【テニス】今すぐできる一発逆転!シングルスでのスライスの使い方5つ!

スポンサーリンク

こんにちは!

先日久しぶりにテニスのシングルスをしました。相手は球をバコバコ強く打ってくる相手でストロークの主導権を先に握られ苦しい展開になったのですが最終的には何とか勝ち切ることができました。

そこですごく役に立ったのがスライスでした。そこでこの記事では、僕が試合を通じて感じたシングルスでスライスをつかえる戦術的なメリットについて挙げていこうと思います!

 

[toc]

 

スポンサーリンク

スライスの戦術的なメリット

その一 攻めにくい

当然のことですがスライスはスピンのショットと違って逆回転がかかっています。逆回転のショットをまっすぐラケットに当ててみるとわかりますが、下に向かって飛んでいきます。

だからスライスを打つときには上に意図的に持ち上げなくてはネットを越えません。

 

またスライスをネットより低い位置にコントロールできれば、相手はネットより低い打点からさらに意図的にボールを持ち上げて相手コートに入れなければなりません。

このような低いスライスを攻めるにはかなり強いスピンをかけなくてはならず、攻撃するのはとても難しくなります。

 

その二 時間を稼げる

相手の厳しい球をスライスで返すことによって、時間を稼ぐことができます。

ストローク戦で左右に振ったとき、相手はえてして次の球でオープンコートに強めに打って決めに来ようとします。

しかしそこで深くゆっくりとスライスが返ってくるとなかなか決定打を打つのは難しいです。

僕もラリー戦で振られたときには相手のバックバンド側に深いスライスを返すように徹底したことで、振られても決定打は打たれずにすみました。

しかしここでこちらのスライスが浅くなったり極端に浮いたりすると次で決められてしまいますので、なるべく低く深く打つ必要があります。

 

その三 相手の球が浮く

いままでスライスの防御的なメリットを伝えましたが、スライスは攻撃に使うこともできます。

先ほどスライスは逆回転がかかっていて意図的に持ち上げないと相手コートに入らないと書きました。

これはすなわち相手の球が浮きやすいということでもあります。

スライスをスピンで返そうとしてふかしてしまうことは結構ありますから、その浮いてきた球をオープンコートに叩き込む戦術はかなり使えます。

 

その四 アプローチに使える

そして、スライスはアプローチにも使えます。

これは、サーブに対して、あるいは浅い球に対してスライスでアプローチにでてボレーで決めるという戦術です。

スライスがアプローチに有効なのは

  • 対空時間が長いため前に出る時間を作れる
  • 滑るのでパッシングが難しい
  • 打点を低くさせられる

からです。スライスの対空時間はスピンに比べて長く、ネットに詰める時間を確保することができます。

そして、バウンドしてから滑るのでパッシングショットが非常に難しいです。低い打点で打たせることができればパスのコースもかなり限定されますし、アプローチとしてスライスはかなり有効です。

しかし、スライスは逆回転がかかっているため長くなりやすい特徴もあります。前で打つショットが長い=バックアウトになりやすいということでもありますから充分に高い打点で打たなくてはなりません。そこだけ注意しましょう。

 

その五 相手が打ち慣れてない場合が多い

そして、そもそもスライスを練習している人が少ないというのもメリットとして挙げられます。

中級者くらいまでだと、だいたいストロークの練習はしていてもスライスを打ち返す練習はしていない人がほとんどです。

ましてやスライスを打ち込む練習をしている人などほとんどいないといって良いでしょう。

そういう人たちは相手にスライスを打たれると急にミスが増えます。そこにつけ込んで流れを一気に変えてしまうことができるのがスライスの強みです。僕も何度もこの戦術で逆転に成功したことがあります。

ただ、スライスを混ぜたからと言って必ず相手がミスをしてくれるわけではありません。上手い相手はそれでもミスしないように打ってきますし、戦術を変えてきます。

そういう相手を崩すにはこちらもそれなりの忍耐力が必要です。スライス一辺倒にならず、スピンとスライスを両方打ち分けて粘り強く相手のペースを乱していきましょう!

 

まとめ

andremcenroe / Pixabay

シングルスにおけるスライスの重要性についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

確かに、シングルスといえばストロークの打ち合いこそが醍醐味だというのもすごくわかります。

しかし、自分よりも強いストローカーに当たったときにそれを崩していくためにスライスはとても役に立ちます。

スライスをうまく取り入れることでシングルスの攻撃力、守備力ともに上がることは間違いありません。

シングルスをやる機会があればぜひ試してみてほしいです。滑るスライスをコントロールできるようになれば自分より強いと思っていた人も倒せるかもしれませんよ!

それではまた次の記事でお会いしましょう。

ばいばいっ

ストロークテニス上達
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。
大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。
コメントとかもらえると嬉しいです。

のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント