【テニス】サーブが弱くてもダブルスでリターン強者に対して平行陣を敷ききる3つのコツ!

スポンサーリンク

Embed from Getty Images

テニスのダブルスでふだんサーブアンドボレーを使って平行陣をする人は多いと思います。

しかしファーストボレーであがろうにも、相手リターンが強い場合には前衛の格好の餌食になってしまいますよね。

あなたがサーブが苦手な場合、なおさらです。

 

この記事では、リターン強者に対して平行陣を作るために必要な技術・方法をお伝えしたいと思います!!

 

スポンサーリンク

リターン強者に対して平行陣を作る3つの方法

結論から言うと、次の3つができればサーブが弱くても平行陣を作れます!

  • 低いスライスサーブを習得する
  • ファーストボレーを左右に打つ
  • セカンドサーブを深く入れる

この3つです。順に見ていきましょう。

 

低いスライスサーブを習得する

まず一番最初にやるべきは、低く跳ねないスライスサーブの習得です。

低いサーブに対して、リターナーはネットの上に持ち上げなくてはいけないうえ、上から叩くことができません。リターンを封じることができ、低いスライスサーブはファーストボレーをする上で大きなアドバンテージとなります。

Tennis Slice Serve Cheat For Crazy Spin Even If Beginner

↑ここまでのサーブが打てなくとも、浮かないスライスサーブが打てれば十分です。

 

背が低かったり、もともとサーブが苦手だとしても大丈夫です。相手に速いリターンを打たせなければ良いので、速くしたり良いコースをつくというより、浮かせないことが大事。

 

ですからここでいうスライスサーブ自体は練習すればそれほど難しいものではありません。

 

しっかりと利き手側(頭の上ではない)にトスを上げてボールの右側にラケットを当てるようなイメージで振り抜きましょう。また、スタンスも少し打ちたい(サーブを曲げたい)方向に向けて構いません。

 

速くコースのいいスライスサーブを打てればそれが一番ですが、きつい場合はトスを低めに上げて、遅くても良いので浮かないようにスライスをかけましょう。

 

ファーストボレーを左右に打ちわける

次に大事なのが、ファーストボレーをクロスとストレートに打ち分けることです。下の動画の0:16を見てみてください。

 

Bryan Brothers 2011 Cincinnati Semifinals 1080p HD

さきほど浮いたファーストボレーはリターン側前衛の餌食と書きました。強烈なリターンが入ったときリターン側の前衛は常にファーストボレーを逆ポーチ(ファーストボレーに対するポーチ)で仕留めることを狙っています。

 

ファーストボレーは基本的にクロスに打つことが多いと思いますが、逆ポーチに出られることを前提で、ファーストボレーをストレートに流す技術があれば、きついリターンに対しても平行陣を作ることができます。

 

このとき、ファーストボレーでいいボレーを打ったり、前衛の横を抜いてやろうとか考える必要はありません。遅くても相手に取られても、ストレートに流せるんだなと思わせることが大事。

ファーストボレーを打つ方向が読まれるかどうかは、相手との駆け引きの結果たまたま勝つか負けるかの問題であって、いいボレーでなくても駆け引きに勝てばボレーは抜けます。

 

それより一番もったいないのは、いいボレーを打とうとしてサイドアウトをしてしまうこと

ストレートにファーストボレーを打つときは、リターン側の前衛にぶつける(あるいはボレーをさせる)くらいの気持ちで打つことが大切です。ストレートに流したあとは次のボレーに備えてすぐに構えましょう

 

やってみるとわかりますが、慣れないうちはこのテクニックは非常に難しいです。

最初のうちは、ストレートに打つかクロスか打つか、リターンが来てから決めてしまう人がいますが、それはかなりの高等テクニックです。もともと相手のいいリターンに対するボレーの練習なので、打球が来てから余計なことを考えている余裕はありません。

ですから最初のうちは、相手のリターンが強くファーストボレーを打ち分ける必要があるなと思ったら

 

リターンが沈んだ→ストレート
リターンが浮いた→クロス

 

と、決めておきましょう。それでも難しい場合には、サーブを打つ前に

 

相手前衛のバックボレー側に打つ

 

と、打つコースを決めてからファーストボレーをしましょう。

 

これがしっかりとできるようになれば次第に相手を見てファーストボレーのコースを変えることもできるようになってきますよ。

 

セカンドサーブを深く入れる

これは難しい&リスクが高いのであまりおすすめしませんが、相手のリターンが強い場合にはセカンドサーブを深く打つのもかなり有効です。

サーブが叩かれるのは特にセカンドサーブが多いと思いますが、リターンが得意な人にとっては深いセカンドサーブは非常にやっかい。

 

僕自身、リターンは得意なのでセカンドサーブを前に入って叩こうとすることが多いのでよくわかります。

前に入って打つのが得意なリターナーにとって、深いセカンドサーブは前に入りづらく、ライジング気味に捉えなければならないため、コントロールやタイミングが非常に難しいです。

少しでもタイミングやコントロールをミスすれば相手前衛に決められてしまうんですね。

 

なので、サーブがあまり強くなくてもセカンドサーブを普段から深く打つ練習をしておくことでビッグリターナーに仕事をさせないようにできます。なお、このサーブも低ければ低いほど効果的です。

 

まとめ

サーブが弱くてもビッグリターナーに対して平行陣を作る方法は

  • 低いスライスサーブを習得する
  • ファーストボレーを左右に打つ
  • セカンドサーブを深く入れる

以上の3つです。どれも今すぐできる技術ではないかもしれませんが、練習すれば誰でもできる技術です。

合わせてボレーやスマッシュを強化して、サーブが弱くてもキープできるプレーヤーになってやりましょう!!

ダブルステニス上達
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。
大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。
コメントとかもらえると嬉しいです。

のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント