ストローク テニス テニス上達

【テニス】シングルスで勝つ!フォアの逆クロス上達に必要な5つのコツ

2017-08-07

逆クロスってなに?

フォアの逆クロスのコツが知りたい!

そんな方に向けた記事です。

逆クロスとは?

逆クロスというのは、テニスのショットの一つであり、順クロスの対義語です。

順クロスっていうのは、自分のフォア(バック)側から相手のフォア(バック)側に飛ばすフォア(バック)のクロスのことです。

逆クロスはその逆で、自分のフォア(バック)側から相手のフォア(バック)側に飛ばすバックフォア)のことを言います。

フォアハンドの逆クロスの典型は、自分のバックハンド側に来た球を回り込んでフォアハンドで相手のバックハンド側に打ち込むショットです。

https://youtu.be/ZjOWb7e4znc

初心者の方や、少しテニスの楽しさがわかって練習をし始めたくらいの中級者の方だと順クロスが得意な人が多いですが、それより高いレベルでシングルスを戦うために逆クロスは必ず役に立つ技術です。

この記事ではそんな逆クロスのフォアハンドのコツをお伝えしたいと思います。

なぜ逆クロスが必要なのか

テニスのラリーは基本的に順クロスに打ち返すことが多いです。

しかし、シングルスでは順クロスだけでなく逆クロスがうまく打てるとかなり強いです。特に、フォアハンドの逆クロスがうまいとかなりのアドバンテージとなります。

というのも、相手と自分の利き手が同じならば、フォアハンドの逆クロスが打てると相手のバックハンドを攻撃できるからです。

バックハンドはフォアハンドに比べて苦手な人が多いですし、そもそも多くの人が使う両手バックハンドはフォアハンドに比べてリーチが短いですから、そこをうまく攻撃できるようになるとストローク戦を有利にすすめるることができるのです。

もちろんバックが強い相手に中途半端な逆クロスを打ってもストレートに打ち込まれてやられるので簡単に通用するとは限りませんが、フォアの逆クロスはほぼどんな相手に対しても身につけておいて損はないショットです

バックハンドはよほど得意でなければあえて回り込んで逆クロスを打つ必要はあまりないので特に書きません。というか、シングルスで回り込みバックの逆クロスなんて打ったことねぇ…のでアドバイスできません。あしからず。

ということで、そんな役立つショットであるフォアの逆クロスの打ち方についてテニス経験3年半の僕がコツを教えていきたいと思います!

フォアハンド逆クロスの5つのコツ

フォアハンドの逆クロスのコツは以下の5つ。

  • ボールより早く回り込む
  • ボールと距離を取る
  • 身体を打つ方向に向ける
  • 体を閉じる
  • スピンをかける

です。それぞれよくわからんとこがあると思うので解説していきましょう!

ボールより早く回り込む

これはもう基本中の基本中です。これができない人は逆クロスを打つことは難しいといってもいいくらいでしょう。

とはいってもそんなに難しいことではなくて、要は「ボールに合わせずにボールより早く打点に入る」ということです。

逆クロスを打つときに初、中級者に多く見られるのが、「ボールが跳ねるのに合わせて打点に入る」というシーン。これは絶対にNG。

逆クロスは、順クロスに比べて打点が遠いです。順クロスならコートの真ん中側からボールをヒットできるのに、わざわざ逆クロスで打つということはコートの外側から打たなくてはならないのです。

にもかかわらず順クロスと同じようにゆっくりと打点に入る人が結構多いです。僕もたまにやってしまいますが、ボールに合わせてしまうことが無いように意識的に注意しましょう。

ボールに合わせて打点に入ったことでが詰まってしまうと、逆クロスは非常に難しいショットになってしまいます。

角度をつけるショットですから、なるべく短く打たなくてはならない。そのためには打点に入るのが遅れては絶対にいけないのです!

ボールに合わせず打点に入るのが大前提です。

ボールと距離を取れ

上で書いたこととかなりかぶりますが、とても重要なことです。

  • ボールと距離を取らなくてはいけない理由は、打点をつまらせたくないから。
  • 打点をつまらせたくない理由は、逆クロスは詰まるとコントロールができなくなるから。

逆クロスはただでさえコートの外側まで長い距離を動いて打たなきゃいけないショットですが、コートの外側へと動くだけでなく同時にボールの外側にしっかり入らなくてはならないのです。

イメージはコートの中心からボールの軌道の延長線上まで動き、そこからさらに1〜2メートルボールの軌道の外側に構えます

左手の使い方についての記事でも書きましたが、打点が詰まると威力もスピンも半減します。むしろ、このくらいの位置まで回り込めないショットはフォアで打つべきではありません。

詰まらせないように左手をうまく使ってボールと距離を取ることで、ボールをコントロールしましょう!

関連記事

打つ方向を向く

これは中級者でも意外と意識、実践できてない方は多いんじゃないでしょうか。どういうことかというと

逆クロスに打つとき、コートの対角線上のアドサイドに正対して打つということです。決して相手コートに正対してはいけません。

たしかに上のフェデラーのように、相手コートに正対して逆クロスを打つことができればコースを隠すことができて理想的です。

しかし、アマチュアレベルであまりコースを隠そうとするあまり逆クロスのコースが甘くなってしまいがち

上級者の方がどう打っているかはわかりませんが、少なくとも僕くらいの中級者レベルでは逆クロスであろうと素直に打ちたい方向を向いたほうが無難です。相手からしても、こちらが露骨に体の向きを変えさえしなければそこまでコースは読めないので大丈夫です!

コースを隠すより、まずは打ちたい方向を向いてしっかり打つことを優先しましょう!

体を閉じる

体を閉じるってピンとこないアドバイスだと思います。僕も最初に言われた時はいまいち意味が分かりませんでした。

少し具体的に言うと、体が閉じるというのは、簡単に言えば「スイングの時に体の回転がブロックされている」ということ。

反対に、体が開くというのは「腕の振りが体の回転に遅れすぎている」ということです。

コーチたちが、「体を閉じろ」と口を酸っぱくして言うのは、体が開くとスイングの力が伝わる必要のない方向に伝わってしまうからです。

例えば、逆クロスを打つときに体が開くと、ストレート方向に力が逃げてしまう結果、打球の逆クロス方向への推進力が落ち、甘くなってしまいます。

これを防ぐ一番現実的で簡単な方法は

フォロースルーの後も打球をヒットしたポイントに目線を残すこと

フェデラーを見てみるとわかりやすいですね。打点にしっかりと顔が残っています。

↑フェデラーのフォアハンド。しっかりと打点に顔が向いており同時に左手で体の開きを抑えているのがわかります。

打点に目線を残すことで、打球を捉える瞬間は顔が回らなくなり、結果体の回転が適度にブロックされるということです。

顔を残すことができたら、次は非利き手をしっかり使って体の回転をブロックできれば完璧です。ボールを捉える瞬間に左手を胸の横で立てて上半身の動きを止めます。

打点に顔を残し、左手を使い体の開きを抑えることで逆クロスでもボールがしっかり飛びますよ。

スピンをかける

最後に大事なのはスピン。ただ、スピンはやることをやっていれば勝手にかかるのでかけようとしてかかるものとも違うんですが、逆クロスにはスピンが必要なので書きます。

逆クロスで一番強いのは高い打点からフェデラーのようにウィナーを打ち込むショットですが、正直僕のような中級者レベルではあんなバシッと決まる逆クロスはさう簡単には打てません。

では逆クロスで同相手を崩すかというと

角度をつけて相手を追い出す

んですね。少し浅めのクロスに逆クロスを打ち込むことで相手をコートから追い出すことができます。

そこからチャンスボールを引き出して攻撃の糸口にすることができると逆クロスはかなり有効なショットになってきます。

当然、角度をつけるということは短いショットを打たないとアウトのリスクが高まります。

しかし、コースを重視するあまり遅い球を打つと今度はストレートに打たれるリスクが大きくなります。

だからここで重要なのは

しっかりスイングしつつスピンをかける

こと。そうすれば球威が落ちずに相手を追い出すことができるわけです。実際上手い人の逆クロスはめちゃめちゃ落ちます。YouTubeで望月勇希くんとか見てください。落ちすぎ。

↑1:45秒あたりとか、すごすぎです。

角度をつけて相手をコートから追い出すため、振り切ってスピンをかけましょう!

フォアハンドを振り切って強打するコツはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

まとめ

この記事の内容をまとめると

  • シングルスで相手のバックハンドを攻められる逆クロスはとても重要

逆クロスを打つコツは

  • ボールより早く回り込む
  • ボールと距離を取る
  • 打つ方向を向く
  • 体を閉じる
  • スピンをかける

です。フォアの逆クロスは非常に役に立つショットですが、フォアハンドの基本ができていないとなかなか打つのは難しいです。

なのでしっかりと基礎基本を身に着けたうえで練習していってくださいね!

フォアハンドもちょっと不安だな…という方はこちらの記事も参照してみてください。

関連記事

↑バックが苦手な人は多いし僕もそうでしたが、両手バックハンドは練習すれば誰でも上達できるよってことを書いてる記事です。

↑僕が5年かけて体得した「シングルスはど真ん中に打っとけば勝てるぞ作戦」について解説した記事です。

思考がシンプルになって精神的にもやりやすくなるので、シングルスでメンタル崩壊しがちな人にもオススメの作戦ですよ。

-ストローク, テニス, テニス上達
-

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】小指側を使ってフォアハンドのスピン(回転)量を上げる方法

強力なスピンの掛かったフォアハンドを打つときには小指側の使い方がめちゃくちゃ大事です。 僕はこのことにテニスを初めて7年経っててようやく気づきました。その原因については下記記事に書いてます。 【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話 なぜスピンを増やすのに小指側が大事なのか、具体的に何をどう意識すればフォアハンドにスピンがかかるようになるのかについて書いていきますね。 「何当たり前のことを言ってんだこいつは…」と思った方はこの記事は閉じていただいて大丈夫です(笑) 目次 なぜ小指側が大事な ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】練習すりゃできる!股抜きショットのコツと練習方法4ステップ

テニスの股抜きショットは一見難しそうに見えますが、練習すれば意外と出来るようになります。 実際、僕も股抜きなんて難しそう…って思っていたクチですが、3日ほど真面目に練習したらできるようになりました。 もちろん僕はテニス7年目なのである程度ラケットとボールの扱いに慣れているというのもありますが、テニス歴が浅い方でも段階を踏んで練習すれば全然できそうだなと感じたんですよね。 ということで、僕が実際にやった股抜きショットの練習方法と、そこで分かった股抜きのコツを紹介したいと思います。 目次 股抜きショットの基本 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスで並行陣の低く浅いボレーに対するアプローチショットのコツ

ダブルスの平行陣に対して前ポトのボレーに追いつけなかったり、走りながらのアプローチでバックアウト連発していたりしていませんか?   この記事ではテニスのダブルス、特に平行陣の前ポト、短いボレーに対するアプローチショットのコツをお伝えしたいと思います。   アプローチにおいて大事なポイントは、マインド、身体の使い方、戦略の3つです。これらをすべて無意識にできるようになれば、見違えるようにダブルスを楽しめるプレーヤーになれること間違いなしです。   目次 アプローチショットのコツ ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】伸びるバックハンドスライスを打つのに絶対不可欠な3つのコツ

皆さんは普段テニスのラリーでスライスを使っていますか? スライスをうまく使えると ボレーがうまくなるシングルスの守備範囲が超広くなるラリーのペースを落とすことができる などのメリットがあります。試合をしない人でもスライスを打てると自分のテニスの幅が広がって面白いですよ。 それでは本題に入りましょう。 目次バックハンドスライスをうまく打つコツ打点と体の間に適切な距離を取る当たりの厚さで飛距離を調節する打点の高さに体を合わせるまとめ バックハンドスライスをうまく打つコツ Embed from Getty Im ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスのストロークで並行陣を崩す5つのコツ

ダブルスでなかなか平行陣に勝てない…そんな風に思っていませんか? シングルスでは速くて力強いストロークが打てるのにダブルスでは勝てない、そんな悩みを抱えているとしたら、その原因はダブルスのストロークを理解していないことかもしれません。 はっきり言って、ダブルスのストロークはシングルスのストロークとは別物です。 もちろん、シングルスのストロークが打てないのにダブルスのストロークがうまいというのも珍しいですが、シングルスのストロークがうまいからといってダブルスで強いとは限りません。 今日は、ダブルスで平行陣に ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォームが汚いと悩む必要はない4つの理由

自分のストロークやサーブのフォームが汚い… と悩んでいませんか? 僕も以前は自分のフォームが汚いことに悩んでいました。試合では勝てるんだけど、毎回ボールに合わせてなんとか返すだけで、プロみたいにいつも同じ形できれいに打てないことが悩みで、 自分のテニスは見栄えがしないんだろうなと、フォームがきれいな人たちにずっと引け目を感じていました。 しかし、今となってはそんな悩みは馬鹿らしい、というかそこまで気にする必要がないことだと断言できます。 それは みんな少なからず自分のフォームに不満を持っているフォームを意 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/14

テニス歴5年の僕がストローク練習に壁打ちをおすすめする理由とその方法!

こんにちは。僕は今日も元気にテニスをしました。ああ、今日も順調に単位回収が遠のいていくよ。 そんなどうでもいい話はさておいて。 みなさんテニスのストロークの練習をするときに、壁打ちをやったことはありますか??壁に向かって一人でボールを打ち続けるあれです。 この壁打ち、実はストロークの上達にすごく役立つって知っていましたか? 僕ももうテニスを初めて5年ほど経ちますが、ストロークがスムーズに打てなくなったときにはいつも必ず壁打ち練習に戻ってフォームを修正しています。 これも、壁打ち練習には対人の練習にはない練 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】今すぐできる一発逆転!シングルスでのスライスの使い方5つ!

こんにちは! 先日久しぶりにテニスのシングルスをしました。相手は球をバコバコ強く打ってくる相手でストロークの主導権を先に握られ苦しい展開になったのですが最終的には何とか勝ち切ることができました。 そこですごく役に立ったのがスライスでした。そこでこの記事では、僕が試合を通じて感じたシングルスでスライスをつかえる戦術的なメリットについて挙げていこうと思います! 目次スライスの戦術的なメリットその一 攻めにくいその二 時間を稼げるその三 相手の球が浮くその四 アプローチに使えるその五 相手が打ち慣れてない場合が ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】シングルスで勝つ!フォアの逆クロス上達に必要な5つのコツ

逆クロスってなに? フォアの逆クロスのコツが知りたい! そんな方に向けた記事です。 目次逆クロスとは?なぜ逆クロスが必要なのかフォアハンド逆クロスの5つのコツボールより早く回り込むボールと距離を取れ打つ方向を向く体を閉じるスピンをかけるまとめ 逆クロスとは? 逆クロスというのは、テニスのショットの一つであり、順クロスの対義語です。 順クロスっていうのは、自分のフォア(バック)側から相手のフォア(バック)側に飛ばすフォア(バック)のクロスのことです。 逆クロスはその逆で、自分のフォア(バック)側から相手のフ ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォアハンドで左手の使い方が超大事な理由と練習方法2つ

フォアハンドでボールにうまく力が伝わらないし、なんか安定しないな… と悩んでいませんか? そうだとしたらその原因は左手の使い方にあるかもしれません。僕も以前はフォアハンドで左手をうまく使う方法を知らず、スイングを緩めて調節するフォアハンドを打っていました。 しかし、フォアハンドはその基本を押さえることが出来れば、スイングを緩めて調節することなくしっかり振りつつコートに入れることができると以前紹介しました。 まだ目を通していない方はこちらも合わせてご覧ください。 関連記事 【テニス】フォアハンドの基本を初心 ...

続きを読む

関連記事

テニス テニス上達 リターン

【ブレイク確率↑】テニスのリターン/レシーブで相手を翻弄する4つコツ&練習方法

あなたはテニスのリターンのコツがわからず悩んでいませんか?? あなたは、リターンは難しいと思っているかもしれませんが僕から言わせればリターンほど一度掴むと安定するショットはありません。サーブのほうが1 ...

ストリング テニス

【激安1張り608円】プロハリケーンツアーの200mロールを実質10947円で買う方法

皆さん、テニスのガット張替えに毎回いくらくらいかけていますか?   ガット代が高い…どうにかして安くしたい!と考えている場合は、この記事を参考にすることでかなりガットを安く買うことができるか ...

ATPツアー テニス

【最終戦】錦織のNitto ATPファイナルズ出場には残りの3大会でどのくらい勝てば良いのか検証

こんにちは!2018年もいよいよ終盤に差し掛かってきましたね。テニスのシーズンも11月のNitto ATPファイナルズで終わりを迎えます。 この記事では、錦織圭が今年のNitto ATPファイナルズに ...

テニス テニス用具

【練習球】サークル・部活におすすめ!耐久性が高く安価で打ちやすいテニスボールベスト5

サークルや部活で使うテニスボール、どれにすれば良いんだろう? ボールの違いがよくわからない! この記事ではそんなあなたのために、元高校テニス部でテニスサークル幹部である僕が、サークルや部活の練習で使う ...

テニス テニス上達 ボレー

【テニス】ダブルスでポーチをバンバン決める前衛になる10のコツ

ダブルスでポーチが決まらないいい とお悩みのあなたに、ダブルスのポーチのコツをお伝えしたいと思います! 前衛としてポーチに出る場面は大きく分けて2つ。 味方のサーブのときのリターンポーチ味方がストロー ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】ダブルスでサーブが弱い人がキープの確率を上げる3つの方法

ダブルスで自分のサーブゲームがキープできないことに悩んでいませんか? ダブルスでは前衛がいるぶん、シングルスに比べてよりサービス側が有利です。相手のサーブが強いとブレイクはかなり難しいため、基本的には ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話

僕は手にマメができてサーブが良い方向に激変しました。 まさに怪我の功名と言わんばかりに凄まじい変化だったのでここに書き留めておきたいと思います。 具体的にこれをどう活かせるかといった技術的な話は別の記 ...

テニス テニス上達 ボレー

テニスのボレーで手首の外側が痛いときはTFCC損傷かも!すぐにできる対処法は?

どうもこんにちは。この記事を読んでくださっているということは、あなたも手首を痛めてしまっているのでしょう。 かく言う僕もテニスのボレーで手首を痛めてしまった一人です。僕はボレーが得意な方なのですが、フ ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】伸びるバックハンドスライスを打つのに絶対不可欠な3つのコツ

皆さんは普段テニスのラリーでスライスを使っていますか? スライスをうまく使えると ボレーがうまくなるシングルスの守備範囲が超広くなるラリーのペースを落とすことができる などのメリットがあります。試合を ...

ダブルス テニス テニス上達

【テニス】時にはネットにベタ詰めできないと、並行陣は前にいる意味がない

ダブルスで平行陣を作るとき、ちゃんと機会を見てネットに詰められていますか? 詰めずにずっと後ろでボレーをしている自覚があるとしたら、もったいない。 詰めるべき場面で詰められない平行陣は、前にでてきてい ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2020 Torulog