【テニス】試合になると打てない人が緊張しないで実力を出すカンタンな方法

スポンサーリンク

試合になると緊張してしまって普段通りのプレーができない…

 

こんなふうに悩んでいませんか?

 

しかし、その緊張は誰でも消すことができます。

 

今日はテニスの試合における緊張や萎縮を消し去る方法を知ったので、皆さんにもお伝えしたいと思います!

 

スポンサーリンク

試合で実力を発揮する方法

試合で緊張をせずに本来の実力を出すためのたった一つの方法とは

 

目の前に来るボールに極限まで集中することです。

 

これさえできれば普段通り、もしくはそれ以上のパフォーマンスがあなたを待っています。

 

本当です。誰でもできます

 

僕はいつも緊張していた

僕も今まで緊張しいでした。

どんなに相手が下馬評で自分より弱いと言われている相手でも、一日の初戦であったり、トーナメントの初戦は必ず緊張していました。

 

しかし、ついにそれを今日克服しました。

 

試合を通じて終始意図しないミスはほとんどなく、苦手だったサービスでしっかりと1stサーブをいれてキープすることができました!

 

「もう僕はウィンブルドンの決勝だって戦える」

 

そんな風にすら思えるほどです。

Embed from Getty Images

 

どうして緊張しなくなったのかというとそれは、

緊張を忘れるくらいボールに集中したから

です。

 

緊張しない方法を探した

今まで試合の序盤に必ず緊張する癖があった僕は

どうにかして試合でいいプレーをすることができないか

をインターネットで調べてみました。

 

そこで見つけたのがこのページです。

 

テニスで緊張して大事な試合で実力が出せない!
この問題の解決のために、対症療法的に「緊張しない努力」や「メンタル面の強化」などに取り組んでも、即効性の有る効果はあまり期待できないでしょう。なぜなら、この問題と、誰にでもある「精神面の弱さ」とは無関係だからです。ほんのちょっとの誤解を解消すれば試合での効果はすぐに得られるはずです。

 

これを読んでから僕の考え方は変わりました。

 

長いので簡単に要約すると、このリンク先のページでは

緊張する原因=雑念

だと書いてあります。

 

雑念というのは、目の前のボール以外の何かに対しての考え、思いなどを指しています。

ミスする原因は、そういったボール以外のものに対する雑念により生じる僅かなタイミングのズレだ。

だからボールにだけ最大限集中しろ

というのがこのサイトで書かれていることです。

文量は長いですが、読んでみる価値のあるアドバイスなのでぜひ読んでください。

 

180度変わった僕のメンタル

このページを読んでから、僕のテニスが根本から変わりました。

これを読む前は

  • ファーストサーブが入らなかったらどうしよう
  • 自分のサーブがキープできないからブレイクするしかない
  • 相手リターンが強いから強いサーブを打たなきゃ
  • 味方がリターンをミスするかもしれないから自分は絶対にミスしてはいけない
  • 皆が応援してくれているから無様なプレーはしたくない

など、本当にボール以外のことばかり考えていました。

 

こうした不安が頭をめぐり、ミスをするたび

 

「自分はメンタルが弱いんだ」

 

と思い込んでいました。

ですが、そうではなかったのです。

 

このアドバイスを読んでからは

  • ファーストサーブが入らなかったらどうしよう
    →精一杯集中して入らなかったのならそれは単に自分の実力不足
  • 自分のサーブがキープできないからブレイクするしかない
    →キープできるかどうかはサーブゲームをやってみた結果であって、やる前から考えることではない。
  • 相手リターンが強いから強いサーブを打たなきゃ
    →相手リターンが強かろうと弱かろうと自分の打てるサーブは変わらない。全力でやるしかない。
  • 味方がリターンミスをするかもしれないから自分は絶対にミスしてはいけない
    →自分も味方も、ボールに食らいつこうとした結果ポイントを取られるのならどちらがミスしようと関係ないし、仕方がない。相手がこちらより強いだけ。
  • 皆が応援してくれているから無様なプレーはしたくない
    →応援はボールじゃない。応援を見てる暇があったらボールを見る。応援は僕らの全力を見に来てくれている。全力で負けたなら相手が強いだけ。応援はそういう強い相手に僕らが必ず勝つと思って見ているわけではない。

 

このように180度変わりました。

 

こう書くと

「集中していればポイントを取られてもいいんだ」

と、自分がポイントを取られたことを正当化しようとしているだけに思えますよね。

ですが、僕は考えることを放棄したのではありません。

 

僕が言いたいのは

 

プレー中に考えるな

 

ということです。

 

何か作戦があるのなら、それが無意識に実行できるくらい練習して体に叩き込む。

そして、何か試合中に考えなきゃいけないことが出てきたら、ポイント間にしっかり考える。

そうして一度自分のやるべきプレーをハッキリさせたら、プレー中はボールに集中する。

これが大事です。当たり前のようでみんなができていないことです。

 

これができるようになってから、僕の試合のパフォーマンスは目に見えて向上しました。

 

後悔しなくなる

Embed from Getty Images

こうしてポイントに全力で集中し続けることで

「やれることはやりきった」

という感覚が芽生えます。

 

すると、ミスに対してくよくよしなくなります。だってそれ以上にやりようがなかったのだから。

それ以上にやりようがなかったのは、練習が足りなかったから。練習不足を試合中に悔やんでも特に意味はありません。

 

こうなると、味方のミスに対しても

 

「全力を尽くしてくれてありがとう」

 

と思えるようになります。

 

そうすると、試合が楽しくなります。

勝っても負けても、やりきったという感覚だけが残るのです。

 

「集中したって緊張するよ!!」という人へ

 

そんなこと言ったって、いくら集中しても緊張

しちゃうからどうしようもないんだ!

 

と思うかもしれません。でもそれは当たり前のこと。だって緊張しない人間なんていません。

 

この記事で言いたいのは、緊張は、それ自体がプレーを下げる直接の原因ではないということ。どんな一流のプレーヤーだって緊張しますし、それを消そうとしたって消せるものではありません。問題は緊張することではなく、緊張するからといって余計なことをごちゃごちゃ考えることなのであって、そのための手段が

 

ボールに集中すること

 

なのです。緊張したって関係ありません。ボールだけを見ていれば大丈夫。

 

※それでも試合ではミスをきっかけにプレーが萎縮してしまうという場合は、単なる力みである可能性が高いです。

 

まとめ

この記事をまとめると

 

緊張しない方法=緊張を忘れる/気にしないくらいボールに集中すること
 

です。

 

緊張自体は、勝ちたいと思っていれば誰だってします。

しかし、ボールに集中することができれば、勝ち負けは自ずとお互いの実力によって決まります。

 

自分がどんなに勝ちたいと思っても普段以上の実力なんてものはそうそうでません。

つまり、(一見勝てなそうでも)勝てる相手には集中しさえすれば勝てるし、実力が上の相手には勝とうと力んでも集中して実力を出し切っても勝てないわけです。

 

もっとも、実力は試合が終わるまでわかりませんけどね(笑)

 

勝つための近道は、ボールに集中すること。僕たちにできるのはそれだけです。

 

あなたが今までより試合を楽しめることを願っています!

 

それでは。

テニス上達メンタル
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。
大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。
コメントとかもらえると嬉しいです。

のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント