利用しないとマジで損する神サービス(30日間無料

どれも無料期間に解約すれば1円もかかりません!

本の感想

江國香織の小説「東京タワー」の感想。どこが面白いのか童貞大学生には理解出来ず。

普段は本を読まない僕が珍しく最近小説にハマっております。そんな中江國香織さんの恋愛小説「東京タワー」を読んでみた感想をつらつらと書いていきたいと思います。

読んでみたいと思っている方のちょっとした参考にでもなれば良いな。

 

結論→全然面白くない(訳:童貞男には理解不能)

結論だけ言うと全然面白くなかったです。いや、「面白くない」というと少し語弊があります。僕にはこの小説の面白みがわからなかったといったほうが正確かも。

そもそもこの本を手にとったのは、ネットの「絶対読まなきゃ損!大学生におすすめの恋愛小説ランキング」みたいなありきたりなタイトルの紹介記事に載っていたからです。

https://honcierge.jp/articles/shelf_story/725

おすすめというからには何かしら記事を書いた人の印象に残る部分があったのかな、と思い手にとってみましたが、僕の心には特に響くものがなく。やはり本を読んで感じる感想なんて人それぞれだなぁと痛感しました。

その記事を書いた人を責めているわけでもつまらない本を掴まされた責任を転嫁したいわけでもないのですが…。

 

つまらないと感じた理由は2つ

なんでつまらなかったのかを分析してみると、2つ理由がるように思います。それは

  • 主人公に全く共感できなかったから
  • 書かれている世界があまりにも普通の日常だったから

この2つです。

 

主人公に全く共感できず

主人公は2人いて、ふたりとも人妻と付き合っている男子大学生です。透は詩史と、耕二は喜美子と関係を持っていて、耕二は大学生の由利とも付き合っている、という設定です。人妻と付き合っているという設定から僕にとっては非現実的というか、僕にとってあまりにも遠く、未知の領域過ぎました。

  • どういう暮らしをしていたら人妻と付き合うことになるのか
  • なぜあえて年のいったおばさんを選ぶのか
  • 作中に再三描かれる人妻のといる時の幸福感ってどんな感じなのか
  • デートしてセックスしてを繰り返す人生を過ごすとはどんなことなのか
  • それって楽しいのか?
  • 楽しいとしてどういう感じの楽しさなのか?

作者がほとんど僕の両親位の年齢なのもあって、だいぶ頭に思い描く時代が違うのかもしれませんが、僕にとっては知らない世界です。上記のような疑問のが頭に浮かんできますが、どれも経験がなさすぎて全然ピンときませんでした。

 

なんかリアルすぎ

あとは描かれている世界があまりにも普通の日常だって書きましたが、要するに僕は小説には現実にないようなフィクションを求めているってことです。それはもちろん意識的じゃなくて潜在的にってことです。

個人的には、小説の中には小説の世界があってほしくて、現実世界みたいにリアルじゃなくても良いんです。

僕らが生きている現実では、人の気持ちとか、はっきりしないことが多いですよね。目に見えるもの(小説でいう一つ一つの人物描写)にはっきり人の気持ちが現れていたり、実は全然そうじゃなかったり、相手の気持ちをわかったような気になっていたら、それは全部自分の勘違いだったり。

例えば、僕の友達が、陰で僕について不満をこぼしていたという噂を聞いたとしても、それが必ずしも僕のことを嫌っていたり陰口を叩いているわけじゃないように、真剣に悩んでいるように見える人が実は何も考えていなかったりするように、すごく怒っている人が本当に怒りを向けていたのは自分自身であったりするように、目に見えるところだけでははっきりわからないことがごく当たり前なのが、現実世界です。

対して、多くの小説とか作り話では、人物の行動や心理描写がそのまま作中(特にラストシーンとか)に行動になって(あるいは描写として)現れることが多くて、見ている側としても「あー、そういうことか」と納得できるんですよね。

例えば、以前読んだ湊かなえさんの「告白」とかすごくわかりやすい例です。ネタバレしないで簡単に言うと、「告白」ではラストシーンにすべて主人公の感情が表れます。

 

そういうスッキリハッキリとした結末、ラストがないところが僕のモヤモヤの原因なのかな。わかりやすいお話を求めてしまうのは、僕がまだまだがきんちょだからかもしれません。

 

おわりに

あんまりまだ僕には面白みがわからない本でした。人生経験足りないのかなー。

あと、裏表紙の内容紹介を見て官能的な描写を期待した方には、あんまりそういう描写はないよ、ってこともお伝えしておきます(笑)

また年食ったら違う感想を持てそうな本ので、おっさんになったらまた読んでみようと思いますww

-本の感想
-

follow us in feedly

関連していそうな記事

こち亀

本の感想

こち亀の大ファンがこち亀の名言を集めてみたので紹介

こちら葛飾区亀有公園前派出所、通称こち亀の名言を紹介します。 僕は昔からこち亀が大好きで、話を見ただけでオチをわかるようになるくらいに何度も読みまくりました。 中期のこち亀は、話の冒頭に両さんと派出所 ...

Kindle e-book reader on gray flip cover case

本の感想

Kindle Unlimitedで全巻読める面白いマンガ紹介|全部読んだ

Kindle Unlimitedで僕が読んだマンガの中の感想を書いていきます。 評価は5段階で 全然面白くない面白くない普通面白い超面白い で評価し、それぞれ感想を添えていきます。ランキングにするのも ...

本の感想

「転職の思考法」を読んだ感想

就活している中で自分のキャリアを考えるにあたって、「転職の思考法」を読んで思ったことを書いていきます。 このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法 created by&nb ...

本の感想

「苦しかった時の話をしようか」を読んだ感想

就活、これからの自分のキャリアを悩んでいる僕が、USJを復活させた森岡毅さんの著書、「苦しかった時の話をしようか」を読んだのでその感想を書いていきたいと思います。 苦しかったときの話をしようか ビジネ ...

本の感想

就活の自己分析で迷ったけど「メモの魔力」に救われた

就活を始めると、誰もがやらなければならないのかと1度は考える自己分析というものがあります。 しかし、自己分析については、意味があるのかとか、方法がわからないとか、どういった形であれ少なからず多くの就活 ...

本の感想

【書評】「伝え方が9割」の伝え方が良かった!!読んだ瞬間からコミニケーションが変わる良本

  「ほら、伝え方、勉強しようよ!」   読むとそう人に伝えたくなる。今回紹介する「伝え方が9割」はそういう本です!気持ち悪いほど自分の言葉が強くなるのでニヤけてしまうほど。 この ...

本の感想

うんこを食べたAV男優しみけんの本が思ったよりずっと良い本だった

突然ですが、質問です。今から言うことが 実際にあなたに起きたと思って答えてくださいね。 ある日、家で寝転がっているあなたのスマホに電話がかかってきました。電話の相手の第一声が 「君、うんこ食える?」 ...

本の感想

【レビュー】中学生が投資をするマンガ「インベスターZ」が面白い&金の勉強になるよ!【大学生におすすめ】

本を読みたい!でも金が無い!   そんな大学生の僕が何とかして本を読む方法を探していたところ…こんな漫画を見つけました。   その名も「インベスターZ」。日本語に訳すと投資家Zです ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

本日のおすすめ

1

以前から、「iPadを持ってる人って何に使ってんの?」ということを疑問に思っていました。 どーせPCの代わりにはならんし、ネット動画やブラウザ使うくらいしか用途がないならスマホで足りるから買う必要なん ...

2

いろんなブロガーさんやユーチューバーの方がやっている企画をパクって当ブログでも買ってよかったもの、後悔したものランキングをやっていきたいと思います。 ちなみに2020年とか書いてますが普通に今まで僕が ...

3

スマホ代高いなあ、、 そう思っているあなたへ、スマホ代は確実に安くすることができます。 というか、日本でも節約が声高に叫ばれるようになって久しいのに、大手キャリアにスマホ代として何千円も払うのはめちゃ ...

4

AmazonユーザーなのにPrimeに登録してない大学生ははっきり言って損してる。 そう言えるくらいPrimeはいい。 「お金もらえるし、無料体験だけ使ってサッサと解約したろww」 そう思っていた僕が ...

5

カメラ…それは終わりなき沼の始まり。 僕は他にも自転車やテニスなどを趣味にしていますが、これほど金のかかる趣味はカメラしかないのでは? そう思うくらい、カメラの沼は深い(金額的に)   …わ ...

6

僕は、2019年の1月にクロスバイクを買ってから6月の今まで、クロスバイクにかなりのお金をつぎ込んできました。 「金が無い、金が無い」といいつつ、「クロスバイクは趣味だから」と半年間金を費やしてきまし ...

© 2020 とおるの部屋