iPad

【レビュー】Bellemond ペーパーライクフィルムはiPadに絵を描く人は必須

ペーパーライクフィルムって必要?

という疑問に答えるべく、レビューしていきます。 

結論から言うと

iPadで絵を描く人には必要、描かない人にとっては邪魔になるかも

って感じです。なので、iPadで絵を書きたい気持ちがある人はぜひ買ってみてください。

ない人は…おそらく必要ないのでガラスフィルムでも買っておいてください\(^o^)/

https://skcnat.info/ipadpro-10-5-glass-film-review/

今回購入したペーパーライクフィルム

今回購入したのはこれ。

iPad Pro10.5インチとiPadair対応のペーパーライクフィルムで、日本製です。「紙のような書き心地」の方を選びました。

【ペン先の消耗を抑える ペーパーライクフィルム/ケント紙】 iPad 10.5 インチ (Air 2019) / (Pro 2017) 保護フィルム【失敗時 追加フィルム無料発送】アンチグレア 反射低減 反射防止 非光沢 日本製【BELLEMOND YP】IPDP105PLK
BELLEMOND

類似品というか兄弟品に↑の「ペン先の消耗を抑えるペーパーライクフィルム/ケント紙」というやつがあるのですが、2つの違いがよく分からなかったので

  • レビューが多い
  • 且つ安い

ということで、「紙のような書き心地」の方を選びました。

Amazonで注文したらソッコー翌日に届きました。アマゾンプライムStudentは神。

https://skcnat.info/amazon-prime-student-review/

ペーパーライクフィルムってどんなもの?

ペーパーライクフィルムというのは、通常の保護フィルムと違って表面が紙のようにザラザラとした保護フィルムのことです。

ザラザラしているので、Apple Pencilなどのスタイラスのペン先が滑りにくく、絵や字が書きやすいというメリットがあります。

以前別の記事でも書きましたが、iPadのツルツルした画面の上だと、どんなにApple Pencilが高性能だろうと書き心地には違和感しかないんですよね。

https://skcnat.info/we-need-apple-pencil-with-ipad-pro/

このツルツルしたiPad Proの画面をどうにかしてくれるのがペーパーライクフィルムなのです。

ちなみにペーパーライクフィルムはアンチグレア(非光沢)フィルムとかなり似ていて、違いはそのザラザラ度合いくらいしかありません。

すごくザラザラしたアンチグレアフィルム=ペーパーライクフィルムと思ってもらって大丈夫です。

Bellemond ペーパーライクフィルムの貼り付け方

貼り付け方はガラスフィルムよりちょっと難しいですが、注意してやれば全然難しくないです。僕でもピッタリ貼れました。

  1. まずは付属のウェットシートとクロスでiPadの画面をふきふきした上で、ダスアブソーバーでホコリを吸着し
  2. 裏面の透明な保護シートをフィルムから剥がし、フィルムを本体に貼り付け
  3. 付属のカードで気泡を追い出しつつ貼り付けたら、青いフィルムを剥がす
  4. 気泡ができたらフィルムの端を少し剥がしてダストアブソーバーでホコリを取り除く

この手順通りにやればOK。説明書にも同じことが書いていますがw

注意点としては、②で貼り付ける前にちゃんと貼り付け位置を入念に確認しておくことが大事

ガラスフィルムと違って、ホームボタンやインカメラの位置だけじゃなく、理想の位置に貼ったときフィルムの端がどこに来るのかまでキチッと見ておいたほうが良いです。

これさえ守れば簡単にできますぞ。

Bellemond ペーパーライクフィルムに絵を書いた感想

貼り付けた瞬間にわかるのが、めちゃくちゃザラザラしているってこと。

あたりまえだけど、今まで貼ってきたどのフィルムよりも指に強く引っかかります。

字を書いてみた感じはどう?

早速、このペーパーライクフィルムの上から文字を書いてみたところ…

確かに紙っぽい…!

や、なんというか予想していたより引っかかり具合は弱いんですが、非常にナチュラルに紙っぽいです(語彙)

実際に僕が書いた文字はこちら。

指で触っていた感じだと、ペンで書いたときにはすごくガリガリしそうというイメージだったんですがそこまで引っかかりはありません。

しかし、確実にペン先が滑らなくなりました。

決してiPadに書いてる違和感がなくなることはありませんでしたが、字はかなり書きやすくなりました。

絵を書いてみた感想

ビックリしましたが、

普通に絵描けます!!

絵に関してはほとんど違和感なく書けました。

特に、今までは曲線とかゆっくりペン先を粘らせて直線を書いたりするのがすごく難しかったのですが、それが出来るようになりました。

違和感が少ないので、書いて消してが簡単ににできる分普通の鉛筆とかよりiPadの方が良いんじゃないのかと感じるほど

実際に書いてみた絵が↓なのですが、絵のレベル自体も鉛筆でデッサンするのとほぼ変わりません!

(絵が下手なのはスルーで)

逆に、紙に書く時紙との接触部分が粘らない筆とかの場合は違和感になるのかな?

そこらへんはよく分かりませんが、とりあえず鉛筆画を書くぶんにはペーパーライクフィルムがあったほうが圧倒的に書きやすいです。

ペーパーライクフィルムってぶっちゃけ要る?

とまあ絵や字を書くぶんにはペーパーライクフィルムは良さげだという感想になりましたが

ぶっちゃけ要るのか?

って疑問はありますよね。

僕も、iPadを購入したとき、1度ペーパーライクフィルムを買おうとしてやめたのですが、そのときは

  • ペン先の摩耗が激しいらしい
  • ザラザラしてるから書くとき以外に使いにくくなるらしい
  • ゆーてそんなに絵とか描くか?

って思って、結局まあ無くてもいいだろって思ってたんですよね。

でも、実際に買って試したことでちょっと考えが変わりました。

ペン先の摩耗が激しくなってコスパ悪い?

しかし、まずペン先に関しては

  • そんなに減りは速くならない(らしい)
  • 減ったとしてもペン先は替えを安く買える

ということで、そんなに問題にならないことに気づきました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,312 (2021/02/28 05:21:45時点 Amazon調べ-詳細)

書くとき以外にザラザラしてて使いにくい?

そして、書くとき以外の操作性についても、実際にペーパーライクフィルムをつけた状態で操作してみて

そんなに気にならねえ

という結論に至りました。

指の引っ掛かりは強いので、全く気にならないかと言われるとそうでもないんですが…

とは言っても、せいぜい普通よりちょっとザラザラするアンチグレアフィルムくらいの感じなので、僕は大して気になりませんでした。

そもそもアンチグレアフィルムが好きってのもありますが(笑)

ゆーてそんなに絵書かないだろ

結局1番はここなんですよね。

僕は絵を書くのが割と好きだし、iPadとApple Pencilでブログのアイキャッチ画像とか作ったりするので、書き心地が良くなると助かります。

しかし、iPadを筆記用途に使わない大半の人にとっては

書き心地≪操作性(≒引っ掛かりのなさ)

なんですよね結局。

だから、自分はそんなにiPadで書かないし、どちらかというとツルツルした操作性を重視したい、という人にはペーパーライクフィルムは不要です。

逆に、文字や絵の書き心地大事だけど、ペーパーライクフィルムに手を出すほどか分からない…という場合は買って損はないでしょう。

なので、結局のところ「使い手によってフィルムが必要かどうかはハッキリ分かれる」というのが結論です。

まとめ

ペーパーライクフィルムは絵や字をたくさん描く人にとってはオススメ、そうでない人には不要!

ということになりました。

それでも買うべきかわからない!という方は、僕みたいに必要かどうか買って試してみるのもありかもしれませんw

僕はその結果割と満足してるのでw

以上、Bellemond iPad Pro10.5/iPad air3用ペーパーライクフィルムのレビューでした。

-iPad

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋