生活に役立つ知恵

耳元で飛び睡眠を邪魔する蚊や虫を今すぐ退治する12の方法・対策を教える

寝るときに耳元を飛ぶ蚊がウザすぎる!

夜蚊に刺されるせいで痒くて眠れない!!!

昨晩、早く寝たはずなのに耳元を飛び回る蚊のせいで何度も起こされ非常に不快な思いをしたのであいつらをぶっ殺す方法を調べてまとめました!

かなり調べまくったので、これさえ参考にすればもう夏の夜の蚊に悩まされることはありません!

※12の方法とか書いときながらめちゃくちゃ長い記事になってしまったので、最初に結論だけ言っちゃうと

↓の「蚊がいなくなるスプレー」を買うのが1番簡単だと思います。

僕も買って使ってますがこれが一番ラクです。

ただ、他にもいろいろな方法があるので紹介していきます。

夏の夜の蚊対策まとめ

以下の12個です。簡単にできるものから順に並べてみました。

  • 光でおびき寄せて縦に叩く
  • 足の裏を拭く
  • 自分に虫除けスプレーを吹きかける
  • 扇風機を使う
  • 酢を布団の近くにおいておく
  • レモン汁を吹きかけておく
  • ハッカ油スプレーを吹きかけておく
  • 蚊取り線香を焚く
  • アースノーマットを使う
  • 蚊がいなくなるスプレーを使う
  • 蚊帳を購入する
  • 網戸を修理する

順に紹介していきます。

今すぐできる原始的な対策

まず最初に、誰の家にもありそうなものや誰でもできそうな方法を中心に紹介していきます。

光でおびき寄せて縦に叩く

まず最も原始的な方法が、寝る前に蚊を発見し、叩いて殺してから寝ることです。

「蚊を見つけてから寝るなんてめんどくさい」という方はこの方法はスルーでOK。

コツとしては

  • 部屋を暗くして
  • スマホやテレビをオンにしてその前で待機し
  • 蚊が来たら縦向きに手を叩く

これだけです。

虫は明るいところに集まってきますし、蚊は暖かいところに集まる習性があるのでテレビやスマホの画面に集まってきます。

そこを叩いてぶっ殺しましょう。

蚊を叩くとき左右から挟み撃ちにする形で叩く人が多いですが、蚊は上下方向に避けるので手を上下にして挟み撃ちするほうが仕留められるとのこと。

多少時間がかかるかもしれませんが、お金もかからず道具も不要です。

足の裏を拭く

足の裏には蚊の好きな常在菌がいるため蚊が寄ってきます。

なので、足の裏をウェットティッシュなどで拭くことで、自分の周りに蚊が集まるのをある程度防ぐことができます。

ウェットティッシュがない場合、お風呂で入念に洗うなどしても良いかも。

自分に虫除けスプレーを吹きかける

これは僕がいつもやってる方法ですが、正直いって効果は微妙。

吹きかけてもしばらくすると布団に拭われてしまうのかわかりませんが、また蚊が来るようになります。

ただ、かなり入念に吹きかければ一応効果はあります。手軽なのがメリット。

お酢を枕元に置いておく

台所にお酢がない家庭はそう多くないと思います。

蚊はこのお酢の匂いが苦手で、枕元に置いておくことで忌避剤としての効果があるようです。

こぼしてしまわないように対策が必要ですが、手軽にできます。

扇風機を使う

扇風機が家にある場合は、扇風機を自分に向かって回しておくのも効果的らしいです。

蚊にとって扇風機の風は強すぎて近寄れませんから。

ただ注意点としてずっと自分に向けて夜通し扇風機を回すと体が冷えたり喉が乾燥したりして体調を崩す可能性が高いです。

なので、首振り機能を使うようにしましょう。

ちょっとひと手間かけても良い場合

家になさそうなもの、あるいはちょっと一手間かけても良い場合にはこんな方法もあります。

布団や枕にレモン汁を吹きかけておく

蚊は柑橘系の匂いが苦手です。

なので、レモン汁を布団や枕にかけておくことで酢と同様忌避剤として使えます。

レモンなんて家にない!という場合はレモン汁のスプレーなんてものもあります。

ハッカ油スプレーを吹きかけておく

これまたレモンと同様に、ハッカ油をスプレーにして枕や布団に吹きかけておくのも効果的です。

  • ハッカ油
  • 少量のアルコール
  • アルコールの10倍くらいの水

を混ぜ合わせてスプレー容器に入れ、混ぜ合わせるとハッカ油スプレーの出来上がり。

ハッカ油スプレーの作り方はこの方のサイトがわかりやすかったので参考にしてみてください。

https://kininaruarekore.com/archives/2993.html

これを吹きかけると蚊だけでなくいろんな虫に効果があるそうです。

作るのが面倒であれば↓こういうのもあるようです。

面倒なので文明の利器に頼りたい場合

蚊取り線香を焚く

まず最初に、蚊取り線香を焚くという方法があります。

ただこれは火を使う以上室内では危ないですし、いぶされて苦しくなる可能性もあるので最終手段です。

あまりおすすめはしません。

アースノーマット

アースノーマットという室内用の虫よけも割と使えます。

ただこいつは、ちゃんと詰め替えボトルを補充しないと気づかないうちに効果が切れてることもありますし、電源が必要です。

付けっぱなしにしたまま忘れることもよくあります。

そこまでオススメの方法ではないですが、効果はあります。

蚊がいなくなるスプレー

個人的に一番楽で便利で効果があると思っているのがこの「蚊がいなくなるスプレー」です。

数プッシュするだけで結構長い時間(公称12時間)効きますし、寝ている間の防御であれば十分でしょう。

窓を全開にしていると風の強い日などには効果が薄れるような感じもしますが、ある程度閉めておけば大丈夫です。

蚊取り線香みたいに火の取り扱いを気にする必要もないですし、アースノーマットみたいに付けっぱなしでムダな消費をしてしまうこともありません。

とてもラクですよ。

蚊帳を購入する

ネタかよと思うかもですが、本当に蚊がひどすぎてどうしょうもない場合や屋外で寝る場合には蚊帳を使うのが最強です。

とはいえ、自分が使おうとは思わないのでオススメはしませんw

記事のコンセプト的にあらゆる方法を網羅したかったので載せただけです。

網戸を修理する

また、ここまでいろいろな方法を書いてきましたが網戸が破けていたりするとどんな対策も台無しです。

僕の家も網戸が破けており、そこから無限に虫が侵入してくる状態だったので今度大家さんに頼んで張り替えてもらおうと考えています。

 まとめ→睡眠を邪魔する蚊はクソ

この記事に書いたようなことをいくつか試せば必ず夜中の蚊対策になると思います。

蚊は人類の敵ですが、黙ってやられていてはなりません。

蚊に睡眠を邪魔されて、痒くなり夜中に起き、朝起きると可に刺されたあとだらけ、なんて生活からはさっさと脱出しましょう!

この記事で紹介したグッズ一覧

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
他にもこんな記事があるよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です