アドセンスアカウントが停止?アドセンス狩り対策してみた!

Google AdSenseの審査に苦労して通りようやくここから稼ぐぞ!と意気込んでる方、アドセンス狩り対策をしていますか?

アドセンスで稼ぐ人に注意してほしいのがこのアドセンス狩りです。今日はこのアドセンス狩り対策について話したいと思います!




 

アドセンス狩りとは?

imgp0544

Google AdSenseは、ユーザーに広告をクリックしてもらうことで広告収入が入る仕組みになっています。しかし、そのクリックが全く販促に繋がらなければ広告主はGoogleに広告を出すメリットがなくなってしまいます。そのため、Google AdSenseには広告クリックが無駄なクリックや不正なクリックでないかチェックする仕組みがあります

例えば広告をクリックした人がほとんどそのページを見ずに画面を閉じてしまっている場合はクリックされても全く広告として意味がないので、無駄なクリックとしてカウントされます。収益にはなりません。

また、クリックするとお金が入るからといって自分で自分のサイトの広告をクリックしたり、友達のスマホからクリックをしたり自演クリックばかりしていると、Googleからペナルティをくらいアドセンスアカウントを停止されてしまいます。

この仕組みを利用して他人のアドセンスアカウントを停止させようとする悪意のある人がいます。

故意に他人のページの広告を連打したり、他人の広告のコードをアドセンス利用規約違反のページに勝手に貼り付けたりして意図的に利用規約違反にさせて、Googleからのペナルティを受けさせるなどの行為を「アドセンス狩り」といい、この被害に遭う人がたくさんいます。

これに対処する方法を調べ、実践してみたので皆さんにも紹介しようと思います!

 

スポンサーリンク

やりかた

ここでは

①自分の広告コードを規約違反のサイトに貼られる

②自分の広告をクリック連打される

ことへの対策を説明したいと思います。

①自分の広告コードを規約違反している他のページに貼られる

これはGoogle側も想定しており、対策が講じられているので、これを利用します。

まず、Google AdSenseにログインします。そして 設定→自分のサイト→サイトの認証 を行い、下画像のように確認済みサイトのみが自分の広告コードの使用を許可するという状態に切り替えます。

Screenshot_2017-06-06-11-21-53-01

こうすることで、自分が許可したurlのみで自分のAdSense広告が有効になり、他のurlで自分の広告コードが貼られたとしても一切規約違反にならなずにすみ、収益も発生しなくなります。なので他人に広告を流用されたとしても特別影響はなくなります。安心ですね。

しかしこの設定をするときには、新しいurlで広告を使いたくなった際には忘れずに追加でそのurlでの広告使用をを許可しなければいけないことに注意してください。これを忘れると、新たなページにひたすら広告を貼っているのに全く収益が発生しないという悲しい状況になります。これはひじょーに困るので注意してください。

②自分の広告を連打される

これは対処療法的なやり方になりますが、アナリティクスやAdSenseをチェックし、クリック率(CTR)が異常に高いときにはGoogleに報告するというのがオーソドックスな対応法です。CTRは大体1%くらいなので、それを大幅に超えることがあればGoogleに報告を考えましょう。報告をすれば少なくともアカウントが消されることは防げるようです。なのでCTR(広告のクリック率)はこまめに確認するようにしましょう!

また、誤って自分でクリックしてしまったときも焦らなくて大丈夫です。そういうことは往々にしてあるので、短時間で何回も何回も自分の広告をクリックしたりしなければアカウントが停められることはほぼないです。

 

まとめ!対策は今すぐやろう!

いかがでしたか?アドセンス狩りなんてやっても誰も得しないのですが、被害にあってアカウントが止められてからでは遅いのでまだ対策を講じてない人はすぐに対策しましょう!自衛して安心してAdSenseを使っていきましょう。

それでは!




運営ノウハウ
スポンサーリンク
のーるをフォローする
この記事を書いた人
のーる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
のーるをフォローする
やりたいことだらけ

コメント