機材

一眼レフを持っていてもiPhone7のカメラを使い続ける理由

iPhoneのカメラってすごくないですか?

僕は一眼レフ、高級コンデジを持っていますが、それでもiPhoneのカメラを好んで使っています。

本記事ではそんなiPhoneのカメラの魅力について書いていきたいと思います。

iPhone7のカメラの魅力

iPhoneカメラの魅力はいっぱいありますが、箇条書きにするとこんな感じ。

  • とにかく薄くて軽い
  • いつでもポッケに入っている
  • 何も考えなくても撮れる
  • 小さいくせに画質が素晴らしい

詳しく熱弁していこうと思う。

とにかく薄くて軽い

もう一番はこれなんじゃないかと思う。iPhone7はとにかく薄くて軽い。

僕はSonyのRX100というコンデジを持っていてこれもかなりコンパクトなんだけど、それに比べてもiPhone7の携帯性はかなり優れている。ポケットに入れても異物感がほとんどないのが最高。

カメラ好きにとって、きれいな写真を撮りたい気持ちと携帯性とのバランスって永遠の課題で、高性能なカメラを持っていてもなんだかんだ持ち出さないことってすごく多い。

もちろん高画質でコンパクトな高級コンデジを買えばある程度解決できるところもあるんだけど、高級コンデジですら、ポケットに入れると結構異物感がある。

コンデジもiPhoneも大差ないような気がするけど、そうじゃない。iPhoneは、カメラの中では最高峰にコンパクトなコンデジでさえ凌駕する。素晴らしい。

いつでもポッケに入っている

上記と同じようなことを書いてるように見えるかもしれないが、軽いのと常にポッケに入っているのは少し違う。

つまり、コンデジとiPhoneでは、「コンパクトさには大きな違いがないのに、持ち運ぶ頻度が全然ちがう」ということ。

例えば朝ゴミ出しに出たとき、家の塀にかわいい猫が寝ていたとする。そんな時コンデジをポッケに入れている人は稀だろうけど、iPhoneを入れている人は珍しくないと思う。

他にも、一眼レフを持って散歩しに行ったとき、一眼レフのメモリーカードを忘れてしまったとする。こういう時にもう一つカメラを持っているとは限らないが、スマホなら持っていることが多いと思う。

なぜiPhoneは持っているのか。それは、カメラではなく携帯電話としての役割がiPhoneの本業で、携帯電話はいつも持ち歩くから。

実際、こないだもカメラの充電なくて結局iPhoneで写真撮ったから、この「いつもポッケにある」というのはスマホカメラならではの強みだと思う。一眼やコンデジには絶対ない。

何も考えなくても撮れる

そして、iPhoneは特に設定とかモードとか決めなくてもさっと写真が撮れる。

一眼レフだったらF値、シャッタースピード、ISO感度など数値をいじったうえ後で自分好みに現像しなきゃきれいに撮れないけど、iPhoneはその辺を全部賢いCPUがこなしてくれる。

しかもシーンを見極めたり画像処理をしたりするAIが優秀。どんなに高性能なカメラを搭載した機種が増えてきてもiPhoneカメラの仕上がりの自然さは群を抜いているし、AIはアップデートによって年々賢くなっていく。

カメラのオートモードより賢い。

特に考えなくても写真がきれいに撮れるiPhoneのカメラは誰にでも使いやすくできていて、カメラは手軽さではiPhoneにかなわない。

小さいくせに画質が素晴らしい

極めつけに、iPhoneのカメラは画質が良すぎる。 携帯電話のおまけのレベルをとうに超えていて、昼間のスナップだと高級コンデジと遜色ない。

もちろん厳密に細部を比べたら一眼や高級コンデジには劣るけど、たいていのユーザーが写真を楽しむSNSやブログといった画面上では大差ない。

大きめの写真に印刷したりポスターにしたりとかなら変わってくるが、僕の周囲では少なくともそんなことをしている人はいない。昼間はiPhoneで十分なのだ。

iPhoneカメラの作例

iPhone7のカメラで撮影した作例をアップしていく。

よくわからない花。質感がよく伝わってくる。

少し暗いけど実際こんな感じ。

黄色い花。名前がわからないけどきれい。

ただの草。iPhoneは小さくて軽いのでこういう視点も撮りやすい。

iPhoneっぽくないコントラストの強めな画が撮れた。

頑張ってぼかそうとしてこれくらい。

若干ぼけているけど、本当に若干です。

めっちゃきれいかって言ったら微妙な写真も結構ありますが、こんだけ小さなカメラにしてはかなりよく撮れていると思います。

iPhoneのカメラは欠点もある

とここまで褒めまくってきたわけだけど、もちろんダメなところもあるわけで、夜景はハード的に限界があるのか一眼レフには全くかなわないし、ボケの具合とかはやっぱり全然違う。

だからiPhone7だけで運用しようとか考えることは絶対ない。

役割が全然違うってだけだから、結局はバランスの問題なんだけど、一つだけ言えるのは、携帯性を考えたときiPhoneは最強だってこと。

-機材

follow us in feedly

関連記事

花 作例

機材

RX100の作例をありったけ並べてみた
EOS 5D Mark2

機材

EOS 5D Mark2を購入したので使った感想・レビューを書いていく|作例多数

機材

単焦点レンズEF50㎜F1.4購入の経緯と使った感想
no image

機材

僕が考えるRX100のデメリット|こんな人には向いてません

機材

RX100 レビュー|スマホに高画質求めるよりこれ買おう
no image

機材

【レンズ沼】クレカやローンでのカメラの衝動買いをやめる方法

機材

【レビュー】アクションカム用ジンバル「Hohem isteady pro2」を使用した感想

機材

【レビュー】低価格で高画質!一眼レフカメラK-S1を3年間使った感想

機材

フルサイズっていうほど必要?APS-Cから移行して感じた違い

機材

【カメラ】一眼レフの縦グリは不要?→縦構図好きなら買うべき

機材

【カメラ】初めてのフルサイズ一眼 EOS 5D Mark IIと大三元を98,000で購入!

機材

金がないのにフルサイズを買ってしまった話

機材

【レビュー】ロジテックのiPhone対応カードリーダーは買うな

機材

【本音レビュー】3年使って分かったWi-FiメモリーカードFlashAirの良いとこ悪いとこ

機材

【レビュー】SIGMA DC18mm-50mm F2.8 EX MACRO 標準ズームを1万円強で購入

機材

【動画&画像多数】SJCAM SJ8PRO 使用 レビュー|2万円台のGoProキラー

機材

【Muson Pro2 レビュー】やはり激安中華アクションカムは値段相応でした

機材

【1個500円】MusonProの予備バッテリーはAmazonで安く買えるぞ

機材

【レビュー】大学生の間にミラーレス一眼EOS M3を買って本当に良かった

機材

Canon EOS M3を購入→開封|軽くてマットな質感がかっこいいミラーレス
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。 欲しいものリスト(https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/BKDX9Y21FMBQ?ref_=wl_share)

© 2021 とおるの部屋