ストローク テニス テニス上達

【テニス】フォアハンドで左手の使い方が超大事な理由と練習方法2つ

2017-08-03

フォアハンドでボールにうまく力が伝わらないし、なんか安定しないな…

と悩んでいませんか?

そうだとしたらその原因は左手の使い方にあるかもしれません僕も以前はフォアハンドで左手をうまく使う方法を知らず、スイングを緩めて調節するフォアハンドを打っていました。

しかし、フォアハンドはその基本を押さえることが出来れば、スイングを緩めて調節することなくしっかり振りつつコートに入れることができると以前紹介しました。

まだ目を通していない方はこちらも合わせてご覧ください。

関連記事

ここに書かれたフォアハンドの基本のなかでも、フォアのレベルアップのために特に重要な左手(非利き手)の上手な使い方を解説していこうと思います。

フォアハンドは左手が大事

フォアハンドでパワーを出したり、それを安定させるための秘訣は左手(非利き手)にあります。

他にも大切な要素はたくさんあるのですが、その中でも非利き手はとても重要な意味をなしているのですが、非利き手をうまく使えていない人はかなり多いです。

ということで、この記事ではフォアハンドにおける非利き手の重要性とその使い方について4つのポイントに着目して伝えていこうと思います!

非利き手をうまく使えるメリット

非利き手を使えるようになるメリットはただひとつです。それは

適切な打点で打てるようになること

です。適切な打点で打てるようになると

  • ミスが減る
  • スピンがかかる
  • コントロールが容易になる
  • 力が伝わりやすくなる

などのメリットがあります。逆に適切な打点で打つことができないと

  • 回転がかからない
  • コントロールがしづらくなる
  • パワーが出ない
  • 安定しない

といったデメリットが出てきます。

では、なぜ適切な打点がとれるとこのようなことになるのかについて説明します。

左手を使うことで打点の詰まりを防げる

まず、非利き手によって適切な打点がとれるようになると、詰まることがなくなります。詰まるということは「まだスイングができる場所でボールを捉えてしまう」ということです。

適切な打点で打てるということは「スイングが終わる(一番ラケットが加速した)ところで打つ」ということです。

詰まらなければ回転がかかる

フォアのスイングではフォロースルーは上に振り抜きますが、インパクトの直前のスイングそのものは上方向よりも水平方向への動きが強くなります

このように水平方向のスイングがまだできる状態でボールを捉えてしまうと当然ボールは水平に飛んでいき、回転もさっぱりかかりません

詰まらなければ威力が出る

スイングが一番加速しきって、もう上に抜けていくしかないというタイミングでボールをインパクトできれば、一番威力が出る上に回転もかかりやすいという非常に理想的な打球が打てます

一番水平方向への勢いが強いタイミングでボールをヒットできるからですね。

詰まらなければボールをコントロールできる

また、詰まってしまうと回転がかからないだけでなく、打球方向そのものも狂います

例えば、順クロスに打とうとしても詰まってしまえばストレートに飛びますし、更に詰まればストレートにサイドアウトをしてしまいます。

まとめると、詰まると

  • 当たりがフラットになり
  • ボールに回転がかからず
  • コントロールがしづらくなる

という悪条件が揃ってしまうため、このまま思いっきり振ると当然アウトします。

逆に、回転がかかっていれば思いっきり振っても入るので、適切な打点がとれるようになるとパワーが伝わることになるというわけです。

だから左手をうまく使うことがとても大事になるわけです。

具体的な左手の使い方

非利き手を使うメリットとその理由が分かったところで、次はフォアハンドで非利き手をうまく使う方法を解説していきます!

非利き手をうまく使うということは、

  • 相手コートに対して90度の角度で左手と左肩甲骨をしっかり伸ばし
  • その反動で右肩甲骨を背中側に引っ張り
  • そのひねり戻しの勢いをスイングのパワーに変える

ということです。

大げさに言うと、テークバックの時に相手に背中を見せるくらいに右肩を後ろに引くということです。

注意してほしいのは、右肩を引くことを意識するのではなく、左手を伸ばすことで自然に右肩が背中側に引っ張られるようなイメージを持つことです。

また、左手を伸ばすことを意識するあまり左肩が動かないということがないように注意してみてください!

この左手の使い方はフォアの逆クロスを打つときにもとても役立つのでやってみてください。

関連記事

左手をうまく使う練習方法

球出しボールキャッチ

非利き手を使うための練習としてよく挙げられるのが

球出しをしてもらい、その球を非利き手でキャッチする

という練習ですが、これだけでは非利き手を出すことはできてもそれに伴う体のターンの練習になりません。だから僕はこれだけでは不十分だと考えています。

高めのイスでノーバンストローク練習

そこで、もう一つおすすめの練習を紹介します。それは

高めの椅子に座ってストロークを打つ練習

です。

↑僕が参考にしていたマチュー先輩の動画です!

動画ではふつうに低めの椅子を使って足の力を伝えていますが、上半身のターンをより意識するために、高めの椅子に座ることで足からの力をあえて伝えづらくします

そうすると上半身のターンがうまく使えていないと全くボールに力が入らないので、自然と体をひねって打つようになります

注意することは、背筋を伸ばしたまま思いっきり左手(左肩甲骨)をのばして右肩甲骨を引き、そこから左手を胸に向かって引くことで上半身をしっかり回転させて打つということです。

打点にしっかり目線を残すことも意識しましょう。

これができるようになるとボールの力強さがワンランクアップすることは間違いありません!

関連記事

まとめ

この記事の内容をまとめると

  • フォアハンドを打つには非利き手がとても重要
  • 非利き手を使えると適切な打点で打てるようになる!
  • 強い球を打つには非利き手をうまく使って体のターンでボールを打つ

そのために

  • 非利き手でのボールキャッチ
  • 高めの椅子に座ってストロークを打つ

練習をする。

です。この非利き手を使った打ち方と下半身の使い方が伴えばたちまちフォアハンドは強化されます!僕が実証済みです。

フォアハンドを強化してテニスを楽しみましょう!

関連記事

↑さらに実践に近づけたい場合は、繰り返しの練習がしやすいことから壁打ち練習がおすすめです。

↑ストロークだけでなくボレーも習得できると更にテニスが楽しくなります。この記事ではボレーの基本をまとめました。

-ストローク, テニス, テニス上達

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】小指側を使ってフォアハンドのスピン(回転)量を上げる方法

強力なスピンの掛かったフォアハンドを打つときには小指側の使い方がめちゃくちゃ大事です。 僕はこのことにテニスを初めて7年経っててようやく気づきました。その原因については下記記事に書いてます。 【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話 なぜスピンを増やすのに小指側が大事なのか、具体的に何をどう意識すればフォアハンドにスピンがかかるようになるのかについて書いていきますね。 「何当たり前のことを言ってんだこいつは…」と思った方はこの記事は閉じていただいて大丈夫です(笑) 目次 なぜ小指側が大事な ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】練習すりゃできる!股抜きショットのコツと練習方法4ステップ

テニスの股抜きショットは一見難しそうに見えますが、練習すれば意外と出来るようになります。 実際、僕も股抜きなんて難しそう…って思っていたクチですが、3日ほど真面目に練習したらできるようになりました。 もちろん僕はテニス7年目なのである程度ラケットとボールの扱いに慣れているというのもありますが、テニス歴が浅い方でも段階を踏んで練習すれば全然できそうだなと感じたんですよね。 ということで、僕が実際にやった股抜きショットの練習方法と、そこで分かった股抜きのコツを紹介したいと思います。 目次 股抜きショットの基本 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスで並行陣の低く浅いボレーに対するアプローチショットのコツ

ダブルスの平行陣に対して前ポトのボレーに追いつけなかったり、走りながらのアプローチでバックアウト連発していたりしていませんか?   この記事ではテニスのダブルス、特に平行陣の前ポト、短いボレーに対するアプローチショットのコツをお伝えしたいと思います。   アプローチにおいて大事なポイントは、マインド、身体の使い方、戦略の3つです。これらをすべて無意識にできるようになれば、見違えるようにダブルスを楽しめるプレーヤーになれること間違いなしです。   目次 アプローチショットのコツ ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】伸びるバックハンドスライスを打つのに絶対不可欠な3つのコツ

皆さんは普段テニスのラリーでスライスを使っていますか? スライスをうまく使えると ボレーがうまくなるシングルスの守備範囲が超広くなるラリーのペースを落とすことができる などのメリットがあります。試合をしない人でもスライスを打てると自分のテニスの幅が広がって面白いですよ。 それでは本題に入りましょう。 目次バックハンドスライスをうまく打つコツ打点と体の間に適切な距離を取る当たりの厚さで飛距離を調節する打点の高さに体を合わせるまとめ バックハンドスライスをうまく打つコツ Embed from Getty Im ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスのストロークで並行陣を崩す5つのコツ

ダブルスでなかなか平行陣に勝てない…そんな風に思っていませんか? シングルスでは速くて力強いストロークが打てるのにダブルスでは勝てない、そんな悩みを抱えているとしたら、その原因はダブルスのストロークを理解していないことかもしれません。 はっきり言って、ダブルスのストロークはシングルスのストロークとは別物です。 もちろん、シングルスのストロークが打てないのにダブルスのストロークがうまいというのも珍しいですが、シングルスのストロークがうまいからといってダブルスで強いとは限りません。 今日は、ダブルスで平行陣に ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォームが汚いと悩む必要はない4つの理由

自分のストロークやサーブのフォームが汚い… と悩んでいませんか? 僕も以前は自分のフォームが汚いことに悩んでいました。試合では勝てるんだけど、毎回ボールに合わせてなんとか返すだけで、プロみたいにいつも同じ形できれいに打てないことが悩みで、 自分のテニスは見栄えがしないんだろうなと、フォームがきれいな人たちにずっと引け目を感じていました。 しかし、今となってはそんな悩みは馬鹿らしい、というかそこまで気にする必要がないことだと断言できます。 それは みんな少なからず自分のフォームに不満を持っているフォームを意 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/14

テニス歴5年の僕がストローク練習に壁打ちをおすすめする理由とその方法!

こんにちは。僕は今日も元気にテニスをしました。ああ、今日も順調に単位回収が遠のいていくよ。 そんなどうでもいい話はさておいて。 みなさんテニスのストロークの練習をするときに、壁打ちをやったことはありますか??壁に向かって一人でボールを打ち続けるあれです。 この壁打ち、実はストロークの上達にすごく役立つって知っていましたか? 僕ももうテニスを初めて5年ほど経ちますが、ストロークがスムーズに打てなくなったときにはいつも必ず壁打ち練習に戻ってフォームを修正しています。 これも、壁打ち練習には対人の練習にはない練 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】今すぐできる一発逆転!シングルスでのスライスの使い方5つ!

こんにちは! 先日久しぶりにテニスのシングルスをしました。相手は球をバコバコ強く打ってくる相手でストロークの主導権を先に握られ苦しい展開になったのですが最終的には何とか勝ち切ることができました。 そこですごく役に立ったのがスライスでした。そこでこの記事では、僕が試合を通じて感じたシングルスでスライスをつかえる戦術的なメリットについて挙げていこうと思います! 目次スライスの戦術的なメリットその一 攻めにくいその二 時間を稼げるその三 相手の球が浮くその四 アプローチに使えるその五 相手が打ち慣れてない場合が ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】シングルスで勝つ!フォアの逆クロス上達に必要な5つのコツ

逆クロスってなに? フォアの逆クロスのコツが知りたい! そんな方に向けた記事です。 目次逆クロスとは?なぜ逆クロスが必要なのかフォアハンド逆クロスの5つのコツボールより早く回り込むボールと距離を取れ打つ方向を向く体を閉じるスピンをかけるまとめ 逆クロスとは? 逆クロスというのは、テニスのショットの一つであり、順クロスの対義語です。 順クロスっていうのは、自分のフォア(バック)側から相手のフォア(バック)側に飛ばすフォア(バック)のクロスのことです。 逆クロスはその逆で、自分のフォア(バック)側から相手のフ ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォアハンドで左手の使い方が超大事な理由と練習方法2つ

フォアハンドでボールにうまく力が伝わらないし、なんか安定しないな… と悩んでいませんか? そうだとしたらその原因は左手の使い方にあるかもしれません。僕も以前はフォアハンドで左手をうまく使う方法を知らず、スイングを緩めて調節するフォアハンドを打っていました。 しかし、フォアハンドはその基本を押さえることが出来れば、スイングを緩めて調節することなくしっかり振りつつコートに入れることができると以前紹介しました。 まだ目を通していない方はこちらも合わせてご覧ください。 関連記事 【テニス】フォアハンドの基本を初心 ...

続きを読む

関連記事

ATPツアー テニス

【ATP250】カタール・エクソンモービル・オープン2019開催!主な出場選手、会場、放送時間などの大会情報まとめ

2018年シーズンはジョコビッチが1位で終わりましたね。全米オープン以降の彼のストロークは16000ポイントで不動の1位に君臨し続けた2016年を彷彿とさせる素晴らしいテニスでした。 この記事では、ジ ...

テニサー テニス

ほぼブラック企業なのでテニサーの幹部にはなるな

大学に入ってテニスサークルに入った!これからガッツリテニサーを楽しんでやる! そう思ってる大学新入生へ伝えたい。 テニサーの幹部にだけは絶対なるな!! テニサーの幹部ってのは、テニサーの運営をする役職 ...

テニス テニス上達 ボレー

【テニス】それチャンスじゃない!実は難しいハイボレーを決めきる方法

きたきたチャンボだぶっ叩け…カシュッ……あれ?? こんなふうにチャンスでハイボレーを決めきれずに 「おかしい!チャンスボールのはずなのに!!なぜだ!!ウワアアア!!」 と思った経験は誰しもあると思いま ...

テニス テニス用具

【テニス】品質良いがコスパが悪いボウブランドのグリップテープの感想と評価

  あなたはグリップテープをよく貼り替えますか?   僕はだいたい一週間ごとにグリップテープを貼り替えます。先日大学のテニスの大会があり、出場してきました。僕は気合いの入った試合の ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】超サーブ苦手な俺のスピンサーブが初めてキックした時の話

こんにちは。 この記事では5年間サーブに苦しみ続けた僕のスピンサーブが初めてキックした話をしたいと思います。 サーブが苦手な人、スピンをかけようとしてもただのチャンスボールになってしまうと悩んでいる人 ...

テニス

僕が大人の趣味としてテニスをおすすめしたい5つの理由

社会人でも新しくできる趣味はないかな? そう思っているあなたに僕がおすすめしたいのがテニスです。 この記事では高校から5年間テニスを続けているテニスバカの僕が、テニスを大人の趣味としておすすめする5つ ...

ストリング テニス

【錦織圭使用】4G softを10回以上張った僕のレビューと感想を伝えるぜ

あなたはいつもどんなガットを使ってますか?? この記事では、以前は錦織圭選手も使っていたLuxron 4G softというガットのインプレッションを伝えたいと思います! 僕は過去にこのガットをいろんな ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】サーブのトスアップを無回転で安定させる5つのコツ&練習方法

サーブにスピードが出ない、力強さがないと悩んでいませんか? その原因はトスかもしれません。 この記事では、テニスのサーブの8割を決めると言われることもある、サーブのトスアップのコツをお伝えします! 目 ...

サーブ テニス テニス上達

テニスのサーブにおける左手(非利き腕)の重要性を感じた話

テニスのサーブで左手(利き手じゃない方の肩から手にかけて。以下便宜的に左腕と書きます)、意識してますか? 僕は以前まで全然意識してませんでした。意識しなきゃとは思っていたものの、あまり徹底的に修正しよ ...

ストリング テニス

【レビュー】エッグパワーは切れやすいが柔らかくストローカー向けの良ガット!

GOSENからででいる変な名前のガット「エッグパワー」を10ヶ月近く使ってきたので、改めてレビューしました。   結論から言うとエッグパワーは一番好きな良いガットです! 一時は他のナイロンガ ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2020 Torulog