機材

【レビュー】低価格で高画質!一眼レフカメラK-S1を3年間使った感想

僕が3年前初めて一眼レフデビューしたときの相棒であるPENTAX K-S1を3年間使った感想を書いていきたいと思います。

初めてのカメラで非常に印象が良かったものですから、若干贔屓目が入っているかもしれません。ご容赦ください。

良かったところ

安い

まず最初に、このカメラはとにかく安いです。

僕が購入したのは2016年の10月でしたが、その頃確か価格が45000円くらいでした。ダブルズームキットです。

当時はロクに写真をとってもいないうえ技術もないのにキットレンズの画質が気に入らず、キットレンズを売ってそのお金で単焦点DA50mmF1.8を買いました。

created by Rinker
ペンタックス
¥11,427 (2021/04/20 15:50:57時点 Amazon調べ-詳細)

このシステムが素晴らしく、4万近くで買えるくせにやたらキレイな写真が撮れるコンパクトな一眼レフとして重宝しました。

お金がない学生にとって安さは正義です。

解像感が半端ない

また、K-S1はエントリー一眼レフのくせに画質がやたら良く、特に先の単焦点レンズを組み合わせたときの解像感はものすごいものがありました。

Maxの解像度で昼間の写真を撮ると、肉眼で見えないレベルの遠さの看板の文字が拡大するとはっきり見えることもよくあり、これには感動。

しかも、K-S1はローパスフィルターレスといって、モアレ(偽色)を軽減するためのフィルターが搭載されておらず、よりまじりっ気のない高精細な画像を撮影することができます。

(他と比較したことがないけど)エントリー機にしてはとてもきれいな画が撮れるカメラです。

軽くてコンパクト

また、上述のようにK-S1と50mmの撒き餌単焦点レンズと組み合わせると、非常にコンパクトな機体できれいな写真を撮ることができます。

僕は最初にカメラを購入するにあたりRICOHのGR2や富士フィルムのX70などの単焦点コンパクトAPS-Cカメラを検討したのですが、そのどれもが7万円を超える値段でとても高いのがネック。

K-S1はこれらに比べてコンパクトさには若干劣るものの、これらを上回る画質でありながら、5万円以下で揃えることができるというのが大きな強みでした。

手ブレ補正が優秀

また、これはPENTAXの機種全般に言えることですがボディの手ブレ補正が優秀です。

そのおかげで、夜景の手持ち撮影などで1/5くらいの遅いシャッタースピードでも手持ちでブレずに撮れてしまうことがあり、とても便利。

それなりの高解像度なので手ブレに対してはシビアなはずですが、このボディ内手ブレ補正のおかげで手持ち撮影がかなり捗ります。

視野率100%のファインダー

これに関しては視野率100%以外の一眼レフを使ったことがないのでレビューというより単なるカタログスペックですがK-S1は入門機にしては珍しく視野率100%のファインダーを採用しています。

これはつまり、ファインダーから見た範囲がそのまま写真になるよってことです。

10万円以下のエントリー一眼レフにはこのような機能が搭載されていない場合が多いので、安いのに高性能なカメラを手に入れられるぶんお得感があります。

K-S1の微妙なポイント

良い点ばかりだとなんだか胡散臭いので悪い点も挙げておきます。

見た目がダサい

まずK-S1の大きな欠点として、見た目のダサさが挙げられます。

僕は白のボディを購入したのですが、白のボディに黒のレンズはやはり不格好な感じが否めません。

しかも、ボディ自体も若干デザインが野暮ったいのでデザイン性を求める人には向いてません。

良く言えば近未来的なデザインらしいですが、あまりそうは思いません。

しかし、ダサいけどその代わり安くて高性能というのがウリだと思えば全然我慢できます。

売値が安い

また、この機種のほぼ唯一の不満とってもいいのが売値の安さです。

フルサイズ機への買い替えにあたってメルカリでこの機種を売ろうと思いましたが、全然高値で売れません。

金がないのにフルサイズを買ってしまった話

【カメラ】初めてのフルサイズ一眼 EOS 5D Mark IIと大三元を98,000で購入!

かなり綺麗だし、単焦点とセットで3万円ちょいにしたので価格の割にかなりきれいな写真が撮れる良いシステムだと思うのですが…

クレカでフルサイズを買っちゃったぶん早く金を集めなきゃいけないのに、困ったもんですw

まとめ

K-S1はダサいけど価格の割にきれいな写真が撮れる素晴らしいシステムです。

軽くてコンパクトで安い、牛丼のような一眼レフが欲しい人はぜひ探してみてください。だいぶ前の機種なので安くなってるはず。

-機材

follow us in feedly

関連記事

花 作例

機材

RX100の作例をありったけ並べてみた
EOS 5D Mark2

機材

EOS 5D Mark2を購入したので使った感想・レビューを書いていく|作例多数

機材

単焦点レンズEF50㎜F1.4購入の経緯と使った感想

機材

一眼レフを持っていてもiPhone7のカメラを使い続ける理由
no image

機材

僕が考えるRX100のデメリット|こんな人には向いてません

機材

RX100 レビュー|スマホに高画質求めるよりこれ買おう
no image

機材

【レンズ沼】クレカやローンでのカメラの衝動買いをやめる方法

機材

【レビュー】アクションカム用ジンバル「Hohem isteady pro2」を使用した感想

機材

フルサイズっていうほど必要?APS-Cから移行して感じた違い

機材

【カメラ】一眼レフの縦グリは不要?→縦構図好きなら買うべき

機材

【カメラ】初めてのフルサイズ一眼 EOS 5D Mark IIと大三元を98,000で購入!

機材

金がないのにフルサイズを買ってしまった話

機材

【レビュー】ロジテックのiPhone対応カードリーダーは買うな

機材

【本音レビュー】3年使って分かったWi-FiメモリーカードFlashAirの良いとこ悪いとこ

機材

【レビュー】SIGMA DC18mm-50mm F2.8 EX MACRO 標準ズームを1万円強で購入

機材

【動画&画像多数】SJCAM SJ8PRO 使用 レビュー|2万円台のGoProキラー

機材

【Muson Pro2 レビュー】やはり激安中華アクションカムは値段相応でした

機材

【1個500円】MusonProの予備バッテリーはAmazonで安く買えるぞ

機材

【レビュー】大学生の間にミラーレス一眼EOS M3を買って本当に良かった

機材

Canon EOS M3を購入→開封|軽くてマットな質感がかっこいいミラーレス
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋