【初心者】WordPressブログをGoogle Search Consoleに登録する方法!

Google Search Consoleを知ってますか?

簡単に説明をしておくと、サーチコンソールはGoogleの提供するWeb解析ツールの一つです。導入することで、登録したサイトがGoogleからどんな風に認識されているかを知ることができます。

サーチコンソールの導入により

  • Googleにインデックス(認識)されているページの数
  • どんな検索ワードでユーザーが来ているか
  • クローラー(サイトを認識するためのロボット)がどのくらい巡回しているか
  • 記事はどのくらいの検索順位にあるか

などを知ることができます。

こんなに便利な機能があるというのに、僕はブログを書き始めてからながいことずっと使おうともしませんでした。

でも、よく調べたらすごく大事で便利なツールらしくて、ブログをやっているならGoogle AnalyticsやGoogle Adsenseと同じくらい重要なツールだということがわかりました。

ああ、僕はなんて馬鹿なのでしょう。そんな重要なものを放っておきながら、アクセスがどうのこうのなどといっていたことが恥ずかしいです。

ということで、同じようにSearch Consoleを導入しようと考えている方に向けてその導入方法について解説していこうと思います。

初心者にもわかるように解説するので、導入に手間取っている人はぜひ参考にしてみてください!

サーチコンソール導入のステップ

サーチコンソールの導入は

  1. サーチコンソールのページにいく
  2. プロパティの追加をクリック
  3. サイトの所有権を確認

の3ステップです。最も僕が面倒に感じたのはこのうち3のサイトの所有権確認です。

僕がつまずいた点とともに細かく見ていきましょう。

スポンサーリンク

サーチコンソールのページにいく

これは説明するまでもないでしょう。ここのリンクからGoogleのサーチコンソールのページに飛んでいきます。

プロパティの追加をクリック

サーチコンソールのページに行くとこのような画面が表示されます。

画面中央白字の「プロパティの追加」の左にある入力欄にサーチコンソールを導入したいサイトのURL(自分のサイトのURL)を入力します。

URLは間違いがないかしっかりと確認して入力しましょう。

注意点

ここで、僕はURLを入力する際に迷ったことがあります。それは

  • httpとhttpsの違い
  • wwwがつくかつかないか

についてです。この二つははじめは意識している人が少ないと思いますから説明しておきます。

httpとhttpsの違い

この二つの違いについて説明します。

まず最初にことわっておきますが、httpとhttpsというのは別物です。

httpsというのは、簡単に言うとhttpに安全(Security)のsがついたものだと思ってください。通常多くのwebサイトはhttpです。

しかし、パスワードのやりとりや決済など、強固なセキュリティを必要とする場面ではhttpsが使われます。

ですから、たいていの大きなサイトで大きな会社が管理しているものはURLのはじめがhttpsになっています。

じゃあ全部httpsにすればいいじゃないかと思うかもしれませんが、このセキュリティ強化のためには、結構なお金や手間がかかります。

一般庶民がおいそれと出せる金額ではないので、限られたサイトにのみ、httpsで始まるドメインがついているわけです。作業的にも面倒ですしね。

【追求】2017/11/19

ロリポップ!で無料でhttps化することができました!

wwwがあるかないか

次にwwwの有無についてです。httpとhttpsの関係とは違って、こちらは実質二つとも同じURLと言えます。

通常は、どちらのURLを入力したとしても、同じサイトが表示されるようになっています。

僕のサイトの場合、http://www.skcnat.info/も、https://skcnat.info/のどちらを検索にかけても同じページが表示されるようになっています。

ただし、それは検索する人間の立場からみた話であって、Googleのクローラーなどのロボットからすれば別物という扱いになります。

ですが、サーチコンソールにwwwのあるバージョンとないバージョンの両方を登録した後、ドメインとしてどちらを使うかを設定することができます。

その設定をすれば、クローラーはwwwがあってもなくても同じサイトであると認識してくれるようになります。

ですから、サーチコンソールに入力をする際には、wwwのあるなしは区別する必要があります。区別をした上で両方ともサーチコンソールに登録しましょう。

スポンサーリンク

サイトの所有権を確認

最後に、サイトの所有権を確認します。サイト所有権の確認方法は何通りかあり、それぞれ

  1. Googleアナリティクス
  2. htmlファイルのアップロード
  3. htmlタグののアップロード
  4. ドメイン名プロバイダ
  5. Googleタグマネージャ

を利用した5通りの方法があります。

Googleアナリティクスを利用しているなら1、FTPソフトをいじれるなら2、簡単なテーマ編集ができるなら3というように自分のできることに応じて使う方法を選んでいきましょう。

ちなみにドメイン名プロバイダとタグマネージャを利用したやり方については僕は使っていないため教えることができません。すみません。

ですが、4の方法はこのサイトが、5の方法についてはこのサイトが詳しく説明してくれているので、参考にすると良いかもしれません。

Googleアナリティクスを使う方法

まずGoogleアナリティクスを使った方法について説明します。これは

  1. Googleアカウントを取得
  2. アナリティクスアカウントを取得
  3. WordPressの管理画面→テーマの編集→header.php→headタグ内にアナリティクスコードを設置

という手順を踏んで、アナリティクスを設定した後、Googleアナリティクスをサイト所有権の確認に使用するだけです。

アナリティクスコード設置の手順について詳しくはこちらの記事に書いてありますので参照してください。

注:そのような記事は書いていませんでした。すみません。

注意点としては、しっかりと間違えずにheadタグ内にコードを設置するというところだけに注意しておけば十分です。

htmlファイルをアップロードして確認する方法

これは、htmlタグの設置と似ているのですが、少し違います。手順としては

  1. 「htmlファイルをアップロード」を選択
  2. htmlファイルを開き、中のファイルをコピー
  3. FTPソフトを開き、サーバーのルートディレクトリ(ロリポップ!の場合は下の画面の階層)にファイルをそのままアップロード
  4. 再びサイト所有権確認画面に戻り、確認ボタンを押す

上のフォルダマークの横に/がついているのがルートディレクトリです。

以上が確認手順です。

これで確認が完了するはずです!

htmlタグのアップロードによる確認方法

先程のものと似ていますが、今度はhtmlファイルじゃなくてhtmlタグをアップロードします。

手順としてはサイト所有権確認方法のうち

  1. htmlタグによる方法を選択する
  2. htmlタグをすべて選択してコピー
  3. WordPress管理画面→テーマの編集→header.phpを開く
  4. headタグ内(〈head/〉の直前など)にhtmlタグをペースト
  5. サイト所有権確認ページに戻り、確認ボタンを押す

だけです。特に難しいところはありません。

ですが強いて注意してほしいところを挙げるとすると、しっかりとheadタグ内にコードを設置をすることです。

僕がやったときには〈/head〉ではなく〈header〉の直前に設置してしまい、headタグ内に設置ができていなかったため何度か確認に失敗しました。

なのでそこだけしっかりと注意すればあとは大丈夫でしょう。

【追記】2017/11/15

【追記】サーチコンソールの認証はWordPressテーマのSimplicityを使えば楽になる!
以前GoogleSearchConsoleの導入方法についての記事を書きました。 この記事はその記事の追記として書いています。どういうこと...

無料WordPressテーマ「Simplicity」を使えば簡単にできることがわかりました!

まとめ

上記の方法を駆使すればSearch Consoleに登録することができると思います。

わからないところがあればとにかくGoogle先生に聞きまくって、何とかしてSearch Consoleに登録しましょう!そして、その恩恵を十分に受けていきましょう。

最後まで読んで下さりありがとうございました!