アクセスアップにブログの過去記事のリライトが超重要である理由

こんにちは!大学生ブロガーのBeeです!

先日、【初心者】ブログは「毎日」書けば必ず上達する。という記事を書いたのですが、この記事を書いているときに思ったことがあります。それは「過去よりいい記事がかけるようになったんなら、次は過去記事を修正しなきゃいけないよな?」ということです。
過去と言ってもそこまで昔の記事ではないのですが、僕が昔に書いた記事はまあひどいものでした。中身は薄く文字数は少なく、写真も少なく見出しもない。良く言えばすごくシンプルで、悪く言うと洗練されていないという印象が強かったです。

しかし、このような記事を放っておいてもSEO的にもあまり良くないし、そもそもSEOとかそういうレベルではなく、単純に読む側からして読みにくい記事ばかりになっていると思います。ブログを多くの人に読んでもらうことを考えるとあまり良くない状態です。

そこで今回は過去記事の修正について考えていこうと思います。

どう修正すればよいのか


過去記事を修正するメリット、デメリットを挙げ、修正の方法を考えていきましょう。

メリット

 

  • 過去の薄っぺらい記事を多少なりとも中身の濃いコンテンツ、読みやすいコンテンツへと変えることができる
  • 全部の記事を妥協なく完成させることで自己満足にひたれる

 

デメリット

  • その時その時の感情や考え方が失われかねない
  • 記事の初々しさがなくなり、見返して成長を感じることはなくなる
  • キリがない

こうしてみてみると、どちらかというと記事は修正した方がメリットが多そうです。しかし、デメリットに挙げたように、修正がその時その時の感情や考え方を否定するものであってはいけません。否定するのなら新しい記事を書けばいいだけです。

なので、記事作成当時の気持ちは消すことなく、文章の構造や見出しの付け方、写真の使い方など、内容とは直接関係のないところを少しずつ修正していくのが良さそうです。記事の初々しさなどは、失われない程度に残しておくのがいいのかな?初々しさなどよりも、僕としては記事を修正して「ちゃんとしたものを世の中に出したぞ」という自己満足を感じることのほうが大事なので、以上のようなところを大事にして修正する方向で行きたいと思います!

 

スポンサーリンク

実際に修正してみた!

 

タイトル

それでは記事を修正していきましょう。まずはタイトルからです。
タイトルはリライトの中でもかなり重要な要素です。タイトルが変わるだけでだいぶ印象が変わりますからね。

よく言われることですが、タイトルをつける上で重要なのは

  • 具体的に
  • 短く
  • 簡潔に
  • 記事を読むメリットを提示する

ということです。具体的な数字や事実を使い、検索結果に表示しきれる程度に簡潔に短く、記事を読むメリットを提示します。それを踏まえてタイトルを修正します。

修正前:今おすすめのコンデジはどれか?調べまくったぞ!
修正後:【2016年12月版】初心者必見!おすすめの高性能コンデジ4機種を比較!

どうでしょうか。数字を使うことでだいぶ具体性が増し、わかりやすいタイトルになったのではないでしょうか。

本文

次は本文の修正をしていきましょう。修正するのはこの記事です。(もうすでに修正されていますが笑)文章の流れのおかしいところや間違ったところ、読みにくいところを修正し、そして見出しや文字の体裁、写真のサイズなどみてくれに関わる部分を修正します。

↓修正前

↓修正後

文章の流れがおかしくなっているところを何箇所か修正し、行間を調整し読みやすくなるように変えました。

【修正前】


【修正後】

行間と文章、見出しを変更しました。恥ずかしながら僕は今まで見出しの意味を勘違いしていてました、どういうことかというと、クオーテーション(引用)タグを見出しだと思っていたんですね。なのでここで修正しました。見出しの作り方は「wordpress 見出し 作り方」と検索すればたくさん出てきます。見出しのコードをコピペするだけなので意外と簡単です。

【修正前】

文章がすごくガキっぽい感じがして気になったのでここも少し修正しました。

【修正後】

こんな感じで文章の修正をしたのち、大きすぎる写真のサイズを直して修正は完了です。
修正後の記事はこんな感じ。

まとめ


こんな感じで記事の修正を行いました。もう一度僕なりの記事修正の方法をまとめると

  • 記事作成当時の気持ちは消すことなく
  • 内容とは直接関係のないところを少しずつ修正していく

です。特にタイトルや見出し、わかりにくい文章は積極的に修正していくことでユーザビリティをあげることができますから、記事のリライトはそういうところを中心にやっていくと良いと思います。

僕もこの方法で過去記事の修正を進めていきたいと思います。それでは!

 

運営ノウハウ
スポンサーリンク
のーるをフォローする
この記事を書いた人
のーる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
のーるをフォローする
やりたいことだらけ

コメント