家電製品

Oculas Quest 購入&使用した感想|スマホVRやOculas Goとどう違うのか?

2020-03-27

PCやスマホいらずでハイクオリティなVRを楽しめるゴーグル、Oculus Quest。

今回これを自腹で購入して開封し、ひととおり使ってみたのでその感想を書いていきたいと思います!

開封と初Oculus Quest仕様の感動を伝えつつ、以前使っていたスマホVRやOculus Goなど他のVRデバイスとの違いをうまく説明できればと思っています。

それではいってみましょう!

Oculus Questを使った感想

まず結論から申し上げますと

ゲーム用途あるいは純粋に6dofが目的ならかなり面白い!!

です。特に今までスマホでVRを楽しんでいた人、Oculus Goを使っていた人は、自分の動きを三次元でトラッキングしてくれる感覚に感動すると思います。

どのサイトでも説明されていることですが、OculusQuestは頭の動きだけを感知するスマホVRやGoと違って、その人のいる空間的な座標も把握してくれます。6dofってやつです。

後ほど詳しく書きますが、この機能によって今までの独立型VRデバイスとは一線を画する没入感を実現しています。

Oculus Questの外観

ではまず最初に外観を見ていきましょう。Amazonで一昨日注文し、今日の午前中に届きました。

コロナの影響で品薄になっているらしく、64GBがなかったので仕方なく128GBモデルです。価格は6万円ということでくそ高いです。そして相も変わらずAmazonの品物に対して以上におっきい段ボールに入っていました。

裏面はこんな感じ。

やたら高級感のある箱を開けると…

キター!非常に高級感があります。上から見るとこんな感じ。

正面はマットな質感に加工されており、上のほうにOculusの文字、四隅にはカメラセンサーが搭載されています。

始める前にOculusのアプリを入れてくださいね、との注意書きが。アプリを入れました。それにしても、以前愛用していた4年前に3,000円で買ったスマホVRゴーグルとは高級感が全然違います。当たり前ですがw

前面には4か所にセンサーの役割を果たすカメラが搭載されています。写真は右上のもの。

左上。

(裏っ返しているので)右下。同じく写っているのが音量ボタンです。

左下。目の距離を調整するためのスライダーもすぐそばにあります。

側面には電源ボタン、調整のためのマジックテープとベルトがあります。このベルトは結構しっかり引っ張れるようにできているので、多少顔回りが緩くてもしっかりと締めることができます。

電源ボタンは2秒以上長押しすると作動します。

両側面ともに、ベルトの下にイヤホンジャックが搭載されています。

なぜ2つ搭載されているのでしょう?そういう需要があるんですかね。

反対側も同じ感じ。電源ボタンがあった場所に充電やデータ転送を担うUSB-Cポートが搭載されています。

イヤホンジャックも反対側と同じように搭載されています。

ひっくり返してバンドをみると警告が書かれています。

レンズ部分はこんな感じ。スマホVRのレンズよりだいぶ大きく、レンズ自体にも細かい溝というかひだの様なものが刻まれています。写真だとわからないですが。

もう少し近くから見るとこんな感じ。頬にあたる部分は柔らかい素材となっています。痛くはないのですが、顔のホリの深い外国人向けにデザインされているためか、僕が装着するとかなり隙間ができるのが気になりました。

頭頂部を抑えるバンドはこんな感じ。マットな質感で、こちらも両側面と同じようにマジックテープでかなり力いっぱい締められるようになっています。

コントローラーは左右で形は同じですが、違うボタンが割り振られています。

左。

右。

右左のコントローラーともにそれぞれ背面と側面にも一つずつボタンがあります。

持つとかなり手にフィットしてくれます。

6万円もするだけあって全体的に質感が高く、おもちゃとしてはまさに最上級といった雰囲気を醸し出しています。

Oculus Questの最初のセットアップでやったこと

最初にやったことを簡単に説明すると

  • オキュラスアプリのインストール
  • Wi-Fi設定
  • 本体の更新

こんな感じでした。僕にしては珍しく、すべての工程で一切躓くことなくスムーズにセットアップを終えることができました。

Oculus Questを実際にプレーしてみての感想

まだ半日しか使っていないというのもあり、ほとんどOculus Questのポテンシャルを発揮しきれていないことはわかりきっています。

しかしいくつかのゲーム(アプリ?)を通じてそれでも結構な感動を味わうことができたので、感想を書いてみます。

チュートリアル

何言ってんだと思うかもしれませんが、最初の操作説明のチュートリアルで結構感動しました。

何がすごいかって、まず没入感です。部屋にいることを完全に忘れます。

突然ディズニーランドのアトラクションに連れていかれたような非日常空間を味わうことができます。

いろんなところで「VRはゲームの世界に自分が入ったようだ」と表現されますが、まさにそんな感じです。スマホで見ていたVRには空間がなかったので、体験としては全然別物です。

もう一つすごかったのが、ハンドコントローラーの自由度の高さ。実際にやるまで大したことはできないだろうと思っていましたが、物を投げたり掴んだり、殴ったりいろんな動作を可能にしてくれます。

wander

wanderはGoogleのストリートビューをVRで体験できるアプリです。場所を検索するだけで一瞬でその場所まで移動することができる、「バーチャルどこでもドア」的アプリです。

旅行した場所、以前住んでいた場所、行ってみたい場所などどこでも行くことができ、Oculus Questを購入する前からやってみたいなと思っていました。

実際に使ってみると、アプリの操作性はお世辞にもいいとは言えません。使い続けていると若干酔います。しかし僕はもともと地図を眺めるのが好きなので、みてるとやっぱ面白いです。

自転車旅の行きたい場所探しとかに使おうかな。

dmmVR

これは気になっている人多いんじゃないでしょうか。

僕も実際使ってみました。

感想としては

かなりきれいだしエロいので捗る

これは間違いありません。

ただ、ぶっちゃけエロVRは現状で6dofに対応した動画がないので Oculus GoやスマホVRと 比べて

  • ドット数
  • 有機ELパネル
  • 使いやすいコントローラー
  • リフレッシュレート

この点以上の差は殆どありませんから、画面のきれいなスマホを使えばスマホVRでもこれに近い映像体験を得ることは十分可能と思われます。

Oculus Questのよかったところ

没入感

最初にも書きましたが、やはりゲームやwanderをやっているときの没入感はスマホVRとは雲泥の差です。ゲームの世界に入り込んでいくあの感覚は、Oculus Quest意外だとPCVRでなければ味わえません。

カメラセンサー

また、もう一つ驚いたのが前面に搭載されたカメラセンサーの力です。

これのおかげで、PCVRのように部屋中にセンサーを置かなくてもOculus Quest単体でVR空間を認識することができるようになっているんですね。

しかもこのカメラに映された視界を中のスクリーンに投影してくれるため、ゴーグルを装着したまま移動をすることができてしまいます。これは非常に便利。

ハンドコントローラー

これもチュートリアルのところで触れた内容になりますが、Oculus Questのハンドコントローラーは思った以上にいろんなことができます。

握る、指さす、つまむ、離すといった基本的な手の動作が、うまく配置されたボタンによって違和感なく実現可能。

正直もっとゲーム的(直感的には操作できず、覚えないとダメ)な操作を強いられるのかなあと思っていたのでびっくりしました。

単体で動作する

これだけしっかりしたVR体験を提供してくれるVRデバイスなのに、センサーや周辺機器が一切いらないというのもOculus Questのすごいところです。

僕はPCVRを使ったことがないのでそこまでギャップを感じはしませんが、同じようなVR体験を実現するために今まで配線やらPCやらいろいろ準備をして頑張ってきた方からすればこれは感動モノかと思います。

Oculus Questの悪かったところ

バッテリーが持たない

まず小さな不満点として、Oculus Questはあまりバッテリーが持ちません。

どのくらい持たないかというと、めいっぱい充電しても動画やゲームを2時間もやると確実に「バッテリーが足りません」と警告が出てきます。

積んでいるプロセッサーもスマホのやつと同じなのにかなり負荷の大きい画像処理をやらされるもんだからそれなりに発熱もします。個人的には3時間くらいもってほしかった。

ただ、長いコンセントもついてきますし、VRのゲームは2時間も続けてやると疲れたり酔ったりするのが普通なので、むしろ2時間くらいで切れるほうが健康に優しいのかも。

致命傷というほどの欠点とは思いません。

鼻の下の隙間が大きすぎ

Oculus Questは欧米人向けに作られており、そのせいで鼻の下の隙間が大きすぎます。これは日本人であれば多くの人が感じると思います。

鼻のところから盛大に光が差し込むことによってかなり没入感が損なわれるため、これは対策せざるを得ません。これについてはどうやらアジア人向けのカスタマイズパーツがあるらしく、これを使えば解決できるようです。

僕はとりあえず早く使いたかったので、少々雑ですが黒い布を貼り付けて応急処置しました。ダサいけど仕方ない。

こんな見た目ですが、効果はてきめんでした。ただ、写真のように薄い布だと若干光が入ってこないでもないので、布を二重にするといいかもしれません。

価格が高い

もう言うまでもないけど価格は高いです。買うまでけっこう躊躇しました。

しかも10,000円以上安い64GBが品薄で買えないにもかかわらず、強行突破で128GBを購入したことによって財布は大ダメージ。これを買うのと引き換えにノートPCとiPadProとApplePencilを売り払うことにしました。

もうほしいものは作業用の椅子くらいしかないので、しばらく買い物は控えようと思います、、

暗い場所では使えない?

https://plaza.rakuten.co.jp/shophunter/diary/201908140000/

この方の記事で言及されています。僕はまだ試していないのでわからないんですが、どうやらOculus Questはカメラセンサーを使っているせいで、空間を認識できない暗い場所だとVRコンテンツを見られないようです。

動画鑑賞モードとか作ってカメラセンサーオフにできないんでしょうか。

僕は正直そんな困らないですが、夜寝る前の動画鑑賞用に使おうとして買うのはやめたほうがよさそうです。

Oculus QuestとスマホVRとの違い

僕は両方使ったことがあるのですが、両者の違いは

  • 6dofか3dofか
  • ハンドトラッキングができるか
  • リモコンがあるか
  • スピーカーが内蔵されているか
  • センサーがあるか

こんな感じですね。

この辺が違うことによって、ゲームに関しては

  • 空間内を動き回れるか
  • 手を使えるか

などが変わってきます。ただ、VR動画を見る際には

  • ゴーグルを開閉しなくても再生ゲージの調整や早送りができる

これくらいしか変化がありません。動画鑑賞が目的であれば、スマホVRでも十分だと思います。

Oculus QuestとオキュラスGoとの違い

両者は細かい差も含めるといろいろ違いがありますが、大きな差は

  • 6dofかどうか
  • 液晶か有機ELか
  • ハンドトラッキングできるか

このくらいですね。

なので先のスマホVRとの比較と同じように、ゲームに関しては大きな差があるものの、動画鑑賞についてはさほど変わらず、値段が安い分Oculus Goが優位といえます。

しかし、後述しますOculus Linkを使うと、プロセッサーの能力はOculus Goと比べ物にならなくなりますので、ゲーム用途や不可の大きい動画を見たりする場合はOculus Questのほうが適しています。

Oculus Questとオキュラスリフトsとの違い

両者の最大の差は、PCの使用を前提にしているかどうかです。 価格は64GB版のQuestと殆ど同じで、128GBのみ1万円以上OculusQuest のほうが高くなっています。

QuestのほうはPC接続を前提にして作られておらず、そのため

  • Questさえあれば他に追加の設備なくVRを楽しめる

という強みがあります。その反面、ハイスペックなPCにつなぐことで動作するRift Sについては

  • 高負荷なグラフィック性能の必要なゲームができる=豊富なPCVRタイトルを遊べる

という強みがありました。逆にQuestのように単体で遊ぶことはできません。

しかし、これまでPCにつなげてその高い処理能力を生かすという意味でQuestと明確な差別化を図ってきていたOculus Rift Sですが、Oculus Linkという機能の発表によって、立ち位置がかなり怪しくなってきました。

Questでも、Rift Sと同じようなことができるようになったのです。

Oculus Link(オキュラスリンク)とは通常スタンドアローンのOculus QuestをUSBケーブルでPCに接続することでOculus QuestをPC用VRデバイスとして利用できるようにする機能です。
Oculus Riftを動作させられるスペックのPCさえ持っていれば、Oculus QuestでOculus Riftタイトルがプレイできるようになります。

https://vr-some.com/oculuslink/

つまりは所定のスペックを満たすPCがあればQuestでもRiftと同じになるってこと。

逆にRift Sはどうあがいてもスタンドアロン型に変化することはできませんから、どうせ基準をみたすPCを持っているのであれば、単体でもPC接続でも使えるQuestを選ぼうとなるのが自然ですよね。

僕もそんな感じでQuestを選びました。ちょうど最近スペックの高めなPCを購入したというのも理由です。

Oculus Questを購入して使った感想まとめ

まとめると

くそ高いけどそれだけの価値はある

そんなデバイスでした。僕もまだまだ使いこなせていない機能がこれだけありながら、すでにかなり楽しいです。全然ゲーム好きでもなんでもなかった僕でもはまりそうなくらい。

特に、Questはケーブルレスで6dofのVRを味わえる点が他と明らかに違います。

ケーブルがあるのとないのでは遊ぶ時の手軽さがまったく違いますし、さらにPCに投資することで高機能なVRにもできるというポテンシャルがあることを考えると、Oculus Questが現状いろんな場所でおすすめされるのも納得ですね。

6dofでのゲーム体験に興味がある人は買って後悔しないデバイスかと。

今ならメルカリやラクマなどでは全然出品されておらず、出ている品はどれも5万円以上なため、いざ要らなくなったら高値で売ることもできますよw

以上、OculusQuestを購入して使ってみた感想でした。

-家電製品

家電製品

2021/6/27

テレビを0円でもらった話

最近よく「スマホで情報は事足りるからテレビなんていらない!」「テレビを見るなんて時間の無駄だ!」って言いますよね。 僕もどちらかというとそっち側の人間でした。別にテレビなくてもYouTube見れるし、ニュースが見たいならスマホアプリで事欠きません。 しかし、最近気づいたのは YouTubeの方が時間の無駄では? ってこと。 YouTubeって目的なくダラダラみてしまうんですよね。もちろんテレビも目的なくつけることがほとんどだと思いますが、目的なくテレビ見るってことはリアルタイムで見ているわけであって、どの ...

続きを読む

家電製品

2021/6/25

手元でオンオフできる照明を購入したら生活リズムが改善された話

僕が最近買って良かったなあと思ったのが、これです。 KeeGanナイトライト ベッドサイドランプ ルームライト 授乳ライト 7色LED間接照明 枕元ライト 夜間ライト 常夜灯スタンドライト サイドテーブルランプ 寝室ライト シリコンライト 持ち運び ベビライト タッチライト 呼吸ランプ 卓上ランプ 持ち運び 寝室照明 USB充電RGB 多色変換 かわいい 出産祝い 赤ちゃん 子供ギフト 【かわいい猫の光】 created by Rinker KeeGan Amazon 楽天市場 Yahooショッ ...

続きを読む

家電製品

2021/6/20

iPhoneユーザーはAnkerのSoundCore miniを購入してはいけない

部屋で音楽を流すために、Anker製のSoundCore Miniを購入しました。 しかし結論から言いますとこの商品、iPhoneユーザーの方にとっては欠陥商品なので買わないほうがいいです。 僕の他にこの商品を購入してがっかりする人が今後出ないよう、購入検討している方は是非ご覧ください。 iPhoneユーザーはAnker SoundCore Miniを購入しないほうが良い理由 2つあります。どちらもiPhoneSE2使用時の不具合です。 音量調整の不具合すぐ接続が切れる iPhone使用時の音量調整の不具 ...

続きを読む

家電製品

2020/5/22

オキュラスクエストの鼻の隙間を埋めるパーツが快適だったので紹介

オキュラスクエスト買ってみたけど、なんかすごく隙間がでかくて光が入ってくる…防ぐ方法はないの? と思いませんか? 僕も全く同じ悩みを抱えていたのですが、鼻が低い人向けの接顔パーツを購入したところ完全にこれが解消したので、紹介していきたいと思います。 鼻の下の隙間を完全封鎖することに成功 僕が購入したのはこちらの接顔パーツです。お値段は約1200円。 オキュラスの公式だと2500円で同じような役割のパーツが売っています。 https://www.oculus.com/quest/accessories/ A ...

続きを読む

家電製品

2020/5/22

Oculas Quest 購入&使用した感想|スマホVRやOculas Goとどう違うのか?

PCやスマホいらずでハイクオリティなVRを楽しめるゴーグル、Oculus Quest。 今回これを自腹で購入して開封し、ひととおり使ってみたのでその感想を書いていきたいと思います! 開封と初Oculus Quest仕様の感動を伝えつつ、以前使っていたスマホVRやOculus Goなど他のVRデバイスとの違いをうまく説明できればと思っています。 それではいってみましょう! クリックでジャンプOculus Questを使った感想 Oculus Questの外観Oculus Questの最初のセットアップでやっ ...

続きを読む

家電製品

2020/12/22

【人柱レポ】評判最悪?詐欺?怪しいTecobuy.jpで買い物をしてみた結果と口コミ

GoProを安く買いたい! そう思ってたどり着いた異常に安い海外販売サイト、Tecobuy.jp。 Tecobuyで購入するのは絶対に止めた方が良さそうだ。溢れんばかりの悪評を晒す 前評判は最悪だったのですが、僕はこういう怪しいサイトが大好きです。 なのて、詐欺られる覚悟でこのサイトで実際にGoPro hero7を買ってみました。 その結果どうだったのか書いていきたいと思います。 クリックでジャンプ結論→tecobuyは偽物でもなく普通に届いたTecobuyは届かない?商品が届くまでの流れ商品出荷後、Te ...

続きを読む

家電製品

2020/5/22

財布を落とした絶望→忘れ物防止タグのTile Slim とMYNT ESを購入して対策した

皆さんは財布を落とすことってありませんか? 財布落としたりどこかに忘れてきたりすると絶望的な気持ちになりますよね。 僕も先日その絶望的な気持ちを味わいました。 もうこれ以上財布を落として絶望的な気持ちを味わいたくないと思ったので、忘れ物防止タグを購入することにしました。 クリックでジャンプ 財布を落として駅と家の間を7往復 購入したのはTile SlimとMYNT ES Tile Slimの特徴 MYNT ESの特徴 実際に忘れ物防止タグを使ってみての感想 接続が切れやすくなかなか再接続しない Tile ...

続きを読む

no image

デジタル機器 ランニング 家電製品

2019/11/9

【レビュー】iwownfit GPSウォッチをランニング用に購入

ランニングを記録したい、継続させたいと思ってAmazonで「iwownfit GPSランニングウォッチ」を購入し、1週間ほど使ってみました。 GPS ランニングウォッチ P1 心拍/疲労度/睡眠測定 VO2Max測定 Twitter/LINE/Gmail/電話着信通知 多機能スマートウォッチ ストップウォッチ タッチスクリーン タイマー 長座注意 懐中電灯 省電力モード IP68防水 日本語アプリ管理 日本語ガイド 一年間安心保証 お贈り物 友達恋人 ギフト 活動量計 パワーウォッチ Power Watc ...

続きを読む

家電製品

2019/5/30

【開封の儀】maxzen J24SK03が届いた!16000円で買えるのに超軽い!

WOWOWでテニスを見るために24型の格安テレビを購入しました! かなり安いので正直ちゃんと動くか心配だったのですが、全然大丈夫そう! ということでこのテレビの開封レビューをしていきたいと思います。 https://skcnat.info/we-cant-use-wowwow-without-tv/ クリックでジャンプ 購入したのはmaxzen J24SK03 同梱されていた物たち maxzen 24型テレビを買って感じたこと 軽いけどレビューで絶賛されてるほどではない 一人暮らし8畳だと24型で十分 画 ...

続きを読む

家電製品

2019/4/30

【レビュー】無くすなら新しく買え!600円のイヤホン、普通に使えるぞ

何度買ってもイヤホンをなくす!! そんな人に向けて、大学に入ってから4回イヤホンをなくした僕が、600円で買ったアマゾンのイヤホンの3ヶ月使用レビューをしていきたいと思います! パナソニック カナル型イヤホン ブラック RP-HJE150-K created by Rinker パナソニック(Panasonic) ¥825 (2021/11/30 18:12:28時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 結論から言うと普通に使えるし、不満は(そんな ...

続きを読む

follow us in feedly

関連記事

家電製品

テレビを0円でもらった話

家電製品

手元でオンオフできる照明を購入したら生活リズムが改善された話

家電製品

iPhoneユーザーはAnkerのSoundCore miniを購入してはいけない

家電製品

オキュラスクエストの鼻の隙間を埋めるパーツが快適だったので紹介

家電製品

【人柱レポ】評判最悪?詐欺?怪しいTecobuy.jpで買い物をしてみた結果と口コミ

家電製品

財布を落とした絶望→忘れ物防止タグのTile Slim とMYNT ESを購入して対策した
no image

デジタル機器 ランニング 家電製品

【レビュー】iwownfit GPSウォッチをランニング用に購入

家電製品

【開封の儀】maxzen J24SK03が届いた!16000円で買えるのに超軽い!

家電製品

【レビュー】無くすなら新しく買え!600円のイヤホン、普通に使えるぞ

家電製品

【レビュー】僕がGoogle Home Miniを2週間足らずで手放した理由

家電製品

【レビュー】掃除ロボ iLIFE 7sProを開封!2週間くらい使った感想!

家電製品

【実体験】AliExpressが届かない?配送方法ごとの所要時間をまとめたぞ

家電製品

ドンキの完全ワイヤレスイヤホンが片方しか接続されないときの解決策

家電製品

【レビュー】AnkerのPowerCore10000を購入。外出時の安心感が良い。

家電製品

先月買ったBluetoothスピーカーを1ヶ月間で一度も充電しなかった結果…!

家電製品

QTOPの25時間駆動Bluetoothスピーカー「Punker」を購入したぞ!

家電製品

一人暮らしでテレビが無くても5000円でフルセグを見られる!DXメディアコンセントをレビュー!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋