【テニス】ボレーは必ず小指側から握り込まなければいけない2つの理由

スポンサーリンク

ボレーは小指側から握り込め!そう口を酸っぱくコーチに言われていませんか?

 

別に小指からじゃなくてもいいじゃん!そう思っていた時期が僕にもありました。

 

しかし、ある程度ボレーを打てるようになった今はっきりいえます。「ボレーは必ず小指側から握り込むべきだ」と。

 

この記事ではその理由について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ボレーは必ず小指から握り込むべき理由

 

ボレーは必ず小指から握り込むべき理由は、小指から握り込むことによって

 

  • ラケットの面の向きが変わらないため安定する
  • 勝手にバックスピンがかかり低い打点を強いることができる

 

などの効果が得られるからです。詳しく説明していきます。

 

 

ラケット面の向きが変わらない

 

なぜ小指側から握り込むことで面が安定するのかというと、小指側から握り込むことでグリップ側からラケットが出て、ラケット面が前後にお辞儀する動きや、左右にバイバイするような動きがなくなるからです。

 

左右にブレず、面が返ることさえなくなればボレーのミスはかなり少なくなります。ボレーは本来非常にシンプルなショットですから、余計な面の動きさえなくなればミスショットは格段に減るのです。

 

真横からみても真正面から見てもラケットが動かないで打てるボレーが理想ですが、小指(グリップ側)から握り込むことはそれを実現するための大事な一つの要素なのです。

 

 

自然とスライス回転がかかる

 

また、小指から握り込むことでボレーには多かれ少なかれ自然にバックスピンがかかります。

 

テニスでは基本的に、面の向きとスイングの向きが違うときにスピンがかかります。面に対して垂直より下方向にスイングされればバックスピンがかかるし、垂直より上方向にスイングされれば順回転がかかります。

 

ボレーの場合は小指から握ることで下方向に力がかかり、バックスピンがかかるのです。逆に親指方向にスイングすればドライブボレーになります。

 

バックスピンのかかったボールはあまりはねませんから、ストローカーにとっては厄介な球になります。

 

ダブルスのストロークは沈めたりロブで陣形を崩すのがセオリーですが、低く跳ねない球をロブでコントロールしたり沈めたりするのはかなり難しいので、ボレーにスライス回転がかかるとかなりボレー有利になるのです。

 

とは言っても、このスライス回転は意識的にかけるのではなく、あくまで「自然に」を意識しましょう。

 

ラケットを小指から握り込んだら自然にバックスピンがかかったというくらいの回転で十分です。

 

あまり意識的に切ってスライスをかけようとすると逆にラケットが動いてしまってミスにつながりますし、ボレー自体に威力も出ません。

 

あくまで「自然な」バックスピンを意識しましょう。

 

ロブも打ちにくい、沈め球も打ちにくい、そしてパワーのあるボレーを打てるようになれば並行陣で思うようにポイントできる日も近いでしょう!!

 

 

まとめ

 

ボレーは絶対小指から握るべき

 

→面の動きがなくなりミスが減る
→ボレーにバックスピンがかかりボレー有利になる

 

です。ボレーは必ず小指から握る。誰がなんと言おうと、これは絶対不変の真理(多分)です。

 

もしあなたが以前の僕みたいに人差し指でボレーしているとしたら、小指から握るように意識することで必ずワンランク上のボレーが打てるようになると思います。

 

ぜひぜひめげずにチャレンジしてみてください!

 

それでは!

テニス上達ボレー
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。
大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。
コメントとかもらえると嬉しいです。

のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント