クロスバイクの旅

メリダ グランスピード80-MDがきた!!最初にやるべき作業と初乗りの感想!

やったー!!ついにずっと欲しくて購入したクロスバイク、メリダ グランスピード80-MDが家に到着しました!!ずっつずっとクロスバイクが欲しかったので、あまりの嬉しさからこの感動を書き残したいと思い、筆をとった次第です。

しかし僕が嬉しいことを書き殴るだけでは特に読んでもらえることのない記事になってしまいますから、この記事ではクロスバイク初心者の僕が購入した嬉しさを書き殴るとともに

通販で届いたクロスバイクを

  • 乗れる状態にする過程でどんなことをやったのか
  • どんなことで苦労したのか
  • 乗り心地はどうだったのか

といったことについて解説していきたいと思います。

ちなみになぜグランスピードを選んだのかについてはこの記事に書いてるので同じようにクロスバイクをどれにしようか悩んでいる初心者の方がいたら参考にしてみてくださいっ!

 

クロスバイク初心者の僕がメリダ グランスピード80-MDを選んだ理由速く漕げるクロスバイクがほしいと思った僕が、数あるクロスバイクの中からメリダ グランスピード80-MD2019年モデルを選んだ理由を説明...

 

簡単にいうと信頼できそうな僕の好きな雰囲気のブログにお勧めとして挙げられており、その理由も納得できるものだったからです。

 

注文から5日後に巨大な箱が到着!

僕は大阪の自転車屋さんであるカンザキバイクさんから、メリダグランスピード80-MDというクロスバイクを購入しました。

お正月の2019年1月2日の深夜に購入したのですがカンザキバイクさんは4日までお正月休みだったので6日に発送していただくことになりました。

普段は注文を受けてから1,2日で発送してくれているようです。僕の場合も注文受付メールから1日で発送していただきました。

そして注文してから5日後の1月7日に無事巨大な箱が届きました。

中にはいってる大量の梱包材をすべて取り出すと自転車がでてきました。ふおおおおお!

自転車の最後の組み立てに苦戦

写真を撮り忘れてしまったのでわかりづらいかと思いますが、到着時には自転車はほぼ完成してはいるものの、、サドルと前輪は外してありました。なのでこの2つは自分でつけなければなりません。ちなみに作業に必要な六角レンチは付属していました。

サドルの取り付けに関しては普通のシティサイクルと何ら変わらないので簡単だったのですが、問題は前輪です。前輪の付け方はシティサイクルやママチャリとは全然違っていて、クロスバイクにはクイックリリース方式という仕組みが採用されています。

ママチャリだと前輪を外すのはそうとうの重労働ですが、この仕組みのおかげでクロスバイクだと工具も使わずレバーを引っ張って軸を引っこ抜くだけで簡単にタイヤが脱着できるようになっています。しかし僕が苦戦したのはそれ以前の段階ですw

ハンドルの下から前輪に向かって2本の棒が伸びている部分をフォークというんですが、そのフォークの先をつなぐようにしてパーツが入っていて(運搬中にフォークが曲がるのを防ぐため?)このパーツが邪魔でいつまでもタイヤを装着できず、これをどうすればよいのかを考えて30分くらい何も進まず悶々としていました

結果的にはいくら調べても外し方が全くわからず、説明書にも書いていなかったのでイライラして力を入れたところ普通に外れ、そのまま特に問題なくタイヤを装着することができました。クイックリリース式のタイヤの付け方はカンザキバイクさんのホームページに載っていたので、これを参考にしました。

 

http://kanzakibike.com/kumitate.html

 

タイヤをつける際には、ディスクブレーキの場合レバーを締めすぎるとブレーキをかけていないのにブレーキと干渉するようになってしまうので、つけてみたあとに「シャー」という鑑賞音がしないかどうか確かめましょう。

僕はこれがうまく調整できず、干渉音がしない状態にしたときにリリースレバーがゆるくなってしまったため近所の自転車屋さんに頼んで締め直してまらったところ、案の定ゆるかったようで調整してもらえました。

反射板、ライト、スタンド、泥除けなどをつける

自転車に付属していたライト、反射板もつけましょう。さすがにこれらの取り付けに取り付けに苦戦する人はいないと思いますが、反射板の搭載位置には注意しましょう。通常、赤い反射板は後ろ、白い反射板は前につけるもののようです。

僕は赤白2色が入っているのは好みの色をつけるためだと思って勘違いしており、白いライトだけを後ろにつけた状態で持っていったとき、ショップの店員さんに「これ後ろじゃなくて前につけるやつですねー。赤いやつもついてませんでしたか?」と聞かれ大変恥ずかしい思いをしましたw

あなたも同じことをしないよう、くれぐれも気をつけてくださいね。

また、スタンドや泥除けがある場合はこれらもつけてしまいましょう。僕は泥除けはつけていませんが、スタンドはつけています。

泥除けは確実にあったら役立つだろうなと思っているのですが、泥除けがないほうがかっこいいと思うのでつけていません。これはもちろん泥除けをつけている人を否定しているわけではないのですが、泥除けつけるとどうしても小学生の頃に乗っていたマウンテンバイク(っぽいやつ)を思い出してしまうんですよね…。なので泥除けはつけてません。

そして、スタンドは自転車屋さんでつけてもらいました。自分でつけられるかなーと思って作業してくれているところを見ていましたが、実際少し手先が器用な人なら調べればできそうな感じに見えました

ただ、自分でやるよりプロに頼んだほうが早いのは間違いなさそうです。また、僕のように自分の整備した自転車なんて不安で乗れないという人はプロに頼みましょう。いつ脱輪するのかとか不安に思っていたら自転車なんて乗ってられませんからね。

僕がお店でやってもらったこと

僕はクロスバイクに関しては本当に素人で何も知らなかったので、自転車は通販で買っても整備その他いろいろなことを近所の自転車ショップに持っていってやっていただきました。

  • 空気圧のチェック
  • 空気入れ
  • タイヤやサドルの簡単な点検
  • スタンドの購入と取り付け(約4500円)
  • 防犯登録(500円)

カッコの中に書いてあるのは大体の費用です。スタンドはBBBというメーカーのスタンドを取り付けてもらいました。多分これですね。後でアマゾンで調べたら見た目が同じやつがあったのでこれだと思います。

 

3800円+工賃といっていましたからだいたいアマゾンより500円位高いみたいですが、すぐに取り付けてほしかったしまたアマゾンで注文して発送を待って自転車屋さんに行くのも面倒だなと思ったのでその場で取り付けてもらいました。作業時間は10分もかかってなかったと思います。

お店にネット購入自転車を持ち込む際の注意点

ちなみに空気入れと空気圧のチェックは1軒目のお店で、それ以外は2軒目のお店でやってもらったのですが、1軒目のお店ではネットで購入した自転車の整備はやっていないよと言われました。責任的な問題もあってやっていないのかもしれません。基本的には購入した店舗に行くのが一番簡単だと思います。

お店に行く際にはネット購入の自転車はこのように整備してもらえない場合もあるので、不安だったら事前に電話するなりして聞いてみてください。空気入れ作業は意外と無料でやってくれるお店も多いので自宅に空気入れがない場合も近所のお店に行ってみるといいかもしれませんよ。

ちなみに防犯登録の際には購入時に貰った書類が必要になりますから、忘れずに持っていくようにしましょう!

グランスピード80-MDに乗ってみて

乗ってみて一番最初に思ったことは

あれ、意外とスピードでねえぞ?

ってこと。以前親に貸してもらっていたメリダ クロスウェイシリーズに乗っていたときと比べても、圧倒的に速いなんてことはありませんでした。まあ価格もそんなに変わらないし、そんなものか。と納得しました。

しかし、3日間乗り続けて明らかな違いを一つ感じました。乗り心地がマイルドなんです。グランスピードのほうが明らかに衝撃が弱く、こもった感じの少し軽減された衝撃が伝わってくる感じがあります。これはめっちゃいい!

もちろんクロスウェイもグランスピードもかなり空気圧をあげているので、段差とかに乗り上げると結構な硬い衝撃が来るんですが、その同じ衝撃が若干吸収されている感があります。おそらくクロスウェイではアルミ製だったフォークが、グランスピードではカーボン製になっているのが大きいのでしょう。

この違いは10km以下の比較的短距離の街乗りをする際にはそこまで問題にならなそうですが、より遠くに行こうとすると一回一回の衝撃の強さの違いが積み重なってアルミとカーボンの大きな違いになるという前評判は、僕の場合にもまちがってなさそうです。

 

そしてもう一つ気づいたのが、漕ぐのがマジで楽ってこと。ママチャリでは10回漕いで進んでいた距離をこいつだと4回くらい漕げば進めるみたいなイメージで、明らかに少ない回数で同じ距離を進めます。漕ぐのを止めてから惰性で進む距離が長いので、信号の50mくらい手前で漕ぐのをやめても信号手前で止まらなかったりしますw

スピード以上に、少ない回数で進めることに大きなメリットを感じましたね。

デザインがすごくかっこいい…

これはもう言うまでもありませんが、デザインがマジでかっこいいです。よくよく見るとほぼ真っ黒なだけなのですが、もうかっこよすぎて惚れました。盗まれるのが嫌すぎて、長く使いたい気持ちが強すぎて使わないときには部屋の中まで運んでいます。いつまで続くかわかりませんが、とうぶんは家の中で保管しておくことにします。

シンプルすぎる気がしないでもありませんが、僕はこのデザインに惚れたのでずっと愛着を持って使い続けられると思います。サイコーです。

自転車を買いたいと思っているなら、自分が惚れられるデザインかどうかは思っている以上に重要ですよ!(笑)

ってことで今回は終わりにします。最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
こんな記事もあるよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です