Uber Eats

【初日】緊張する?ウーバーイーツで初配達をしてみた感想

2019-08-24

ウーバーイーツをやってみたいけど、実際どんな感じなの?

登録してみたけど、初配達は緊張しそう…

って感じてる方、いると思います。

そんな方に向けて、今回はウーバーイーツで初めて配達してみた僕が、初配達の感想を書いていきたいと思います。

ちなみに、僕のスペックは

  • 大学生男子
  • 配達手段→自転車(自前のクロスバイク)
  • 運動大好き
  • 住み処→東京の西の方(エリア外)

といった感じです。わりあい運動は得意な方で、自転車に乗るのも好きです。

最初の配達は武蔵境のマクドナルド

最初の配達は武蔵境でした。当初の予定では現在の東京のウーバーイーツ対応エリアの中で最も家に近い府中あたりで稼働しようと思っていたのですが、オンラインにしていてもあまり反応がなく2,30分ほどで諦めて西進することにしました。

その途中、中央線から結構離れたところを久我山方面に向かっていたところ、最初の配達を知らせるアラームが!!

「7分」

画面にはそう表示されていました。

ウーバーイーツでは、配達の依頼が来ると、スマートフォンのUber Driverアプリの画面に商品を取りに行く店舗までのおよその時間が表示され、それを見て依頼を受けるかどうかを決めることができます。

「キタ!ついに最初の仕事ができる!!7分くらいなんてことないぞ!!!」

なんて心のなかでソワソワしつつも依頼を引き受けます。

すると、アプリ上に受取先(ピック先)が表示されました。

そこには

「マクドナルド武蔵境店」

とあります。

「え、結構遠くね?」 そう思いつつも、画面に表示される「目的地に向かう」的なボタンを押すとGoogle Mapがナビを表示してくれます。

しかし、そこに表示された距離表示を見て驚愕します。というのも、ピック先のマクドナルドまで4キロも離れていたからです。

心のなかで

「4kmも離れてるのに7分で着けるか!!マックまで信号のない平坦なサイクリングロードでも続いてるんか!!」

と、半ばキレ気味になりつつも、普通に最初の仕事が楽しみだったので駅に向かってビュンビュン飛ばしました。

どうやらこのアプリに表示されるピック時間は、距離が大きく離れているときは全然目安より遠い距離が表示されることがよくあるようです。既に25回位配達をしているうち何回かそういうことがありました。

ピックアップに4キロもかかってもそこには1円も金がもらえないのはウーバーイーツの悲しいところではありますが…店の多いところで待機すればある程度防げるのでまあ良しとします。

目的地のマックにつくと、レジの横にウーバーイーツ商品を受け渡しするのカウンターがあり、そこで店員さんに「ウーバーイーツです」といったらすぐ商品を渡してくれました。

この武蔵境のマックでは要求されませんでしたが、大抵の場合5桁の注文番号(英数字)を伝える必要があります。

受け取ったら温かいもの、冷たいもの、飲み物、そうでないものをうまいこと配置してウバッグに詰め、店を出ます。

その際アプリにピックアップ先のお店が良かったか悪かったかの評価をし、「配達を開始」ボタンをスワイプすると、配達先の住所が表示されます。

そしたらあとは配達先まで届けるだけです!

現地についたらお客さんに商品を渡し、お客さんの評価をして配達を完了ボタンをスワイプ!

そうしたら数十秒後に報酬額が画面に出てきて、配達は完全に完了です!!

その後も6件の配達を完了!!

この日は14時くらいに予定があったので11時〜12時、17時〜19時あたりにしか配達ができてないのですが、それぞれ3件ずつ合計6件の配達を済ませ、3000円ほどの報酬を得ることができました。

感覚としては1回配達するとだいたい500円くらいもらえますね。

数字だけ見ると3時間で3000円なので初回にしては普通のバイト並みに稼げているように見えますが、実際は微妙。

僕の場合、家からある程度ウーバーイーツの依頼が来るエリアまでが離れていて、自転車だとどう頑張っても30分〜45分位かかってしまい、この日は2回出動したこともあって移動だけで2〜3時間くらい消費しており決して効率が良いとは言えません。

加えて、この日は17時〜18時辺りが全然鳴らずかなり時間を持て余してしまったため、結果的にあまり稼げませんでした。

ただ最初の1時間はほぼ依頼が鳴り止まず1500円くらい稼げましたし、ロングピックを避けたり待機場所、稼働時間帯などを工夫すれば普通のバイト以上に稼ぐことは十分に可能だと思いました。

ウーバーイーツの初回配達で困ったこと

初回の配達が不安なのは誰しも同じですが、ここに書くようなことを事前に知っておけばある程度不安は和らぎますよね。

ということで、僕が初回の配達で困ったことをいくつか挙げていきたいと思います。

ピックの目安所要時間と実際の店までの距離が全然あってない

これは上でも書いたので詳しく書きませんが、少なくとも僕と同じく自転車配達の人はピックの目安時間はあまり当てにしないほうが良いです。

僕が一番最初に受けたピック4km離れているのに7分と表示されました。時速にして約34km/hです。

信号待ちの多い市街地で平均34km/hなんて自転車で出るわけありません。僕はクロスバイクですが、荷物を背負ってないロードバイクでもキツイでしょう。

ましてやレンタルの赤チャリでは絶対不可能ですし、信号運や道路の通りやすさによっては半分の17km/hですら怪しいです。市街地でそんなに急いだら危ないですしね。

経験的に、ピックの所要時間は大体時速30〜35km/h(しかも信号待ちなし)くらいを目安に計算されているようなので、遠くまでピックに行きたくない場合は目安で4分以内くらいのものにとどめたほうが良さそうです。

ロングピックだからといって拒否しまくると応答率が下がり依頼が来づらくなるようですが…

遠くにピックに行っても金をくれないくせに、それを拒否したら不利益があるなんておかしな話です。

ただ、4kmも離れた配達員に依頼が来るということは付近にあまり配達員がいない可能性が高いので、自分が行かないと注文がキャンセルされお客さんもお店も困ってしまうということでもあります。

ただ、裏を返せば配達員の多いエリアでは大体近くに配達員が誰かしらいるので、需要の多いエリアに行けばロングピックはわりと避けることができます。

集合住宅なのに部屋番号が記載されていない

また、集合住宅なのに部屋番号が記載されていない(あるいはアプリに表示しきれていない)場合があります。

セキュリティのしっかりした建物だと、大抵部屋番号を入れないと入れてくれません。なのでそういった場合アプリのメール機能か電話で聞いてしまいましょう。

僕の場合、メッセージするのが面倒くさいので部屋番号がない場合は即座に電話して聞いています。だいたいこれで解決します。

注意してほしいのは、部屋番号が書いてないからといってユーザーが書き忘れたとは限らないため、ユーザーのせいだと決めつけてはダメということです。

アプリの不具合で部屋番号が表示されていない場合もありますから、くれぐれも高圧的な態度を取ることがないようにしましょう。

 

またこれとは少し違って、部屋番号は書いてあるけどアパートの各部屋に番号が表示されておらず、どの部屋を尋ねればよいかわからない場合があります。

そういうときは極力端から数えて推測して、とりあえずそれっぽい部屋を訪ね、間違っていたら正しい番号の部屋の位置を開けた部屋の住人に聞きます。

それが嫌な場合はメッセージか電話で「部屋番号はあるけど部屋番号が振られておらずどの部屋かわからないので出てきてほしい」旨を伝えて出てきてもらいましょう。

だいたいこれで解決します。

一軒家なのに名前が分かりにくい(表札と一致しない)

また、集合住宅でなくて一軒家でもどれかわかりにくい場合は多々あります。

というのも、UberDriverアプリに表示される名前は

  • アルファベット表記
  • 日本語がバグったみたいな表記

のどちらかになっていて、名字がちゃんとわからないときがあります。

こういうときも頑張ってそれっぽい家を探して、無理なら電話かメッセージで聞きましょう。

余計な時間を食われてイライラしますが、基本的には届けないことには配達完了しないので我慢しましょう。

Google Mapのナビが表示されない

また一番最初に配達をしたときは、ピックアップ先の店舗や配達先へ向かう際にGoogle Mapナビが起動してくれたのですが、それが2回目以降起動してくれなくなり非常に焦りました。

後々になってから画面右下の歯車のようなマークをタップすることでナビ開始の表示が出てくることに気づいたので解決しましたが、初日は1回目以降は土地勘のない場所でもナビを使えず地図を見ながら配達していました。

ウーバーイーツは意外と簡単だった

色々と書きましたが、何だかんだウーバーイーツは思っていたよりずっと簡単でした。

半分は接客業といえどお客さんとのコミニケーションは殆ど無いですし、店員さんともちょっとしか会話をしないので、対面コミニケーションが苦手な人でも全然できそうです。

稼ぎにしても、初めてで全く勝手のわからない状態の僕でも実働時給は1000円弱(実質配達に動いてた時間は3時間ちょい)行ってるので、もっとサクサク配達できるように慣れてくれば時給1500円とかも十分可能そう。

ということで、ウーバーイーツやってみたいけど一歩踏み出せないという人も気軽にやってみるとよいかも?

特に僕のような自転車好き人間であればかなりストレスフリーなバイトなのでオススメです!

以上、ウーバーイーツ1日目の感想でした!!

-Uber Eats

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋