【テニス】フォアハンドで大切な左手の使い方とおすすめの練習方法2つ!

テニスのフォアハンドの力が伝わらなくて、安定しなくて悩んでいませんか?

僕も以前はフォアハンドに全く力が入らず、手首で操作するフラットなフォアハンドを打っていました。

以前の記事ではフォアハンドのコツについて僕の知りうる限りを書きました。その中でも、フォアのレベルアップのために特に重要だと思う左手(非利き手)の重要性について書いていこうと思います。

フォアハンドは左手が大事

フォアハンドでパワーを出したり、それを安定させるための秘訣は左手(非利き手)にあります。他にも大切な要素はたくさんあるのですが、その中でも非利き手はとても重要な意味をなしています。にもかかわらず、非利き手をうまく使えていない人はかなり多いです。

ということで、この記事ではフォアハンドにおける非利き手の重要性とその使い方についていくつかのポイントに整理して伝えていこうと思います!

スポンサーリンク

非利き手をうまく使えるメリット

andremcenroe / Pixabay

非利き手を使えるようになるメリットはただひとつです。それは

適切な打点で打てるようになること

これに限ります。適切な打点で打てるようになると

  • ミスが減る
  • スピンがかかる
  • コントロールが容易になる
  • 力が伝わりやすくなる

などのメリットがあります。逆に適切な打点で打つことができないと

  • 回転がかからない
  • コントロールがしづらくなる
  • パワーが出ない
  • 安定しない

と言ったデメリットが出てきます。

では、なぜ適切な打点が取れるとこのようなことになるのかについて説明します。

なぜこのようなメリットがあるのか

まず、非利き手によって適切な打点がとれるようになると、詰まることがなくなります。

詰まるということは「まだスイングができる場所でボールを捉えてしまう」ということです。

適切な打点で打てるということは「スイングが終わる(一番ラケットが加速した)ところで打つ」ということです。

通常フォアのスイングではフォロースルーは上に振り抜きますが、インパクトの瞬間のスイングそのものは上方向よりも水平方向への動きが強くなります。

つまり、このように水平方向のスイングがまだできる状態でボールを捉えてしまうと当然ボールは水平に飛んでいき、回転もかかりません

逆に、スイングが一番加速してもう上にフォロースルーするしかないというタイミングでボールをインパクトできれば、一番威力が出る上に回転もかかりやすいという非常に理想的な打球が打てます。

また、詰まってしまうと回転がかからないと同時に打球方向そのものも狂います。例えば、順クロスに打とうとしても詰まってしまえばストレートに飛びますし、更に詰まればサイドアウトをしてしまいます。

まとめると、詰まると

  • 当たりがフラットになりボールに回転がかからず
  • コントロールがしづらくなり
  • 回転がかからない

という悪条件が揃ってしまうため、このまま思いっきり振ると当然アウトします。

逆に、回転がかかっていれば思いっきり振っても入るので、適切な打点がとれるようになるとパワーが伝わることになるというわけです。

以上の理由から、非利き手をうまく使うことによってもろもろのメリットが発生するのです。

スポンサーリンク

非利き手をうまく使う方法

非利き手を使うメリットとその理由が分かったところで、次はフォアハンドで非利き手をうまく使う方法を解説していきます!

非利き手をうまく使うということは、相手コートに正対して90度の角度で左手と左肩甲骨をしっかり伸ばし、その反動で右肩甲骨を背中側に引っ張り、そのひねりをスイングのパワーに変えるということです。

大げさに言うと、テークバックの時に相手に背中を見せるくらいに右肩を後ろに引くということです。

注意してほしいのは、右肩を引くことを意識するのではなく、左手を伸ばすことで自然に右肩が引っ張られるようなイメージを持つことです。

また、左手を伸ばすことを意識するあまり左肩が全く動かないということがないように注意してみてください!

練習方法

非利き手を使うための練習としてよく挙げられるのが

球出しをしてもらい、その球を非利き手でキャッチする

という練習ですが、これだけでは非利き手を出すことはできてもそれに伴う体のターンの練習になりません。だから僕はこれだけでは不十分だと考えています。

なので、もう一つおすすめの練習を紹介します。それは

高めの椅子に座ってストロークを打つ練習

です。

↑僕が参考にしていたマチュー先輩の動画です!

動画ではふつうに低めの椅子を使って足の力を伝えていますが、上半身のターンをより意識するために、高めの椅子に座ることで足からの力をあえて伝えづらくします。そうすると上半身のターンがうまく使えていないと全くボールに力が入らないので、自然と体をひねって打つようになります。

注意することは、背筋を伸ばしたまま思いっきり左手(左肩甲骨)をのばして右肩甲骨を引き、そこから左手を胸に向かって引くことで体をしっかり回転させて打つということです。

それができたら、あとは打点にしっかり目線を残すことができれば完璧です。

これができるようになるとボールの力強さがワンランクアップすることは間違いありません!

スポンサーリンク

まとめ

  • フォアハンドを打つには非利き手がとても重要
  • 非利き手を使えると適切な打点で打てるようになる!
  • 強い球を打つには非利き手をうまく使って体のターンでボールを打つ

そのために

  • 非利き手でのボールキャッチ
  • 高めの椅子に座ってストロークを打つ

練習をする。

です!この非利き手を使った打ち方と下半身の使い方が伴えばたちまちフォアハンドは強化されます!僕が実証済みです(笑)

フォアハンドの打ち方については他の記事でも触れているので、よかったら見てみてください。

【テニス】シングルスで勝つ!フォアの逆クロス上達に必要な5つのコツ
みなさんっ!逆クロス使ってますか!? 逆クロスというのは、テニスのショットの一種で順クロスの対義語ですね。 順クロスっていうのは、デュー...

力強いフォアハンドの本当の打ち方
テニス フォアハンド テニスのフォアハンドが安定しなくて悩んでいる方って結構多いと思います! フォアハンドが何故難しいかというと...

【テニス】今すぐ実践!フォアハンドのコツと練習方法2つ!
こんにちは。まびです。テニス歴約3年にして再びテニスへのやる気が増してきました。最近はテニスの基本であるストロークの練習を中心にやってい...

テニス関係の記事はこちら!

【テニス】もう負けない!今すぐできるシコラー対策3つ!
こんにちは。二回目の投稿になりますね、まびです。今日はテニスについての話題です。 皆さんは、シコラーと呼ばれるプレーヤーに苦しめられたこと...

【テニス】ナイターでボールが見づらい問題を解決する方法3つ考えた!
こんにちは。大学生ブロガーのBeeです。 僕は最近、ナイターの照明下でテニスをやることが多いです。ナイターだと夜でもテニスをやることができ...

【テニス】練習すれば誰でも打てる!バックハンドを強く打つコツ3つと練習方法!
こんにちは!まびです。 僕は四六時中テニスばかりやっているのですが、その時間を合計すると約2000時間以上! 2000時間ってかなりの時...

【テニス上達】今すぐ使える!ダブルスの練習メニュー12選!
テニスのダブルスの練習方法で困っていませんか? 今日は週7で大学でテニスをしている僕がダブルスの練習方法をいくつか紹介...

【テニス】シングルスで勝つ!フォアの逆クロス上達に必要な5つのコツ
みなさんっ!逆クロス使ってますか!? 逆クロスというのは、テニスのショットの一種で順クロスの対義語ですね。 順クロスっていうのは、デュー...

【テニス】ダブルスで決定力のあるポーチをものにする5つのコツ!
こんにちはーまびです。やっぱ夏休みは最高です。一日中テニスをしているとすっげー生きてることを実感できます。やっぱり俺ってテニスできないとぬけ...

【テニス】誰でもできる!ストロークに負けないボレーの基本2つとミスしないコツ!
こんばんは。今日も暑かった…。炎天下のテニスにより暑さにやられそうになっているまびです。こういう殺人的な暑さの中では水が何リットルあ...

【テニス】テニスの試合で緊張せず実力を出し切る唯一無二の方法。
こんにちは。まびです。 試合になると緊張してしまって普段通りのプレーができない… こんなふうに悩んでいませんか? しかし、...

【テニス】ダブルスでファーストボレーをミスせず成功させる3つの鉄則
テニスのダブルスで並行陣を作るために必須の技術であるファーストボレー。 あなたはしっかりと打ち返すことができますか?? この...

【テニス】3つのコツで誰でも打てる!高くバウンドするキックサーブの打ち方とは?
こんばんは!9月に夏の暑さが戻ってきましたね。けれど何故か嬉しい…。まびです。 スピンサーブに回転が掛からん! なん...

【テニス】実践で理解!サーブでコンチネンタルグリップが大切な理由を超わかりやすく解説!
みなさん、サーブを打つときしっかりと薄い握りで打つことができていますか? 一般的にサーブの握りは薄いほうが良いとされています。 ...

【テニス】基本に忠実にリターンの威力を出すための体の使い方のコツ4つ!具体的な練習方法も公開!
あなたはテニスのリターンのコツがわからず悩んでいませんか?? リターンゲームを攻略することができれば、自分のサービスゲームのプレッシャ...

【テニス】あなたがバックボレーをミスしてしまう3つの原因。バックボレーのコツを具体的に教えます!
バックボレーが苦手!と悩んでいませんか? この記事を読んでいるあなたは、バックボレーをどうにかしたいと思っていることと思います。 ...

↓僕の使っているラケットです。ぶんぶん振り回してもスピンでコートにねじ込んでくれるチートラケットです。ジョコビッチ選手使用モデルです。

このラケットについても記事を書いています。レビューはこちら