テニスの参考書

【練習球】サークル・部活におすすめ!耐久性が高く安価で打ちやすいテニスボールベスト5

 

サークルや部活で使うテニスボール、どれにすれば良いんだろう?

 

ボールの違いがよくわからない!

 

この記事ではそんなあなたのために、元高校テニス部でテニスサークル幹部である僕が、サークルや部活の練習で使うのにおすすめなボールを実体験に基づき伝えていきたいと思います。

 

サークルでは色んな人がテニスをします。経験者も初心者も男性も女性もいるので、ひとくちにボールと言っても人によって評価がけっこう違います!

そんな声を毎日聞いている僕の経験から、サークルや部活の練習球して使うのに適したおすすめのボールを伝えていきたいと思います!

 

ボールを選ぶ基準

このランキングでボールを選ぶ基準は

  • 価格
  • 耐久性
  • 筆者の好みの打球感かどうか

です。なので1の価格については完全に客観的な情報で判断していますが、2,3の項目については、使用したことのある僕の主観になります。

 

同じような価格、耐久性で僕の好みでないためにランキングが変わっていることもありますが、サークルや部活でまとめて買うことを考えて安さをかなり重視していることをことわっておきます。

 

5位 ダンロッププラクティス

 

価格→17400円/120球(145円/1球)

 

ダンロッププラクティスはダンロップから出ているボールです。高校生時代に部活で使っていた時期があったので覚えています。

ダンロップといえば松岡修造のパッケージで知られるダンロップフォートが有名ですが、フォートは試合球なので今回はランキングから外しました。

 

勝手なイメージですが、ボール自体が小さい感じがあります。打った感触は柔らかめで、高反発というよりは反発が弱く、飛びすぎずにボールがコートにおさまってくれます。

純粋にダンロップフォートを練習球にしただけといった感じで、ダンロップフォートに非常に似ています

 

ただ耐久性はそれほど高くなく、あっという間にヘタってしまうこと、あまり飛ばないこと、そして練習球なのにあまり価格が安くないことも相まって、練習球としてこのボールを選ぶ意味はさほどないのかなと思います。

 

それでもあえて選ぶ理由があるとすれば、

  • 頻繁に参加する試合球がダンロップフォート
  • 多少耐久性が落ちても飛ばないほうが好き

などといった場合に限られると思います。

 

4位 ウィルソンツアー

 

価格→6600円/60個(110円/1球)

 

ウィルソンの練習球です。これも高校の頃部活で使っていました。

ダンロッププラクティスと比べると少し硬め大きめな印象があります。打った時の反発や手応えもダンロッププラクティスよりは強いです。

またボールの耐久性も悪くなく、すぐにヘタってしまうというほどではありませんでした。

 

打球を打ったとき、ダンロップのボールはあまり推進力がなく、途中で減速していってしまうような感じがありますが、ウィルソンのボールはそれに比べてボールの勢いが衰えにくい感じがあります。

 

ラリーで手応えを感じたい人におすすめなボールですね。

 

3位 ダンロップ St James

 

価格→7800円/60球(114円)

 

ダンロッププラクティスよりも安い代わりに、ボールが少し大きくなった(気がする)のがこのSt.Jamesです。

 

打球感が柔らかくあまり飛ばないのはダンロッププラクティスと似ていますが、St Jamesは開封直後に打つとプラクティスよりもさらに飛ばない印象を受けます。また、プラクティスよりも毛羽立ちやすいです。

 

イメージとしては、ウィルソンツアーを軽くして更に飛ばなく、へたりやすくした感じです。子供の使う大きなノンプレッシャーボールの空気圧を少し上げて大人用にしたようなボールです。

 

こう書くと全然使えないボールのように見えますが、コスパは良いし、柔らかめのボールでラリーをしたい人にとっては良いボールです!個人的にはウィルソンツアーよりも好きです。

 

2位 ブリジストンNX1

 

価格→6885円/68球(101円)

 

ここまで紹介してきたウィルソンやダンロップのボールとは全然違った打球感、跳ね方をするのがこのブリジストンのボールです。

ブリジストンのボールは全体的に先ほど紹介したSt.Jamesに比べて小さく、よく跳ねます。

 

また、毛羽立ちにくいので高いバウンドが保たれる期間が長く耐久性が高い傾向にあります。

このあと紹介する、同じブリジストンのツアープロと比べるとNX1は若干打球感がかたく、へたるのも早い印象です。

 

1位 ブリジストン ツアープロ

 

価格…6885円/68球(101円)

 

なぜブリジストンツアープロをおすすめするのかというと

  • 耐久性が高く
  • よく跳ね
  • ボールが気持ちよく飛ぶ

のが理由です。

 

僕は今までウィルソンツアー、St.James、ブリジストンNX1、ダンロッププラクティス、ダンロップフォート、ブリジストンXT8、そしてブリジストン ツアープロを使ってきましたが、現段階で耐久性のランキングをつけるとしたらツアープロが一番良いです。

 

ボールの空気圧が保たれる期間も長いですし、ボールは空気圧が高いと打った感触も硬くなりがちですが、表面の毛が毛羽立たないのに打球感は硬さを感じさせないので僕の中では理想のテニスボールです。

 

先ほど紹介したNX1と比べて少し打った感じが柔らかく、普段使っていて耐久性も高いように感じるためこちらを上位にしました。

 

まとめ

個人的には練習球としてサークル・部活でテニスボールを使うのなら特別の好みがない限り

 

ブリジストン ツアープロ

 

が一番おすすめです。

 

ボールにすごくこだわりがあって、柔らかめの打球感が好きならSt James、試合球がダンロップフォートならダンロッププラクティスとかを選ぶのも良いと思います。

コスパが良く気持ちよく打てるボールでテニスを楽しみましょう!

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
他にもこんな記事があるよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です