ボレー

ボレー

2020/5/9

【テニス】「ボレーは横を向け」ってアドバイスはおかしいのでは

最近、色んな人のコーチングやテニスブログを見ててよく見る「ボレーは横を向け」って表現にものすごく違和感を感じます。 この方の記事を見ててそう思いました。 【もうふかさない】ハイボレーのコツとポイント この教え方が間違ってるとは思いませんが、他方で「なんだか気持ち悪いなあ」と思うのも事実なので、僕の感じることを書いていきたいと思います。 「ボレーは横を向け」はあくまで結果 僕の感じてる違和感はこれ。要するに、ボレーで横を向くのはあくまで結果であって手段ではないってことです。 もう少し具体的に言うと、一般的に ...

ボレー

2020/5/9

【テニス】それチャンスじゃない!実は難しいハイボレーを決めきる方法

きたきたチャンボだぶっ叩け…カシュッ……あれ?? こんなふうにチャンスでハイボレーを決めきれずに 「おかしい!チャンスボールのはずなのに!!なぜだ!!ウワアアア!!」 と思った経験は誰しもあると思います。特にダブルスプレーヤーのあなた。 しかし、自分の頭より高い位置のハイボレーをしっかり決められるかどうかはボレーヤーとして中級者と上級者を分かつ大きな壁だと思っています。 この記事ではチャンボに見えるハイボレーを決めきるコツをお伝えしていきます。 ハイボレーはチャンボじゃない まず一つ、ハイボレーについて多 ...

ボレー

2020/5/9

【テニス】ダブルスのボレーボレーで相手を翻弄する5つのコツと練習方法

ダブルスのボレーボレーで勝てないと悩んでいませんか? ボレーボレーで勝つためには定石があります。この記事に書いてあることを意識できればボレーボレーでの勝率は飛躍的に上がるでしょう。 よく読んでボレーボレー強者になってくださいね。   ボレーボレーで勝つ5つのコツ ボレーの基本をマスターする まず最初に、そもそもボレーに不安のある人はボレーの基本を理解し、できればマスターしましょう。 詳しくはこちらの記事に書いています。   関連記事 【テニス】初心者のボレー習得に必須なラケット・フット ...

ボレー

2020/5/9

【テニス】決定力の高いパンチボレーを打つために必要な2つのコツ

ストロークは強く打てるのに、ボレーだとぜんぜん力が入らない! ボレーが遅くてポイントが決まらない… と悩んでいませんか? パンチのあるボレーはダブルスでもシングルスでも決定力を高めるために必要不可欠です。というか、ボレーに威力がないと上級者との試合ではポイントが決まりません。 この記事ではボレーにパンチを出すために必要な2つの鉄則をお伝えしたいと思います。 ボレーにパンチを出すための2つのコツ ボレーにパンチを出すのに必要なのはずばり 軸足のタメと大きな踏み出し太鼓のバチのラケットワーク です。これ以外に ...

ボレー

2020/5/9

【テニス】並行陣で積極的にポイントを取るための短いボレーの使い方3つ!

平行陣をマスターしたいけど、ストロークにやられてしまうボレーを止めるだけでどうすればポイントが取れるかわからない こういった問題を解決するべく、この記事では平行陣のボレーで積極的にポイントを取るための短いボレーの使い方について解説していきます。 平行陣の基本は短いボレー 平行陣を作ったとき、漫然とボレーを返していませんか? 平行陣のボレーは深く返したほうが良いと思っている人(僕も以前はそうでした)は多いですが、実は逆です。平行陣のボレーの基本は短いボレーです。 ではなぜ基本は短いボレーなのでしょうか。 短 ...

ボレー

2020/4/10

【テニス】並行陣で使える、ストローカーに攻撃されないボレーを打つ4つのコツ

平行陣の練習をしているけど、ボレーが浮いてしまってロブや速い球で崩されてしまう…。 そんな悩みを抱えていませんか? 僕も以前は平行陣のボレーを攻撃されてしまうことに悩んでいました。ボレーが浮いてすぐにストレートへのスピンロブで抜かれたり、ストレートにぶつけられて失点してしまうことが多かったのです。 しかし、最近では前に出てからストローカーにバコリ殺されることはかなり減りました。それは以下の4つのコツを意識してボレーの練習をしたからです。 この記事では、そのコツを伝えていきたいと思います。 ストローカーに攻 ...

ボレー

2020/5/9

テニスのボレーで手首の外側が痛いときはTFCC損傷かも!すぐにできる対処法は?

どうもこんにちは。この記事を読んでくださっているということは、あなたも手首を痛めてしまっているのでしょう。 かく言う僕もテニスのボレーで手首を痛めてしまった一人です。僕はボレーが得意な方なのですが、フォアボレーで手首を小指側に倒してしまう(ヘッドが落ちる)クセがあり、この半年ほどは、フォアボレーは少しでも打点が後ろになって手首が90°以上折れると、アップのゆっくりなボレーボレーでさえ弱い痛みを感じていました。 そこにきて、先日強いリターンに対するファーストボレーの練習で速い球を受けているときフォアボレーで ...

ボレー

2020/5/9

【テニス】ボレーを必ず小指側から握り込むべき2つの理由

ボレーは小指側から握り込め! そう口を酸っぱくコーチに言われていませんか? 別に小指からじゃなくてもいいじゃん!そう思っていた時期が僕にもありました。 しかし、ある程度ボレーを打てるようになった今はっきりいえます。「ボレーは必ず小指側から握り込むべきだ」と。 それは小指側からラケットを握り込むことで大きなメリットがあるからです。 この記事ではその理由について書いていきたいと思います。 小指で握り込むってどういうこと? まずそもそも、小指で握り込むということの意味をイメージしてもらうために以下の画像をご覧く ...

ボレー

2020/5/14

【テニス】バックボレーで力が入らない人が簡単にパワーを出すための3つコツ

フォアボレーなら力が入るのに、バックボレーだと力が入らない… と悩んでいませんか? この記事を読んでいるあなたは、バックボレーをどうにかしたいと思っていることと思います。 僕も2ヶ月くらい前までバックボレーは苦手としていたので、その気持ちがよくわかります。 バックボレーはなかなか力が入らないし、そもそもバックボレーで取るべき球をフォアボレーで打ってしまってなかなか使う機会がないなんてこともありますよね。 しかし、バックボレーは誰でも打てます。うまく打てないのには必ず理由があります。 ボレーはストロークやサ ...

ボレー

2020/5/9

【テニス】ダブルスでファーストボレーをミスせず成功させる3つの鉄則

テニスのダブルスで平行陣を作るために必須の技術であるファーストボレー。 あなたはしっかりと打ち返すことができますか?? この記事では、苦手な人が多いダブルスのファーストボレーを、ミスせず安定した技術とするために意識するべきポイントをお伝えします! ミスしないファーストボレーの3つの鉄則 roby0059 / Pixabay ファーストボレーを安定させるには スタンスの大きなスプリットステップ前に体重をのせることラケットをど真ん中に構えること この3つがとても重要です。 一つ一つ解説していきます。 なぜこの ...

© 2021 とおるの部屋