ストローク テニス テニス上達

【テニス】小指側を使ってフォアハンドのスピン(回転)量を上げる方法

2019-05-26

強力なスピンの掛かったフォアハンドを打つときには小指側の使い方がめちゃくちゃ大事です。

僕はこのことにテニスを初めて7年経っててようやく気づきました。その原因については下記記事に書いてます。

【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話

なぜスピンを増やすのに小指側が大事なのか、具体的に何をどう意識すればフォアハンドにスピンがかかるようになるのかについて書いていきますね。

「何当たり前のことを言ってんだこいつは…」と思った方はこの記事は閉じていただいて大丈夫です(笑)

なぜ小指側が大事なのか

まず方法を説明するまえに理論的な部分を解説しておきます。

これが腑に落ちない人は多分僕の言うやり方では改善しないと思うので他の方の記事を参照したほうが良いかもなので先に書きます。

まずなぜフォアハンドにおいて小指側が大事なのかというと、小指側に力が入ることで

  • 回転の支点がラケットヘッドから遠ざかりのスイング軌道が大きくなる
  • 余計な力が抜けて自然なワイパースイングが実現する

からだと思ってます。もう少し詳しく説明します。

回転の支点がラケットヘッドから遠ざかることでスイング半径が大きくなる

フォアハンドのスイングは、振り遅れない限りなるべく大きいスイングを使ったほうがパワーが出ます。

大きいスイングというのは回転半径の大きいスイングということです。

同じ力という前提ならば、スイングが加速する距離が長ければ長いほどスイングは速くなるためスイングは遅れない範囲で大きいほうが力を出せるということですね。

スイングを大きくするためにはなるべく握ってる場所(回転の中心)からラケットヘッドまでの距離が長くないといけません。

しかし、僕のようにフォアハンドのスイング時に小指から人差し指までまんべんなく力が加わってしまうスイングだと、回転の中心がヘッド側に寄ってしまうので回転半径は短くなります。

しかし、小指側を使うことで回転の中心はグリップ側に寄りますから、ヘッドまでの距離は長くなり、大きなスイングでボールを捉えることができるんですね。

余計な力が抜けて自然なワイパースイングが実現する

またもう一つ副次的な効果として、小指側で支えることで余計な力が抜けます。

小指といっても薬指なども添えて支えるわけですが、それでも中指や人差し指まで支えにしている場合と比べるとかなりグラングランする感覚があると思います。

このグラグラ感こそが脱力の証です。

人差し指から中指にかけての支えがない分、小指を支点にラケットが手の中を回転して人差し指や中指を抜けていくような感覚がありますが、これによってラケット面がいつもよりふせられた状態で出ていくようになります。

伏せられたラケットはボールに当たる瞬間には返されて向きが変わっている最中ですから、この瞬間にボールが当たることでボールには自然で強いスピンが掛かるようになります。

しかも脱力しているので、スピンをかけようと意識しているわけでもなんでもなく、勝手にスピンが掛ります。

小指側に力をかけてスイングする練習法

小指側に力をかけてスイング出来るようにするにはどんな練習をすればよいかというと、単純に中指と人差し指を使わずにストロークを打つ練習をすればOKです。

実際、小指と薬指、親指の支えだけあれば他の指は使わなくてもストロークは普通に打てますから、多少違和感があっても大丈夫。

具体的には、この握りを使って

  • 手出しのストローク練習
  • ラケ出しのストローク練習
  • チャンスボールの打ち込みの練習
  • アプローチショットの練習

など、普通のストロークでやるような練習をすればOKです。

ストロークの練習方法についてはこちらの記事に色々書いてあるので参考にしてみてください。

小指側でフォアを打つようになった感想

実際僕は小指側でで打つようになってから球質が変わりました。

プロで言うならば

デルポトロの逆クロスの速度を1/2にしたみたいな球(要はフラット)

Embed from Getty Images

を打っていましたが、変えてからは

スピードと回転量を1/3にしたナダルのフォアハンド

Embed from Getty Images

みたいな球質へと変貌を遂げました。

誤解のないように言っておきますが、自分の球がナダルやデルポトロみたいだと言ってるわけじゃありません。

あくまで軌道のイメージがそんな感じだよと言いたいだけ。

彼らに比べたら僕のフォアのスピードなんてカタツムリが歩いているようなものです。

もちろんそういうフォアハンドが打てたらいいと思うし、打ちたいんですけどね!

まとめ→ストロークは小指側で打ったほうが良い

ということで、フォアハンドは基本的に小指側に力を入れて残りは脱力するというのがセオリーのようです。

理由はそのほうが力がなくてもスピンが掛かるし、合理的なスイングができるようになるから。

ちなみに小指側で打つイメージがあったほうが良いのはストロークに限りません。

ボレーも小指側で打つ意識がないと話になりませんし

【テニス】ボレーを必ず小指側から握り込むべき2つの理由

サーブも小指側の意識があることで劇的に変化します。

【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話

実は、僕はサーブ超苦手でクソ遅いセカンドを叩かれっぱなしの人生でしたが、サーブの基本とこの小指の使い方がわかってからは良いサーブが入ると速さで押せることが出てきました。

【テニス】初心者がサーブをマスターするための基本的な5つのコツ

【テニス】超サーブ苦手な俺のスピンサーブが初めてキックした時の話

サーブがクソ苦手なやつがクソ苦手なままだったら「サーブのコツ」なんて記事は書かないと思いますが、いっちょ前にこんな記事を書いてるのはそれなりに克服できたと思ったからです。

同じ年数やってる人の中で言ったらまだまだサーブは下手だけどね!!

この他にも↓などテニスに役立つ情報を色々書いているのでぜひ見てみてください。

【テニス】試合で緊張して打てない・メンタルが弱く勝てない人が実力を出す方法

おわり。

-ストローク, テニス, テニス上達

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】小指側を使ってフォアハンドのスピン(回転)量を上げる方法

強力なスピンの掛かったフォアハンドを打つときには小指側の使い方がめちゃくちゃ大事です。 僕はこのことにテニスを初めて7年経っててようやく気づきました。その原因については下記記事に書いてます。 【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話 なぜスピンを増やすのに小指側が大事なのか、具体的に何をどう意識すればフォアハンドにスピンがかかるようになるのかについて書いていきますね。 「何当たり前のことを言ってんだこいつは…」と思った方はこの記事は閉じていただいて大丈夫です(笑) 目次なぜ小指側が大事なの ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】練習すりゃできる!股抜きショットのコツと練習方法4ステップ

テニスの股抜きショットは一見難しそうに見えますが、練習すれば意外と出来るようになります。 実際、僕も股抜きなんて難しそう…って思っていたクチですが、3日ほど真面目に練習したらできるようになりました。 もちろん僕はテニス7年目なのである程度ラケットとボールの扱いに慣れているというのもありますが、テニス歴が浅い方でも段階を踏んで練習すれば全然できそうだなと感じたんですよね。 ということで、僕が実際にやった股抜きショットの練習方法と、そこで分かった股抜きのコツを紹介したいと思います。 目次股抜きショットの基本と ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスで並行陣の低く浅いボレーに対するアプローチショットのコツ

ダブルスの平行陣に対して前ポトのボレーに追いつけなかったり、走りながらのアプローチでバックアウト連発していたりしていませんか?   この記事ではテニスのダブルス、特に平行陣の前ポト、短いボレーに対するアプローチショットのコツをお伝えしたいと思います。   アプローチにおいて大事なポイントは、マインド、身体の使い方、戦略の3つです。これらをすべて無意識にできるようになれば、見違えるようにダブルスを楽しめるプレーヤーになれること間違いなしです。   目次アプローチショットのコツま ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】伸びるバックハンドスライスを打つのに絶対不可欠な3つのコツ

皆さんは普段テニスのラリーでスライスを使っていますか? スライスをうまく使えると ボレーがうまくなるシングルスの守備範囲が超広くなるラリーのペースを落とすことができる などのメリットがあります。試合をしない人でもスライスを打てると自分のテニスの幅が広がって面白いですよ。 それでは本題に入りましょう。 目次バックハンドスライスをうまく打つコツ打点と体の間に適切な距離を取る当たりの厚さで飛距離を調節する打点の高さに体を合わせるまとめ バックハンドスライスをうまく打つコツ Embed from Getty Im ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスのストロークで並行陣を崩す5つのコツ

ダブルスでなかなか平行陣に勝てない…そんな風に思っていませんか? シングルスでは速くて力強いストロークが打てるのにダブルスでは勝てない、そんな悩みを抱えているとしたら、その原因はダブルスのストロークを理解していないことかもしれません。 はっきり言って、ダブルスのストロークはシングルスのストロークとは別物です。 もちろん、シングルスのストロークが打てないのにダブルスのストロークがうまいというのも珍しいですが、シングルスのストロークがうまいからといってダブルスで強いとは限りません。 今日は、ダブルスで平行陣に ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォームが汚いと悩む必要はない4つの理由

自分のストロークやサーブのフォームが汚い… と悩んでいませんか? 僕も以前は自分のフォームが汚いことに悩んでいました。試合では勝てるんだけど、毎回ボールに合わせてなんとか返すだけで、プロみたいにいつも同じ形できれいに打てないことが悩みで、 自分のテニスは見栄えがしないんだろうなと、フォームがきれいな人たちにずっと引け目を感じていました。 しかし、今となってはそんな悩みは馬鹿らしい、というかそこまで気にする必要がないことだと断言できます。 それは みんな少なからず自分のフォームに不満を持っているフォームを意 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/14

テニス歴5年の僕がストローク練習に壁打ちをおすすめする理由とその方法!

こんにちは。僕は今日も元気にテニスをしました。ああ、今日も順調に単位回収が遠のいていくよ。 そんなどうでもいい話はさておいて。 みなさんテニスのストロークの練習をするときに、壁打ちをやったことはありますか??壁に向かって一人でボールを打ち続けるあれです。 この壁打ち、実はストロークの上達にすごく役立つって知っていましたか? 僕ももうテニスを初めて5年ほど経ちますが、ストロークがスムーズに打てなくなったときにはいつも必ず壁打ち練習に戻ってフォームを修正しています。 これも、壁打ち練習には対人の練習にはない練 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】今すぐできる一発逆転!シングルスでのスライスの使い方5つ!

こんにちは! 先日久しぶりにテニスのシングルスをしました。相手は球をバコバコ強く打ってくる相手でストロークの主導権を先に握られ苦しい展開になったのですが最終的には何とか勝ち切ることができました。 そこですごく役に立ったのがスライスでした。そこでこの記事では、僕が試合を通じて感じたシングルスでスライスをつかえる戦術的なメリットについて挙げていこうと思います! 目次スライスの戦術的なメリットその一 攻めにくいその二 時間を稼げるその三 相手の球が浮くその四 アプローチに使えるその五 相手が打ち慣れてない場合が ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】シングルスで勝つ!フォアの逆クロス上達に必要な5つのコツ

逆クロスってなに? フォアの逆クロスのコツが知りたい! そんな方に向けた記事です。 目次逆クロスとは?なぜ逆クロスが必要なのかフォアハンド逆クロスの5つのコツボールより早く回り込むボールと距離を取れ打つ方向を向く体を閉じるスピンをかけるまとめ 逆クロスとは? 逆クロスというのは、テニスのショットの一つであり、順クロスの対義語です。 順クロスっていうのは、自分のフォア(バック)側から相手のフォア(バック)側に飛ばすフォア(バック)のクロスのことです。 逆クロスはその逆で、自分のフォア(バック)側から相手のフ ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォアハンドで左手の使い方が超大事な理由と練習方法2つ

フォアハンドでボールにうまく力が伝わらないし、なんか安定しないな… と悩んでいませんか? そうだとしたらその原因は左手の使い方にあるかもしれません。僕も以前はフォアハンドで左手をうまく使う方法を知らず、スイングを緩めて調節するフォアハンドを打っていました。 しかし、フォアハンドはその基本を押さえることが出来れば、スイングを緩めて調節することなくしっかり振りつつコートに入れることができると以前紹介しました。 まだ目を通していない方はこちらも合わせてご覧ください。 関連記事 【テニス】フォアハンドの基本を初心 ...

続きを読む

関連記事

テニス テニス上達 メンタル

テニスが上手くならない人が無駄な努力を避けて強くなる方法【誰でも可】

テニスがなかなか上手くならない、という悩みを抱えている人は多いと思います。 しかし、僕はテニスで強くなる方法をある程度自分の中で確立しています。 それは、 勝つことを目標に試合をする 相手に「何が嫌だ ...

シングルス テニス テニス上達

【テニス】元シコラーが教える、シコラーにすぐ勝てる5つの対策

シコラーと呼ばれるプレーヤーに苦しめられたことはありませんか? シコラーというのは簡単に言うと「球をひたすら返して相手のミスを待つプレースタイルの人」のことです。むかつきますよね、強いし。 高いロブや ...

ダブルス テニス テニス上達

【テニス】サーブが弱くてもダブルスでリターン強者に対して平行陣を敷ききる3つのコツ!

テニスのダブルスでふだんサーブアンドボレーを使って平行陣をする人は多いと思います。 しかしファーストボレーであがろうにも、相手リターンが強い場合には前衛の格好の餌食になってしまいますよね。 あなたがサ ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】セカンドサーブを安定させ確実に入れる3つのコツと方法

セカンドサーブが安定しない! そんな悩みを抱えている人は多いと思います。 この記事ではセカンドサーブを安定させるためのコツを書きたいと思います。 ※この記事で書いてあることは、サーブの基本について書い ...

ダブルス テニス テニス上達

【テニス】今すぐ使えるダブルスの練習メニュー14選!

テニスのダブルスの練習方法で困っていませんか? 今日は、ふだん週7で大学でテニスをしている僕が、ダブルスの練習方法をいくつか紹介していきたいと思います!平行陣の練習、雁行陣の練習メニューを紹介していき ...

ATPツアー テニス

【ATP500】エルステ・バンク・オープン2018開催!主な出場選手、会場、放送時間などの大会情報まとめ!

錦織選手、準々決勝でフェデラーに敗れはしましたが、上海マスターズでベスト8となりました!おめでとうございます!! これで年間上位8位までが出られるATPファイナルズの出場権獲得まで、錦織選手はあと1つ ...

テニス テニス上達 ボレー

【テニス】決定力の高いパンチボレーを打つために必要な2つのコツ

ストロークは強く打てるのに、ボレーだとぜんぜん力が入らない! ボレーが遅くてポイントが決まらない… と悩んでいませんか? パンチのあるボレーはダブルスでもシングルスでも決定力を高めるために必要不可欠で ...

テニス テニス用具

【テニス】品質良いがコスパが悪いボウブランドのグリップテープの感想と評価

  あなたはグリップテープをよく貼り替えますか?   僕はだいたい一週間ごとにグリップテープを貼り替えます。先日大学のテニスの大会があり、出場してきました。僕は気合いの入った試合の ...

テニス テニス上達 メンタル

【テニス】ナイターでボールが見えない問題を解決する方法3つ考えたので教える

僕はナイターの照明下でテニスをやることが多いです。ナイターだと夜でもテニスをやることができて、便利ですよね。 しかし、ナイターでのテニスにはひとつ大きな問題があります。 ボールが本当に見えないのです。 ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】すぐに実践できる楽しいサーブ練習方法を5つ紹介するぜ

サーブが上手くなりたいけど、どういう練習が良いんだろう? とサーブの練習方法を探しているあなたへ朗報です。 この記事では、僕が実際にサーブの練習としてやっているメニューの中で効果がある、もしくは比較的 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2020 Torulog