ダブルス テニス テニス上達

【テニス】時にはネットにベタ詰めできないと、並行陣は前にいる意味がない

2019-02-04

ダブルスで平行陣を作るとき、ちゃんと機会を見てネットに詰められていますか?

詰めずにずっと後ろでボレーをしている自覚があるとしたら、もったいない

詰めるべき場面で詰められない平行陣は、前にでてきている意味がありません。

なぜ詰めることができないのか、を考えよう

なぜ前に出ても詰められないのか。理由はいろいろあるはず。

  • ロブで抜かれるのが怖い
  • こっちのボレーが甘い
  • 詰めるタイミングがわからない
  • そもそも詰められると思ってない

この記事を開いた時点で、詰められると思っていない、はもうクリアですね。平行陣だって詰められるんです。

じゃあ、他の不安要素を潰していきましょう。

平行陣はいつ詰めればよい?

平行陣で詰めるのが怖いのは、ロブで抜かれるのが怖いからって人は多いはず。

でも、自分が平行陣を相手にしてることを想像してみてください。

自分のストロークに対して、ずっとサービスラインからつなぐボレーしてくる相手って怖いですか?

怖くないですよね?

クロスにアウトせず打ち続けさえすれば、決められることはないのですから。

相手に、「ただ打ってるだけじゃやられる」と思わせるためにも、詰めたほうが良いんです。

じゃあ、どんなときに詰めるか。

答えはカンタン。相手がロブを打てない(打たない、打っても決まらない)ときに詰めればよいのです。

じゃあ相手がロブを打てないときってどういうときかっていうと

  • 浅いボレーにやっとこさ追いついたとき
  • 前のポイントでストロークをミスって、クロスにつなぎに来てるとき
  • 鋭く滑るボレーが飛んできて、制御不能なとき
  • 強烈なサーブが入ったとき
  • 浅いボールに対してスピンのアプローチを打たれるとき

こういうときです。

もっとも、滑るボレーを打つというのはボレーヤーの技術に左右される部分が大きいので誰にでもできるわけじゃありません。

しかし、相手がつなぎに来てるときに詰めたり、アプローチショットに対して詰めたりするのは、誰にでもできます

自分たちの相手がどういうときにどういう球を打ってきやすいのか、をしっかり観察できれば必ずしも前に出るからといってリスクは大きくなりません。

詰めないとボレーは決まらない

Embed from Getty Images

なぜこんなに詰めろ、詰めろというのか。

カンタンです。詰めないとボレーは決まらないからです。

ダブルスはコートを二人で守るものですから、よっぽど角度がつかない限り大体のボールは取ることができます。

コートってそんなに広くないから、二人の人間が全力疾走したら大抵のボールは取れる。

ふたりとも届かないボールを打つには、かなり追い出さないといけないわけです。そこで、詰めているか詰めていないかの差は大きい。

詰めていれば180°どこでも打てるけど、1メートル下がった途端に90°くらいに狭まっちゃう

これはコートを真上から見たときの角度だけじゃなくて、ネットから離れるとそれだけ打ち出し角度の水平方向との差を小さくしなきゃいけなくなる。

水平方向に近い角度で打ち出さなきゃいけないってことは、アングルを狙いすぎると距離が伸びてしまって、距離の短いアングルではサイドアウトする可能性も高くなる

つまり、ネットから離れると二重に角度がつけにくい要因がそろっちゃうんです。

強いダブルスプレーヤーはこのことを分かってるから、詰めるべき場面を見つけたらかならずネットからゼロ距離になるくらい詰めます。これは雁行陣でも平行陣でも同じこと。

決まるボレーヤーと決まらないボレーヤーの違いは「ここに」あるんです。

まとめ

  • 平行陣は相手の気持ちに立って、詰めていく
  • 詰めれば角度がつくから決まる

ということ。

もちろんボレーが満足にできないレベルでこのようなことを考えすぎるとミスに繋がります。

しかし、ボレーを返すくらい朝飯前、だけどなぜかポイントが取れないという場合には、タイミングをみて詰める技術を身につけることで勝てるかもしれませんよ。

平行陣で使える雁行陣・ツーバックの相手の崩し方についてはこちらの記事でも詳しく書いているので参考までに。

【テニス】並行陣で積極的にポイントを取るための短いボレーの使い方3つ!

攻撃的な平行陣で相手を翻弄していきましょう。

-ダブルス, テニス, テニス上達

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】クロス半面でできるダブルスのラリー形式メニューを5つ紹介

ダブルスの練習って何したら良いの?って人向けに、クロス半面でできるラリー練習を紹介していきたいと思います。 球出し編に引き続き、試合で勝つために必要な技術を身につけるためにはもってこいの練習ばかりなのでぜひやってみてください。 【テニス】クロス半面でできるダブルスの球出しメニュー12つを紹介 コート一面を使ったダブルスの練習メニューについては↓で紹介しているのでこちらも参考にしてみてください。 【テニス】今すぐ使えるダブルスの練習メニュー14選! 目次クロス半面でできるダブルスのラリー練習ストローク対スト ...

続きを読む

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】クロス半面でできるダブルスの球出しメニュー12つを紹介

ダブルスうまくなりたいけど、どんな練習をしたらうまくなるのかわからない! そんな方に向けて、テニスサークルで毎日のようにテニスをやってる僕が行っているダブルス練習をつ紹介したいと思います! 全てコートのクロス半面を使ってやることができるので、是非自力を上げる練習として活用してみてください。 ちなみに1面全体を使ったダブルスの練習メニューについては↓で紹介しているので参考までに! 【テニス】今すぐ使えるダブルスの練習メニュー14選! 目次クロス半面でできる球出し練習メニュースマッシュボレー切り返しリターン高 ...

続きを読む

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスで必須なコンチロブ(スライスロブ)をうまく上げる方法

テニスのダブルスでは、スマッシュや強いサーブに対するコンチロブ(スライスロブ)の技術が必須です。 しかし、僕の周りにも自信を持って高く深いロブを安定して上げられる人はあまり居ません。 ここではコンチロブを上げるようになるコツを解説していくので、苦手な人は参考にしてみてください。 目次コンチロブを安定してあげるコツフットワークを理解するラケットと体の位置関係を変えない当たる瞬間に握り込むアウトミスはOK、浅いのはダメバックのコンチロブが飛ばない場合風が強い日は上げ方に工夫が必要試合前のアップでロブを高く上げ ...

続きを読む

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスで下手なペアに不満ばかりの人はマジで損してる

ダブルスでペアに対して あーあ、またやったよ いつもお前がダフォるから負けるんだよ 俺のせいじゃなくてお前のせいだからな なーんて思ってませんか? ですが、ペアが真剣にテニスをやってる以上、こういう思考は一切やめたほうが良い。 こういうふうに考えている人は、なかなか勝てるようになりません。 ダブルスでここに書くようなことをやっていないか、チェックしてみてください。 目次感情に任せてミスを責めるな指摘するべきミスはあるミスしたくてしてるやつなんていないお前がもっと強ければ勝てるじゃんあなたのペアが本当に弱い ...

続きを読む

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】時にはネットにベタ詰めできないと、並行陣は前にいる意味がない

ダブルスで平行陣を作るとき、ちゃんと機会を見てネットに詰められていますか? 詰めずにずっと後ろでボレーをしている自覚があるとしたら、もったいない。 詰めるべき場面で詰められない平行陣は、前にでてきている意味がありません。 目次なぜ詰めることができないのか、を考えよう平行陣はいつ詰めればよい?詰めないとボレーは決まらないまとめ なぜ詰めることができないのか、を考えよう なぜ前に出ても詰められないのか。理由はいろいろあるはず。 ロブで抜かれるのが怖い こっちのボレーが甘い 詰めるタイミングがわからない そもそ ...

続きを読む

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】サーブが弱くてもダブルスでリターン強者に対して平行陣を敷ききる3つのコツ!

テニスのダブルスでふだんサーブアンドボレーを使って平行陣をする人は多いと思います。 しかしファーストボレーであがろうにも、相手リターンが強い場合には前衛の格好の餌食になってしまいますよね。 あなたがサーブが苦手な場合、なおさらです。 この記事では、リターン強者に対して平行陣を作るために必要な技術・方法をお伝えしたいと思います!! 目次リターン強者に対して平行陣を作る3つの方法低いスライスサーブを習得するファーストボレーを左右に打ちわけるセカンドサーブを深く入れるまとめ リターン強者に対して平行陣を作る3つ ...

続きを読む

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】スマッシュを順クロスに打てない人は打点の意識を2つだけ変えてみよう

スマッシュでコースを打ち分けられないことに悩んでいませんか? 【テニス】雁行陣<平行陣?ダブルスの平行陣で勝てないプレーヤーの特徴3つ! 以前この記事で、スマッシュが下手な人は平行陣はやめておいたほうが良いと書きました。平行陣はスマッシュが肝です。 この記事では、スマッシュを逆クロスにしか打てない人に向けて、順クロスに鋭く打つ方法を解説していきたいと思います。 スマッシュを順クロスに飛ばすコツ 順クロスに飛ばすコツは 頭の上ではなく、利き腕側で前に打点を取る これだけです。 僕が以前そうだったからわ ...

続きを読む

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスの並行陣で勝てない選手の特徴を3つあげてみた

テニスのダブルスで平行陣を練習したい! 雁行陣より平行陣のほうが強いしカッコいい こんなふうに思っていませんか? しかし、その考え方は間違っている可能性があります。プレースタイルによっては、必ずしも平行陣が雁行陣よりも強い、自分にとって理想的な戦い方とは限らないからです。 この記事では、平行陣で勝てないプレーヤーの特徴を3つ説明したいと思います。 目次安易に平行陣を目指さないほうが良い人の特徴ボレーが苦手な人スマッシュを自信を持って打ちきれない人ある程度の確率で優位を取れるサーブがない人上記に当てはまる人 ...

続きを読む

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルス平行陣での攻撃と守備の基本を初心者向けに徹底解説!

布団に入っているのに手がかじかむとはどういうことか…。寒すぎる。 この記事では、ある程度ボレーを習得し、ダブルスで平行陣にトライしてみたいという方に向けて、平行陣の攻めと守りの基本をお伝えしていきます。 僕が2年前に平行陣をやり始めた時に知りたかったであろう情報をまとめていくので、困ったときにはこれを参考に平行陣の基本的な動きを習得してほしいと思います。 この記事に書かれていることは、下のボレーの基本の記事で書いてあることはできるようにした上で読んだほうが効果があると思います。なので、まだ読んでいない方は ...

続きを読む

ダブルス テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスでツーバックが並行陣を崩す4つの方法と決め方3つ!

テニスのダブルスで相手がサービス&ボレーをして平行陣を敷いてきたとき、ツーバックで対応しなければいけない時に不利になってしまうことはありませんか? 今日は、そんなとき後衛側が平行陣を崩すために必要な戦略をお伝えします! 目次平行陣を崩すコツまとめ短く沈むスピンボールストロークを短く沈めるコツ腰を落として必ずボールの下からラケットを入れるボールの軌道の頂点をネットの1mくらい手前にイメージするスピンロブで平行陣の前衛の頭上を狙うスピンロブのコツショートクロスへ打って平行陣の後衛を崩すショートクロスの ...

続きを読む

関連記事

テニス テニス用具

テニス歴7年の僕が各社のテニスシューズに対するイメージを書いてく

僕はテニス歴7年の男子大学生ですが、今まで十数足のシューズを履き潰してきた中で、色んなメーカーのシューズを使ってきました。 テニスを始めたばかりだと、どのシューズが良いのかなんてまるで分からないのが普 ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】今すぐできる一発逆転!シングルスでのスライスの使い方5つ!

こんにちは! 先日久しぶりにテニスのシングルスをしました。相手は球をバコバコ強く打ってくる相手でストロークの主導権を先に握られ苦しい展開になったのですが最終的には何とか勝ち切ることができました。 そこ ...

テニス テニス用具

【テニスウエア】寒い冬のテニスの試合でのオススメの服装

寒い時期のテニスはアップ後でも半袖はちょっと寒いから、ちょうど良い服装ってないのかな? こんなふうに思いませんか? これからの寒い時期ウォーミングアップが済んでもさすがに半袖でテニスをするのは寒いです ...

テニス テニス上達 ボレー

【テニス】ダブルスのボレーボレーで相手を翻弄する5つのコツと練習方法

ダブルスのボレーボレーで勝てないと悩んでいませんか? ボレーボレーで勝つためには定石があります。この記事に書いてあることを意識できればボレーボレーでの勝率は飛躍的に上がるでしょう。 よく読んでボレーボ ...

テニス テニス用具

【練習球】サークル・部活におすすめ!耐久性が高く安価で打ちやすいテニスボールベスト5

サークルや部活で使うテニスボール、どれにすれば良いんだろう? ボールの違いがよくわからない! この記事ではそんなあなたのために、元高校テニス部でテニスサークル幹部である僕が、サークルや部活の練習で使う ...

テニス テニス用具

【テニス】Aliexpressで2400円の激安ロールガットを購入してみた!品質は…?

ガットが切れすぎてガット代もバカにならない…と悩んでいませんか? 先日僕のお気に入りの大手通販サイト「Aliexpress」で2400円の200mロールガットを発見したので購入してみました。今回、この ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】すぐに実践できる楽しいサーブ練習方法を5つ紹介するぜ

サーブが上手くなりたいけど、どういう練習が良いんだろう? とサーブの練習方法を探しているあなたへ朗報です。 この記事では、僕が実際にサーブの練習としてやっているメニューの中で効果がある、もしくは比較的 ...

テニサー テニス

テニサー幹部になって良かったと本気で思っていること【後輩にモテる】

僕は以前「テニサー幹部はまじでブラックだからやめとけ」みたいな記事を書きました。 その通り、基本的にテニサー幹部はならないほうが良いという意見に変わりないのですが、良かったところもあります。 ほんとに ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】ダブルスのストロークで並行陣を崩す5つのコツ

ダブルスでなかなか平行陣に勝てない…そんな風に思っていませんか? シングルスでは速くて力強いストロークが打てるのにダブルスでは勝てない、そんな悩みを抱えているとしたら、その原因はダブルスのストロークを ...

テニス テニス用具

【テニス】品質良いがコスパが悪いボウブランドのグリップテープの感想と評価

  あなたはグリップテープをよく貼り替えますか?   僕はだいたい一週間ごとにグリップテープを貼り替えます。先日大学のテニスの大会があり、出場してきました。僕は気合いの入った試合の ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2020 Torulog