ストローク テニス テニス上達

【テニス】フォアハンドの基本を初心者向けに徹底解説|軸足が大事

2017-06-11

テニスのフォアハンドの基本ってなに?

どう練習すればいいの?

と悩んでいる初心者の人は多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな初心者に向けてフォアハンドの基本を解説していきたいと思います。この記事でフォアハンドの基本をほとんどおさえることができるように説明するので、フォアの教科書として使ってもらえればと思います。

フォアハンドは基本的な体の使い方を理解することが超大事

フォアハンドが難しいのは、利き手ゆえに自由度が高く、ごまかしがききやすいからです。

自己流の打ち方で適当に打っててもラケットの真ん中に当たりさえすれば返っていくのですから、そういう自己流の打ち方が問題だと気づきすらしません。以前の僕がそうでした

しかし、フォアハンドをある程度強く、確率よく打とうとするとやはり意識するべき、使うべき筋肉は皆おのずと似たようになり、結果スイングの体の使い方も似たような形に収束していきます

つまり強く確率の良いフォアハンドは、理にかなった効率的な体の使い方をしないと打てないので、基本的な体の使い方を意識する必要があるのです。

フォアハンドの基本的な体の使い方5ステップ

Embed from Getty Images

フォアハンドとひとくちにいってもいろんな考え方があります。人によって異なるのは当たり前です。

この記事では、体の使い方という視点から良いフォアハンドを打つための基本を説明していきたいと思います!

僕が考える初心者が押さえるべきフォアハンドの基本は以下の5つです。

  • ボールと適切な距離を取るため、常に足を動かす
  • 軸足となる後ろ足で打点に入る
  • 股関節の入れ替えによる下半身のボディターン
  • 右肩と左肩の入れ替えによる上半身のボディターン
  • 腕から先の力を抜くこと

です。この記事では、これに沿って解説していこうと思います!

常に足を動かしボールと適切な距離をとる

まず最初に、フォアハンドに限らずストロークを打つときには常に足を動かしていましょう。どんなに良いフォアハンドが打てても、フットワークが悪ければ全て台無しだからです。

世界ナンバーワンのジョコビッチだって、ハイヒールを履かせればきっと僕でも勝てます。(うそです)

そのくらいストロークにおいてフットワークは重要です。

フォアハンドにしっかりと力を伝え、確率を高めるためにはまず大前提としてボールと適切な距離をとり軸足を決めなければなりませんが、そのまた前提としてまずはボールの近くまで足を運べている必要があります。

具体的にどういう練習をするかというと、とにかくテニスをやっている時間だけは絶え間なくスプリットステップをして足を動かしていてください。ましてラリー中や試合形式練習のときは絶対に打ったらすぐ戻るということを意識し続けましょう。効果てきめんです。

それでもきつそうな場合は、テニスの時間中はずっとかかとをつけないでいるだけでも有効です。テニスの試合でベタッとかかとをついていることはありませんからね。

軸足となる後ろ足で打点に入る

次に、めちゃくちゃ大事なのが軸足です。軸足というのは動きの起点となる足のことで、フォアハンドでは一般的には後足とされています。

ストロークを打つときは、打点に入るときには必ずこの軸足の位置からきめてください!

よく軸足を前足だと誤解している人がいますが、前足ではなく必ず後ろ足を基準にして打球に入るほうが良いです。

これは、前足を軸にして打点に入ってしまうと、打点が体から遠くなってしまい力が入らないうえ、ボールのコントロールがすごくしにくいからです。

なので、ここを誤解したままだとストローク全般の上達が見込めません。

前の足に初めから体重が乗っかっていると、ラケットを押し出す際に足の支えが一本だけになってしまうので非常に打ちづらく、安定しません。

この軸足を素早く適切な位置に決めることができれば、長いタメを作ってスイングスピードを上げることができますし、打点が詰まることもなくなるのでミスヒットが減ります。

適切な位置とは、ボールの軌道の延長線上(正確にはちょっと延長線上からはズレる)で、具体的にはオープンスタンス気味に構えた状態で、左手を伸ばして届くか届かないかくらいの距離がちょうどよい位置です。

適切な軸足の位置は思っているより近い場合も遠い場合もあるので、フットワークの練習と同様に何度もラリーの中で練習していくしかありません。

僕の場合は思っているより遠かったです。

ただ、ここで誤解しないでほしいのは

ステップは軸足=右足でも、ヒットする瞬間は使い分けが必要なこともある

ってことです。

例えばネットにかなり近い浅いところにチャンスボールが来たとき、右足で打点に合わせようとしてもギリギリ間に合わないときもありますよね。

そういう時は、打点がしっかり高くとれるのであれば、左足に体重が乗った状態(=左足軸のスイング)になっても構いません。少し例外的な場面ですが。

ただ、ネットを越してかつアウトを防がなければならないというテニスの構造上、ストロークは常に山なりの軌道を基本にせざるを得ないため、基本は右足軸で打点にはいるようにしましょう。

それに、右足軸で打点に入れるようなフットワークを意識していれば、いざ追いつかなかったときに左足軸に変えることはいくらでも可能です。

フットワークは意識しつつの反復したラリー練習が一番効果的です。練習を重ねてプロ選手のようなフットワークを身につけましょう!

股関節の入れ替えによる下半身のボディターン

今度は下半身で力を出す方法について説明します。

下半身は、後ろ足が地面を蹴る力を回転運動につなげる役割を果たします。後ろ足の膝を曲げて踏ん張り、構えた時に前足の膝を倒して前足側の股関節を内側にいれます。(図の左)

そして、スイングの瞬間に力を貯めていた後ろ足で地面を強く蹴り、後ろ足の膝が前足側にむかい、同時に股関節が前足に向かって絞られます。(図の右)

この動きが自然に行われることで、いわゆる上半身の回転運動に繋がるわけです。

フォアをより安定させたい場合には下の記事も参考になるかと思います。

肩の入れ替えによる上半身のボディターン

下半身のターンができたら、次は上半身のボディターンです。

コツは左手を思いっきり打球の軌道に対して垂直方向にのばし、打つ瞬間に思いっきり引くことです。

左手を押すとき、左の肩甲骨は胸側に寄せられ、右の肩甲骨は背中側に寄せらます。

インパクトで左手と左肩甲骨が背中の側に引っ張ることで、自然と右肩甲骨、右腕が自然と出てきます。

この肩甲骨の入れ替えによる運動連鎖がうまくできると、上半身だけでも結構な力が伝わります

僕は椅子に座りながらノーバウンドでボールを打つ練習でこの肩の入れ替えによるボディターンを練習しました。

僕はこの動画を参考にして練習しているので載せておきます!

腕から先をリラックスさせ脱力しておく

フットワーク、軸足、大腿、腰、肩甲骨ときたら最後は腕と手首です。

僕の周りにも

ストロークを打つと腕や肩が疲れる

という人は結構多く、特に初心者は腕に力が入ることが多いです。

しかし、ストロークを打つときに腕から先の力は殆どいりません。むしろ、下半身で生まれた力を活かすためには腕から先が脱力している必要があります

ガチガチな針金としなやかなムチを振り回すのを想像してみてください。どちらのほうがヘッドスピードが速いかは想像に難くないと思います。速いのはもちろん後者です。

ただ、インパクトの瞬間だけはしっかり握ることを忘れないようにしましょう。

自分の腕をムチにするようなイメージで脱力することで、下半身→上半身→肩→腕と伝わってきた力をしっかりストロークに伝える運動連鎖が完成します

フォアハンドをうまく打つためにすぐ実践できる5つのコツ

ここまでで体の使い方を学んだところで、次はフォアハンドをうまく打つためのワンポイントアドバイスをお伝えします。意識すべきことは以下の通り。

  • 下から上のスイング
  • とにかく常に足を動かす
  • 打点を前にとる
  • ボールをよく見る
  • ボールをこすろうとしない

どれも僕がテニスを始めたばかりのころ意識していたことばかりなので参考になると思います。

下から上のスイング

基本的にテニスのスイングは下から上です。よく言うのは円を描くような軌道のスイングですね。

特に野球経験者などはダウンスイング~せいぜいレベル(=水平)スイングでしょうから、苦労します。僕もそうでした。

初心者のうちはテニスの得点の8割はネットかアウト(残りはダブルフォルト)ですから、これを避けるためには下から上にボールを飛ばしてネットを越させ、回転によってアウトを防ぐのが最も合理的だとわかるはずです。

下から上の円軌道スイングは徹底しましょう。

とにかく常に足を動かす

足は常に動かしましょう。イメージ的には、コートにいる間はプレーしていなくても常に小刻みにステップしてやめないくらい徹底しましょう。

テニスで正確に打てるかどうかの8割くらいはフットワークにかかっています。初心者ほど小手先のラケットワークにこだわりがちですが、この記事を読んでくださっているあなたは違います。

記事の前半で書いた軸足の使い方を徹底するべく、足を常に動かすのを忘れないようにしましょう。

打点を前にとる

また、打点を前にとるのもとても大切です。

ボールがアウトする原因は9割方打点が詰まっていることなので、なかなかコートに収まらない場合は自分で思っている以上に打点を前にとるようにしましょう。

ボールをよく見る

ストロークに慣れない最初のうちはよくボールを見ましょう。

慣れてくればボールを見ることにそこまで意識を割かなくてもうてるようになりますから、そこまでの辛抱です。

ボールをこすろうとしない

初心者がやりがちなミスとして、ボールに回転をかけようとしてボールをこすってしまうというのがあります。

しかし本来ボールを擦ろうとしなくても、本記事に書いたように

  • 下から上のスイングをしっかりやり
  • 身体の回転を使って強くスイング

これができれば回転は勝手にかかるようになります。小手先の擦りは必要ありません。

むしろ擦ろうとすることであたりが薄くなってしまい、回転も威力も落ちてしまうので絶対にやめたほうがいいです。

軸足を使ったフォアハンドの基本まとめ

Embed from Getty Images

  • ボールと適切な距離を取るため、常に足を動かす
  • 軸足となる後ろ足で打点に入る
  • 股関節の入れ替えによる下半身のボディターン
  • 右肩と左肩の入れ替えによる上半身のボディターン
  • 腕から先の力を抜くこと

です。

ここを意識して練習を続けることで、基本に忠実で確率が高く強いフォアハンドをマスターできると思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

フォアハンドの基本をマスターしたら、さらにバックハンドを強打していく方法も徐々に習得していきましょう!

-ストローク, テニス, テニス上達

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】小指側を使ってフォアハンドのスピン(回転)量を上げる方法

強力なスピンの掛かったフォアハンドを打つときには小指側の使い方がめちゃくちゃ大事です。 僕はこのことにテニスを初めて7年経っててようやく気づきました。その原因については下記記事に書いてます。 【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話 なぜスピンを増やすのに小指側が大事なのか、具体的に何をどう意識すればフォアハンドにスピンがかかるようになるのかについて書いていきますね。 「何当たり前のことを言ってんだこいつは…」と思った方はこの記事は閉じていただいて大丈夫です(笑) 目次 なぜ小指側が大事な ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】練習すりゃできる!股抜きショットのコツと練習方法4ステップ

テニスの股抜きショットは一見難しそうに見えますが、練習すれば意外と出来るようになります。 実際、僕も股抜きなんて難しそう…って思っていたクチですが、3日ほど真面目に練習したらできるようになりました。 もちろん僕はテニス7年目なのである程度ラケットとボールの扱いに慣れているというのもありますが、テニス歴が浅い方でも段階を踏んで練習すれば全然できそうだなと感じたんですよね。 ということで、僕が実際にやった股抜きショットの練習方法と、そこで分かった股抜きのコツを紹介したいと思います。 目次 股抜きショットの基本 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスで並行陣の低く浅いボレーに対するアプローチショットのコツ

ダブルスの平行陣に対して前ポトのボレーに追いつけなかったり、走りながらのアプローチでバックアウト連発していたりしていませんか?   この記事ではテニスのダブルス、特に平行陣の前ポト、短いボレーに対するアプローチショットのコツをお伝えしたいと思います。   アプローチにおいて大事なポイントは、マインド、身体の使い方、戦略の3つです。これらをすべて無意識にできるようになれば、見違えるようにダブルスを楽しめるプレーヤーになれること間違いなしです。   目次 アプローチショットのコツ ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】伸びるバックハンドスライスを打つのに絶対不可欠な3つのコツ

皆さんは普段テニスのラリーでスライスを使っていますか? スライスをうまく使えると ボレーがうまくなるシングルスの守備範囲が超広くなるラリーのペースを落とすことができる などのメリットがあります。試合をしない人でもスライスを打てると自分のテニスの幅が広がって面白いですよ。 それでは本題に入りましょう。 目次バックハンドスライスをうまく打つコツ打点と体の間に適切な距離を取る当たりの厚さで飛距離を調節する打点の高さに体を合わせるまとめ バックハンドスライスをうまく打つコツ Embed from Getty Im ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスのストロークで並行陣を崩す5つのコツ

ダブルスでなかなか平行陣に勝てない…そんな風に思っていませんか? シングルスでは速くて力強いストロークが打てるのにダブルスでは勝てない、そんな悩みを抱えているとしたら、その原因はダブルスのストロークを理解していないことかもしれません。 はっきり言って、ダブルスのストロークはシングルスのストロークとは別物です。 もちろん、シングルスのストロークが打てないのにダブルスのストロークがうまいというのも珍しいですが、シングルスのストロークがうまいからといってダブルスで強いとは限りません。 今日は、ダブルスで平行陣に ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォームが汚いと悩む必要はない4つの理由

自分のストロークやサーブのフォームが汚い… と悩んでいませんか? 僕も以前は自分のフォームが汚いことに悩んでいました。試合では勝てるんだけど、毎回ボールに合わせてなんとか返すだけで、プロみたいにいつも同じ形できれいに打てないことが悩みで、 自分のテニスは見栄えがしないんだろうなと、フォームがきれいな人たちにずっと引け目を感じていました。 しかし、今となってはそんな悩みは馬鹿らしい、というかそこまで気にする必要がないことだと断言できます。 それは みんな少なからず自分のフォームに不満を持っているフォームを意 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/14

テニス歴5年の僕がストローク練習に壁打ちをおすすめする理由とその方法!

こんにちは。僕は今日も元気にテニスをしました。ああ、今日も順調に単位回収が遠のいていくよ。 そんなどうでもいい話はさておいて。 みなさんテニスのストロークの練習をするときに、壁打ちをやったことはありますか??壁に向かって一人でボールを打ち続けるあれです。 この壁打ち、実はストロークの上達にすごく役立つって知っていましたか? 僕ももうテニスを初めて5年ほど経ちますが、ストロークがスムーズに打てなくなったときにはいつも必ず壁打ち練習に戻ってフォームを修正しています。 これも、壁打ち練習には対人の練習にはない練 ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】今すぐできる一発逆転!シングルスでのスライスの使い方5つ!

こんにちは! 先日久しぶりにテニスのシングルスをしました。相手は球をバコバコ強く打ってくる相手でストロークの主導権を先に握られ苦しい展開になったのですが最終的には何とか勝ち切ることができました。 そこですごく役に立ったのがスライスでした。そこでこの記事では、僕が試合を通じて感じたシングルスでスライスをつかえる戦術的なメリットについて挙げていこうと思います! 目次スライスの戦術的なメリットその一 攻めにくいその二 時間を稼げるその三 相手の球が浮くその四 アプローチに使えるその五 相手が打ち慣れてない場合が ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】シングルスで勝つ!フォアの逆クロス上達に必要な5つのコツ

逆クロスってなに? フォアの逆クロスのコツが知りたい! そんな方に向けた記事です。 目次逆クロスとは?なぜ逆クロスが必要なのかフォアハンド逆クロスの5つのコツボールより早く回り込むボールと距離を取れ打つ方向を向く体を閉じるスピンをかけるまとめ 逆クロスとは? 逆クロスというのは、テニスのショットの一つであり、順クロスの対義語です。 順クロスっていうのは、自分のフォア(バック)側から相手のフォア(バック)側に飛ばすフォア(バック)のクロスのことです。 逆クロスはその逆で、自分のフォア(バック)側から相手のフ ...

続きを読む

ストローク テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】フォアハンドで左手の使い方が超大事な理由と練習方法2つ

フォアハンドでボールにうまく力が伝わらないし、なんか安定しないな… と悩んでいませんか? そうだとしたらその原因は左手の使い方にあるかもしれません。僕も以前はフォアハンドで左手をうまく使う方法を知らず、スイングを緩めて調節するフォアハンドを打っていました。 しかし、フォアハンドはその基本を押さえることが出来れば、スイングを緩めて調節することなくしっかり振りつつコートに入れることができると以前紹介しました。 まだ目を通していない方はこちらも合わせてご覧ください。 関連記事 【テニス】フォアハンドの基本を初心 ...

続きを読む

関連記事

ストリング テニス

【激安1張り608円】プロハリケーンツアーの200mロールを実質10947円で買う方法

皆さん、テニスのガット張替えに毎回いくらくらいかけていますか?   ガット代が高い…どうにかして安くしたい!と考えている場合は、この記事を参考にすることでかなりガットを安く買うことができるか ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】安定したフォアに必須!腰の回転を使った強打の練習メニュー4つ

Embed from Getty Images フォアハンドを強く打ちたい! と思いませんか? フォアハンドはテニスの基本ですが、フォアハンドを安定して強く打つ技術があればそれだけで非常に強力な武器に ...

テニス テニス上達 メンタル

【テニス】試合で緊張して打てない・メンタルが弱く勝てない人が実力を出す方法

試合になると緊張してしまって普段通りのプレーができない… こんなふうに悩んでいませんか? しかし、その緊張はたった一つの意識の変化で誰でも消すことができます。 今日はテニスの試合における緊張や萎縮を消 ...

ダブルス テニス テニス上達

【テニス】ダブルス平行陣での攻撃と守備の基本を初心者向けに徹底解説!

布団に入っているのに手がかじかむとはどういうことか…。寒すぎる。 この記事では、ある程度ボレーを習得し、ダブルスで平行陣にトライしてみたいという方に向けて、平行陣の攻めと守りの基本をお伝えしていきます ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】実践で理解!サーブでコンチネンタルグリップが大切な理由

みなさん、サーブを打つときしっかりと薄い握りで打つことができていますか? 一般的にサーブの握りは薄いほうが良いとされています。 しかし、僕の周りにもいわゆる厚い握り(ウエスタングリップ)で羽子板のよう ...

テニス テニス上達 ボレー

【テニス】並行陣で積極的にポイントを取るための短いボレーの使い方3つ!

平行陣をマスターしたいけど、ストロークにやられてしまうボレーを止めるだけでどうすればポイントが取れるかわからない こういった問題を解決するべく、この記事では平行陣のボレーで積極的にポイントを取るための ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】サーブのトスアップを無回転で安定させる5つのコツ&練習方法

サーブにスピードが出ない、力強さがないと悩んでいませんか? その原因はトスかもしれません。 この記事では、テニスのサーブの8割を決めると言われることもある、サーブのトスアップのコツをお伝えします! 目 ...

テニス テニス上達 ボレー

【テニス】初心者のボレー習得に必須なラケット・フットワークのコツ・基本

ストロークは打てるのに、ボレーは全然できないな… と悩んでいませんか? 僕の周りにもストロークは打てる人はたくさんいますが、ボレーが得意な人はあまりいません。それ以前に、ボレーを練習している人が少ない ...

テニス テニス上達 メンタル

【テニス】試合で苦手なショットをミスるのは全て「力み」が原因

テニスの試合で苦手なショットを自信を持って打てずミスってしまって、結局逃げのショットを打ってしまうこと、ありませんか? この記事を読んでいるあなたは、きっと試合で勝ちたい、勝たなきゃいけないという思い ...

ATPツアー テニス

【ATP250】マハーラーシュトラ・オープン2019開催!主な出場選手、会場、放送時間などの大会情報まとめ

2018年シーズンが終わりました。しかしATPツアーのオフシーズンは短く、2018年末から2019年頭にかけてのATP250の3大会(ブリスベン、カタール、プネー)によってツアーの火蓋が切って落とされ ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2020 Torulog