免許を絶対取りたくないADHDマンが免許を取ったら楽しかった話

2022-05-09

parked white Ford Explorer SUV

自動車運転免許なんて絶対取りたくない!

この記事を読んでくれているあなたもそんな思いがあるのではないでしょうか。

私もそんな考えをしている人の一人でした。

しかし、親に勧められるまま渋々免許を取って1年。思いのほか「取って良かったな~」と思うことが多かったので、何が良かったのかを免許取りたくない勢の視点から書いてみたいと思います。免許、意外といいですよ。

僕が免許を頑なに取らずにいた理由

下記が主な理由です。

  • 必要性を感じていなかった
  • 免許を取りに行く時間とお金が勿体ないと考えていた
  • 注意散漫なので運転しないほうが良いと考えていた

上記3つはどれも同じくらいのウェイトを占めていました。

必要性を感じていなかった

そもそも車自体に必要性を感じていませんでした。

当時東京の大学にいたこともあり、日常で車の必要性を感じることは皆無。

そこら中に駅があり長距離の移動はほぼ電車でしたし、近場の移動は自転車を使えば事足ります。

別に車なんてなくてもどうとでもなるし、どうしても必要になったらその時に取ればいいだろって考えていました。

また、必要になる頃には自動運転の技術も進歩して免許なんていらなくなってるだろーと楽観視していたのも事実です。

免許を取りに行く時間とお金が勿体ないと考えていた

免許を取るには合宿免許でも2週間ほど、30万円くらいのお金がかかります。

私の場合は恵まれたことに「免許を取るならお金は出すよ」と親が言ってくれていましたが、そうだとしても今必要性を感じていないものに30万円もの大金と2週間もの時間を使うのはもったいないと考えていたので、当時は取る気になりませんでした。

注意散漫なので運転しないほうが良いと考えていた

私はADHDです。かなり注意散漫です。

学校時代はテストのケアレスミスはめちゃくちゃ多かったし、仕事を始めた今でも誤字脱字などのケアレスミスを見過ごす回数が他の人よりも多く、上司にも指摘されます。

車の運転はときに命にかかわるものですから、そんな不注意な人間がするべきではないと考えていました。確率が低かろうとも、命は取り返しが付きませんからね。

もちろんどんな人が運転しようと不注意による事故の可能性はありますが、間違いを未然に防ぐための最も確実な対策は一切運転しないことだと思っていました。

一つ目と二つ目の理由は免許を取った今ではそれほど感じていませんが、この理由に関しては今でも正しいと思っています。

免許を取ってよかったこと

ただ、ここまでに記載した理由を考慮しても今では免許を取って良かったと感じています。具体的には下記が理由です。

  • 車の運転そのものが意外と楽しい
  • 友達とのドライブに気兼ねなく行ける
  • デートで車を運転できる
  • 趣味の一つとして話題になる

車の運転そのものが意外と楽しい

免許を取って良かったと思う理由の2番目がこれです。運転そのものが意外と楽しいのです。

免許取得前には思ってもみなかった発見でした。

アクセルを踏んで車を走らせること、ハンドルを切って方向転換をすること、自分の運転でいろんな場所に行けること、どれも楽しいです。同乗者として乗っているだけではわからなかった感覚でした。

私が取得したのはオートマ免許でそこまで色々と操作するわけではありませんが、それでも十分に楽しいのでたまーに一人で車を借りて一人ドライブすることもあるほどです。

友達とのドライブに気兼ねなく行ける

これは特に大学生の頃感じたメリットでしたが、免許を取ると友達とのドライブに気兼ねなく行けるようになります。

免許を持っていない頃はどうしても運転をしてもらう立場になるので、ドライブに誘ったり誘われたりするのに若干のためらいがありました。

これは運転してくれる人が「運転好きだから大丈夫だよ!」とかいってくれても変わりません。社交辞令で言ってくれている場合もありますから。

しかし自分が運転できるとなれば、一切気兼ねする必要がありません。複数人での旅行で運転する場合などにも、申し訳なく思う必要がありません。

自分から誘う回数が増えただけでなく、ドライブに誘われることも増えました。

大学生の頃、私の周りでは複数人で遊ぶときに思考停止的にドライブを選択することが多かったのでこれは思ってもいないメリットでしたね。

デートで車を運転できる

これが一番大きなメリットだと感じています。女の子と遊ぶときに車を運転できるとデートの幅が広がります。

別に女の子が運転する車に乗せてもらうこと自体はなんの問題もありませんが、自分が運転できないで乗せてもらうのと自分も運転できる状態で乗せてもらうのとでは全然わけが違います。

別にドライブデートができなくたって問題なんてないですが、「ドライブしない?」という話題が出たときに「ごめん、運転できないんだ」と答えなきゃいけないのはなんとなく悲しい。

これも免許取得前には全然考えていませんでしたが、今は心底「免許取ってよかったなあ」と思う理由の一つとなっています。

趣味の一つとして話題になる

ドライブが好きな人は意外と多いです。

仕事仲間や取引先、趣味仲間など新たな出会いがあったときの趣味の一つとして「ドライブ」という趣味は比較的受け入れられやすい傾向にあります。

例えば僕の場合テニスが一番の趣味ですが、テニスが趣味と答えるよりドライブが趣味と答えたほうが共通の趣味となる可能性が高いので便利です。

免許は意外と取ると便利なので食わず嫌いせずにとってみるのも良いかも

この記事を読むような方は、過去の僕のように頑なに免許を取りたくない方がほとんどだと思いますが、免許も意外と悪くないですよ。

慣れると意外に運転も怖いものではないですし、合宿免許とかで取ってみると意外とすぐに取れます。

僕みたいに「今までなんであんな渋ってたんだろう」と思うかもしれませんよ。

免許合宿ライブ

免許合宿ライブは免許合宿の口コミサイトで、免許合宿サイトにお申込みをされた方の情報(以下申込み情報/個人情報を含まない情報)を、リアルタイムで公開しています。

申込み情報を元にしたランキングも載っているので、参考になるかもしれません。

-

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2022 とおるの部屋