【運営報告】文系大学生のWordPressブログが2ヶ月経過!【PV・収益など】

こんばんは!久しぶりの雨模様で空気が潤うのを感じています。

昨日部屋を大掃除しました。普段は床に散らかったものやビニール袋、ティッシュとかこまごまとしたものを捨てて床を掃いて終わるのですが、昨日は、たまりにたまったダンボール、プリント、いらない教材などが押し込められた収納スペースからすべてを一掃し、根本から整理整頓しなおしました。

部屋を掃除するのってめちゃめちゃ気持ちいいです。おすすめです。掃除したことで、探しても探しても見つからなかった僕の初代デジカメなどいろんなものが見つかりました。掃除すると捜し物が出てくるので探しものがある方、掃除するといいかもしれません。

余談でしたね…。

さて、全く予備知識のない文系大学生の僕ですが、Wordpressでブログを始めてから約2ヶ月が経過しました。

2ヶ月という短期間でブログに挫折し、そして再開した僕が、この2ヶ月間を振り返っていきます!

それではいってみましょう!

サイト立ち上げ後のサボり

img_0003

このブログを作ったのは約二ヶ月前です。ちょうど、時間を犠牲にしてバイトをすることに疑問を感じていた頃で、始めた当初の動機はブログで広告収入を得てみたい!」です。

このブログを始めた時期は、大学生活でテニスしかやらずに終わるのではないかと危機感を感じていた頃でもあります。バイトでどんなに大変な思いをしても給料が増えることもないし、続けることで自分が得られるものなどないのではないか。

バイトでボロぞうきんのようにコキ使われてお金を稼ぐだけなら誰でもできます。だったら、大学生のこの暇な時間を活かし、なおかつ自分のためになりそうなやり方でお金を稼ぎたかったい。そう思ってブログを始めました。この頃は、続けることが得意な自分なら出来るだろうと思っていましたね。

始めてから4、5日は意気揚々と書いていたのですが、初めは全くアクセスがありませんでした。そこからは実生活が忙しくなっていき、ついには更新が止まってしまいました。誰も見てくれないなら書かなくていいやと挫折したのです。そこから一ヶ月くらいブログを放置していました。

ところがあることがきっかけで再び更新を再開しました。

僕が新しくカメラEOSM3を買おうとしていたときでした。インターネットでさんざんカメラのレビューをを物色していると、なんだか見覚えのある記事が。

%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c

なんと検索結果の1番上に自分の記事が出てきました。(スクショしようとしたら4番目になっていました)

当初は意味が分からず「は???」って思いました。これ自分の??と思いつつもページを開いてみると、やはり自分の書いたものです。本当に驚きました。こんなにテンションが上がったのは久しぶりです!

そこでGoogle Analyticsでアクセス解析結果を見てみると、以前は1もなかったpv数が、先月はなんと400pvくらいになっていました!なんということでしょう。

ほっておいただけなのにアクセスがこんなに増えているということは、ちゃんと更新したらもっと増えるのでは??と調子に乗り、更新を再開しました。

こうして、僕はまたブログ更新を再開することができました。

この記事では、約1ヶ月強の放置期間をはさみながらもブログを2ヶ月間つづけてきてわかったことや、アクセス数などのブログの運営状況はどう変わったのかなど、報告しようと思います!

スポンサーリンク

運営状況

  • セッション…191
  • ユーザー …78
  • pv…444
  • ページ/セッション…2.32
  • 平均セッション時間…3:24秒
  • 直帰率…4.19%
  • 新規セッション率…40.84%

こんな感じです。でも、ここでひとつ疑問が浮かんできました。直帰率が低いのです。他のサイトでは40%とか書いてあったので、なんだかおかしいと思って調べました。直帰率が低すぎるのは、Google アナリティクスのトラッキングコードの重複が原因らしいです。

これが間違っていると、一回の閲覧で2ページ見たことになるらしく、これが他のデータも狂わせているそうです。なので、早いうちに調べなおしてみようと思います。

【追記】2017/11/01

調べたところ、トラッキングコードが重複していました!残念ながら一回の閲覧が2回分の閲覧として記録されているようです。単純にPV、ページセッションは半分となります。直帰率も4%より大幅に高いと思われます。残念。

追記ここまで

仮にトラッキングコードの重複が起こっていた場合pvは半分、ページ/セッションも半分、直帰率は大幅に大きくなるようです。残念。しかしそれにしても見てくれる人がいるのは事実なので、サイトが成長することを願って記事を書き続けたいと思います。

それでは!