メンタルヘルス

早寝早起きは素晴らしい

最近、就寝時間がめちゃくちゃ安定しています。

以前は3時寝9時半起きでしたが、最近は23時寝6時半起きとかです。

めちゃくちゃ快適です。

いっぱいいいことがあったので、何が良かったのか書いていきます。

精神的に安定する

早寝早起きをし始めてから精神的にすごく安定しました。

朝起きてなんとなく気持ちが沈んだり、ってことがなくなったので、とても生きやすいです。

仕事が嫌じゃなくなる

個人的にこれが一番大きいです。仕事が嫌じゃ無くなりました。

遅く寝起きしていたときは、朝起きた瞬間から「また仕事か、、、」と憂鬱な気持ちになっていましたが

早寝早起きするようになってからは気持ちが前向きになったことや、仕事までに時間の余裕ができて終わってない仕事を先にできるようになったりして、仕事に対して後ろ向きな気持ちが無くなりました。

特にテレワークのときは、仕事が終わらなくても、朝早起きして冴えた頭でさっさとタスクを処理して、早めに仕事を終えるようなこともできるようになってきて、最近はむしろ仕事が楽しくなってます。

副業では月数万円(しかも不安定)しか稼げない自分に仕事を教えてくれて、さらに毎月十数万円もくれて、暇つぶしもできて仲間もできて、仕事って本当にありがたいなあ、って思って働いています。

時間に余裕ができる

朝の時間に余裕ができると精神的にすごく余裕がもてます。

朝起きてから始業までの3~4時間くらいは副業するも本業をするも散歩をするも自由です。

よく会社と家の往復ばかりでサラリーマンは閉塞感があると言いますが、個人的には朝の自由時間があるのでそこまで閉塞感は感じません。

朝から早起きして近所の喫茶店でコーヒーを飲んでいると「優雅だなあ」と感じます。

-メンタルヘルス

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋