クロスバイク

自転車のアクションカム取り付け位置はホイール横が一番良さげな話

自転車でモトブログしたいけど、アクションカムのいい取り付け場所が分からない…という方へ!

いろんなところへのマウントを試してみた僕が行き着いた取り付け場所を紹介したいと思います!

※ちなみに、下や上を向いてほしくないという車載動画の特性上、カメラの向きが体の動きに左右される体やバックパックマウントは試していません。

一番オーソドックスな「ハンドル上」

まず最初に試したのがハンドル上です。

ハンドルバー自体にアタッチメントを取り付けて撮影するという最もオーソドックスな形になります。

この方法の良さとしては

  • ハンドルという丈夫な部分にガッチリ取り付けられるため振動を減らすことができること
  • 余計なものが写り込まないこと

などがあります。逆に、欠点は

  • ハンドル上にスペースがないと取り付けられない
  • ハンドル上よりハンドル下のほうが振動が少ない(かもしれない)

というところ。

僕はハンドルをブルホーン化していて、しかもブレーキやシフターをフラット部分に残しているため、ハンドル上にマウントを取り付けるスペースが全然ありません。

クロスバイクをブルホーン化して感じたメリット、デメリットクロスバイクを買って、ちょっとしたカスタムをしてみたいと思ったあなたにおすすめなのがブルホーンハンドル化です。 この記事ではブルホーン...

そのため、ハンドル上に直接取り付けるこの方法は使えませんでした。

しかし、普通のクロスバイクに初期状態でついてるフラットバーハンドルや、ロードバイクで一般的なドロップハンドルならば、ハンドル上に直接つけることも可能です。

また、僕のようにハンドル上にスペースがない状態でも、全くスペースがないのでなければ↓のようなアクセサリーマウントを取り付けることで、ハンドル上のスペースを拡張できます。

欠点としては、少しゴチャゴチャした見た目になることですね。

ハンドル付近を写せる「コラム上」

次に僕が試したのが、コラム上。

正確に言うと「コラムに取り付けるアクセサリーマウントでハンドル上に設置」といった感じです。

コラムに取付可能なアクセサリーマウントを購入!車載動画撮影が捗るぞ!先日、自転車旅を記録するためのアクションカメラを買いました! しかし、問題が発生。ハンドルが狭すぎてアクションカムを付けるスペースがな...

この記事で書いたような感じですね。

この方法のメリットは、

  • 少し位置が高いのでハンドルを写せて「自転車感」が出る

というとこです。

好みの問題もあると思いますが、映り込むハンドルは退屈な画面にちょっとしたアクセントを加えてくれます。

個人的にも、ハンドルや手元が映っているとより自転車っぽさが出るので好きです。

逆にこの方法の悪いところは、位置が高く振動が増幅される気がするところ。

ハンドル周りのマウントの中で、このコラム上が1番揺れる感じがしました。

振動と見た目のバランスが良い「コラム下」

ここまで紹介した2つより優れていると思ったのが「コラム下」のマウントです。

コラム下も、正確には「コラムに付けたマウントからハンドル下に設置」しているという感じです。

振動少ないが微妙な「ヘルメット」

次に試したのがヘルメットマウント。

ヘルメットマウントの強みは

  • 体を経由してるから細かい振動が伝わらない
  • 正面以外も写せる

というところ。特に、正面じゃなくても自分が向いた方向を写せると道中で見たきれいな景色、珍しいものなどもすべて映像に収めることができ、旅の雰囲気がよりいっそう高まります!

でも逆にデメリットとして

  • 見た目がダサい
  • 取り付けが難しい
  • ヘルメット自体が揺れる
  • 水平を取るのが難しい

などなど、細々とした不満もあり完璧とはいきません。

しかも、ヘルメットマウントなら振動が抑えられるだろうと思って使ったのに、実際にやってみると地面からの振動じゃなくて頭の揺れがヘルメットに伝わってしまうんですよねw

そのせいで、手ブレ補正があっても結構揺れます。見るに耐えないほどじゃないけど、割と気になるレベルで。

また、水平調整がしづらいのがかなり致命的で、撮影を終えて画像を確認するとずっと右に傾いてて萎えた…みたいなことが何度かありました。

取り付けに関しては、難しいけど頑張ればなんとか自分で取り付けられます。

【意外と簡単】平らじゃないヘルメットにアクションカムを取り付ける方法アクションカムをヘルメットに取り付けたいけどヘルメットが平らじゃない! こんな状況に陥ったけどなんとか取り付けに成功したので、その方法...

でも結局こうなる、とヘルメットマウントの強みは正面以外を写せるところしかないんですよね…

ということで、僕は基本的にヘルメットマウントはあまり使わない方針で行く予定です。

1番振動が少ない「フロントホイール」

僕が最終的に行き着いたのが、フロントホイールです。

ホイールにカメラつけられんの??

って思いますよね。僕もそう思ってたけど、↓これを使うことでホイールにアクセサリーマウントができるんです!

使い方はとても簡単で、クイックリリースレバーのキャップを外してこいつをつけるだけ。ネジ穴が付いてるのでクルクス回すだけで簡単につけられます。

ここにアクションカムを取り付けて撮影してみたところ…

とにかく振動が少ない!!

今まで取り付けたどのマウントよりも映像のブレが少なく、安定した映像が撮れます。

画面にホイールが映り込むという点は感じ方によってはデメリットですが、僕は好きかなあ。

いかにも自転車!て感じがしませんか??

スマホを使って車載動画を撮ろうとしていた初期の映像と比べると天と地以上の差ですよね。

視点が低いので遠くの景色を見通せないという欠点こそありますが、これくらいきれいにブレなく撮れるんだったら、不ホントホイールマウントを常用しようかなと思えるくらいいいポジション。

なので、今のところはフロントホイールマウントを使っていこうかなと思っています。

ちなみにこのフロントホイール横のマウント、本来はライトを取り付けて地面付近を照らすためのモノらしく、そっち用途でも便利ですよ〜

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

クロスバイクを買ったばかりの初心者の頃は、一体何が必要なのかよくわからないと思います。

そんな方へ向けて、僕のクロスバイクのために買った(浪費した)物(金額)を全てまとめました。

https://skcnat.info/crossbike-item-i-bought/

僕の浪費記録がクロスバイクを趣味にしたい人の参考になれば幸いですw

他にもこんな記事があるよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です