けるあれです。 この壁打ち、実はストロークの上達にすごく役立つって知っていましたか? 僕ももうテニスを初めて5年ほど経ちますが、ストロークがスムーズに打てなくなったときにはいつも必ず壁打ち練習に戻ってフォームを修正しています。 これも、壁打ち練習には対人の練習にはない練 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】今すぐできる一発逆転!シングルスでのスライスの使い方5つ!

こんにちは! 先日久しぶりにテニスのシングルスをしました。相手は球をバコバコ強く打ってくる相手でストロークの主導権を先に握られ苦しい展開になったのですが最終的には何とか勝ち切ることができました。 そこですごく役に立ったのがスライスでした。そこでこの記事では、僕が試合を通じて感じたシングルスでスライスをつかえる戦術的なメリットについて挙げていこうと思います! 目次スライスの戦術的なメリットその一 攻めにくいその二 時間を稼げるその三 相手の球が浮くその四 アプローチに使えるその五 相手が打ち慣れてない場合が ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】シングルスで勝つ!フォアの逆クロス上達に必要な5つのコツ

逆クロスってなに? フォアの逆クロスのコツが知りたい! そんな方に向けた記事です。 目次逆クロスとは?なぜ逆クロスが必要なのかフォアハンド逆クロスの5つのコツボールより早く回り込むボールと距離を取れ打つ方向を向く体を閉じるスピンをかけるまとめ 逆クロスとは? 逆クロスというのは、テニスのショットの一つであり、順クロスの対義語です。 順クロスっていうのは、自分のフォア(バック)側から相手のフォア(バック)側に飛ばすフォア(バック)のクロスのことです。 逆クロスはその逆で、自分のフォア(バック)側から相手のフ ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォアハンドで左手の使い方が超大事な理由と練習方法2つ

フォアハンドでボールにうまく力が伝わらないし、なんか安定しないな… と悩んでいませんか? そうだとしたらその原因は左手の使い方にあるかもしれません。僕も以前はフォアハンドで左手をうまく使う方法を知らず、スイングを緩めて調節するフォアハンドを打っていました。 しかし、フォアハンドはその基本を押さえることが出来れば、スイングを緩めて調節することなくしっかり振りつつコートに入れることができると以前紹介しました。 まだ目を通していない方はこちらも合わせてご覧ください。 関連記事 【テニス】フォアハンドの基本を初心 ...

続きを読む

関連記事

ATPツアー テニス

【ATP250】ブリスベン国際2019開催!主な出場選手、会場、放送時間などの大会情報まとめ【錦織出場予定】

錦織選手は2018年シーズンをランキング9位で締めくくりました。デルポトロやナダルの怪我もあって、ラッキーなファイナルズ出場を遂げましたね。 しかしシーズンが終わったかと思えばまた1月にはグランドスラ ...

テニス テニス用具

【テニス】手のひらや足にできるマメの対処法|テーピングの巻き方

テニスしてたら手のひらにマメができた。ちょっと痛いけどテニスはしたい。どうするのがいいんだろう? こんな疑問に答えます。 この記事を見ればこんなことがわかります。 テニスのマメは絆創膏よりテーピングが ...

ATPツアー テニス

【ATP1000】Nitto ATPファイナルズ2018開催!ネットでの無料ライブ視聴方法などの大会情報まとめ

今年もテニスのATPツアーを締めくくる最終戦であるNitto ATPファイナルズが開催されますね! この記事ではATPファイナルズの大会情報、ネットでの無料視聴方法などをお伝えしていきます。 目次Ni ...

テニス テニス上達 メンタル

【テニス】うまくなりたければ言い訳をせず他人のアドバイスに素直に耳を傾けるのが大事

この記事では、テニス上達のためにとても大切な考え方である、「自分のミスを現実として受け入れること」について話していきたいと思います。 目次テニスはミスのスポーツ他人の言葉に素直に耳を傾けるなぜ他人の意 ...

テニス テニス用具

【ウィルソン】錦織やフェデラーが愛用するプロオーバーグリップを使った感想!

  テニスのグリップはどれが良いんだろう?   とお探しの方に向けて、この記事ではウィルソンのベストセラーである、プロオーバーグリップのレビューをしていきたいと思います! 購入した ...

テニス上達 ボレー

【テニス】並行陣で使える、ストローカーに攻撃されないボレーを打つ4つのコツ

平行陣の練習をしているけど、ボレーが浮いてしまってロブや速い球で崩されてしまう…。 そんな悩みを抱えていませんか? 僕も以前は平行陣のボレーを攻撃されてしまうことに悩んでいました。ボレーが浮いてすぐに ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】超サーブ苦手な俺のスピンサーブが初めてキックした時の話

こんにちは。 この記事では5年間サーブに苦しみ続けた僕のスピンサーブが初めてキックした話をしたいと思います。 サーブが苦手な人、スピンをかけようとしてもただのチャンスボールになってしまうと悩んでいる人 ...

ダブルス テニス テニス上達

【テニス】クロス半面でできるダブルスの球出しメニュー12つを紹介

ダブルスうまくなりたいけど、どんな練習をしたらうまくなるのかわからない! そんな方に向けて、テニスサークルで毎日のようにテニスをやってる僕が行っているダブルス練習をつ紹介したいと思います! 全てコート ...

テニス テニス上達 リターン

【テニス】ボレーにも役立つ「ブロックリターン」のコツ

サーブやストロークは得意だけど、ブロックリターンが苦手… そんな悩みを抱えていませんか? 僕は真逆の悩みを抱えていますw この記事では、リターンはできるけどストロークとサーブはからっきしの僕が、ブロッ ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】僕が苦手な両手バックハンドの安定した強打を習得できた4つのコツと練習方法

テニスでバックハンドが苦手で悩んでいませんか? この記事では、バックハンドを強く打つことに全く自信がなく「バックハンドが苦手やな」と言われていた僕が、バックをフォアよりも得意なショットにした考え方と練 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2020 Torulog