本の感想

プロ奢ラレヤー「嫌なこと、全部やめても生きられる」の好きなフレーズを抜粋

僕が思想のよりどころにしているプロ奢ラレヤーくんの著書、「嫌なこと、全部やめても生きられる」をついに買いました。

本が発売されてるのは知ってたけど、彼のnoteやYouTubeライブを見ていればだいたい彼の思想はわかるので「わざわざ本を買わなくてもいっか」と思ってました。

でも最近スマホ断ちしていてパソコンからもYouTubeもブロックしているので彼の思想に触れる手段がありません。それでも時々見たくなるので、教典としてついに本を買ってしまいました。

created by Rinker
扶桑社
¥1,540 (2021/10/16 17:23:08時点 Amazon調べ-詳細)

ブックオフで1,000円くらい。自分が好きなクリエイターの本を古本屋で本を買うのは少し気が引けましたが、彼はこの本から印税をもらってないそうなので許してくれるかと思います(ごめんなさい)

その中で自分的に気に入ったフレーズをメモ代わり備忘録代わりに書いてまとめておき、本が手元にない時、時間がない時に見返す用に記事にしました。この本、おすすめですよ。

「嫌なこと、全部やめても生きられる」の好きなフレーズ

僕は銀行口座にお金がなくても「不安」になったことがありません。でも多くの人は、不安になるらしい。いったいこの違いは何なのか?

それは結論からいえば、僕はお金以外の「何か」を通して「安心している」からです。

お金以外のものを通じて安心できる、そんな状態に僕もなりたいと常々思っています。

お前らの一時間なんてTwitterして終わり。それホントに重要なの?1000円より価値あんの?

インフルエンサーや意識高い人が繰り返す「お金より時間が大事」に対する違和感を見事に言語化してくれていてめちゃくちゃすっきりしました。

1時間あっても1000円生み出せない、1000円以上の楽しさを感じられない人にとっては、バイトでもしている方がマシなんじゃないの?ってずっと思ってました。

つまり、いろんな人と容易につながれる環境が整うほどに通貨を介する必要性が小さくなっていくんですね。

これは読んでて単純に「なるほど」と思いました。難しいことをわかりやすく言語化する能力がすごく高いです彼は。

だからこそ、「それにお金使う必要ある?」みたいなことに使った方が希少価値は高いし、人にも興味を持ってもらいやすいと思います。

何より、そういう打算とかも抜きに、純粋に面白いからって無駄なものに時間とお金を費やせる人こそ、人生楽しんでるな~って感じでいいですよね。

僕もこういう人間になりたい。お金の使い方は大喜利の回答みたいなもの。

資本家と、資本家じゃない人たちの違いって、スコアを倍にすることにゾクゾクすることができるかっていう価値観の問題だと思うんですよ。

お金儲けをしても全然面白く感じない自分は異端児なのかなと思っていましたが、この言葉で救われたような気がしました。

「お気持ち」ゲージがすり減ると、リカバリーコストがかかる

これはほんとにそう。すべての行動は「お気持ち」ゲージとのバランスが大事だよなとつくづく感じます。

「メンタル」でも「精神」でもなく、「お気持ち」と表現するの、すごいわかる。僕にはこの表現は思いつけないけど。

僕は「価値の認められていない資源」の価値を認めさせるのが好きです。

最近読んだちきりんさんの本でまさにこのことが書いてありました。僕はそういうことをしたことがないしできないので、感心してしまいます。

 

僕の言う「経済的自立」というのは、飯と宿の依存先を複数確保し、食うに困らない状態を作ること。

依存先の多さ、大事。

安心安全な動物園の中と、僕らの生きているこの国の社会って、ほとんど一緒だと思うんですね。

だから、無駄とは言わないけど、こういう安全な社会では「最適」、つまり普通であることの価値は、どんどん下がっていくと思います。動物園でも、ちょっと他とは違う、変な動きをする奴のほうが注目を浴びたり、可愛がられたりしていますよね。

言語化うますぎん?

僕は目標というのは「ああしたい」「ああなりたい」という欲望をベースに、自然発生するものだと思っています。

プロおごくんの思想を受けたつもりはないですが、僕も以前全く同じようなことを書いています。

orange carrots on brown wooden crate
全ての努力は「自分の今現在の欲望」を実現する手段にすぎないという話

続きを見る

彼の意見を知らず知らずのうちに聞いて自分の意見と思い込んでいたのかもしれません。

自信のないことにわざわざ手を出さない。ゲームに例えると「俺つええええ」プレイだけをやる

これもいつぞや彼のYouTubeライブで聴いてハッとした言葉の一つです。努力しなきゃできない時点で向いてないよ、みたいな。

努力しなくても他の人よりできることをやったほうが、自分も皆も嬉しい

ほんとに真理だと思います。

「ここで辞めたら、今までやってきたことが無駄になるからもったいない」というのは、これこそ「もったいない」考え方です。

損切りって難しいよね。でも、手に入れることより捨てることのほうが僕は大切だと思います。

「『好き』を探せ!見つけろ!極めろ!」と叫ぶ人は、早々にストレートビンゴを決めただけ。

(中略)

その上で一番いいのは、長くビンゴをやれるようにすること。(中略)穴をボコスコ開け続けていれば、時間がかかってもトリプルリーチからのビンゴだってあるかもしれません。

どうして例えがこんなに上手なんでしょう。

生き方指南書の類が大好きな人って、これとおそらく似ていて、自分のやってるゲームじゃないゲームの攻略サイトを一生懸命見て、どこかに自分のゲームの攻略法も載ってないかな!?と探しているような気がします。

「人生の指南書って、人と比べるきっかけになるという意味でSNSで入ってくるノイズと同じでは?」と思い始めていた矢先、こう書かれているのを見て「本当にそうだよなあ」と思いました。

まあこの本自体も生き方指南書なんですが、プロおご思想は他の本と違って押しつけがましくないので、心が無駄にざわつかないんですよね。

ですが、人類の歴史を見ると、「これ(『当たり前のこと』ができないこと)を悲観する必要はない」、そういったことを感じるわけです。

(中略)

他が当たり前のようにやっていることをやらない代わりに別のことをする。別のスキルを獲得する、他は絶対やりたがらないようなことをする。それを長い間続け、生活の最適化を行ったから、人類は生き物の中で1位に慣れたわけです。

ほんとに言葉が優しい。

つまり「すべての問題は近くで見ると悲劇だが、遠くから見ると喜劇である」ということです。

悩んだときに見返したい言葉。

これは人間関係においても自分のやりたいことをやる時にでも、何にでも言えるのですが、「嫌われないように」という姿勢は、すべてを台無しにします。

どれだけ面白い人間も「嫌われないように」を考え始めると面白くなくなるし、面白いコンテンツも「嫌われないように」をやると面白くなくなる。

ユーチューバーとか見てるとわかりやすいですよね。

まとめ

特に強く僕の印象に残ったのは、「資本家はハイスコアゲームが好きなだけ」ってフレーズですかね。

僕はネットのノイズの多さからネットからの情報収集はほぼ辞めてしまいましたが、彼の発信はだけは安心します。本まで買ってしまいました。心がざわつかないのは、根底に彼の優しさを感じるからかな。

この記事(というかほぼただのメモw)を読んで「面白そう」と思ったら彼の本を買って読んでみてください。

本を買うほどではない、金がもったいないという人は彼のYouTubeチャンネルの動画を見るか、noteを購読するのもおすすめ。ノイズの多い現代を生き抜くための優しい思想が、あなたを待っています。

note(プロ奢ラレヤー)

YouTube(プロ奢ラレヤー)

created by Rinker
扶桑社
¥1,540 (2021/10/16 17:23:08時点 Amazon調べ-詳細)

-本の感想

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋