ストローク

【テニス】初心者がフォアハンドをマスターするための体の使い方5ステップ

 

テニスのフォアハンドの基本ってなに?

 

と悩んでいる初心者の人は多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな初心者に向けてフォアハンドの基本を解説していきたいと思います。この記事でフォアハンドの基本をほとんどおさえることができるように説明する予定です。

 

フォアハンドで体の使い方が大切な理由

フォアハンドが難しいのは、利き手ゆえに自由度が高く、ごまかしがききやすいからです。

自己流の打ち方で適当に打っててもラケットの真ん中に当たりさえすれば返っていくのですから、そういう自己流の打ち方が問題だと気づきすらしません。以前の僕がそうでした

 

しかし、フォアハンドをある程度強く、確率よく打とうとするとやはり意識するべき、使うべき筋肉は皆おのずと似たようになり、結果スイングの体の使い方も似たような形に収束していきます

 

つまり強く確率の良いフォアハンドは、理にかなった効率的な体の使い方をしないと打てないので、基本的な体の使い方を意識する必要があるのです。

 

強く確率の高いフォアハンドのための基本的な体の使い方は5つ

Embed from Getty Images

フォアハンドとひとくちにいってもいろんな考え方があります。人によって異なるのは当たり前です。

この記事では、体の使い方という視点から良いフォアハンドを打つための基本を説明していきたいと思います!

 

僕が考える初心者が押さえるべきフォアハンドの基本は以下の5つです。

  • ボールと適切な距離を取るため、常に足を動かす
  • 軸足となる後ろ足で打点に入る
  • 股関節の入れ替えによる下半身のボディターン
  • 右肩と左肩の入れ替えによる上半身のボディターン
  • 腕から先の力を抜くこと

です。この記事では、これに沿って解説していこうと思います!

常に足を動かしボールと適切な距離をとる

まず最初に、フォアハンドに限らずストロークを打つときには常に足を動かしていましょう。どんなに良いフォアハンドが打てても、フットワークが悪ければ全て台無しだからです。

 

世界ナンバーワンのジョコビッチだって、ハイヒールを履かせればきっと僕でも勝てます。(うそです)

そのくらいストロークにおいてフットワークは重要です。

 

フォアハンドにしっかりと力を伝え、確率を高めるためにはまず大前提としてボールと適切な距離をとり軸足を決めなければなりませんが、そのまた前提としてまずはボールの近くまで足を運べている必要があります。

 

具体的にどういう練習をするかというと、とにかくテニスをやっている時間だけは絶え間なくスプリットステップをして足を動かしていてください。ましてラリー中や試合形式練習のときは絶対に打ったらすぐ戻るということを意識し続けましょう。効果てきめんです。

 

それでもきつそうな場合は、テニスの時間中はずっとかかとをつけないでいるだけでも有効です。テニスの試合でベタッとかかとをついていることはありませんからね。

軸足となる後ろ足で打点に入る

次に大切なのは軸足です。軸足というのは動きの起点となる足のことで、フォアハンドでは一般的には後足とされています。

ストロークを打つときは、打点に入るときには必ずこの軸足の位置からきめてください!

 

よく軸足を前足だと誤解している人がいますが、前足ではなく必ず後ろ足を基準にして打球に入るほうが良いです。

 

これは、前足を軸にして打点に入ってしまうと、打点が体から遠くなってしまい力が入らないうえ、ボールのコントロールがすごくしにくいからです。

なので、ここを誤解したままだとストローク全般の上達が見込めません。

前の足に初めから体重が乗っかっていると、ラケットを押し出す際に足の支えが一本だけになってしまうので非常に打ちづらく、安定しません。

 

現在主流になっている打ち方は、オープンスタンスで後足を軸足にして体幹中心に回転をしながら、前足に体重を移す打ち方です。

20年くらい前までは、クローズドスタンスで後ろ足から前足へ踏み込み体重移動の力で打つ打ち方が主流でした。しかし、どちらも後ろの足が軸となることは変わりません。

 

この軸足を素早く適切な位置に決めることができれば、長いタメを作ってスイングスピードを上げることができますし、打点が詰まることもなくなるのでミスヒットが減ります。

 

適切な位置とは、ボールの軌道の延長線上(正確にはちょっと延長線上からはズレる)で、具体的にはオープンスタンス気味に構えた状態で、左手を伸ばして届くか届かないかくらいの距離がちょうどよい位置です。

適切な軸足の位置は思っているより近い場合も遠い場合もあるので、フットワークの練習と同様に何度もラリーの中で練習していくしかありません。

僕の場合は思っているより遠かったです。

 

練習を重ねてプロ選手のようなフットワークを身につけましょう!

股関節の入れ替えによる下半身のボディターン

今度は下半身で力を出す方法について説明します。

 

下半身は、後ろ足が地面を蹴る力を回転運動につなげる役割を果たします。後ろ足の膝を曲げて踏ん張り、構えた時に前足の膝を倒して前足側の股関節を内側にいれます。(図の左)

そして、スイングの瞬間に力を貯めていた後ろ足で地面を強く蹴り、後ろ足の膝が前足側にむかい、同時に股関節が前足に向かって絞られます。(図の右)

この動きが自然に行われることで、いわゆる上半身の回転運動に繋がるわけです。

 

【テニス】フォアハンドを腰の回転で強打するための練習メニュー4つEmbed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie...

 

左右の肩の入れ替えによる上半身のボディターン

下半身のターンができたら、次は上半身のボディターンです。

コツは左手を思いっきり打球の軌道に対して垂直方向にのばし、打つ瞬間に思いっきり引くことです。

 

【テニス】フォアハンドで左手の使い方が超大事な理由と練習方法2つ フォアハンドでボールにうまく力が伝わらないし、なんか安定しないな… と悩んでいませんか? そ...

 

左手を押すとき、左の肩甲骨は胸側に寄せられ、右の肩甲骨は背中側に寄せらます。

インパクトで左手と左肩甲骨が背中の側に引っ張ることで、自然と右肩甲骨、右腕が自然と出てきます。

この肩甲骨の入れ替えによる運動連鎖がうまくできると、上半身だけでも結構な力が伝わります

 

僕は椅子に座りながらノーバウンドでボールを打つ練習でこの肩の入れ替えによるボディターンを練習しました。

僕はこの動画を参考にして練習しているので載せておきます!

腕から先をリラックスさせ脱力しておく

フットワーク、軸足、大腿、腰、肩甲骨ときたら最後は腕と手首です。

僕の周りにも

 

ストロークを打つと腕や肩が疲れる

 

という人は結構多く、特に初心者は腕に力が入ることが多いです。

 

しかし、ストロークを打つときに腕から先の力は殆どいりません。むしろ、下半身で生まれた力を活かすためには腕から先が脱力している必要があります

 

ガチガチな針金としなやかなムチを振り回すのを想像してみてください。どちらのほうがヘッドスピードが速いかは想像に固くないと思います。速いのはもちろん後者です。

ただ、インパクトの瞬間だけはしっかり握ることを忘れないようにしましょう。

自分の腕をムチにするようなイメージで脱力することで、下半身→上半身→肩→腕と伝わってきた力をしっかりストロークに伝える運動連鎖が完成します

まとめ

 

Embed from Getty Images

  • ボールと適切な距離を取るため、常に足を動かす
  • 軸足となる後ろ足で打点に入る
  • 股関節の入れ替えによる下半身のボディターン
  • 右肩と左肩の入れ替えによる上半身のボディターン
  • 腕から先の力を抜くこと

です。

ここを意識して練習を続けることで、基本に忠実で確率が高く強いフォアハンドをマスターできると思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

【テニス】僕が苦手な両手バックハンドの安定した強打を習得できた4つのコツと練習方法テニスでバックハンドが苦手で悩んでいませんか? この記事では、バックハンドを強く打つことに全く自信がなく「バックハンドが苦手やな」と言...

 

フォアハンドの基本をマスターしたら、さらにバックハンドを強打していく方法も徐々に習得していきましょう!

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。