テニス

フルリモートで鬱っぽかったけど早朝テニスをしたら改善したよ

four men playing double tennis during daytime

最近ずっとフルリモートワークで鬱っぽい症状が出ていましたが、テニスベアというサイトを使って早朝テニスをしたところ、症状が著しく改善したのでその話です。

フルリモートワークで鬱っぽい方で、テニスが好きな方にはオススメです。(そんな方は結構限られるなと書いていて思いましたが、、)

フルリモートワークで鬱っぽかったときの症状

具体的には、こんな症状がありました。

  • 何となく気分が落ち込む
  • 仕事のやる気が出ない
  • 集中力が続かない
  • 日々に充実感を感じない
  • 誰とも話さないので寂しい
  • 前向きに頑張ろうと思えない

仕事のやる気も出ず、日々を充実して過ごせない感じでした。

自殺するとかそこまではいかないものの、朝から晩までなんとなく「しんどいな…」と思い続けていました。

改善するためにランニングをしており一定の効果は見せていたものの、ランニングをしてもランニングそれ自体はあまり楽しくないし、ランニングをしても気分が塞ぎこむ日はあったのでどうしたものか…と思っていました。

テニスベアで勤務時間前にテニスをできることを知る

このブログにはテニスの記事がいっぱいあることから分かる通り、僕は以前(学生の頃)はしょっちゅうテニスをしていました。

元々テニスは好きだったのですが、社会人になって「時間」「コート確保」「仲間」の3点がネックになって全然テニスをしていませんでした。

しかし、テニスベアというサイトを使うと自分の家の近くで、しかも勤務前の時間帯にテニスができるとのこと。なにそれすごい。

知らない人とテニスすることになりますが、ちょっと勇気を出して平日早朝テニスを入れてみることにしました。

早朝テニスをしてみた結果

特に精神的な効果がすさまじかったです。具体的には下記の感じ。

  • 純粋にとても楽しい
  • 塞ぎこむ感情が消えた
  • 仕事を頑張ろうと思えるようになった
  • 集中力が上がった
  • 意欲が増して行動的になった
  • 夜気持ちよく寝られるようになった
  • AppleWatchのムーブリングを達成できるようになった
  • さみしい気持ちがなくなった
  • 面倒な作業を後回しにしなくなった
  • 無断キャンセルは失礼なので早起きできるようになる
  • 友達が増える

もちろん肉体的に健康になった感じもしますが、正直体重とか体脂肪率とか計っていないので身体的な影響は不明です。

強いて言うなら鏡で見る顔つきが少し健康的になった感じがするくらいですかね。

特に、塞ぎこむ感情が消えて仕事に前向きに取り組めるようになったことがとても大きいです。仕事に前向きになれず頑張れない自分を責め続ける毎日はとてもしんどいので、前向きに過ごせることがとても嬉しい。

ちょっとお金はかかるものの(一回2,000円弱)、テニスサークルとかと比べるとそれでも安いですし、これだけ心身に良い影響があるのなら全然払います。必要経費です。

早起きする理由ができますし、本当に最高です。

フルリモートワークで鬱っぽい方にはテニスベア、おすすめです

僕のようにたまたま勤務時間に合わせられる時間帯に近くでテニスが開催されている人ばかりではないかと思いますが、リモートワークで気持ちが落ち込んでいる同じような方がいたらテニスベアでの早朝テニスはとてもおすすめです。

でもこれも子供とかいたらできないのかなあ…朝は料理とか、子供の送り迎えとか必要ですよね。難しい。

↑僕のバイブルです。精神科医の方が書いた本で、運動のメンタルへの影響をエビデンスを添えて事細かに記載してくれています。読むと運動モチベが上がるのでお気に入りの本です。

-テニス

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2022 とおるの部屋