【テニス】フォアハンドは左手を伸ばすのが超大事!!な理由とその練習方法2つ

テニスのフォアハンドの力が伝わらなくて、安定しなくて悩んでいませんか?

 

僕も以前はフォアハンドに全く力が入らず、手首で操作するフラットなフォアハンドを打っていました。

 

以前の記事ではフォアハンドのコツについて僕の知りうる限りを書きました。その中でも、フォアのレベルアップのために特に重要だと思う左手(非利き手)の重要性について書いていこうと思います。

 

[toc]

 

フォアハンドは左手が大事

 

フォアハンドでパワーを出したり、それを安定させるための秘訣は左手(非利き手)にあります。他にも大切な要素はたくさんあるのですが、その中でも非利き手はとても重要な意味をなしています。にもかかわらず、非利き手をうまく使えていない人はかなり多いです。

 

ということで、この記事ではフォアハンドにおける非利き手の重要性とその使い方についていくつかのポイントに整理して伝えていこうと思います!

 

 

スポンサーリンク

非利き手をうまく使えるメリット

andremcenroe / Pixabay

 

非利き手を使えるようになるメリットはただひとつです。それは

 

適切な打点で打てるようになること

 

これに限ります。適切な打点で打てるようになると

 

  • ミスが減る
  • スピンがかかる
  • コントロールが容易になる
  • 力が伝わりやすくなる

 

などのメリットがあります。逆に適切な打点で打つことができないと

 

  • 回転がかからない
  • コントロールがしづらくなる
  • パワーが出ない
  • 安定しない

 

と言ったデメリットが出てきます。

 

では、なぜ適切な打点が取れるとこのようなことになるのかについて説明します。

 

打点が詰まるとデメリットだらけ

まず、非利き手によって適切な打点がとれるようになると、詰まることがなくなります。

 

詰まるということは「まだスイングができる場所でボールを捉えてしまう」ということです。

 

適切な打点で打てるということは「スイングが終わる(一番ラケットが加速した)ところで打つ」ということです。

 

通常フォアのスイングではフォロースルーは上に振り抜きますが、インパクトの瞬間のスイングそのものは上方向よりも水平方向への動きが強くなります。

 

つまり、このように水平方向のスイングがまだできる状態でボールを捉えてしまうと当然ボールは水平に飛んでいき、回転もかかりません

 

逆に、スイングが一番加速してもう上にフォロースルーするしかないというタイミングでボールをインパクトできれば、一番威力が出る上に回転もかかりやすいという非常に理想的な打球が打てます。

 

また、詰まってしまうと回転がかからないと同時に打球方向そのものも狂います。例えば、順クロスに打とうとしても詰まってしまえばストレートに飛びますし、更に詰まればサイドアウトをしてしまいます。

 

まとめると、詰まると

 

  • 当たりがフラットになりボールに回転がかからず
  • コントロールがしづらくなり
  • 回転がかからない

 

という悪条件が揃ってしまうため、このまま思いっきり振ると当然アウトします。

 

逆に、回転がかかっていれば思いっきり振っても入るので、適切な打点がとれるようになるとパワーが伝わることになるというわけです。

 

 

以上の理由から、非利き手をうまく使うことによってもろもろのメリットが発生するのです。

 

 

 

スポンサーリンク

左手をうまく使えば詰まらず打てる!

非利き手を使うメリットとその理由が分かったところで、次はフォアハンドで非利き手をうまく使う方法を解説していきます!

 

非利き手をうまく使うということは、相手コートに正対して90度の角度で左手と左肩甲骨をしっかり伸ばし、その反動で右肩甲骨を背中側に引っ張り、そのひねりをスイングのパワーに変えるということです。

 

大げさに言うと、テークバックの時に相手に背中を見せるくらいに右肩を後ろに引くということです。

 

注意してほしいのは、右肩を引くことを意識するのではなく、左手を伸ばすことで自然に右肩が引っ張られるようなイメージを持つことです。

 

また、左手を伸ばすことを意識するあまり左肩が全く動かないということがないように注意してみてください!

 

この左手の使い方はフォアの逆クロスを打つときにもとても役立つのでやってみてください。詳しくは下記記事にあります。

【テニス】シングルスで勝つ!フォアの逆クロス上達に必要な5つのコツ
みなさんっ!逆クロス使ってますか!? 逆クロスというのは、テニスのショットの一種で順クロスの対義語ですね。 順クロスっていうのは、デュースサイドからフォアサイドに打ち返すクロス、アドサイドからアドサイドに打つバックハンドのクロスのことを...

 

練習方法

非利き手を使うための練習としてよく挙げられるのが

 

球出しをしてもらい、その球を非利き手でキャッチする

 

という練習ですが、これだけでは非利き手を出すことはできてもそれに伴う体のターンの練習になりません。だから僕はこれだけでは不十分だと考えています。

 

なので、もう一つおすすめの練習を紹介します。それは

 

高めの椅子に座ってストロークを打つ練習

 

です。

↑僕が参考にしていたマチュー先輩の動画です!

 

動画ではふつうに低めの椅子を使って足の力を伝えていますが、上半身のターンをより意識するために、高めの椅子に座ることで足からの力をあえて伝えづらくします。そうすると上半身のターンがうまく使えていないと全くボールに力が入らないので、自然と体をひねって打つようになります。

 

注意することは、背筋を伸ばしたまま思いっきり左手(左肩甲骨)をのばして右肩甲骨を引き、そこから左手を胸に向かって引くことで体をしっかり回転させて打つということです。

 

それができたら、あとは打点にしっかり目線を残すことができれば完璧です。

 

これができるようになるとボールの力強さがワンランクアップすることは間違いありません!

 

体の回転で強打するコツについてはこちらの記事で詳しく書いているので参考にしてください!

【テニス】フォアを腰の回転で振り切って強打するコツと練習メニュー3つ
テニスで一番大事とさえ言えるフォアハンドストロークを強打するために必要なトレーニングについて。下半身と腰の回転主導で力を加える方法をまとめました。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • フォアハンドを打つには非利き手がとても重要
  • 非利き手を使えると適切な打点で打てるようになる!
  • 強い球を打つには非利き手をうまく使って体のターンでボールを打つ

そのために

  • 非利き手でのボールキャッチ
  • 高めの椅子に座ってストロークを打つ

練習をする。

 

です!この非利き手を使った打ち方と下半身の使い方が伴えばたちまちフォアハンドは強化されます!僕が実証済みです(笑)

さらに実践に近づけたい場合は、繰り返しの練習がしやすいことから壁打ち練習がおすすめです。

テニス歴5年の僕がストローク練習に壁打ちをおすすめする理由とその方法!
こんにちは。テニスバカ大学生のまびです。僕は今日も元気にテニスをしました。ああ、今日も順調に単位回収が遠のいていくよ。 そんなどうでもいい話はさておいて。 みなさんテニスのストロークの練習をするときに、壁打ちをやったことはありま...

 

もちろん対人のラリーでも構いません。とにかく段階を踏んで実践に活かしていきましょう!!

テニス上達
スポンサーリンク
のーるをフォローする
この記事を書いた人
のーる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
のーるをフォローする
やりたいことだらけ

コメント