サーブ テニス テニス上達

【テニス】サーブに縦回転をかけられない人はテニスの楽しさを半分もわかっていない!

2018-06-19

テニスのサーブに苦労していませんか?

サーブはテニス初心者が一番苦労する技術ではないでしょうか。僕もサーブが苦手だったので気持ちがすごくよくわかります。

しかし、テニスはサーブが入るようになるとめちゃくちゃ楽しくなります。過去の自分を振り返って、今まであんな入るかわからないようなヒョロヒョロサーブでよくもまあ楽しめてたもんだ…と思うほど。

サーブが入るようになってからは、サーブは得意科目です。サーブを打つのが楽しい。

本記事では、サーブを大の苦手としていた僕が、サーブを得意にするメリットを紹介していきたいと思います。

サーブが入るかどうかでビクビクしていませんか?

サーブが入らないんじゃないか、ダブルフォルトしてしまうんじゃないか。そう思って、ビクビクしながらサーブを打っていませんか?

しかし、それでは楽しくありませんよね。

サーブはテニスの中で唯一自分の好きなところにボールを出して打てるショットです。それなのにサーブを打つときに気持ちが後ろ向きではもったいない。

サーブは本来楽しいものです。サーブをコントロールできればポイントを取るのも簡単ですし、ラリーに入っても優位があるうちは楽に展開できます。自分に有利なはずのショットなのです。

どうすれば攻撃的にサーブを打てるのか

ではどうすれば、後ろ向きではなく攻撃的な気持ちでサーブを打つことができるのでしょうか。答えは簡単です。

サーブにスピンをかける技術を習得すること

これに尽きます。

サーブが入らない人に共通しているのはこのスピン量だけです。

例えば、あなたの周りにウエスタングリップでサーブを打っている人はいませんか?

ストロークと同じようなウエスタングリップでも速いサーブを打つことはできます。うまくやれば相手を押し込むこともできるでしょう。しかし、ウエスタングリップの羽子板的サーブには致命的な弱点があります。それはサーブに順回転がかからないこと。

ウエスタングリップでサーブを打つと、ボールを斜め後方からはたき落とすようなスイングになりがちです。しかし、このスイングでは逆回転がかかることはあっても、順回転は絶対にかかりません。

なぜそれほど順回転が大事なのか

サーブは落とすことが要求される

なぜサーブでこれほど順回転が大事なのか。ネットとサービスボックスの長さをストロークと比べて考えればわかります。

ストロークを確率良く打つのに順回転が大切なことは知っていると思います。ネットがある以上それを越える高さに向かって打ち出さなくてはならないし、アウトがある以上ベースラインよりは短く打たなければなりません。

なので、下から上の軌道と急降下を同時に実現できる順回転は非常に都合がいいわけです。

順回転のかかっていないストロークや逆回転のスライスは、威力を抑えなければ入りませんよね?

しかし、順回転がかかったストロークは強く打ってもその分回転も強くなるためコートに収まります。

これと同じで、サーブはネット-ベースラインまでの約半分しかない長さのサービスボックスに確率よく収めなければなりません。ここで、ストローク以上に順回転が大事なことはサルでもわかるでしょう。

サーブはコースと確率がモノを言う

さらに順回転が大事なもう一つの理由は、サーブが確率とコースが大切なショットだからです。

いくら威力のある必殺サーブが打てても、それが10回中2回や3回しか入らないのでは試合では使えません。2回その必殺サーブが入る間にあまりにもサーブが入らず、すっかり自信をなくしてダフォってゲームを落とすのがオチです。

また、仮に200km/hのサーブが打てたとしてもそれが相手のフォアのちょうどいい打点にいったら返されてしまうのがサーブです。

サーブはある程度の確率とコースがあって初めて生かすことができるのです。

コースと確率さえあれば試合をコントロールすることは十分可能ですが、威力だけあっても試合をコントロールすることはできません。

打ち方を根本的に見直してみよう

入るサーブを打てるようには、サーブの打ち方を根本的に見直す必要があります。具体的にはラケットを下から上に入れるスイングを身につけるだけの簡単なお仕事なのですが、これには僕もたいそう苦労しました。

  • 薄い握りで握り手首のプロネーションを使って
  • 斜め上に向かって飛び上がるように
  • 腕の力を抜いて

打つことで、サーブに回転をかけることができます。

これをマスターできると、ファーストサーブもセカンドサーブも若干の順回転がかかるようになり、格段に確率が良くなります。

単に力づくで重力で落とすフラットなサーブから卒業することができます。

セカンドサーブを練習するべし

あとは、理解できたらこれをサーブ練習に生かしていくだけです。

力まず、入れにいこうとせず、力の抜けた状態からのスイングでセカンドサーブが安定して打てるようになるまで練習しましょう。ここで一番大事なことは、脱力して力加減をせずに振り切ることです。

入れにいこうとするあまり、動きが縮こまってしまったり打点が下がってしまっては試合で緊張した場面で攻撃的に打つことができないので意味がありません。

セカンドサーブは、フェデラーをして「一番練習した」と言わしめるほど重要なショット。セカンドサーブで相手を攻撃できるくらいの力が付けば、ファーストサーブもより攻撃的に打てるようになり、試合が一気に楽しくなります!

試合で勝てることはもちろん、サーブを打てるようになるとテニス全体に自信がつきます。

僕はずっとサーブが下手なことに劣等感を感じていましたが、これができるようになってからはそれがすっかりなくなりました。

サーブ、リターン、ストローク、ボレー、スマッシュなどすべてのショットがある程度サマになってきたことで、テニスをするのが今まで以上に好きになりました。

僕のように、本物のサーブ弱者でもサーブでゲームを作れるようになったのだから、もしあなたがサーブを苦手と感じていたとしても、それは練習で克服できる可能性が高いです。

とにかく練習して克服してやりましょう!!それではっ!

-サーブ, テニス, テニス上達

サーブ テニス テニス上達

2020/5/9

テニスのサーブにおける左手(非利き腕)の重要性を感じた話

テニスのサーブで左手(利き手じゃない方の肩から手にかけて。以下便宜的に左腕と書きます)、意識してますか? 僕は以前まで全然意識してませんでした。意識しなきゃとは思っていたものの、あまり徹底的に修正しようと思うことがありませんでした。 しかし、最近サーブのフォームを矯正していく中で 左手ってめちゃくちゃ大事じゃね?? と思うようになってきたので、この記事では僕が感じたその「左手の重要性」について書いていきたいと思います。 目次 左手が大事な理由 左半身を上げて反動をつける 体の開きを抑える 左手の使い方の改 ...

続きを読む

サーブ テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】小指側で握ったらサーブの威力と確率が激変した話

僕は手にマメができてサーブが良い方向に激変しました。 まさに怪我の功名と言わんばかりに凄まじい変化だったのでここに書き留めておきたいと思います。 具体的にこれをどう活かせるかといった技術的な話は別の記事で解説することとして、今回は純粋にその経緯について書いていきたいと思います。 「お前の話なんてどーでもいいからどうやったらサーブが上手くなんのか教えろや!」という方はそちらの記事を読んでいただければと思います。 目次 久しぶりのテニスでできたマメ 痛いから小指側だけで打たざるをえなかった 小指側サーブで起き ...

続きを読む

サーブ テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】すぐに実践できる楽しいサーブ練習方法を5つ紹介するぜ

サーブが上手くなりたいけど、どういう練習が良いんだろう? とサーブの練習方法を探しているあなたへ朗報です。 この記事では、僕が実際にサーブの練習としてやっているメニューの中で効果がある、もしくは比較的楽しいものを紹介します。 サーブに限らずですが、楽しくないと練習も長続きしないしなかなか上達しません。まずは楽しんでできる練習をどんどん取り入れて、サーブを好きになっていきましょう。 おれ 僕はサーブの練習はずっと嫌いでした(笑) ※怪我防止のため、いきなりメニューに移らずしっかりと準備体操を行ってからやって ...

続きを読む

サーブ テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】初心者がサーブをマスターするための基本的な5つのコツ

テニスのサーブの基本ってなんだろう? こんな疑問を持っている初心者の方に向けて、テニスのサーブで意識するべき5つの基本について解説したいと思います。 ここに書いてあることをいっぺんにやるのではなく、一つずつ意識しながら練習してもらえればサーブの基本をマスターすることができるでしょう。 目次サーブは練習すれば打てるようになる初心者が意識するべきサーブのコツ(基本編)正しいグリップを理解するウエスタングリップ(羽子板サーブの握り)はダメ正しい握りはコンチネンタル正しいトスの上げ方をマスターする右肘を高く(90 ...

続きを読む

サーブ テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】ダブルスでサーブが弱い人がキープの確率を上げる3つの方法

ダブルスで自分のサーブゲームがキープできないことに悩んでいませんか? ダブルスでは前衛がいるぶん、シングルスに比べてよりサービス側が有利です。相手のサーブが強いとブレイクはかなり難しいため、基本的には自分のサービスゲームをキープしないと勝てません。 だけど、なかなかキープができない、ブレイクされてしまうという悩みはよくわかります。なぜなら、僕も以前は自分のキープもしっかりできないままずっと試合をしていたからです。 しかし、サービスの強化とともにサーブゲームの意識を変えたことで、サーブゲームのキープ率が30 ...

続きを読む

サーブ テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】サーブに縦回転をかけられない人はテニスの楽しさを半分もわかっていない!

テニスのサーブに苦労していませんか? サーブはテニス初心者が一番苦労する技術ではないでしょうか。僕もサーブが苦手だったので気持ちがすごくよくわかります。 しかし、テニスはサーブが入るようになるとめちゃくちゃ楽しくなります。過去の自分を振り返って、今まであんな入るかわからないようなヒョロヒョロサーブでよくもまあ楽しめてたもんだ…と思うほど。 サーブが入るようになってからは、サーブは得意科目です。サーブを打つのが楽しい。 本記事では、サーブを大の苦手としていた僕が、サーブを得意にするメリットを紹介していきたい ...

続きを読む

サーブ テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】スピン系サーブで威力を出すための正しい打点の位置

スピンサーブ打てねえ、力が入らない。 そんな風に思っている方、いるんじゃないでしょうか。 今日はスピンサーブがヒョロヒョロになってしまう、パワーが出ないといった悩みを抱えている方に、パワーのあるスピンサーブを打つコツをお伝えしたいと思います! 目次スピンサーブでパワーを出すコツサーブとピッチングは肩の使い方が似ている速くスイングする練習をするサーブの球種=回転の強さ×回転の向き×速さサーブのスイングスピードを上げるには遠投で動く肩をつくるプロネーションを使ってサーブを叩きつけるサービスボックス内に速い球を ...

続きを読む

サーブ テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】セカンドサーブを安定させ確実に入れる3つのコツと方法

セカンドサーブが安定しない! そんな悩みを抱えている人は多いと思います。 この記事ではセカンドサーブを安定させるためのコツを書きたいと思います。 ※この記事で書いてあることは、サーブの基本について書いた記事の内容をセカンドサーブに応用したものです。 まだ読んでいない人は先に目を通しておくことをオススメします。 関連記事 【テニス】初心者がサーブをマスターするための基本的な5つのコツ 目次セカンドサーブは難しいが練習すれば上達するセカンドサーブを安定させるために絶対必要な、ある「考え方」サーブの安定はスピン ...

続きを読む

サーブ テニス テニス上達

2020/5/9

【テニス】サーブのトスアップを無回転で安定させる5つのコツ&練習方法

サーブにスピードが出ない、力強さがないと悩んでいませんか? その原因はトスかもしれません。 この記事では、テニスのサーブの8割を決めると言われることもある、サーブのトスアップのコツをお伝えします! 目次トスが悪いと物理的にサーブの威力を出しようがないトスの位置がよければ少ない力で楽に打てるトスアップの4つのコツグラスを持つように持ち無回転のトスを上げる腕を脱力しつつ肩から動かす目線の高さでトスを上げるトスを前に上げるトスは肩が無理なく動く範囲に上げるトスを練習する方法まとめ トスが悪いと物理的にサーブの威 ...

続きを読む

サーブ テニス テニス上達

2020/5/14

【テニス】超サーブ苦手な俺のスピンサーブが初めてキックした時の話

こんにちは。 この記事では5年間サーブに苦しみ続けた僕のスピンサーブが初めてキックした話をしたいと思います。 サーブが苦手な人、スピンをかけようとしてもただのチャンスボールになってしまうと悩んでいる人に希望を届けることができたらいいなあ、と思ってます。 ほんとにサーブ苦手だったなあ… 目次僕は本当にサーブが苦手だった僕が苦しんだ2つの課題サーブの威力が出ないセカンドサーブが入らなかった根本的なサーブ改善に挑戦するも…そしてスピンサーブが跳ねたスピンサーブをキックさせるコツ苦手でも諦めるのは勿体無い 僕は本 ...

続きを読む

関連記事

テニス テニス上達 メンタル

【テニス】うまくなりたければ言い訳をせず他人のアドバイスに素直に耳を傾けるのが大事

この記事では、テニス上達のためにとても大切な考え方である、「自分のミスを現実として受け入れること」について話していきたいと思います。 目次テニスはミスのスポーツ他人の言葉に素直に耳を傾けるなぜ他人の意 ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】フォームが汚いと悩む必要はない4つの理由

自分のストロークやサーブのフォームが汚い… と悩んでいませんか? 僕も以前は自分のフォームが汚いことに悩んでいました。試合では勝てるんだけど、毎回ボールに合わせてなんとか返すだけで、プロみたいにいつも ...

テニス

僕が大人の趣味としてテニスをおすすめしたい5つの理由

社会人でも新しくできる趣味はないかな? そう思っているあなたに僕がおすすめしたいのがテニスです。 この記事では高校から5年間テニスを続けているテニスバカの僕が、テニスを大人の趣味としておすすめする5つ ...

サーブ テニス テニス上達

【テニス】超サーブ苦手な俺のスピンサーブが初めてキックした時の話

こんにちは。 この記事では5年間サーブに苦しみ続けた僕のスピンサーブが初めてキックした話をしたいと思います。 サーブが苦手な人、スピンをかけようとしてもただのチャンスボールになってしまうと悩んでいる人 ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】フォアハンドで左手の使い方が超大事な理由と練習方法2つ

フォアハンドでボールにうまく力が伝わらないし、なんか安定しないな… と悩んでいませんか? そうだとしたらその原因は左手の使い方にあるかもしれません。僕も以前はフォアハンドで左手をうまく使う方法を知らず ...

テニス テニス上達 メンタル

テニスが上手くなるってことは「出来るようになった!」「あれ?また出来なくなった…」の繰り返し

テニスがなかなか上手くならないことに悩んでいませんか? しかし、テニスが上手くなるのは簡単なことではありませんよね。うまくなったかと思えば、また下手になる自分を責めたくなることもあるでしょう。 テニス ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】今すぐできる一発逆転!シングルスでのスライスの使い方5つ!

こんにちは! 先日久しぶりにテニスのシングルスをしました。相手は球をバコバコ強く打ってくる相手でストロークの主導権を先に握られ苦しい展開になったのですが最終的には何とか勝ち切ることができました。 そこ ...

テニサー テニス

ほぼブラック企業なのでテニサーの幹部にはなるな

大学に入ってテニスサークルに入った!これからガッツリテニサーを楽しんでやる! そう思ってる大学新入生へ伝えたい。 テニサーの幹部にだけは絶対なるな!! テニサーの幹部ってのは、テニサーの運営をする役職 ...

ストリング テニス

【錦織圭使用】4G softを10回以上張った僕のレビューと感想を伝えるぜ

あなたはいつもどんなガットを使ってますか?? この記事では、以前は錦織圭選手も使っていたLuxron 4G softというガットのインプレッションを伝えたいと思います! 僕は過去にこのガットをいろんな ...

ストローク テニス テニス上達

【テニス】ダブルスのストロークで並行陣を崩す5つのコツ

ダブルスでなかなか平行陣に勝てない…そんな風に思っていませんか? シングルスでは速くて力強いストロークが打てるのにダブルスでは勝てない、そんな悩みを抱えているとしたら、その原因はダブルスのストロークを ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2020 Torulog