【テニス】スマッシュを順クロスに打てない人は打点の意識を2つだけ変えてみよう

スポンサーリンク

スマッシュでコースを打ち分けられないことに悩んでいませんか?

【テニス】雁行陣<並行陣?ダブルスの並行陣で勝てないプレーヤーの特徴3つ!

以前この記事で、スマッシュが下手な人は平行陣はやめておいたほうが良いと書きました。並行陣はスマッシュが肝です。

この記事では、スマッシュを逆クロスにしか打てない人に向けて、順クロスに鋭く打つ方法を解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

スマッシュを順クロスに飛ばすコツ

順クロスに飛ばすコツは

 

頭の上ではなく、利き腕側で前に打点を取る

 

これだけです。

 

僕が以前そうだったからわかるのですが、スマッシュを順クロスに打てない人は

 

打点が頭の上(あるいは頭より後ろ)すぎる

 

ことがあります。イメージとしては、スマッシュがスピンサーブみたいになっているということです。

しかし、頭の上でスマッシュをヒットすると

  • ボールが視界に入らない
  • スイングの途中で上向きの面であたってしまう

ため、ボールのコントロールがしづらくなりスマッシュをふかしがちになります。打点も頭より後ろになりやすく、順クロスにボールが飛ばなくなります。

 

利き腕側の前打点で打つ具体的な方法

では、具体的にはどうすればよいのかというと

 

ボールの左側に足を入れる(右利きの場合)

 

これだけです。左利きならボールの右側に足を入れればいいだけです。

 

そして、前に打点を取るには下に向かってラケット面を向ける意識を強く持つことが大事。

 

同じオーバーヘッドショットでも、スマッシュはサーブと違って下に向かって打つショットです。

クロスにスマッシュを決めるときはそれがさらに顕著で、しっかり下に向かって打つ意識がないとたちまちスマッシュが長くなってしまい、サイドアウト(バックアウト)してしまいます。

なので

  • 早くボールの左側(右側)の打点に入り
  • 下に向かって短く打つ意識を持つ

この2点を意識するだけで、順クロスのスマッシュはかなり改善すると思います。

 

ロブを出してもらって、何球も練習して無意識にできるようにしましょう。

 

まとめ

スマッシュは威力がなくても、短く左右に打ち分けられれば十分エースを狙えるショットです。

  • ボールの左側に入り
  • 前田店の意識を強く持つ

これで最低限のスマッシュは完璧です!

ダブルステニス上達
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント