スマートフォン

Huawei P20lite レビュー|軽くて安くて高級感ある牛丼スマホ

2020-03-27

Huaweiの人気のミドルレンジ端末、P20liteを昨年の一月に使い始めてから約一年強がたちました。

ぼちぼち他の端末に乗り換えようと思っているのもあり、これを機に一年使用レポートを書き、今後この端末の購入を検討している方の参考になれればと思います。

Huawei P20liteの外観

p20liteは黒、青、白の三色展開です。僕はビックカメラの店頭で実機を見て購入しました。

どの色もきれいだったのですが、その中でも特に青の発色が一番きれいだったので青にしました。

美しい青色の中にHuaweiの文字が輝きます。

表面。アンチグレアフィルムを貼ってあります。

中央右上の白っぽいのは傷がついてしまいました。わかりずらいですが画面の淵が若干丸みを帯びています。

幅が狭く薄いので持ってみると非常に手になじみます。

画面上部にはインカメラ、照度センサー、通話用スピーカーがあります。

本体上部にはマイクがあります。他は何もありません。

本体左側面にはSIMトレイが。

本体右側面の上部側には音量ボタン、底面側に電源ボタンがあります。

そして底面にはイヤホンジャック、USB-C端子、スピーカーとマイクがあります。イヤホンを頻繁に失くす僕としては、イヤホンジャック搭載はかなりうれしいポイント。

無線イヤホンは有線のもの以上にすぐに失くしてしまうし、何より充電が面倒くさいので。

本体裏面には指紋センサーが搭載されています。今時遅い指紋センサーを載せてるスマホなんてないのかもしれませんが、爆速です。

注意点として、手汗や皮脂がついてたりすると若干認証速度が落ちます。

僕はiPhoneのようなシンプルでシックな色やデザインが好きなのでカラフルなスマホに対してはチープな印象を持っていましたが、P20liteはフルメタルボディで筐体の高級感があるためチープに感じませんでした。

Huawei P20liteのスペックや機能

細かいスペックについては公式サイトを見た方が早いと思うので詳しくは書きません。

ここではスペックが実使用上どんな感じなのかという点に絞って書いていきたいと思います。

プロセッサ

プロセッサはKirin659というHuawei独自のものです。

こちらのサイトによるとプロセッサの性能を数値化するantutuベンチマーク(7世代)は約9万点とミドルレンジに位置するスコアだそうです。

ハイエンドモデルが40万点ほどであることを考えると、高度な処理を必要とする操作は難しいかもしれません。

重量

重量は145gです。使っていると重さはあまり感じません。

iPhoneなどの最近の機種はバッテリーの大型化により重い機種も多いですが、P20liteはちょうど良い重さです。

大きさ

画面サイズは5.84インチです。画面が細長いので大きさはあまり感じません。

昔のiPhoneは3.5インチが主流だったことを考えると、慣れってすごいなと思います。

素材

筐体の素材はアルミです。背面は鏡面仕上げなのでめちゃめちゃきれいです。

側面だけサラサラした仕上げになっていて若干塗装が剥げやすくなっています。

USBコネクタのあたりが少し剥げてしまいました。そんなに気になりませんが。

現行機種との違い

現行の機種はP40liteEという機種です。この機種との違いは

  • プロセッサ→antutuスコア20万
  • ディスプレイサイズ→6.3インチに
  • 重さ→145gから176gへ
  • カメラ→大幅に進化
  • 価格→約3万円から約2万円へ

といったところ。特にカメラと処理能力は大きく進化しています。

一体化した単なる2眼カメラだったのが、独立した3つのカメラ(標準、超広角、望遠(ポートレート))になりました。

しかもメインカメラは48MPと商業用カメラの最高峰に迫るような画素数です。

正直こんな豆粒センサーで4800万画素なんて意味ないと思ってますが、超広角カメラは普通に楽しそうですね。

処理能力も現時点でp20liteにそこまで不満はないものの、スコア3倍となると体感できるくらいのレベルで速くなっていそうです。

ただ、まだしばらくはP20liteも現役でいけます。

価格

価格は僕が購入したときは約3万円でした。当時量販店で並んでいるスマホの中ではかなり安かった印象があります。

今となっては3万を切る中国製スマホはいっぱいありますが、

  • 技適マークがあったり
  • キャリアで販売していたり
  • たくさん売れていたり

海外輸入しなきゃ手に入らない怪しい中国製スマホを買うよりよほど安心して購入することができるというのは大きな強み。

最近のスマホは高すぎますから、こういう価格競争は嬉しい限りです。

ロック解除方法

ロック解除方法は

  • パターン
  • パスワード
  • PIN
  • 指紋認証
  • 顔認証

があります。僕はほぼ指紋認証と顔認証しか使っていませんが、顔認証が速い。

スマホの方を見ながら電源を押すとそのまま一瞬のタイムラグの後すぐに画面が開きます。iPhoneのようにロック解除したあとにスワイプする必要もありません。

ただ寝起きだとたまに認識してくれないのでそのときは指紋認証でパスします。両方同時に登録できるので特に困りません。

3日に1回もしくは電源を切ったあとはPINは要求されるので忘れないようにする必要はあります。

UI

UIはHuawei独自のものです。特に操作性で気になる点はありません。

普通に使いやすいです。

Huawei P20liteのディスプレイ

ディスプレイは安価なTFT液晶です。今流行りの有機ELディスプレイではありません。

しかし僕自身スマホに有機ELを全く必要としていないので一切困りません。有機ELは電力消費が増える割にちょっとキレイになるだけで大して変わらないというイメージなので必要ないです。

画面表示の粗さや輝度不足を感じることもなく、必要十分です。

Huawei P20liteのバッテリー

バッテリー持ちは○

バッテリーの持ちもかなり良いです。

僕はわりとスマホのヘビーユーザーですが、満充電にしておけば1日中使っていても夜までは持ちます。

朝方1時間弱スマホでブログを書いて10%減るかな、というくらい。

朝早くから夜中まで使い続けると流石に22時位にいつも切れてしまいますが、そういうときはモバイルバッテリーを持参しています。

基本的にはいらないですけどね。

急速充電が便利

付属のACアダプタを使うと急速充電ができ、これがとても速いです。イメージは1時間で40%くらい充電されます。

朝うっかり充電できてなかったことに気づいても、すぐ対処すればそれなりに充電できるので助かってます。

10%以下になると急に減る

ただ、少し気になるのが残量表示の不正確さです。

というのも、10%を切ると減り方がそれまでとは比べ物にならないくらい速くなります。

イメージは10%切ってそのまま使い続けたら、5分くらいで切れます。

5%くらいからはもっと速く、5%になったらもう切れる数秒前みたいな感じw

ただ、10%になるまでは普通にかなり持つので実用上はあまり困りません。

Huawei P20liteの通話機能

通話機能はいたって普通です。特に聞き取りにくいとかはありません。

Huawei P20liteのスピーカー

スピーカーもいたって普通です。

4スピーカー搭載のiPad Proも持っているので比べてみると、やはり音響の力強さ、立体感では劣ります。

ただ僕の場合スマホのスピーカーなんてある程度音量が出れば何でも良いと思っているので、全然問題ありません。

Huawei P20liteのカメラ性能

カメラ機能は全体的に優秀です。ここは流石Huaweiといった感じ。

アウトカメラ

まずはアウトカメラの性能について。

機能

P20liteのカメラは非常にシンプルですが、1つだけワイドアパーチャという機能がついていて、背景のボケた写真を撮ることができます。

撮影後に背景ボケの量を調整できてしまいます。

edf

この写真が

edf

こんな感じに

うまく変えることができます。

たいていのスマホのボケ生成機能は一眼とかと比べるとどうしても不自然さが際立ちますが、この写真を見る限りそこまで不自然さはありません。

そもそもボケが最大限に発揮されるような撮り方をしているのでちょっとわかりにくくなっているのもあるかも。しかし、小さなサムネイルで見ると一眼と違いが分かりません。

カメラ好きとしてはちょっとずるい気がしなくもないですが、ソフトの力はすごいです。

(イ)コンデジとの比較

同じ風景をSONYの高級コンデジ(RX100)と比べてみました。すべてjpeg撮って出しです。

どっちがどっちだか分かりますか?

正解は、下がP20liteです。

昼間でかつブログに載せてるサイズだと全然違いがわからないと思います。味付けが濃いのが僕はあまり好みじゃないですが、素直にきれいです。

拡大してみるとこんな感じ。

P20liteは奥の電柱などの細かい部分の解像感が低いのと、塗り絵みたいな感じになってるのが少し残念。

お次はスイセンの花です。

こちらは、上がP20liteになります。実際の色味はp20liteのほうが近い感じで、RX100は若干露出がオーバー気味になってしまってますね。でもこの画像を見るとあんまり変わらない…というかむしろP20liteのほうが良いのでは??

これはちょっと難しいかも。

正解は下がp20liteです。最近のスマホのカメラは賢くて、写真を何枚か同時に合成してダイナミックレンジの広い写真にしてくれるため、コントラストの低い写真になりがちです。

個人的にはRX100のほうが好み。

この写真はボケ感を見ればすぐ判別できますね。上がP20liteです。

若干P20liteのほうが赤っぽく、RX100のほうが青っぽい感じ。

両方とも手前左の枝にピントを合わせています。

やはり1インチセンサーと1/2.5インチセンサーの差はかなり大きいようですね。

P20liteは奥行きの異なるものが大量に集まっている被写体をあまり得意としていません。

ワイドアパーチャであとから奥行き感を出そうと思っても、ぼかすべきものがボケなかったり不自然にボケたりします。

それでも、記録用のカメラと割り切ればかなりつかえますね。

作例

インカメラ

僕はほとんどインカメラを使いません。

P20liteはインカメラもアウトカメラと同様16MPの高画素センサーを搭載しており、妥協のない仕上がりです。

以前僕が使っていた富士通のARROWS F-01Fのインカメラと比較すると歪みもなく、また色表現も自然なのは間違いありません。

Huawei P20liteと各アプリの相性

P20liteと各種アプリとの相性(不具合などをまとめるとこんな感じ。

  • LINE→通知設定しても通知がこないことがある
  • Chrome→タブボタンの反応が遅い
  • Google Map→別のアプリ1つ開いただけで次からはすぐ再読み込み
  • Evernote→めちゃくちゃ動作が遅い&たまに落ちる
  • Twitte →快適
  • YouTube→快適
  • Gmail→アプリを開いた途端急に通知が大量に来てフリーズすることがある

細々とした不満はありますが、我慢できる程度ではあります。

Huawei P20liteの良かったところ

見た目

さんざん言ってますが見た目が良いです。とにかく筐体がきれい。

青色がキレイなので見ていて楽しいです。安いのに所有欲も満たされます。

価格

やはり実際にお金が無い人にとってはスマホが安いのは嬉しいです。

本当ならば発売日にクソ高いiPhoneの最新機種を買って1年後に売りたいのですが、高すぎて最初の購入資金すらないので買えません。

やっぱり低価格は正義です。

軽さ

最近のスマホは重いものが多いので、軽いと助かります。

個人的には大画面での情報収集はPCやiPadで足りるので、スマホの巨大化、重量化はほどほどにしてほしいですw

処理能力

以前使っていたスマホはP20liteよりも処理能力の高いハイエンドよりのスマホだったので、P20liteはミドルレンジときいて性能不足を懸念していました。

しかし実使用上問題はほぼなく、普通に使えたので安心しました。

ハイスペックを求めるならダメですが、あくまでネットや通話など携帯電話的な使い方しかしないのであれば、必要十分すぎます。

カメラ

全然期待していなかったのですが、カメラも良いです。

若干コントラストと彩度が強い画作りがあまり好きじゃないためメインカメラにはなりませんが、この味付けを除けばかなり綺麗に撮れるいいカメラです。

不自然さはあれどボケもキレイですし、昼間の風景に関しては一眼レフにも引けを取りません。

ケースが付属

P20liteは購入ににTPUのケースも付属します。

アクセサリーを別途購入するのは面倒なのでありがたいですね。

急速充電

先にも書きましたが急速充電は便利です。

最近の機種だともっと速いのかもしれません。かなり速いのでとても助かります。

顔認証の精度&使い勝手が良い

P20liteは顔認証が優秀です。

寝起きで目が開いてないときに稀に失敗することがありますが、真顔であれば基本的に秒で認証してくれます。

1年前に設定してから多少自分の顔にも変化はあるはずですが、認証のスピードや精度が落ちたと感じることは一切ありませんでした。

また認証が優秀なだけでなく、画面をオンにして顔をかざしただけでスワイプすることなくホーム画面に行けるのも使いやすさの理由です。

iPhoneだと認証してもそのあとスワイプしなきゃならないのでひと手間増えるぶん面倒なんですよね。

指紋認証の使い勝手が良い

P20liteは指紋認証の使い勝手がとても良いです。

というのも、スリープした状態から指紋センサーを触るだけでホーム画面にいってくれるんです。

iPhoneだと

  • 画面つける
  • センサー触る

の2ステップが必要ですが、ワンステップですみます。これがめっちゃいい。

しかも、先に説明した顔認証とこの指紋認証を併用できるのがP20liteの良いところ。

このおかげで、スマホを仰向けに置いていて背面の指紋センサーを触れないときは顔認証、うつ伏せにおいていたり暗いとき、目覚ましを止めるときのように手の感触だけでロックを解除したいときは指紋認証と使い分けることができるんです。

これがめっちゃ便利。

Huawei P20liteの悪かったところ

すごく細かいですが、不満点もあったので記載しておきます。

ただ実際には使用に致命的な影響を与えるような不具合は一切なかったので、トータルとしてはそんなに困っていないとことわっておきます。

圏内なのに設定を開かないといつまでもWi-Fiが繋がらないときがある

P20liteに限らないかもしれませんが、この現象は割と頻発します。

いつも繋いでいるWi-Fiの圏内なのに、設定画面>無線とWi-Fi>ネットワークを開かないといつまで経ってもWi-Fiに繋がれないことがあります。

シンプルに面倒くさい。

ただ、もたつきなくスムーズに繋がることも同じくらいあるので原因がイマイチわかりません。なぜ。

保存容量の「その他」が消せず邪魔

また、ストレージの内訳に出てくる「その他」が消せないので困ります。

ただでさえ少ない容量をかなり圧迫されるうえ、1日中調べまくりましたが解決策がわからず、途方に暮れました。

その他ってなんのデータなんでしょう。

ファイルを消してくださいの通知が邪魔

また、ストレージがいっぱいになったときに表示される警告文が非常に邪魔です。

なにか作業をしていても強制的に中断させられ、ストレージクリーナーを発動させない限り一時的に他の操作が一切できなくなるため非常に煩わしいです。

ただ容量限界の通知は必要なものなので、文句をつけるところではないのかもしれません。

最後に

色々書きましたが、総評すると価格と性能のバランスが高次元でバランスした良いスマホだと思います。

安くて速くて高級感のある、スマホ界の牛丼的存在と言えそうです。

それでいて動作が安定しているので

  • 安いスマホがほしい
  • けど安かろう悪かろうは嫌だ

そんなエントリーユーザーでも安心して使える良いスマホです。

今では後継機種のP30liteやP40liteEのほうが高機能なのでP20liteを選ぶ理由はあまりないかもしれませんが、型落ちで更に安くなっていることも考えるとP20liteもかなり良い選択肢といえるでしょう。

-スマートフォン

スマートフォン

2020/12/10

Bose QuietComfort Earbudsのノイズキャンセリング、外部音取り込みの正直な感想

Boseの最新ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンを購入し、しばらく使ってみました。 このイヤホンのウリはその高性能なノイズキャンセリング機能ということですから、どの程度の性能なのか気になるところだと思います。 今回はこの性能を様々なシチュエーションで使ってみたうえで伝えていきたいと思います。 クリックでジャンプ総評→ノイズキャンセリング機能はすごいが最強ではない各場面でのCQ Earbudsのノイズキャンセリングの実力電車乗車時カフェでの作業時家でくつろいでいるとき洗い物をしているときジムでの使用時歩 ...

続きを読む

スマートフォン

2020/12/8

Bose QuietComfort Earbudsの購入理由と、初めて使ってみた感想【静寂】

静寂を販売しています そんなコピーが似合うBOSEのワイヤレスイヤホン。Bose QuietComfort Earbudsを頂き、丸1日使ってみました。 開封の様子と初めて使ってみての感想をお届けしようと思います。 今後長く使っていく予定なので、長く使っていく中で当初と比べ感想がどのように変わっていくのか楽しみです。 ちなみに、僕はイヤホンは全く詳しくないです。過去にこんな記事を書いているほど、イヤホンにはこだわりがないです。 Bose QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレス ノイズキャ ...

続きを読む

no image

スマートフォン

2020/11/27

AQUOS sense4の口コミをドコモ販売員視点で語る

AQUOS sense4という新機種がドコモで出ましたので、この機種の性能、評価などをいろいろなところからかき集めてまとめてみました。使っている人が実際にどんな反応をしているか知りたい方の参考になれば幸いです。 クリックでジャンプAQUOS sense4の基本スペックディスプレイについてカメラについてRAMについてバッテリーについて防水、防塵性能についてAQUOS sense4のレビューを見て感じたこと価格ドットコムのレビューYouTubeのレビューAQUOS sense4を売り場で売っていて感じたこと ...

続きを読む

スマートフォン

2020/8/24

1週間使って分かったOPPO RenoAのいいところ、悪いところ

オッポのスマートフォンRenoAを1週間ほど使ってみたのでこのスマホのいいところ悪いところを備忘録的に記録しておきたいと思います。 価格が安いのに不満らしい不満はほぼなく、かなりいいスマホですよ。 クリックでジャンプOPPO RenoAのギャラリーOPPO RenoAの良いところ画面デカくて見やすいバッテリーがとても持つ最大輝度、最低輝度のレンジが広く画面が見やすいおサイフケータイが素晴らしい充電が速い画面内指紋認証が速い大きさのわりに軽いDSDV使いやすい最初からケースとフィルムがついているOPPO R ...

続きを読む

スマートフォン

2020/5/22

P20liteからiPhone7に変えて感じたメリット、デメリット

つい先日、1年間使っていたHuaweiのP20liteからiPhone7に機種を変更しました。 そこで使っていてわかった両者の違いをメリットデメリットに分けて書いていきたいと思います。 同じようにP20liteからiPhoneへ乗り換えようかなと思っている人は参考にしてみてください。 ちなみにP20liteについてはこちらの記事で詳しく書いています。 Huawei P20lite レビュー|軽くて安くて高級感ある牛丼スマホ クリックでジャンプP20liteからiPhone7に変えたメリット見た目UIアプリ ...

続きを読む

スマートフォン

2020/5/22

Huawei P20lite レビュー|軽くて安くて高級感ある牛丼スマホ

Huaweiの人気のミドルレンジ端末、P20liteを昨年の一月に使い始めてから約一年強がたちました。 ぼちぼち他の端末に乗り換えようと思っているのもあり、これを機に一年使用レポートを書き、今後この端末の購入を検討している方の参考になれればと思います。 クリックでジャンプHuawei P20liteの外観Huawei P20liteのスペックや機能プロセッサ重量大きさ素材現行機種との違い価格ロック解除方法UIHuawei P20liteのディスプレイHuawei P20liteのバッテリーバッテリー持ちは ...

続きを読む

スマートフォン

2019/5/15

【レビュー】バンカーリング3(Banker Ring)を約1年使った感想

バンカーリング3をってどんな感じ? 長い間使っても大丈夫? こんな疑問に、バンカーリング3を1年以上使っている僕が感想を書いて答えていきたいと思います。 結論から言うと、便利ですしまだまだ現役で使えています。 BUNKER RING 3 (全5色) バンカーリング iPhone/iPad/iPod/Galaxy/Xperia/スマートフォン・タブレットPCを指1本で保持・落下防止・スタンド(ジェットブラック) created by Rinker アイプラス ¥1,764 (2021/05/18 ...

続きを読む

スマートフォン

2020/12/8

【体験談】格安スマホHuawei P20 liteを実際に使ってみた感想

Huawei p20 liteを購入したので、使った感想を垂れ流していきたいと思います。 詳しいスペックとかデータとかは詳しい人のレビューを見てください。僕は使った率直な感想をダラダラ書いていくだけなので、よろしくお願いします。 クリックでジャンプヨドバシカメラで買える画面が縦長で持ちやすい動作はサクサク顔認証がマジで快適インカメラの画角が広いブルーがめっちゃキレイHuaweiが情報収集してる件について急速充電がマジで速いまとめ ヨドバシカメラで買える これが僕にとっては一番大きかったんですが、この機種人 ...

続きを読む

シリカゲル

スマートフォン

2020/6/24

スマホ水没の対処法!シリカゲルは薬局で購入できるよ

スマホを水没させたときは拭いて乾かして乾燥材(シリカゲルや塩化カルシウム)と一緒に密封すると効果的です。シリカゲルや塩化カルシウムは薬局で購入することができますよ。

続きを読む

スマートフォン

2020/12/11

microsim→nanosimのサイズ変更!カットが想像以上に簡単だったww

PublicDomainPictures / Pixabay スマホを機種変更するとsimカードのサイズを変更しなくてはならないことがありますよね。 普通に通信事業者にお金を払ってsimカードのサイズを変更してもらうこともできますが、大体の場合は手数料を取られますし、少し時間がかかるため面倒です。 手数料を払いたくなかったり、交換をまってられない場合にはsimカードを自分でカットするという方法があります。僕も実際にmicrosimをnanosimにカットしました。 想像以上に簡単だったのでその過程をレポー ...

続きを読む

follow us in feedly

関連記事

スマートフォン

Bose QuietComfort Earbudsのノイズキャンセリング、外部音取り込みの正直な感想

スマートフォン

Bose QuietComfort Earbudsの購入理由と、初めて使ってみた感想【静寂】
no image

スマートフォン

AQUOS sense4の口コミをドコモ販売員視点で語る

スマートフォン

1週間使って分かったOPPO RenoAのいいところ、悪いところ

スマートフォン

P20liteからiPhone7に変えて感じたメリット、デメリット

スマートフォン

【レビュー】バンカーリング3(Banker Ring)を約1年使った感想

スマートフォン

【体験談】格安スマホHuawei P20 liteを実際に使ってみた感想
シリカゲル

スマートフォン

スマホ水没の対処法!シリカゲルは薬局で購入できるよ

スマートフォン

microsim→nanosimのサイズ変更!カットが想像以上に簡単だったww

スマートフォン

【個人輸入】Aliexpressを使ってletv leeco le max2を購入した手順・方法

スマートフォン

【レビュー】価格破壊。高級感あり、WQHDディスプレイRAM6GB、ROM128GBで28000円のLe Max2を購入!

スマートフォン

【一年使用レビュー】フリーテルSAMURAI KIWAMIが風呂場で落下して逝きました

スマートフォン

【レビュー】le max2専用TPU素材ケースを購入。想像以上の質感で満足感も◯

スマートフォン

【2018年3月】3万円以内・WQHD・6インチ・RAM4G以上のSIMフリースマホを選ぶならこれ。

スマートフォン

A8.net経由でYahooJAPANカードを作って合計20000円キャッシュバックをした方法と手順を徹底解説!

スマートフォン

【レビュー】2万円で大画面&異常なハイスペック。SIMフリースマホSAMURAI極を半年使ってみた!

スマートフォン

KYOKAスマホリング・バンカーリング2ヶ月使用レビュー!目立った故障はないタフなやつ。

スマートフォン

【クソ便利】大画面スマホを片手操作!おしゃれなバンカーリングを購入レビュー!

スマートフォン

コスパ抜群で大画面なスマホFREETEL「KIWAMI」を購入・レビュー!

スマートフォン

「Helium」でAndroidのデータを一括で移行する方法と手順を解説
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋