サーブ

【テニス】実践で理解!サーブでコンチネンタルグリップが大切な理由

2017-09-15

みなさん、サーブを打つときしっかりと薄い握りで打つことができていますか?

一般的にサーブの握りは薄いほうが良いとされています。

しかし、僕の周りにもいわゆる厚い握り(ウエスタングリップ)で羽子板のようにサーブを打つ人は多いです。ボリス・ベッカーのように厚い握りでサーブを打つプロ選手もいますが、少数派です。

僕もテニスを始めてから1年半くらいは非常に厚い握りでサーブを打っていましたが、周囲にこのままではダメだと指摘され、徐々に握りを変えていきました。厚い握りに慣れてしまっていて、薄い握りのほうが良いとアドバイスされても素直に受け止めることができませんでした。薄い握りでサーブを安定して打ち続けられる自信がなかったためです。

そのため、周囲に指摘されても厚い握りをすぐに薄い握りにはせず、薄い握りと言っても通常使われるサーブのグリップよりはだいぶ厚い握りで打っていました。

しかし、テニスを始めてから4年半経った今、ようやくサーブにおいて薄い握りがどれほど重要なのかということがわかりました。

今回は、サーブの時にウエスタン、もしくは厚めのコンチを使っている方に向けて、サーブにおける薄い握りの重要性を伝えていこうと思います。

結論:サーブはなぜコンチネンタルグリップが重要なのか

まず結論を書きます。サーブに薄い握りが必要な理由は

手首の回内(プロネーション)動作が使えるから

これにつきます。

プロネーションがしっかり使えるかどうかは、あなたが思っている以上にサーブのレベルにかなりの差を生みます

テニス雑誌やテニス技術を解説するサイトではよく見られる言葉ですが、プロネーションとは回内と呼ばれる動作のことです。対義語として回外(スピネーション)動作がありますが、これはまたおいおい。

プロネーションとは

前腕

まず、前腕(肘から先)のプロネーションについての解説です。

腕をまっすぐ横に伸ばしてください。そして、肘を90度に曲げて手のひらを体側に向けます。そのまま手のひらが正面を向いてから体の外側に向くように回転させます。

この動きが前腕のプロネーションです。

次は上腕のプロネーションです。

上腕

先ほどと同様、腕をまっすぐ横に伸ばしてください。そして、肘を90°に曲げ、手のひらを今度は真正面に向けてください。その状態で手のひらが真下に向かって倒れる方向に動かしてください。すると、手の動きに伴い上腕が軸となって回転すると思います。

この、手のひらが倒れるときの上腕の動きが上腕の回内運動です。

テニスのサーブにおけるプロネーションはこの

  • 上腕の回内運動
  • 手首の回内運動

の2つが同時に合わさることで実現しています。

同時に合わさるということはつまり、前腕が内から外に回転しながら、さらに前後に倒れる動きをするということです。

プロネーションとウエスタングリップ

それではこのプロネーションの動きを厚い握りで実践してみましょう。

実際にウエスタングリップで先程の動きを再現してみてください。

  • 腕を横に伸ばし
  • 肘を90°に立て
  • 前腕と上腕を回す

のです。すると厚いグリップの場合、プロネーションの途中で面が斜め上に向いてしまいます。これではサーブは吹っ飛んでいってしまい、コントロールすることは難しくなります。

プロネーションとコンチネンタルグリップ

では同じ動きをコンチネンタルグリップでやってみましょう。

すると今度は、回内動作の途中でラケット面は若干下を向くはずです。

これならばサーブをコントロールすることができそうですね。

このように、ウエスタングリップでプロネーションをしようとするとラケット面が大きく開いてしまうのに対して、コンチネンタルグリップの場合は面を閉じたままプロネーションをすることができるのです!

これがサーブのときにコンチネンタルが重要だと言われる決定的な理由なのです。

まとめ

サーブでコンチネンタルグリップが重要な理由は

  • プロネーションは前腕と上腕のの回内動作であり
  • 厚い握りではプロネーション時に面が上を向いてしまう
  • ウェスタングリップではプロネーションが使えない

からでした!

このプロネーションの動きができれば、スピンサーブやフラットサーブの威力も段違いに上がってきます。相手を押し込む力があなたのサーブにつきます。

supinsa-bu 

今は厚い握りでサーブを打っている方も、サーブのレベルアップのために薄い握りに変えてみませんか?

意外と少しの練習で慣れてくるものなので、試してみる価値は十分にあると思います!

それではまた!

-サーブ

サーブ

2020/5/9

テニスのサーブにおける左手(非利き腕)の重要性を感じた話

テニスのサーブで左手(利き手じゃない方の肩から手にかけて。以下便宜的に左腕と書きます)、意識してますか? 僕は以前まで全然意識してませんでした。意識しなきゃとは思っていたものの、あまり徹底的に修正しようと思うことがありませんでした。 しかし、最近サーブのフォームを矯正していく中で 左手ってめちゃくちゃ大事じゃね?? と思うようになってきたので、この記事では僕が感じたその「左手の重要性」について書いていきたいと思います。 クリックでジャンプ 左手が大事な理由 左半身を上げて反動をつける 体の開きを抑える 左 ...

続きを読む

サーブ

2020/5/9

【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話

僕は手にマメができてサーブが良い方向に激変しました。 まさに怪我の功名と言わんばかりに凄まじい変化だったのでここに書き留めておきたいと思います。 具体的にこれをどう活かせるかといった技術的な話は別の記事で解説することとして、今回は純粋にその経緯について書いていきたいと思います。 「お前の話なんてどーでもいいからどうやったらサーブが上手くなんのか教えろや!」という方はそちらの記事を読んでいただければと思います。 クリックでジャンプ 久しぶりのテニスでできたマメ 痛いから小指側だけで打たざるをえなかった 小指 ...

続きを読む

サーブ

2020/12/8

【テニス】すぐに実践できる楽しいサーブ練習方法を5つ紹介するぜ

サーブがうまくなりたいけど、どういう練習をしたらいいんだろう? とサーブの練習方法を探しているあなたへ朗報です。 この記事では、僕が実際にサーブの練習としてやっているメニューの中で効果がある、もしくは比較的楽しいものを紹介します。 サーブに限らずですが、楽しくないと練習も長続きしないしなかなか上達しません。まずは楽しんでできる練習をどんどん取り入れて、サーブを好きになっていきましょう。 ちなみに僕はずっとサーブの練習は嫌いでした笑 ※怪我防止のため、いきなりメニューに移らずしっかりと準備体操を行ってからや ...

続きを読む

サーブ

2020/5/9

【テニス】初心者がサーブをマスターするための基本的な5つのコツ

テニスのサーブの基本ってなんだろう? こんな疑問を持っている初心者の方に向けて、テニスのサーブで意識するべき5つの基本について解説したいと思います。 ここに書いてあることをいっぺんにやるのではなく、一つずつ意識しながら練習してもらえればサーブの基本をマスターすることができるでしょう。 クリックでジャンプサーブは練習すれば打てるようになる初心者が意識するべきサーブのコツ(基本編)正しいグリップを理解するウエスタングリップ(羽子板サーブの握り)はダメ正しい握りはコンチネンタル正しいトスの上げ方をマスターする右 ...

続きを読む

サーブ

2020/5/9

【テニス】ダブルスでサーブが弱い人がキープの確率を上げる3つの方法

ダブルスで自分のサーブゲームがキープできないことに悩んでいませんか? ダブルスでは前衛がいるぶん、シングルスに比べてよりサービス側が有利です。相手のサーブが強いとブレイクはかなり難しいため、基本的には自分のサービスゲームをキープしないと勝てません。 だけど、なかなかキープができない、ブレイクされてしまうという悩みはよくわかります。なぜなら、僕も以前は自分のキープもしっかりできないままずっと試合をしていたからです。 しかし、サービスの強化とともにサーブゲームの意識を変えたことで、サーブゲームのキープ率が30 ...

続きを読む

サーブ

2020/5/9

【テニス】サーブに縦回転をかけられない人はテニスの楽しさを半分もわかっていない!

テニスのサーブに苦労していませんか? サーブはテニス初心者が一番苦労する技術ではないでしょうか。僕もサーブが苦手だったので気持ちがすごくよくわかります。 しかし、テニスはサーブが入るようになるとめちゃくちゃ楽しくなります。過去の自分を振り返って、今まであんな入るかわからないようなヒョロヒョロサーブでよくもまあ楽しめてたもんだ…と思うほど。 サーブが入るようになってからは、サーブは得意科目です。サーブを打つのが楽しい。 本記事では、サーブを大の苦手としていた僕が、サーブを得意にするメリットを紹介していきたい ...

続きを読む

サーブ

2020/5/9

【テニス】スピン系サーブで威力を出すための正しい打点の位置

スピンサーブ打てねえ、力が入らない。 そんな風に思っている方、いるんじゃないでしょうか。 今日はスピンサーブがヒョロヒョロになってしまう、パワーが出ないといった悩みを抱えている方に、パワーのあるスピンサーブを打つコツをお伝えしたいと思います! クリックでジャンプスピンサーブでパワーを出すコツサーブとピッチングは肩の使い方が似ている速くスイングする練習をするサーブの球種=回転の強さ×回転の向き×速さサーブのスイングスピードを上げるには遠投で動く肩をつくるプロネーションを使ってサーブを叩きつけるサービスボック ...

続きを読む

サーブ

2020/5/9

【テニス】セカンドサーブを安定させ確実に入れる3つのコツと方法

セカンドサーブが安定しない! そんな悩みを抱えている人は多いと思います。 この記事ではセカンドサーブを安定させるためのコツを書きたいと思います。 ※この記事で書いてあることは、サーブの基本について書いた記事の内容をセカンドサーブに応用したものです。 まだ読んでいない人は先に目を通しておくことをオススメします。 関連記事 【テニス】初心者がサーブをマスターするための基本的な5つのコツ クリックでジャンプセカンドサーブは難しいが練習すれば上達するセカンドサーブを安定させるために絶対必要な、ある「考え方」サーブ ...

続きを読む

サーブ

2020/5/9

【テニス】サーブのトスアップを無回転で安定させる5つのコツ&練習方法

サーブにスピードが出ない、力強さがないと悩んでいませんか? その原因はトスかもしれません。 この記事では、テニスのサーブの8割を決めると言われることもある、サーブのトスアップのコツをお伝えします! クリックでジャンプトスが悪いと物理的にサーブの威力を出しようがないトスの位置がよければ少ない力で楽に打てるトスアップの4つのコツグラスを持つように持ち無回転のトスを上げる腕を脱力しつつ肩から動かす目線の高さでトスを上げるトスを前に上げるトスは肩が無理なく動く範囲に上げるトスを練習する方法まとめ トスが悪いと物理 ...

続きを読む

サーブ

2020/5/14

【テニス】超サーブ苦手な俺のスピンサーブが初めてキックした時の話

こんにちは。 この記事では5年間サーブに苦しみ続けた僕のスピンサーブが初めてキックした話をしたいと思います。 サーブが苦手な人、スピンをかけようとしてもただのチャンスボールになってしまうと悩んでいる人に希望を届けることができたらいいなあ、と思ってます。 ほんとにサーブ苦手だったなあ… クリックでジャンプ僕は本当にサーブが苦手だった僕が苦しんだ2つの課題サーブの威力が出ないセカンドサーブが入らなかった根本的なサーブ改善に挑戦するも…そしてスピンサーブが跳ねたスピンサーブをキックさせるコツ苦手でも諦めるのは勿 ...

続きを読む

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋