テニス テニス上達 メンタル

【テニス】うまくなりたければ言い訳をせず他人のアドバイスに素直に耳を傾けるのが大事

2018-03-08

この記事では、テニス上達のためにとても大切な考え方である、「自分のミスを現実として受け入れること」について話していきたいと思います。

テニスはミスのスポーツ

nike159 / Pixabay

テニスでうまくなるためには、まず練習をしなければなりません。しかしそんなことはみんな分かっているはず。

漠然と練習と言っても、漫然とテニスしているだけではなかなか上手になりません。

テニスはミスのスポーツです。本気でうまくなりたいなら必ずミスの原因を確認し、二度と同じミスをしないように努めることが大切です。

テニスは手ニスではなく足ニスだという言葉はよく聞きますが、足ニスどころが足ミスと言ってもいいくらいでしょう。それくらいミスをしないことが大切です。

ミスをしないためには、同じミスを繰り返さないようにしなければなりません。

では、同じミスをしないためにはどうすればよいのでしょうか。

他人の言葉に素直に耳を傾ける

Couleur / Pixabay

同じミスをしないためには「他人の言葉に耳を傾ける」ことがとても大切です。

なぜなら、ミスの原因は自分ではわかっていない場合が多いから。自分ではできていると思っていても、他の人から見たら全然できていない場合はとてもよくあります。

しかし、この自分のミスに対する他人のアドバイスに素直に耳を傾けるということはとても難しいですし

僕自身を含めて、この「素直に他人の指摘を聞く」ことができる人はとても少ないです。

しかし、5年もテニスを続けてきて、他人の意見を素直に聞ける人こそが上達できるのだとようやくわかりました。

なぜ他人の意見を素直に聞き入れることが大切なのか

なぜ人のアドバイスを聞くべきなのか。

それは、自分では自分の姿を直接見ることができないからです。

人は、他人のことはいくらでも見えても、誰しも自分のことに関しては想像以上に盲目なのです。

僕の実体験から例を挙げます。僕がある日、自分よりもテニスが上手(か同じくらい)な先輩と4人でダブルスをしていたときのことです。

僕らはいつも、試合が終わった後メンバーみんなで反省をします。

試合中のプレーについて「ここが良かった」「ここをこうできるといいね」など、色々反省をしあうのですが、周りが僕よりうまい場合えてして僕はアドバイスを貰う側に徹する(せざるを得ない)ことが多いです。

特に、僕らのペアが負けたときは、それはもう僕のプレーに関する反省をひたすら言われます。

それらは確かに全て当てはまっていて、実際それらが僕の改善すべき点なのは間違いないのですが、僕から見れば先輩たちにもたくさん改善できるプレーはあるし、僕に対する先輩たちのアドバイスと同じくらい、彼らのプレーに僕から注文をつけられるところはあるわけです。

しかし先輩たちは反省するとき、さも僕一人のプレーだけが敗因であるかのような言い方をします。

僕から見れば、敗因の大きなところは僕のプレーにもあるのは間違いないんだけど、それだけじゃない。先輩たちにも変えるべきところはいくらでもあるように見えます。

何が言いたいかというと、 僕よりも上手い先輩であっても、自分のプレーに関しては盲目なんです

この話は僕とダブルスをした先輩たちに限った話ではなく、僕自身にも他の人にも言えることです。皆、自分のプレーを客観的に見ることはできないのです。

客観的に見られないということは、自分のプレーのいいところも悪いところも見えないということですが、あいにく人間は自分に都合の良い事実は強く印象に残るもので、自分のプレーのいいところは人に言われても言われなくてもよく覚えていることが多いです。

しかし、自分のプレーの悪いところはもともと客観的に見ることができない上、人から言われても印象に残りにくいです。なので、自分自身でしっかり反省する意識を持たない限り、いつまでたっても悪いところは見えてこない のです。

だから、自分のプレーを客観的に見ている他人からの意見に素直に耳を傾ける必要があるのです。

自分にとっては惜しいミスでも周りから見れば「またやった」かも

例えば、ダブルスで僕がスマッシュをふかした(バックアウトした)とき。

僕は心の中でこう考えます。「最近スマッシュを練習していないからできないんだな。俺は練習さえすればスマッシュを打てる技術はあるんだから、またこれから毎日練習すればそのうち打てるようになるだろう」と。

しかし、下がりきらず上に向かってスマッシュを打ってミスをした僕を見ていたペアは僕に「もっと早く下がって打点を前に取れ」と言うでしょう。

すると、僕はペアに対して表向きには「わかった」と言いつつ、心の中でこう考えます。「また試合でない場で練習してからだな、今日はまだスマッシュを入れるだけの技術がないから、多少ミスっても仕方がない」と。

そして、僕がまた同じミスをすると、ペアは「早く下がって前で打て」と言います。しかし僕は心の中で「練習していないから」の一点張り。表向きは「そうだよね」とか言いながら、心の中では「打てないわけじゃない、練習してないだけなんだ」と自分に言い聞かせます。

この過去の僕の例こそ、素直に耳を傾けられていない良い例です。

ペアから見たら僕が練習をしているとかしていないとかそんなことはどうでも良くて、ただ「ペアが打点に入るのが遅れてスマッシュをふかしているから指摘した」だけなのです。ペアは、「今ここで」僕がスマッシュをふかして(アウトして)いるという事実を指摘しているだけ。

しかし、シンプルに今スマッシュをミスっているという事実に向き合おうとしなかったから、僕は今までスマッシュが上達しなかったのです。

主観的な言い訳を考える前に、客観的な事実を認めて改めていくことがテニスではマジで大切です。言い訳は不要です。今ミスっているのは事実なのだから。

反発せずに素直に聞く耳を持とう

しかし、自分の間違いを指摘されると誰でも多少反発してしまうものです。僕も何か言われるたびに、そんなことない、そんなつもりはないと思ってしまうクセがあります。

しかし、他の人からしたら目の前に見えている現実を指摘しているだけで、いくら「そんなことはない」と主張したところで説得力もありませんし、なんの意味もありません。

また、アドバイスをしてくれた人があなたよりテニスがうまいかどうかも全く関係ありません。目の前の事実を指摘するのに相手よりテニスがうまい必要はないからです。

よほど信頼できない人でない限り、そういったアドバイスは素直に聞いておいたほうが自分のためになる場合が多いです。少なくとも僕よりは他の人のほうが僕のことを客観的に見ることができるからです。

これは、テニスの上達だけでなく、何事の上達のためにも大切なことです。

アドバイスを素直に聞けないのはもったいない

わざわざこんな記事を書くのは、自分がアドバイスを素直に聞けない人間だからというのもありますが、それと同じかそれ以上に、

アドバイスを聞けない人は勿体無い

と思うからです。こんな僕でもサークルでテニスを教えることがあるのですが、アドバイスをしても素直に聞ける人は本当に少ないのです。

僕が何か言っても、ただ一言「はい」というだけだったり、「わかった」と言って特にアドバイスを行動に移さなかったり。

アドバイスがその人に合うか合わないかは別として、一回言われたとおりにやってみればすぐ良くなるかもしれない。

なのになかなか素直にアドバイスが耳に入らない人がとても多くて、勿体無いなと思うわけです。

これは決して、素直にアドバイスを聞けないその人たちが悪いと言いたいわけではありません。

僕だって他の人になにかアドバイスをされて、それが的はずれだと感じると反発してしまいます。ですが、的外れと感じても一応アドバイスの通りやってみるようにはしていますし、あまりに的外れだと思ったらどういうところがなぜ的外れなのかをアドバイスしてくれた人に伝えて、議論を尽くすようにはしています。

そうして議論した後、それでもアドバイスをしてくる場合にはそれなりの理由があるのだと判断して実行に移すようにしていますし、その結果僕のテニスが改善されることもしばしばあります。

だから、アドバイスを実行に移さない人や、アドバイスの意味を自分なりに理解しようとせずにスルーしてしまう人が、すごくもったいないと感じてしまいます。

反発しながらでも実行してみればうまくなれるかもしれないのに。

みんながアドバイスを聞くようになればもっとみんな上手くなれるかもしれないのに。

常々そう思っています。(自分も含め)

まとめ

Free-Photos / Pixabay
  • テニスをうまくなりたかったら他人のアドバイスに真剣に耳を傾けよう
  • 多少反発してしまっても、その後しっかりとアドバイスを受け入れ、行動を改めればOK。
  • 何も考えずにアドバイスをスルーしてしまうのはもったいない

自分は想像以上に自分のことが見えていないという事実に一刻も早く気づき、他人の指摘を素直に受け入れ、同じミスを二度と繰り返さないように積極的に行動していきましょう!

そうすればあなたのテニスは毎日成長していくこと間違いありません!

それでは!

-テニス, テニス上達, メンタル

テニス テニス上達 メンタル

2020/5/9

テニスが上手くならない人が無駄な努力を避けて強くなる方法【誰でも可】

テニスがなかなか上手くならない、という悩みを抱えている人は多いと思います。 しかし、僕はテニスで強くなる方法をある程度自分の中で確立しています。 それは、 勝つことを目標に試合をする 相手に「何が嫌だったか」を必ず聞く 試合の動画を撮影して振り返る 基本的にこの3つだけです。しかし、この3つを全てやっている人は僕の周りにほとんどいません。   なのでこの記事では、この方法をつかって 無駄な努力を避け、効率的にテニスを上達させる方法 をお教えしたいと思います。 ※ちなみにこの記事では「上手くなる方 ...

続きを読む

テニス テニス上達 メンタル

2020/5/9

【テニス】上手いと強いは違う!試合に「強い」人に共通する3つの考え方

テニスにおいて、「上手い人」=「強い人」ではありません。 ここを区別して考えている人は意外にも少ないですが、試合で勝ちたいなら「強い人」を目指すべきです。 というか、「上手い人」は簡単にはなれませんが、強い人には考え方次第でなることができます! では、「強い人」になるためにはどうしたら良いのか、強い人の特徴を書いていきたいと思います。 目次 「上手い人」と「強い人」の違い 上手い選手は「かっこいい」 強い人は「泥臭い」 なぜ「強い人」を目指すべきなのか? 「強い人」に共通する3つの考え方 簡単にミスをしな ...

続きを読む

テニス テニス上達 メンタル

2020/5/9

【テニス】自分より下手と思う相手の実力は、たぶんあなたと同じくらいです

テニスをしていて 「この人、自分より下手かな」 「あ、私と同じくらいじゃん」 って思ったことはありませんか? その認識、もしかしたら改めたほうが良いかもしれません。 この認識を変えることが、あなたの試合でのメンタル強化に繋がるかもしれないのですから。 目次 自分より下手に見える人は多分あなたと同じくらい 例えば、youtubeのコメント欄 例えばこのチャンネルでは… 自分のプレー、動画で撮ったことがありますか 比較対象が現実の相手でも同じ なぜこんな考え方が必要なのか まとめ 自分より下手に見える人は多分 ...

続きを読む

テニス テニス上達 メンタル

2020/5/9

【テニス】強風対策!イヤな風を味方につける具体的な方法

僕は、テニスを始めたことによってあるものをキライになりました。それは何か。 風 です。特に北風が大嫌い。 風が吹くと、テニスしに出かける時点で気持ちが萎えてテニスをやりたくなくなるほど。 しかし、冬から春にかけては風が強いことが多いのが現実です。冬だろうと春だろうと試合はありますから、風を言い訳にしているわけにはいきません。 そこでこの記事では、風が強い日のテニスでも風を言い訳にせずにうまくプレーするためのコツをお伝えしたいと思います。 僕は今でも、強い北風がふいている日のテニスは大をいくつつけても足りな ...

続きを読む

テニス テニス上達 メンタル

2020/5/9

テニスが上手くなるってことは「出来るようになった!」「あれ?また出来なくなった…」の繰り返し

テニスがなかなか上手くならないことに悩んでいませんか? しかし、テニスが上手くなるのは簡単なことではありませんよね。うまくなったかと思えば、また下手になる自分を責めたくなることもあるでしょう。 テニスが上手くなることは下手にならなきゃいけないのです。   目次 下手だと思える人は上手くなれる 変えると一時的に弱くなる 変えて弱くなってもめげずにやってみるのが大事 その変化は何かを失ってもチャレンジする価値があるか テニスの改善は下手→上手くなるの繰り返し まとめ 下手だと思える人は上手くなれる ...

続きを読む

テニス テニス上達 メンタル

2020/5/9

【テニス】試合で苦手なショットをミスるのは全て「力み」が原因

テニスの試合で苦手なショットを自信を持って打てずミスってしまって、結局逃げのショットを打ってしまうこと、ありませんか? この記事を読んでいるあなたは、きっと試合で勝ちたい、勝たなきゃいけないという思いがありますよね。でも、バックバンドが打てないとか、何かしら苦手なショットがあると思います。 苦手なショットを試合でしっかりと打ち切るというのはとても難しいことで、試合や団体戦など緊張感のある試合ではなおさらです。 では、苦手なショットを試合で使えるレベルまでに引き上げるにはどうすればよいのでしょうか。 目次僕 ...

続きを読む

テニス テニス上達 メンタル

2020/5/9

【テニス】うまくなりたければ言い訳をせず他人のアドバイスに素直に耳を傾けるのが大事

この記事では、テニス上達のためにとても大切な考え方である、「自分のミスを現実として受け入れること」について話していきたいと思います。 目次テニスはミスのスポーツ他人の言葉に素直に耳を傾けるなぜ他人の意見を素直に聞き入れることが大切なのか自分にとっては惜しいミスでも周りから見れば「またやった」かも反発せずに素直に聞く耳を持とうアドバイスを素直に聞けないのはもったいないまとめ テニスはミスのスポーツ nike159 / Pixabay テニスでうまくなるためには、まず練習をしなければなりません。しかしそんなこ ...

続きを読む

テニス テニス上達 メンタル

2020/5/9

【テニス】試合で緊張して打てない・メンタルが弱く勝てない人が実力を出す方法

試合になると緊張してしまって普段通りのプレーができない… こんなふうに悩んでいませんか? しかし、その緊張はたった一つの意識の変化で誰でも消すことができます。 今日はテニスの試合における緊張や萎縮を消し去る方法を知ったので、皆さんにもお伝えしたいと思います! 目次試合で実力を発揮する方法僕はいつも緊張していた緊張しない方法を探した180度変わった僕のメンタル悪いのはプレー中に余計なことを考えること一球一球に集中できれば、後悔しなくなる集中したって「どうしても緊張してしまう」という人へ緊張することは悪いこと ...

続きを読む

テニス テニス上達 メンタル

2020/5/9

【テニス】ナイターでボールが見えない問題を解決する方法3つ考えたので教える

僕はナイターの照明下でテニスをやることが多いです。ナイターだと夜でもテニスをやることができて、便利ですよね。 しかし、ナイターでのテニスにはひとつ大きな問題があります。 ボールが本当に見えないのです。 ボールが見えないと言っても、完全に何もかも見えなくなるわけではありません。もちろん、ボール自体は見えています。ですがボールが飛んでくる間に、ボールが消える時間があるということです。 イメージはボールが打たれて、あれ来ないなと思っていたら気づいたらこっちまでボールが来ているという感じです。普段なら楽に取れるボ ...

続きを読む

関連記事

ストリング テニス

【激安1張り608円】プロハリケーンツアーの200mロールを実質10947円で買う方法

皆さん、テニスのガット張替えに毎回いくらくらいかけていますか?   ガット代が高い…どうにかして安くしたい!と考えている場合は、この記事を参考にすることでかなりガットを安く買うことができるか ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】フォアハンドの基本を初心者向けに徹底解説|軸足が大事

テニスのフォアハンドの基本ってなに? どう練習すればいいの? と悩んでいる初心者の人は多いのではないでしょうか? この記事では、そんな初心者に向けてフォアハンドの基本を解説していきたいと思います。この ...

テニス テニス上達 リターン

【テニス】僕が半年悩んだダブルスでのリターンの苦手意識を克服した方法と体験談

ダブルスのリターンが苦手、前衛にリターンをかけてしまうと悩んでいませんか? 僕はリターンが得意ですが、一時期はダブルスのリターンにかなり苦手意識を持っていたので、その気持ちがよくわかります。 しかしあ ...

テニス テニス用具

【テニスウエア】寒い冬のテニスの試合でのオススメの服装

寒い時期のテニスはアップ後でも半袖はちょっと寒いから、ちょうど良い服装ってないのかな? こんなふうに思いませんか? これからの寒い時期ウォーミングアップが済んでもさすがに半袖でテニスをするのは寒いです ...

ダブルス テニス テニス上達

【テニス】ダブルスの並行陣で勝てない選手の特徴を3つあげてみた

テニスのダブルスで平行陣を練習したい! 雁行陣より平行陣のほうが強いしカッコいい こんなふうに思っていませんか? しかし、その考え方は間違っている可能性があります。プレースタイルによっては、必ずしも平 ...

テニス テニス上達 ボレー

【テニス】バックボレーで力が入らない人が簡単にパワーを出すための3つコツ

フォアボレーなら力が入るのに、バックボレーだと力が入らない… と悩んでいませんか? この記事を読んでいるあなたは、バックボレーをどうにかしたいと思っていることと思います。 僕も2ヶ月くらい前までバック ...

ストリング テニス

【テニス ガット張り】ストリンガーに良い仕事をさせる頼み方のコツ5つ

ストリンガー選びに苦心したことはあっても、今のストリンガーに良い仕事をさせることは考えたことがない人大半かと思います。 この記事では、実際に300本以上ガットを張ってきた僕が、「いつものストリンガーに ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】高く跳ねるキックサーブの打ち方5つのコツ

スピンサーブが全然キックしない… どうすれば良いんだろう? と悩んでいる方、多いのではないでしょうか。 しかし、サーブが大の苦手だった僕でも(ある程度)キックサーブを打てるようになり キックサーブは練 ...

テニス テニス上達 ボレー

【テニス】ダブルスでポーチをバンバン決める前衛になる10のコツ

ダブルスでポーチが決まらないいい とお悩みのあなたに、ダブルスのポーチのコツをお伝えしたいと思います! 前衛としてポーチに出る場面は大きく分けて2つ。 味方のサーブのときのリターンポーチ味方がストロー ...

テニス テニス上達 メンタル

テニスが上手くならない人が無駄な努力を避けて強くなる方法【誰でも可】

テニスがなかなか上手くならない、という悩みを抱えている人は多いと思います。 しかし、僕はテニスで強くなる方法をある程度自分の中で確立しています。 それは、 勝つことを目標に試合をする 相手に「何が嫌だ ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2020 Torulog