クロスバイク

クロスバイクをブルホーン化して感じたメリット、デメリット

クロスバイクを買って、ちょっとしたカスタムをしてみたいと思ったあなたにおすすめなのがブルホーンハンドル化です。

この記事ではブルホーン化後1ヶ月くらい乗り続けてわかったブルホーン化のメリットデメリットを書き残していきます。

結論からいうと、どちらかといえばブルホーン化してよかったなと思っています。ただ、メリット:デメリットは2:1くらいで、それなりにデメリットもあります。

手放しでブルホーン最高!!というわけじゃないので注意ですね。

ブルホーンにしようかなと考えている人の参考になれば幸いです。

【追記】2019/05/31

ブルホーンバーのクランプ径があってなかったのでこちらのブルホーンバーを新しく購入し直しました!

ブルホーン化するならクランプ径、にぎり径を間違えないように注意しようクロスバイクをブルホーン化するとよりスポーツバイクっぽくできて楽しいですよね。 ブルホーン化の方法(一番簡単なやつ)については以前やり...

ブルホーン化のメリット

見た目が格好良くなる

ブルホーン化のメリットの半分はこれ、見た目がかっこよくなること!!

ブルホーン化することで、見る人に対して、ハンドルが曲がってる=いかにもスポーツバイクっぽいという印象を与えられます。

ストレートバーハンドルだとスポーティな印象はあっても、「いかにも自転車乗り」的な雰囲気は出ません。

もちろんハンドルが曲がってるだけで実際はただのクロスバイクなので乗ったら変わらんのですが、見た目が変わることで随分と所有欲が満たされるようになったのも事実です。

ついこないだちょっと自転車好きの友達とサイクリングをしたときも「いいなあロードバイク」みたいなことを言われましたしw

以前にもまして、自分はカッコいい自転車を持ってるんだ!と思えるようになったことはブルホーン化の大きなメリットだと感じました。

姿勢を変えられて長距離がラク

ブルホーン化したいと思った一番の理由がこれでした。

ブルホーンの角部分を持つことで、より前傾姿勢をとりやすくなる結果空気抵抗が減り、長距離ライドが楽になると聞いてブルホーン化をすることに決めました。

実際乗ってみてどうだったのかというと、正直前傾姿勢による恩恵は恐らくあるのでしょうが、ストレートバーハンドルを使ってた時期が短いせいか、あまり実感できませんでした。

実際はそれ以上に、持ち手を変えることができるというのが大きなメリットだな、と感じました。

というのも、ロングライド時、フラットバーのように手の同じ場所に同じ負荷がかかる状態でいなきゃいけないと手が疲れるし、上体の姿勢も変えられずとても疲れるんですよね。

イメージは長距離の夜行バスでずっと同じ姿勢で座り続けるのが苦痛なのと同じ感じ。

これがブルホーンハンドルになると、フラットバー部分を握るもよし、疲れたら角の根本(曲がってる部分)を握るもよし、更に姿勢を変えたいと思ったら角の先端を握るもよし、姿勢を変えるバリエーションが増えるわけです。

先の夜行バスの例えで言えば、後ろまでスペースがあいてリクライニング機能が付いたようなもんです。

リクライニング機能がなくたって、短距離の路線バスだったらそんなに気にならないと思いますが、これが夜行バスだとめちゃくちゃ有り難いですよね。

ブルホーン化も同じで、短距離だとあってもなくてもそこまで変わりませんが長距離になると姿勢を変えられることがとても有り難くなります。

これがブルホーン化のメリットの残りの半分といっても過言ではないでしょう。

ディスクブレーキの干渉を調整したらめちゃくちゃ進むようになった話ディスクブレーキのクロスバイクがなかなか進まない、そんなときはディスクの干渉を疑ってみると良いかもしれません。 というか、僕はその干渉...

↑このときにすごく実感しました。

3000〜4000円程度と安くできる

これは本質的にはメリットと言えないかもですが、ブルホーン化は3000〜4000円程度と、クロスバイクでできる種々のカスタムの中では非常に安価なカスタムと言えるでしょう。

クロスバイク超初心者がグランスピード80をブルホーン化をした手順クロスバイクをもっとロングライド向きに、そしてかっこよくしたい…! という欲望のもと、2ヶ月前に購入したメリダ グランスピード80...

詳しいことは上の記事に書いてますが、僕もブルホーン化に使ったのは

  • ブルホーンバー(2000円)
  • バーテープ(1500円)
  • 六角レンチ(108円)
  • プラスドライバー(家にあったので無料)

だけで、4000円もかかってません。

なんならバーテープはもっと安いのもありますし、ブルホーンバーだって探せばもっと安いのがあるかもしれません。

半日バイトすればお釣りが返ってくるくらいのお気軽な気持ちでカスタムができます。

ただし、これは僕と同じくブレーキやシフターをそのまま流用するブルホーンカスタムの場合の金額です。

エビホーンにしたりちゃんとブレーキやシフターをSTIレバーにする場合はもっとお金がかかりますからご注意ください。

ブルホーン化のデメリット

アクセサリーがつけづらくなる

これが最大のデメリットかなぁ。

僕のやり方(ブレーキやシフターを流用してフラットバー部分に装着する場合)だと、とにかくハンドル部分が狭くなります。

このせいで、ライト、スマホホルダー、アクションカムなど、ハンドルに何かアクセサリーをつけたいと思っても付けられんのです!!

細長くて横幅をとらないものであればなんとかブレーキやシフターに寄せてつけることで邪魔にならない位置に収められるのですが、スマホホルダーのように幅をとるもの、アクションカムのように固定具がブレーキやシフターに干渉するものはもうお手上げ。

さすがにアクセサリーをつけるためにブレーキやシフターを捨てるのは走りづらすぎるので、諦めてこういうやつを買いました。

あまぞん

これにしたことでなんとか綺麗に収めることができましたが、多分フラットバーだったらこんなもの買わなくても何とかなったんだろうな、と思うとちょっと勿体無い気もします。

ただ、こんなものを買ってまでブルホーンにしてたかったということでもあります。

【追記】2019/05/31

アクセサリーマウントを購入したことで、狭いスペースであっても色々と取り付けられるようになりました!

コラムに取付可能なアクセサリーマウントを購入!車載動画撮影が捗るぞ!先日、自転車旅を記録するためのアクションカメラを買いました! しかし、問題が発生。ハンドルが狭すぎてアクションカムを付けるスペースがな...

取付作業が意外に大変

一度取り付けてしまえば外すことはそうそうないので正直これはそこまでのデメリットじゃないと思いますが、取り付けは意外に面倒です。

自転車素人の僕でもなんとかなったという意味では簡単かもしれませんが、ハンドルのクランプ径を自分の自転車に合わせて選んだり、外径を手持ちのシフターやブレーキに合わせて選んだりするのは僕には少しハードルが高かったようで、実際にクランプ径を間違えましたw

また、ハンドルにブレーキやシフターが通らなかったり、うまくボルトを閉められなかったりしたので結構時間がかかりました。

角部分からブレーキ、シフターに手が届かない

これは2番目に大きなデメリットだと感じました。

ブルホーン化といっても僕のやったような簡素なものだと、フラット部分にブレーキやシフターが付くので、角部分を握ったときにブレーキやシフターに手が届きません。

なので、見通しが悪い道や歩道など人が多い道では角部分を握れません。怖いからです。

当初ブルホーン化するにあたって、これが一番のデメリットかなと思っていました。

しかし、実際に乗ってみるとそこまで問題ありませんでした。

自分の乗り方だと、見通しの悪い場所や人がいないところでは角部分を握ろうがフラット部分を握ろうがそもそも怖くてあんまりスピードを出しません。

僕が角部分を握ってスピードを出すのは

  • 見通しの良く自転車が車道側に寄っても大丈夫なくらい広い道路
  • 見通しが良く車通りが少なく自転車が車道に寄っても大丈夫な道路

だけです。

つまり、安全そうなら飛ばす、安全じゃなさそうなら常に減速、こんな感じで走っているとブルホーン部分にブレーキが無くてもそこまで問題にならないことがわかりました。

ただし、それでもより安全を重視したい場合にはちょっと難易度と値が張るSTIレバーに変えるカスタムにしたほうが良いかもしれません。

まとめ

ブルホーンカスタムは簡単でコスパも悪くないのでおすすめ

ということで、総合的に見ればやはりブルホーン化はメリットのほうが上回るなというのが正直な感想です。

そんなに金もかからないし、ロングライド向きのカスタムをしてみたいという人には結構おすすめできます。

ぜひ試してみてください!そんじゃ!

【追記】2019/05/31

他にもいろいろなカスタムを施したのでまとめました!!

クロスバイクの速度アップのために効果があった改造カスタムを4つ紹介クロスバイクを買うと多くの人がやりたくなるであろう、速度アップ、使い勝手アップの方法をまとめました。 僕が実際にやってきたカスタムの中...
クロスバイクの使い勝手が良くなる改造カスタムを5つ紹介クロスバイクは買ったばかりだと本当に何もついていません。 ママチャリと違ってそのままでは使いづらいので、何を付けたらいいのか分からない...
ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

クロスバイクを買ったばかりの初心者の頃は、一体何が必要なのかよくわからないと思います。

そんな方へ向けて、僕のクロスバイクのために買った(浪費した)物(金額)を全てまとめました。

https://skcnat.info/crossbike-item-i-bought/

僕の浪費記録がクロスバイクを趣味にしたい人の参考になれば幸いですw

他にもこんな記事があるよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です