デジタル機器

財布を落とし絶望→忘れ物タグのTile Slim とMYNT ESを購入

皆さんは財布を落とすことってありませんか?

財布落としたりどこかに忘れてきたりすると絶望的な気持ちになりますよね。

僕も先日その絶望的な気持ちを味わいました。

もうこれ以上財布を落として絶望的な気持ちを味わいたくないと思ったので、忘れ物防止タグを購入することにしました。

財布を落として駅と家の間を7往復

つい先日、電車に乗って出かけようとして僕は駅に向かっていました。その日はとても風が強く、冬の冷たい風が吹きつけていました。そんななか、何を思ったか普段は全くそんなことしないのにぼくは走って駅に向かいました。

僕はその時、ついに3日前に新しくしたダウンを着ていたのですが、そのダウンには罠が潜んでいました。

そのダウンの左右2つずつのポケットのうち、それぞれマジックテープの付いていない下のポケットは非常に角度が浅くものが飛び出る仕様になっていたのです。

それを知らない僕は、その浅い方のポケットに財布を入れたまま駅に向かって走り続けました。そして駅に到着して早く電車に乗らなくてはと改札に入ろうとしたところ体中のどこにも財布が入っている感触がありません。その時僕がリュックなど荷物を入れるものは何も持っていませんでしたので、完全に財布をなくしたのだということに気づくのに時間はかかりませんでした。

そして僕が猛スピードで家から駅までの道を引き返し、どこで落としたのか探しに行きました。

しかし、何往復しても足元を見ても道の脇にあるブロック塀の上を見ても、どこを探しても全く僕の財布は見つかりません。

こんなに早く戻ってきたのだから見つからないなんておかしいと思い、駅に行くたびに交番と駅員さんに聞き、道中の大工さんにも聞き、ガソリンスタンドの店員さんにも聞き、マンションの管理人さんにも聞きとひたすら財布を探し続けましたが全く見つかりませんでした。

そして、6往復したところでようやく途中の建築現場のブルーシートの下に財布が隠れていたの発見しました。

その日は風が強かったせいで、建築現場のブルーシートがなびいてその苦しいとか財布を覆い隠してしまっていたのです。

「どおりで見つからなかったわけだ」と納得すると同時に、見つかったことに対して凄く安堵しました。

絶対に財布をもうなくすまいと決意しました。

そこで購入に至ったのが忘れ物防止タグです。

自分はそそっかしい性格なので、どんなに気をつけたところで物をなくしたりするのは避けられません。

そこで自分でもできる対策は忘れ物防止タグしかないと思い購入を決意しました。

購入したのはTile SlimとMYNT ES

僕が購入したのは上記の2つの忘れ物防止タグです。

Tile Slimというのは、忘れ物防止タグで有名なTileのカード型バージョンのことです。

少し分厚いですが、クレジットカードのような大きさの角内になっているので財布などに違和感なく入れることができます。

Tile Slimの特徴

このTile Slimカードタイプの弱点としては、

  • 構造上電池交換ができず購入から1年間しか使用できない
  • そのくせ値段が3500円とかなり高い

というのがあります。正直言って金がない人にはかなりオススメできないのですが、それでも僕が購入したのには理由があります。

それは、タイルスリムのカードタイプは盗難の時にも役に立つ可能性が高いからです。

つまり、普通の忘れ物防止タグを財布の中に入れようと思った場合、ストラップのような形で財布に付けておくか、それか小銭入れの中に直接入れる位しか方法がありません。

しかし、そうなると財布が盗まれた時に本人に詰め物防止タグがついていることを簡単に発見されてしまいます。

しかし、Tile Slimカードタイプの場合、カード入れのところに自然に入っている上、真っ黒なカードなので何が何だかよくわからず、発見されづらいです。

盗んだ人が現金やクレジットカード以外にもメモくれずそのまま放置というような場合には大薬も発見されず、自分で場所を探してて本人の居場所も一緒に突き止めることが可能です。

ということで、財布を落とした場合だけでなく盗まれた場合などにも防犯性能が高いのではという意味で外違和感のないTile Slimカードタイプを選択しました。

MYNT ESの特徴

ちなみにTile Slimの他に購入したMYNT ESについては、何レビューの評価が高かったのと、価格が安かったから購入したというだけです。

ちなみにデビューにはこの商品を使うと1情報や連絡先等の情報を謎の中国企業にもうサーバーに送信されるので気をつけてくださいというふうに書いてありましたが僕の場合は全く気にならなかったので普通にそのまま購入しました。

僕のような一個人の個人情報をそんな中国企業にとられたところで何か意味があるのかよくわからないと思ったので全然気にしていません。

実際に忘れ物防止タグを使ってみての感想

忘れ物防止タグのセットアップの方法などについては他のブログに書いてあるので参考にしてみてください。

ここでは僕が実際に2週間ほどているSlimと上記の忘れ物タグを使ってみて感じた感想を書いていきたいと思います。

ちなみに、僕はTile Slimのカードタイプを1つとMYNTESを2つ購入し、Tile Slimのカードタイプを財布に、MYNTESのうち1つを鍵1つは必要なものが出てきたときに別に使うことにしておいておきました。

そして、この2週間の間で鍵を探す事はなかったので今回ここで書く感想は主にTile Slimカードタイプの感想になります。ご容赦ください。

まず忘れ物防止タグを導入して1番に思った事は

さすがに1週間で劇的な効果がわかるほど頻繁に物を落とさない

という事です。

1週間に1度財布落としたりなんてしないし、毎週鍵をなくしたりもしません。なので、落し物防止タグとしての役割は特に果たされませんでした。

しかし、家の中で財布や鍵の場所がわからなくなったときににはこのTile Slimカードがとても役に立ちます。

この1、2週間の間だけでも、僕は2回Tile Slimを使って財布のありかを探しました。

アプリからTile Slimを呼び出すことで、ぴぴっと音を鳴らしてくれ、簡単に見つけることができます。非常に助かりました。

接続が切れやすくなかなか再接続しない

しかし、Tile Slimにも使っていて困ったこともあります。それは、Tile SlimとスマートフォンのBluetooth接続が結構頻繁に切れるということです。

しかも、Tile Slimとスマホの接続が切れたときに音を鳴らす設定をしていたと思ったのですが、いざ接続が切れ(一定以上の距離を離れる)ても1度も音がなったことありません。

もしかしたら単純に僕が気づいていないだけかもしれませんが、結局持ち主が接続が切れたときに気づけないのであればあまり意味がないなと思ったので、落とした瞬間に気づくのは難しそうです。

ただ、最後にどこで接続が切れたかということはしっかり記録してくれていて、アプリを見れば確認ができます。

そのため、落としものがどこにあるのかというのを探すのはそれほど難しくなさそう。

ただ、落とした場所からTile Slimもどっかに持っていかれてしまった場合には他のTileユーザのTileとすれ違う必要があるのでかなり難しそうです。

また、Tile Slimのもう1つの難点として接続が切れた後になかなか再接続をしてくれないというのがあります。

先ほどのように、家でTile Slimの入った財布をなくしてどこにあるのかなぁと思思う時などにスマホのアプリからTileを鳴らそうとするわけですが、Tileがスマホの近くにある時でもTileとスマホが接続していないとTileを鳴らせません。

それなのに、このTileの再接続には結構時間がかかるので、そこに少しイライラしてしまいます。

ですがその辺を除けば普通に便利です。鍵や財布スマートフォンなどを家の中でなくして「どこかわからない」頻繁に探すような方にはとてもオススメ。

Tile Slimのカードタイプはコスパ的には微妙かも

ここまでの紹介で、Tile Slimカードタイプがそれなりに便利で多少の欠点はあれど、それなりに使えるデバイスだということがわかっていただけたと思います。

ただし、こいつは困ったことに電池交換ができません。

1年しか使えないのに、価格が3500円もするとなると、仮に5年に1回財布をなくすとした場合、その財布を落としたことによって17,500円以上の損害が出ないのであれば、Tileを購入した分損していることになってしまいます。

なので、僕のようにメリットをあまり感じられない場合はカードタイプではなく、MYNT ESのようにもっと安いタイプの忘れ物防止タグを小銭に潜めておくほうがよさそうです。

MYNT ES以外にも電池交換可能なタイプの忘れ物防止タグがたくさんありますから、そちらを探してみるのも良いかもしれません。

まとめ

忘れ物防止タグはまあまあ便利だが、あまりものをなくさない人にとっては少しコスパが悪い(特にTile Slim)かもしれない。

というのが僕の結論です。正直に言いますと

  • 財布をなくしたところでそんなに大きな損害にならないようにお金をあまり入れないようにしたり
  • クレジットカードはあまりたくさん入れないようにしたり

する等の方法で対策できるのであれば、そこまで必須のアイテムでもないと思います。

僕はよく物をなくしますが、僕の優秀な友達には「ものをなくしたことなど数えるほどしかない」なんて言うツワモノもいます。そういう人にとってはこの忘れ物防止タグは完全に無用の長物でしょう。

ただ、僕が安いと言って購入したMYNTESの方だったら1つ1000円で買えますし、僕のように不注意方で忘れ物の多い人は普通にこれがあると、家でなくしたときに便利なので、購入するのは全然アリかと思いますよ。

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
他にもこんな記事があるよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です