カメラグッズ

naimonoLab RX100用軽量カメラグリップを使ってみた感想|純正より好き

RX100を購入しようと思っているけど、実際のところグリップっているんかな?

公式のグリップはホールド感がイマイチそう、いい感じのグリップないの?

この辺りを疑問に思っている人、多いんじゃないでしょうか。本記事ではそんな方に向けて、僕が購入したnaimonoLabの軽量カメラグリップをレビューしていこうと思います。

RX100のカメラグリップは大きく分けて2種類ある

大前提として、RX100のグリップは純正のものとサードパーティ製のものの2種類があります。

純正のものはこのように平べったく、見た目を損なわないスタイリッシュなデザインをしています。見た目を損なわない代わりに、(Amazonレビューでは)グリップとしての性能は気休め程度ともいわれています。

反対にサードパーティ製のものはどちらかというとデザインより実用性重視のものが多い感じです。僕の購入したものも思いっきり実用性重視のデザインです。

この二つを比べつつ、書いていきたいと思います。

RX100のカメラグリップってぶっちゃけ要るの?

まず最初にはっきり書きますが、要ります。別につけなくても使えるけど、何もつけないとシンプルに使いにくい!

後述しますが唯一見た目だけは悪くなるので、それが嫌な人以外は基本グリップ蟻のほうが断然使いやすいのでオススメです。

naimonoLab 軽量カメラグリップとは?

RX100には純正のアタッチメントグリップが販売されていますが、僕が購入したのは純正ではなくサードパーティ製のnaimonoLab 軽量カメラグリップというもの。

これはRX100を買ったけど純正グリップが気に入らなかった方が自分で3Dプリンタを使って制作したというグリップです。

作るのに結構な費用が掛かったのでそのままAmazonで販売してしまおうということらしい。すごい職人魂です。

naimonoLab 軽量カメラグリップの見た目

開封時はこんな感じでした。

見た目はこんな感じ。

正直見た目はかっこいいとは思いません。正面から見るとミラーレスカメラみたいな感じになります。

上から見ると継ぎ目感がバリバリあります。

底面側から見ても継ぎ目感がはっきりしてます。

naimonoLab 軽量カメラグリップのデメリット

まずデメリットは

  • 作りが荒く少し安っぽい
  • 見た目がダサい
  • 外れやすい(ことがあるらしい)

といった感じ。どれも致命的とは言いませんが、ビジュアル的にはマイナスが多いですね。

作りが荒く少し安っぽい

作りの粗さについては写真を見ていただければわかると思います。僕は気になりませんが、若干バリみたいなものもありますし、3D プリンタ特有の切削跡みたいなものが見えます。

見た目がダサい

全体のフォルムも個人的には何もつけていない状態のほうがすっきりしていてかっこいいです。たぶん純正のグリップを本体に同梱していないのはそのままのデザインのかっこよさを損ないたくないからなんじゃないかな?

ただ、電源を入れてレンズがせり出した状態になるとバランスが良くなって、ちっちゃいミラーレス一眼みたいになるので、こうなると逆にかっこよく見えます。

外れやすい?

あと、Amazonのレビューでグリップが外れやすいというものが少しだけありました。

僕は購入前にレビューを何度も見ていて、くっつけ方が甘いと外れやすいのだなと理解したうえで購入したため、装着時にかなりしっかり押し付けました。そのおかげか今のところ全く外れそうな感じはありません。

購入時のマニュアルにも「外れやすいので二重に強く接着してください」と書いてありますし、これにちゃんと従えば特別外れやすいこともなさそう。

naimonoLab 軽量カメラグリップのメリット

メリットは

  • 握り心地が素晴らしい

この1点につきます。何もつけない状態だとつるっつるなので本当に一切引っ掛かりがありません。ポーチやポッケから取り出そうとするときにも引っ張り出しにくい。けどこれがあることによって、コンパクトなのにグリップ面での不利が一気に解消されます。

しかも、このグリップの素晴らしいのがその形。わざわざ3D プリンタで作ったというだけあって手の形にすごくよくフィットします。ミラーレスみたいな見た目になりますが、握り心地もミラーレスみたいな感じになります。

純正のグリップだとおそらくカメラにとっかかりができたくらいでないよりマシ程度だと思いますが、このグリップはグリップがついている+使い心地も良いのでワンランク上の使い心地を実現しています。

naimonoLab 軽量カメラグリップを使った感想まとめ

まとめると、

デザインが気にならなくて、実用性重視の人には純正グリップよりもおすすめ

って感じ。実用性を重視しているのであれば間違いなく純正グリップよりこっちのほうが使いやすいのでそこは自分の感覚で決めてもらえればと思います。

以上、naimonoLab 軽量カメラグリップを使った感想でした。

RX100 レビュー|スマホに高画質求めるよりこれ買おう

続きを見る

-カメラグッズ

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。 欲しいものリスト(https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/BKDX9Y21FMBQ?ref_=wl_share)

© 2021 とおるの部屋