【テニス】フォアを腰の回転で振り切って強打するコツと練習メニュー3つ

 

Embed from Getty Images

フォアハンドを強く打ちたい!

フォアハンドはテニスの基本です。フォアハンドを安定して強く打つ技術があればそれだけで優位に立つことができます。

 

この記事では、僕が練習している中でつかんだテニスのフォアハンドのコツを備忘録的に伝えていきたいと思います!

僕はここにある考え方や練習方法をひらすら実践することで、ストロークがレベルアップしていることを日々感じています。

 

フォアハンドのレベルをコートに入るレベルから相手を押せるレベルにワンランクアップさせたい人の参考になると幸いです。

 

[toc]

 

フォア強化の目的は?

僕は以前フォアハンドを打つときには、体の前後の体重移動を使って前に行く力を使っていました。

面をあわせてスイング時に前ににゅーんと伸び上がるというか平行移動するようなイメージです。

これはこれで打てるのですが、水平方向のスイングになりやすく、スピンはあまりかからずフラットな球質になります。

 

そのため少し足が合わなかったり相手の打球が強烈になっただけでバックアウトが増え、強くスイングすることができるのはそんなに自分が左右に振られてない余裕のあるときだけでした。

 

また、僕はふわふわと力なく飛んでくるボールに自分から力を加えて強打するのが苦手でした。以前の僕の打ち方では回転がかからないのであまりボールが落ちず、強打できるのはそれなりにネットの近くで、なおかつ高い打点に限られていました。

今振り返っても、チャンスボールでも相手はコースを読みやすかったのではないかなと思います。

 

そこで僕は、フォアハンドをより力強く積極的に打ちたい!と思うようになりました。初、中級者が打つような「パーン」という球じゃなくて、上級者たちのような「バン!」と短く破壊的な音を立てるフォアハンドを打ちたいと思い、練習を始めました。

 

まとめると、僕はフォアハンドを

  • 自分から積極的に
  • スピンをかけて
  • 強打する

ために以下の練習を取り入れることにしました。

 

スポンサーリンク

フォア強化のための練習方法

実際に、僕はフォアハンドの強化のために次のような練習をしました。

  1. ふくらはぎのトレーニング
  2. 腰を回すトレーニング
  3. 手出しのフォアハンドストローク
  4. 上半身を大きくターンする練習

これらはすべて下半身の力を腰の回転運動にのせるための練習です。

 

それぞれ何を意識するのか、どういう効果があったのかなどについて書いていきたいと思います。

 

ふくらはぎのトレーニング

強い打球を打つためには、下半身からの力の伝達が必要不可欠です。そのための力を生み出す源としてふくらはぎを鍛える必要があります。これをカーフレイズトレーニングといいます。

カーフはかかと、レイズは上げるという意味で、かかとを上げるトレーニングという意味になります。

 

手順としては

  1. 片足でかかとを上げてで立ち、母指球に力を入れる
  2. かかとが地面につかない程度にかかとを下げる
  3. 地面ギリギリまでかかとを落としたらまたかかとを上げる

これを繰り返すだけです!ふくらはぎが鍛えられてる感じがすると思います。なれるまでは壁に手をついて、なれたら支えなしでやってみましょう!

 

支えがないと安定しないため、ゆっくりやらざるを得ず、負荷も大きくなりさらにバランス力も鍛えられます!

 

腰を回すトレーニング

これにより体の回転を使ってフォアを打つための感覚を掴みます。やり方としては

  1. ラケットを持たず
  2. 素振りをするように腰を回す

たけです。このとき、右足(軸足)が地面を蹴り上げる力を腰の回転運動に伝えること、体の開きを抑えるために目線をスイングのあと打点に残すことを意識してください。

 

球出しのフォアハンド

上でやったことを動く球にあわせてやるだけです。

手出しでボールを出してもらい、足の蹴り上げの力を回転運動に変えてボールを打ちましょう。打点に事前を残すことは忘れないようにしましょう。

あえてラケットで球出しせずに手で出してもらうことで、ボールに自分から力を加える感覚が身につきやすいです。

 

上半身を回すトレーニング

フォアハンドで力を伝えるためにすごく大事なのが、上半身の大きなターンです。この上半身のひねりが大きいほど威力を出すことができます。

極端に言えば、構えたときに相手に対して背中を向けるくらいに捻ることができればかなり威力がでます。それだけ体を大きく使えるからです。

また、体を回したり、回転しながら体の開きを抑えるためには左手をうまく使うことも大事です。

【テニス】フォアハンドは左手を伸ばすのが超大事!!な理由とその練習方法2つ
テニスのフォアハンドの力が伝わらなくて、安定しなくて悩んでいませんか? 僕も以前はフォアハンドに全く力が入らず、手首で操作するフラットなフォアハンドを打っていました。 以前の記事ではフォアハンドのコツについて僕の知りうる限りを書...

 

上半身の動きはなかなかラリーの中で練習するのが難しいので、最初は球出しでやるのがおすすめです。僕はこのマチュー先輩の動画をみて上半身のターンを練習しました。

先程の体を回すための素振りを実際のストロークに活かしていくためにも良い練習ですので取り入れてみてください!

 

さらに実践に近づけるためには対人のラリーをしたり、壁打ちでラリーのリズムを掴めるように練習しましょう。壁打ちは一人でもできるのでおすすめですよ!

【テニス】フォアを腰の回転で振り切って強打するコツと練習メニュー3つ
テニスで一番大事とさえ言えるフォアハンドストロークを強打するために必要なトレーニングについて。下半身と腰の回転主導で力を加える方法をまとめました。

 

まとめ

wallpaper-tennis-photo-05

フォアハンドを力強く打つには

  1. 足を鍛え
  2. 足の力を腰の回転に変え
  3. 体を開ききらずに振り切る!

人によって意識すべきことは違うと思いますが、基本的なことなので意識してみるといいと思います。他にも意識すべきことがあれば教えて下さい!

バックハンドの強打のコツについても書いているので興味があればぜひ見てみてくださいね!

【テニス】練習すれば誰でも打てる!バックハンドを強く打つコツ3つと練習方法!
こんにちは!まびです。 僕は四六時中テニスばかりやっているのですが、その時間を合計すると約2000時間以上! 2000時間ってかなりの時間ですよね。ブログで成功したいっていうけど、僕のテニスと同じくらいの実力をブログでつけようと思えば1...

それでは!

テニス上達
スポンサーリンク
のーるをフォローする
この記事を書いた人
のーる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
のーるをフォローする
やりたいことだらけ

コメント