【テニス】サーブに縦回転をかけられない人はテニスの楽しさを半分もわかっていない!

スポンサーリンク

テニスのサーブに苦労していませんか?

サーブはテニス初心者が一番苦労する技術ではないでしょうか。僕もサーブが苦手だったので気持ちがすごくよくわかります。

しかし、テニスはサーブが入るようになるとめちゃくちゃ楽しくなります。過去の自分を振り返って、今まであんな入るかわからないようなヒョロヒョロサーブでよくもまあ楽しめてたもんだ…と思うほど。

 

サーブが入るようになってからは、サーブは得意科目です。サーブを打つのが楽しい。

 

本記事では、サーブを大の苦手としていた僕が、サーブを得意にするメリットを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

サーブが入るかどうかでビクビクしていませんか?

サーブが入らないんじゃないか、ダブルフォルトしてしまうんじゃないか。そう思って、ビクビクしながらサーブを打っていませんか?

しかし、それでは楽しくありませんよね。

 

サーブはテニスの中で唯一自分の好きなところにボールを出して打てるショットです。それなのにサーブを打つときに気持ちが後ろ向きではもったいない。

サーブは本来楽しいものです。サーブをコントロールできればポイントを取るのも簡単ですし、ラリーに入っても優位があるうちは楽に展開できます。自分に有利なはずのショットなのです。

 

どうすれば攻撃的にサーブを打てるのか

ではどうすれば、後ろ向きではなく攻撃的な気持ちでサーブを打つことができるのでしょうか。答えは簡単です。

 

サーブにスピンをかける技術を習得すること

 

これに尽きます。

サーブが入らない人に共通しているのはこのスピン量だけです。

 

例えば、あなたの周りにウエスタングリップでサーブを打っている人はいませんか?

ストロークと同じようなウエスタングリップでも速いサーブを打つことはできます。うまくやれば相手を押し込むこともできるでしょう。しかし、ウエスタングリップの羽子板的サーブには致命的な弱点があります。それはサーブに順回転がかからないこと。

 

ウエスタングリップでサーブを打つと、ボールを斜め後方からはたき落とすようなスイングになりがちです。しかし、このスイングでは逆回転がかかることはあっても、順回転は絶対にかかりません。

 

なぜそれほど順回転が大事なのか

 

サーブは落とすことが要求される

なぜサーブでこれほど順回転が大事なのか。ネットとサービスボックスの長さをストロークと比べて考えればわかります。

 

ストロークを確率良く打つのに順回転が大切なことは知っていると思います。ネットがある以上それを越える高さに向かって打ち出さなくてはならないし、アウトがある以上ベースラインよりは短く打たなければなりません。

なので、下から上の軌道と急降下を同時に実現できる順回転は非常に都合がいいわけです。

 

順回転のかかっていないストロークや逆回転のスライスは、威力を抑えなければ入りませんよね?

 

しかし、順回転がかかったストロークは強く打ってもその分回転も強くなるためコートに収まります。

 

これと同じで、サーブはネット-ベースラインまでの約半分しかない長さのサービスボックスに確率よく収めなければなりません。ここで、ストローク以上に順回転が大事なことはサルでもわかるでしょう。

 

サーブはコースと確率がモノを言う

さらに順回転が大事なもう一つの理由は、サーブが確率とコースが大切なショットだからです。

いくら威力のある必殺サーブが打てても、それが10回中2回や3回しか入らないのでは試合では使えません。2回その必殺サーブが入る間にあまりにもサーブが入らず、すっかり自信をなくしてダフォってゲームを落とすのがオチです。

 

また、仮に200km/hのサーブが打てたとしてもそれが相手のフォアのちょうどいい打点にいったら返されてしまうのがサーブです。

 

サーブはある程度の確率とコースがあって初めて生かすことができるのです。

 

コースと確率さえあれば試合をコントロールすることは十分可能ですが、威力だけあっても試合をコントロールすることはできません。

 

打ち方を根本的に見直してみよう

入るサーブを打てるようには、サーブの打ち方を根本的に見直す必要があります。具体的にはラケットを下から上に入れるスイングを身につけるだけの簡単なお仕事なのですが、これには僕もたいそう苦労しました。

  • 薄い握りで握り手首のプロネーションを使って
  • 斜め上に向かって飛び上がるように
  • 腕の力を抜いて

打つことで、サーブに回転をかけることができます。

これをマスターできると、ファーストサーブもセカンドサーブも若干の順回転がかかるようになり、格段に確率が良くなります。

単に力づくで重力で落とすフラットなサーブから卒業することができます。

 

セカンドサーブを練習するべし

あとは、理解できたらこれをサーブ練習に生かしていくだけです。

力まず、入れにいこうとせず、力の抜けた状態からのスイングでセカンドサーブが安定して打てるようになるまで練習しましょう。ここで一番大事なことは、脱力して力加減をせずに振り切ることです。

入れにいこうとするあまり、動きが縮こまってしまったり打点が下がってしまっては試合で緊張した場面で攻撃的に打つことができないので意味がありません。

 

セカンドサーブは、フェデラーをして「一番練習した」と言わしめるほど重要なショット。セカンドサーブで相手を攻撃できるくらいの力が付けば、ファーストサーブもより攻撃的に打てるようになり、試合が一気に楽しくなります!

 

試合で勝てることはもちろん、サーブを打てるようになるとテニス全体に自信がつきます。

僕はずっとサーブが下手なことに劣等感を感じていましたが、これができるようになってからはそれがすっかりなくなりました。

サーブ、リターン、ストローク、ボレー、スマッシュなどすべてのショットがある程度サマになってきたことで、テニスをするのが今まで以上に好きになりました。

 

僕のように、本物のサーブ弱者でもサーブでゲームを作れるようになったのだから、もしあなたがサーブを苦手と感じていたとしても、それは練習で克服できる可能性が高いです。

とにかく練習して克服してやりましょう!!それではっ!

サーブテニス上達
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント