ストローク

【テニス】フォアハンドを腰の回転で強打するための練習メニュー4つ

Embed from Getty Images

 

フォアハンドを強く打ちたい!

 

と思いませんか?

 

フォアハンドはテニスの基本ですが、フォアハンドを安定して強く打つ技術があればそれだけで非常に強力な武器になります

 

この記事では、僕が実践し、成功したフォアハンドストロークの安定した強打の秘訣を4つに分けて解説していきます。

あなたもここにある考え方や練習方法を実践することで、今より強いフォアハンドが打てること間違いなしです。

 

フォアハンドのレベルを、コートに入るレベルから相手を押せるレベルにワンランクアップさせたい人の参考になると幸いです。

 

振り切って入るフォアハンドとは

具体的にどんなフォアハンドを目指すのかイメージしてもらうために、少し僕の話をします。

 

以前の僕はフォアハンドを打つときに、腰の回転ではなく前後の体重移動を使って打っていました。横から見ると、面をあわせてスイング時に前ににゅーんと伸び上がるor平行移動するようなイメージです。

 

一昔前の選手にはこのようなフォームの人が多いですが、現代ではあまりいませんね。

Embed from Getty Images

 

それゆえ水平方向のスイングになりやすく、スピンはかからずフラットな球質でした。

だから、少し足が合わなかったり相手の打球が強烈になっただけでバックアウトが増え、強くスイングすることができるのは自分が構えて打てるときだけでした。

特に、走りながら打つときはスイングを緩めることでコントロールをしていたものですから、走らされると浅くなったりバックアウトしたりするショットがとても多かったです。

 

また、僕はふわふわと力なく飛んでくるボールを強打するのが苦手でした。以前の僕の打ち方では回転がかからないので、強打できるのはそれなりにネットの近くで、なおかつ高い打点に限られてたからです。

そこで僕は

 

振れば振るだけ回転がかかる安定したフォアハンドを打ちたい

 

と思うようになりました。それも、初、中級者が打つような「パーン」という球ではなく、上級者が打つ「バン!」と短く破壊的な音を立てるフォアハンドを打ちたいと思いました。

 

そこで、フォアハンドを

  • スイングの加減なく
  • スピンをかけて
  • 強打する

ため、以下の練習を取り入れました。

 

フォア強化に必要な4つの練習方法

僕はフォアハンドの強化のために次のような練習をしました。

  1. ふくらはぎのトレーニング
  2. 下半身から腰を回すトレーニング
  3. 手出しのフォアハンドストローク
  4. 上半身を大きくターンするフォアハンドの練習

僕のフォアハンドにパワーが出なかった理由が体の回転を使えていないことにあるという仮説の下、下半身の力を腰と上半身の回転運動にのせるための練習を取り入れました。

 

ふくらはぎのトレーニング

強い打球を打つためには、下半身からの力の伝達が絶対に必要です。その力を生み出す源として、僕はふくらはぎを鍛えました。

僕がやったのはカーフレイズトレーニングというものです。カーフはふくらはぎ、レイズは上げるという意味で、要するにふくらはぎを上げるトレーニングです。

 

手順は

  1. 片足でかかとを上げてで立ち、母指球に力を入れる
  2. かかとが地面につかないギリギリまで地面に近づけたあと、再び上げる
  3. 1〜2を繰り返す

です。ふくらはぎが鍛えられてるのがすぐわかると思います。なれるまでは壁に手をついて、なれたら支えなしでやってみましょう!

 

支えがないと安定せず、ゆっくりやらざるを得ないため負荷も大きくなり、さらにバランス力も鍛えられて一石二鳥です

 

腰を鋭く回すトレーニング

次に、ラケットを使わず体の回転を使ってフォアを打つ感覚を掴む練習をします。やり方は

  1. ラケット一本分くらいスタンスを開いて立ち、顔を左足方向に向ける
  2. 左手を足の開きとは垂直方向に伸ばし、左膝が右足側に向くように曲げ、股関節を右足側に撚る
  3. 一気に股関節を逆向きに入れ替え、素振りをするように腰を回す

※全て右利き前提です。左利きの方は逆向きを想定してください。

です。より実践的にするため、回転の始動を担う右足が地面を蹴り上げる力を腰の回転運動に伝えること体の開きを抑えるため、回転の瞬間に目線を打点に残すことを意識してください。

 

球出しのフォアハンド

ここまできたら、上でやったことを実際に動くボールを打ちながら実践しましょう。

手でボールを出してもらい、上の素振りのときと同じく足の蹴り上げの力を回転運動に変えてボールを打ちましょう。視線を打点に残すことも忘れないようにしましょう。

あえてラケットで球出しせずに手で出してもらうことで、ボールに自分から力を加える感覚が身につきやすいです。

 

上半身を回すトレーニング

最後に、今までの下半身のターンができている前提で、さらにボールを力強く飛ばすための練習をします。

フォアハンドで力を伝えるため大事なのが、上半身の大きなターンです。この上半身のひねりが大きいほどスイング距離が長くなり、威力を出すことができます

フェルナンド・ゴンザレス選手があんなに速いフォアハンドを打てるのも、相手に対して背中を向けるくらいにしっかり上半身を捻って構えることができているからです。

しかし、上半身の動きはなかなかラリーの中で練習するのが難しいので、最初は手出し練習でやりましょう。

僕はこのマチュー先輩の動画をみて上半身のターンを練習しました。

先程の体を回すための素振りを実際のストロークに活かしていくためにとても効果的だった練習なので、取り入れてみてください!

 

ただし、上半身を大きく回すフォアハンドはリターンには全然適しませんし、やりすぎるとミスショットの原因にもなるので注意です。

 

関連記事

【テニス】僕が半年悩んだダブルスでのリターンの苦手意識を克服した方法と体験談ダブルスのリターンが苦手、前衛にリターンをかけてしまうと悩んでいませんか? 僕はリターンが得意ですが、一時期はダブルスのリターンにかな...

↑フォアのフォームをを大きくしすぎてリターンに苦しみ、克服したときの体験談と克服の方法を書いた記事です。

 

この記事で解説したフォアハンドをさらに実践に近づけるためには、対人のラリーをしたり、壁打ちのラリーをしたりして、リズムを掴めるように練習しましょう。

壁打ちは一人でもできるのでおすすめです。

 

関連記事

テニス歴5年の僕がストローク練習に壁打ちをおすすめする理由とその方法!こんにちは。僕は今日も元気にテニスをしました。ああ、今日も順調に単位回収が遠のいていくよ。 そんなどうでもいい話はさておいて。 ...

 

まとめ

wallpaper-tennis-photo-05

フォアハンドを力強く打つには

  1. 下半身を鍛え
  2. 足の力を腰の回転に変え
  3. その力で上半身を大きく回す

ことが大切です。

人によって意識すべきことは違うと思いますが、僕と同様の悩みを抱えている人であればこれらの練習はきっと効果的だと思います。

ぜひ試してみてください。

 

関連記事

【テニス】僕が苦手な両手バックハンドの安定した強打を習得できた4つのコツと練習方法テニスでバックハンドが苦手で悩んでいませんか? この記事では、バックハンドを強く打つことに全く自信がなく「バックハンドが苦手やな」と言...

↑バックハンドが苦手だった僕が練習で克服した経験から、バックも練習すれば強打できるショットだということを力説した記事です。

 

【テニス】フォアハンドで左手の使い方が超大事な理由と練習方法2つ フォアハンドでボールにうまく力が伝わらないし、なんか安定しないな… と悩んでいませんか? そ...

フォアハンドの安定にすごく大事なのに、全然注目されない「左手(非利き手)の使い方」について解説した記事です。

ABOUT ME
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。