メンタルヘルス

スマホを完全に捨てた理由

2020-07-29

タイトルの通り、スマホを捨てました。

僕はスマホを2台、デスクトップパソコンを1台持っていましたが、まずスマホ2台を完全にメルカリで売っぱらい、デスクトップパソコンも処分したうえでノートパソコン一台を購入し、このノートPCともともと持っていたガラケーだけで運用することにしました。

今回その理由を書いておきたいと思います。

スマホを捨てた理由

今回スマホを捨てた理由は、デジタルデトックスをするためです。暇に任せてスマホをいじることによる弊害をなくしたかったからですね。

主に4つの目標がありました。この辺のスマホ依存で起こった弊害については過去の記事で書いているのでここでは簡単に書きます。

集中力を取り戻すため

まず集中力です。暇さえあればスマホを触る習慣は、集中力を著しく下げます。

僕は過去に何度かスマホ断ちに挑戦したことがあるのですが、どの時も一時的に集中力の改善が見られました。

その効果を常に享受しようというわけです。

オナ禁をするため

もう一つの目的がオナ禁です。

僕はそもそもそんなにオナニーに時間を割く方でもないのでオナ禁の必要性は感じてなかったのですが、ふとしたきっかけで友達から勧められたオナ禁系ユーチューバーの動画を見て、「なんかええやん」と思ったのでオナ禁を始めることにしました。

スマホはどこにでも持ち運べるし不意にポルノコンテンツに出会う場面が多いため(広告など)、オナ禁の大敵です。

スマホを自由に触れるような状態でオナ禁を継続するのは、覚醒剤中毒者が覚醒剤と注射器をポッケに入れながら断薬しようとするようなもの。つまり不可能。

スマホを捨て、唯一のポルノ原因であるPCをリビングに置いておけば、寝る前にリセットの誘惑と戦う頻度を確実に減らせるでしょう。

スマホに充てる時間を現実の活動に注ぐため

あとは、手持無沙汰にスマホをいじる時間を減らして現実の自分に必要な活動に時間を割きたいなと思ったのも目的の一つです。

僕は暇さえあれば「はてなブックマーク」や「Twitter」などでダラダラと時間を潰していたため、オナ禁のユーチューバーの方が言っていたように、その時間を目標の実現のために使いたいと思います。

睡眠の質を上げるため

これは夜寝る前にスマホをいじらないことで睡眠の質を上げられると思ったからです。

夜スマホをいじって不必要に夜更かしした後の寝覚めって最悪ですよね。翌朝早いのに無駄に夜更かししてしまったときの寝覚めは本当に最悪です。

スマホを捨てないと断捨離できなかった

しかし、同じようにデジタルデトックスをしようと考えている人でもいきなりスマホを捨てる人はそういないと思います。

僕がスマホを捨てるという過激な方法をとることにしたのは、スマホを見ないようにしたり、スマホ制限アプリを導入したりしても全く意味がなかったからです。

スマホを見ないようにしてもスマホ断ちできなかった

僕がスマホ断ちをしようとしたのは一度や二度ではありません。何度もやろうとしたんですよ。

でも、一回も成功しなかった。最近だと、ブログに宣言すればいけるかと思って記事に書いたりしましたが、無理でしたw

そのうち一回目は、スマホの電源を切って使わないようにしました。スマホを使えないようにガムテープで画面をグルグル巻きにしたり玄関に置いといたりしましたが、どちらも効果はありませんでした。

この方法には2つの問題点がありました。

  • 電源なんていつでも入れられるし、ガムテープもいつでも剥がせるし、玄関に置いといてもいつでも取ってこれる(自分の意志に頼っている)
  • 大事な連絡(特にLINE)の時に開かざるを得ない(理性があっても開いてしまうタイミングがある)

どちらも致命的です。特に自分の意志に頼ろうとしたのはバカでした。

スマホにせよポルノにせよ薬物にせよ、中毒者が自分の意志に頼って制御するのは絶対に無理です。僕はこのことをまだ理解していませんでした。

しかも、開くまいと思っているタイミングすら開かざるを得ないような状態で達成できるわけがありません。ずっとスマホを開かないようにしてれば徐々にスマホを忘れられますが、定期的に開かなきゃいけないのでは習慣が矯正されません。

スマホ制限用アプリを使ってもスマホ断ちできなかった

次にやってみたのがスマホ制限アプリの導入です。この方法について詳しくは下記に書いてます。

やってみたらうまくいったので調子に乗って「スマホ断ちは超効果あるのでやるべき」みたいなこと書きましたが、この翌々日にエロい漫画を見てしまい終了しました。結局その勢いで13時間スマホを触ってしまい、自分のお猿さん具合にメンタルは最低に落ち込みました。

結局どんなに面倒なロックをかけようが、自分で外せるロックなど意味はないと学びました。

スマホを捨てる前に悩んだこと

ただ、スマホを捨てる前にはかなり悩みました。今までずっと使っていた

  • スマホの広角カメラ
  • 緊急時のLINE
  • メルカリやラクマ
  • Googleマップ
  • 乗換案内

これらが使えなくなるのが心配だったからです。

特に広角カメラは9㎜相当とかなり広く、僕の持っているRX100でも一眼レフでもカバーしきれない画角です。スマホを捨ててしまえば撮れなくなります。これだけのためにかなり悩みました。が、今持っているアクションカムを使えば一応スマホの広角カメラよりも広く撮れることに気づいてあきらめがつきました。

メルカリやラクマ、グーグルマップ、乗換案内は便利ですが諦めました。乗換案内とかは出発前に調べれば何とかなります。それ以上にスマホを捨てることのほうが大事だと感じました。

スマホを捨てたことでついにスマホ断ちに成功したかもしれない

今までさんざんスマホ断ちしたといいつつスマホ断ちできていませんでした。しかし今回、スマホを完全に手放したことで真にスマホ断ちできた気がします。

さすがにスマホを使いたいからといってスマホを買うほどスマホ中毒じゃない…と信じたいです。

-メンタルヘルス

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。 欲しいものリスト(https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/BKDX9Y21FMBQ?ref_=wl_share)

© 2020 とおるの部屋