本の感想

「苦しかった時の話をしようか」を読んだ感想

2020-02-27

就活、これからの自分のキャリアを悩んでいる僕が、USJを復活させた森岡毅さんの著書、「苦しかった時の話をしようか」を読んだのでその感想を書いていきたいと思います。

この本を読んで得た知識

  • 資本主義社会で成功するのに必要なこと
  • 自分の強みを知る具体的な方法
  • 自分をブランディングする方法とそのコツ
  • プロとして働くということはどういうことかに対する具体的なイメージ

この中で僕にとって目新しいと感じたのは、自分をブランディングする方法、プロとして働くことに対するイメージです。

資本主義社会で生き残る、成功する方法とかその辺のところは特段目新しさを感じることはありませんでした。

今までキャリア系の自己啓発本(金持ち父さん、貧乏父さん、転職の思考法など)やビジネス系ユーチューバーの動画で何度も言われてきていることだし、自分の強みを知る方法は「絶対内定」や「ストレングスファインダー」、「メモの魔力」、「人間は9タイプ」でさんざん書かれていましたから。

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥2,959 (2021/11/30 15:36:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,469 (2021/12/01 08:45:40時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、この本によると資本主義社会で生き抜くためには

  1. 人々により求められる職能を
  2. より儲かる業界で
  3. 高いレベルで手に入れる

これが重要になってくるそうです。

そしてもっと言えばこういった能力を獲得することは重要ではあるものの、最も重要なのは

労働者ではなく資本家になり、自分の24時間でお金を稼ぐのではなく他人の24時間を使ってお金を稼ぐこと

です。考え方の賛否はともかくとして、的を射ていると思いました。

また、この本によると私達の強みの見つけ方は

自分が好きなことを少なくとも50個以上書き出して、その行動がT(Thinking)C(Communication)L(Leadership)いずれに分類されるかを考え、最も多いものがその人の能力だということになるそうです。

僕もやってみましたが、僕の場合まず2点でつまづきました。

  1. そもそも自分の好きな行動が、T、C、Lどれに分類されるのかが不明
  2. どれもちょこちょこ当てはまるが、どの要素も本質的には自分に当てはまるとはあまり思えない

という2点です。

1点目について例えば、「運動するのが好き」とかって、どれに当てはまるんでしょうか?

2点目についても、僕は考えることは好きだけれど自分の論理的思考力が優れているとは全く思わないですし、

コミニケーションは好きだし人と関わることに抵抗はないけど、必要のない付き合いは極力避けるような性格的傾向があるから社交的かと言われるとよく分かりません。

リーダーシップを取るような役割を任された経験は何度もあるけど、自分にリーダーシップとかチームをまとめる能力、資質、熱量があるとは微塵も思えません。

なので、この分類法は僕にはあまり向いていないという結論になりました。

この本で学んだことをすべてここに書いてしまうとネタバレになってしまうので、この中でも僕の印象に残った2つについて僕なりに解説していきたいと思います。

自分をブランディングする方法とそのコツ

著者は、面接やビジネスの場すべてに通用する普遍的なアドバイスとして、「自分をマーケティングし、ブランディングすることの重要性」を強調しています。

どのフィールドで、誰に対して、何の価値を、どんな根拠を以て、どうやって伝えていくのか。これらをはっきりとイメージしてマーケティングし、それに沿った行動や振る舞いを心がけていくことで、次第に自分自身がそのブランドに近づいていき、最終的にはよどみなくブランドイメージそのままの自分を完成させ、受け入れてもらうことができるようになるといいます。

これを図にして分かりやすくしたものが、ブランドエクイティピラミッドと呼ばれる、階層を持つ三角形です。詳しいことは本に書いてあるので、これでもわからない場合は本を買って読んでみてください。

プロとして働くということはどういうことかに対する具体的なイメージ

次に印象に残ったのは、まさに本書のタイトルである「苦しかった時の話」です。

ここでは筆者の森岡さんが新人のころ仕事でプライドをずたずたにされた時のことや、その後アメリカに渡って、仕事でいじめみたいなことをされたりしたときの話が、事細かに、そしてリアルに描かれています。

元々娘さんに向けて書いた文章というだけあって、当時の状況がリアルに、且つ生々しく書かれているのが印象的でした。

本気で志を持って働く、プロとして一人前に働くということはハンパな覚悟でできることではないのだなと、これを読んで実感しました。

まとめ

尊敬する知り合いの先輩から大絶賛されて翌日本屋に買いにいった本の一つがこれだったのですが…。

「自分のブランディング」と「苦しかった頃の話」以外はなんだか既視感のある内容でそこまで強く感銘を受けるということはありませんでした。

ただ、既視感があるとはいえ「会社と結婚するな、職能と結婚せよ」の言葉に、僕が以前から心のなかに抱いていた「カメラマンとして技術や付加価値を出して生きていくという選択肢」の後押しをされたのは、間違いないです。一昨日こんな記事を書いたというのに。

https://skcnat.info/quit-deciding-to-work-by-what-i-like/

明日の自分が何を考えているのか、わからないものです。

本はその時々によって受ける印象が変わるものですからまたしばらくとっておいていつか読み返してみたら受ける印象も変わるかもしれません。とりあえず置いときます。

created by Rinker
¥1,336 (2021/11/30 15:36:35時点 Amazon調べ-詳細)

-本の感想

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋