【テニス】今すぐ実践!フォアハンドのコツと練習方法2つ!

wallpaper-tennis-photo-04

こんにちは。まびです。テニス歴約3年にして再びテニスへのやる気が増してきました。最近はテニスの基本であるストロークの練習を中心にやっています。

そこで、今日は最近僕が練習している中でつかんだテニスのフォアハンドのコツを備忘録的に伝えていきたいと思います!

僕はここにある考え方や練習方法をひらすら実践することで、ストロークがレベルアップしていることを日々感じています。

この記事の方法論を実践することで、僕と同じくらいのテニス経験の人や、フォアハンドのレベルをコートに入るレベルから相手を押せるレベルにワンランクアップさせたい人の参考になると幸いです。

それではいってみましょう!

なんでフォアを強化するの?

僕は以前フォアハンドを打つときには、体の前後の体重移動を使って前に行く力を使っていました。

面をあわせてスイング時に前ににゅーんと伸び上がるというか移動するようなイメージです。なので、当然水平方向のスイングになりやすくスピンはあまりかからずにフラットな打球となり、少し足が合わなかったり相手の打球が強烈になっただけでバックアウトが増え、強くスイングすることができるのはそんなに自分が左右に振られてない余裕のあるときだけでした。

また、それに伴ってふわふわと力なく飛んでくるボールに自分から力を加えて強打するのが苦手でした。以前の僕の打ち方では回転がかからないのであまりボールが落ちず、強打できるのはそれなりにネットの近くで、なおかつ高い打点で叩ける場合に限られていたので、自分のチャンスボールでも相手はコースを読みやすかったのではないかなと今振り返っても思います。

反面、ボールに面を合わせるだけで相手の打球の勢いを利用できるリターンや切り返しといったショットは得意でした。

そこで僕は、フォアハンドをより力強く積極的に打ちたい!と思うようになりました。みんなが打つような「パーン」という球じゃなくて、上級者たちのような「バン!」と短く破壊的な音を立てるフォアハンドを打ちたいと思い、練習を始めました。

フォア強化のための練習方法

実際に、僕はフォアハンドの強化のために次のような練習をしました。

  1. ふくらはぎのトレーニング
  2. 腰を回すトレーニング
  3. 手出しのフォアハンドストローク

これらはすべて下半身の力を腰の回転運動にのせるための練習です。

それぞれ何を意識するのか、どういう効果があったのかなどについて書いていきたいと思います。

ふくらはぎのトレーニング

強い打球を打つためには、下半身からの力の伝達が必要不可欠です。

そのための力を生み出す源としてふくらはぎを鍛える必要があると思いました。これはカーフレイズというトレーニングです。カーフはかかと、レイズは上げるという意味で、かかとを上げるトレーニングという意味になります。

手順としては

  1. 片足でかかとを上げてで立ち、母指球に力を入れる
  2. かかとが地面につかない程度にかかとを下げる
  3. 地面ギリギリまでかかとを落としたらまたかかとを上げる

これを繰り返すだけです!ふくらはぎが鍛えられてる感じがすると思います。なれるまでは壁に手をついて、なれたら支えなしでやってみましょう!

支えがないと安定しないため、ゆっくりやらざるを得ず、負荷も大きくなりさらにバランス力も鍛えられます!

腰を回すトレーニング

これにより体の回転を使ってフォアを打つための感覚を掴みます。やり方としては

  1. ラケットを持たず
  2. 素振りをするように腰を回す

たけです。このとき、右足(軸足)が地面を蹴り上げる力を腰の回転運動に伝えること、体の開きを抑えるために目線をスイングのあと打点に残すことを意識してください。

球出しのフォアハンド

上でやったことを動く球にあわせてやるだけです。

手出しでボールを出してもらい、足の蹴り上げの力を回転運動に変えてボールを打ちましょう。打点に事前を残すことは忘れないようにしましょう。

あえてラケットで球出しせずに手で出してもらうことで、ボールに自分から力を加える感覚が身につきやすいです。

まとめ

wallpaper-tennis-photo-05

フォアハンドを力強く打つには

  1. 足を鍛え
  2. 足の力を腰の回転に変え
  3. 体を開ききらずに振り切る!

今のところこんな感じです!人によって意識すべきことは違うと思いますが、割と基本的なことなので意識してみるといいと思います。他にも意識すべきことがあれば教えて下さい!それでは!

フォアハンドの強化のために重要な左手!あなたはうまく使えていますか?

[blogcard url=” http://wp.me/p8Rp6x-q9″]

フォアハンドは得意でもバックハンドがどうも下手…という方はぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい!

[blogcard url=”http://wp.me/p8Rp6x-oT″]