【テニス】セカンドサーブを振り切って安定させるコツと方法

スポンサーリンク

サーブが安定しない…そんな悩みを抱えている人は多いと思います。僕の場合も、サーブはずっと僕を悩ませてきた難敵でした。

 

強く打てば回転が減り確率が悪くなり、回転をかけて入れようとすると威力がなくなり、打つ手がなくなって1stとも2ndともつかないサーブを打てば安定しない。そんな状況でした。

 

5年もテニスをやってきたのに、この期に及んでまだ威力と確率を両立することができなかったんですね。

 

ですが、下手くそなりにも練習を続けているとたまに「最近うまく打てるな」とか「ついにサーブをマスターしたぜ」となる時があります。

 

最近特にサーブがかなり改善し、ついには1stと2ndを同じスイングスピードで振り切ることができるようになりました。1stは若干スピード重視(回転も結構かけてますが)、2ndは回転重視で打ち分けています。

 

以前は2ndを入れるためにはスイングスピードを落として回転を増やしていましたが、スイングスピードを落とさず打てるようになったことで以前より威力のある&確率の高い2ndサーブとなりました。

 

たいていしばらくするとまた下手くそに戻るのですが、僕の経験上テニスで上達するときには、その下手くそな期間がだんだんと短くなっていき、気づいたら下手くそになることがなくなっていた、という場合が多いです。

 

そこで、上手く行くたびにその感覚を記事に残しておくことで僕と同じようにサーブ習得に苦労している人の参考になればと思い、この記事を書きました。

 

もしあなたがサーブに苦労しているなら是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

サーブを安定させるために必要な3つのこと

 

  • グリップはコンチネンタルより薄く握る
  • リズムよく膝の曲げ伸ばしをして飛び上がる
  • 腕は脱力する

 

グリップは薄めに握るほうが回転をかけやすい

サーブのグリップは薄く握りましょう。おすすめはコンチネンタルよりも薄い握りです。 気をつけの姿勢でラケットを持って腰に手を当てる感じにしたとき、ラケットの面は真横よりも若干上に向くくらいが目安です。

 

いわゆる「包丁握り」より若干バックハンド側(薄い)握りです。

 

【テニス】実践で理解!サーブでコンチネンタルグリップが大切な理由を超わかりやすく解説!

 

なぜ薄い握りが大事かというと、厚い握りだと手首を返しづらい(回転がかけづらい)したからです。サーブを突き詰めると、肘と手首の内旋運動(プロネーション)にいきつくのですが、特に手首のプロネーションをするためには薄い握りが絶対不可欠です。

 

サーブを安定させるには回転をかけることが必要ですから、サーブを安定させたかったら必ずコンチネンタルもしくはそれより若干薄めの握りで打ちましょう。サーブにおける薄い握りの重要性について、詳しくは下記記事にも書いてあります。

 

合わせて読みたい→関連記事

【テニス】実践で理解!サーブでコンチネンタルグリップが大切な理由を超わかりやすく解説!

 

リズムよく膝の曲げ伸ばしをして飛び上がる

これは背が低い人は特に大事です。(みんな大事だけど)

 

初心者や過去の僕のようにサーブが苦手な人の中には、サーブの軌道のイメージを間違えて認識している人が結構たくさんいます。そういう人はサーブの軌道をスマッシュのような軌道だと勘違いしがち。

 

しかし、サーブとスマッシュの軌道は似て非なるもの。スマッシュは基本打点より下方向に向かって打ち出しますが、サーブはよほど背が高くない限り打点より上方向か地面に水平に打ち出します

 

水平より下に打ち下ろすフラットサーブは身長が2mないと理論上不可能というのは有名な話です。そんなのはカルロビッチのような高身長サーバーの特権です。

 

サーブは回転をかけて打つもの?? (テニス) - lond日記
今回は「サーブで回転をかける」ということについて短く書いてみたいと思います。 サーブで回転をかけて打つ意味 何度か書いていますが、サーブは基本的に全て回転をかけて打つ必要があります。理由は、計算上、身長2mの人が無回転のサーブを打つとして、ネット中央の一番低い所を通したとしてもネットの上ボール1個程の空間を必ず通さない...

 

だから、僕のような身長が170程度の人は当然若干上向きに打ち出さなくてはサーブは入りません。その上への推進力を出すために必要なのが膝の曲げ伸ばしとジャンプなのです。

 

ジャンプしている最中の上への力を利用できれば、確率の高いサーブが打てます。上に向かう力を回転に変えるのが大切です。

 

腕を脱力するのはサーブの再現性を高める

最後に、サーブを打つときには腕の力を抜きましょう。今日紹介したことの中でこれが一番大事です。なぜなら、腕の力を使おうとすることでサーブの安定性は大きく失われるからです。

 

まず、腕というのは体の中では大きい筋肉ではないので、腕でサーブを調整しようとすると威力が出ません。

 

また、腕で打つサーブは腕の感覚で微調整ができてしまうので、一定のスイングができません。そのため腕に力が入るとサーブの再現性も途端に悪くなります。

 

一番良いのは

  • 腕を完全に脱力して
  • ジャンプする勢いで腕が勝手に振られる

くらいのスイングです。再現性も威力も高まること間違いありません。

 

まとめ

dietmaha / Pixabay

サーブの威力と安定性を両立するには

  • 薄いグリップで
  • 腕は脱力して
  • ジャンプの力で腕が勝手に振られるようにする

ことが大切です。感覚がわかるまで何度も練習しましょう。これができればサーブで困ることはかなり減ります!

 

テニスの数あるショットの中でも難しいサーブですが、やればできます!頑張って練習しましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

サーブテニス上達
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。
大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。
コメントとかもらえると嬉しいです。

のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント