人生論・自分語り

お金がかかっても僕が都会で一人暮らしをする理由

僕は最近お金を貯めることにハマっているのですが、貯金や投資をするにあたって大きな障壁になるのが家賃です。

そして僕の環境だと、実家から通うことで生活費を抑えることは可能です。
極端な話、家に一円も入れなかったとすれば、食費や家賃光熱費通信費など合計で8万円近くを余計に貯金に回すことが可能です。年間にしたら100万円近く貯金額を増やすことができる計算になります。

しかし、それだけ金銭的に大きなメリットがあると分かっていても、僕は東京で一人暮らしをしています。

この不景気で先の成長が一切見通せない世の中で勢力を伸ばしている蓄財、インデックス投資界隈がいくら実家最強説を唱えようとも僕が東京で一人暮らしをする理由が以下です。

親といえど一緒にいると配慮が必要だから

親といえど他人です。

他人との共同生活をする以上、同居人に対する配慮が必ず必要になります。

  • ご飯を用意してもらうなら、ご飯がいるのか要らないのか、いつまでにいるのか、要らない日はあるのかを伝える必要がありますし
  • 家に帰るのが遅くなるのなら遅くなると伝える必要がありますし
  • 家の仕事があれば手伝う必要がありますし

何につけても配慮する必要があります。まあこれらを拒否することも可能ですが、円満な共同生活は望めなくなるでしょう。
仮に実家に生活費として十分な額を入れていたとしても、この配慮は絶対に必要です。金を払おうと、配慮がないと関係は破綻します。

その点、一人暮らしをしていればきちんと元気で生きていることを定期的に報告する以外、親に対して配慮はさほど要りません。

  • 仕事で遅くなろうと報告する必要はないし
  • 仕事時間や生活時間帯が多少違っていても気にならないし
  • 部屋が散らかっていようと自分が気にならない程度に片付けていれば文句を言われることもありませんし

この辺の気楽さは実家暮らしには絶対ないものです。

実際僕は大学在学中に一人暮らしをさせてもらっていた状態から1年ほど実家暮らしに戻りましたが、ここが耐えられなくなって社会人になった瞬間に実家を飛び出しました。

独り立ちしている感覚が欲しいから

僕が思う大人の定義の1つに「自分で自分のケツを拭ける人間」というのがあります。

これを満たすために、僕の中で一人暮らしをしていることは必須でした。
社会人になることが決まってどういう風に暮らしていくかを考えたとき、ふと思ったんですよね。

親に20年以上も援助してもらって、ケツを拭いてもらって生きてきたのに、まだここから親の援助をうけて生きていくのはさすがに嫌だな、って。

別に親が嫌いとかは全然ないしむしろ好きだけど、この年になってまだ親がかりなのは自分の気持ち的になんとなくいやです。自立していたい。

そういうわけです。

仕事場が遠いのが嫌だから

これに関しては明快ですね。

実家から職場まではおそらくドアドアで往復3時間くらいかかります。

僕は仕事をやるなら頑張りたいと思っており、3時間もかかるとその分仕事に時間を割けなくなることが目に見えていたので近くに引っ越すことにしました。

今は会社までドアドアで10分でつけるので、通勤そのものに対する抵抗はほとんどありません。

歩いても20~30分くらいでつけるので、むしろいい朝のリフレッシュにすらなっています。

「切り替えがしづらいから職場と家はある程度離れていたほうがいい」と言説をたまに見ます。
言ってることは分からないでもないですが、でも切り替え云々より通勤が楽なほうが個人的には大事かなと思います。

人を連れてきて遊べるから

実家って人を気軽に呼べないですよね。

でも一人暮らしなら人を呼ぶのに心理的な抵抗は一切ありません。いくらでもウェルカムと言えます。

「実家でも人を呼ぶのではなく人の家に行けば良いじゃないか」と思うかもしれませんが、自分は呼べる家がないくせに人の家に行くのは気を遣うので、やはり一人暮らしのほうがいいです。

行動を見られるのが嫌だから

実家にいると嫌でも同居人が何をやっているのかは気になります。

僕も実家でアフィリエイトの作業をしていたときには少なからず「あんた何してんの?」と聞かれました。これが面倒くさいです。

秘密主義な自分が悪いんですが、あまり人に知られたいことでもないのでこの点についても一人暮らししているほうが気楽にできます。

友達と電話するのとかも一人暮らしのほうがやりやすいです。同居人がいると気を遣います。

都会のほうが活気があって楽しいから

実家はそこまで田舎ではないのですが、それでも東京の繁華街と比べると活気が違います。

都会の繁華街は若い人が多いので、ごちゃごちゃしていますがその分元気をもらえます。

あと都会のほうが出会いが多いです。いい出会い悪い出会い両方含めて。

友達が東京に暮らしているから

人生を充実させるためには友達がとても大切です。

実家にいると友達に会うハードルがあがります。

なので近くて一人暮らしのほうがいいです。

-人生論・自分語り

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋