コラム

クロスバイクの変速機の調整、不器用な人は安易に手を出すべからず

「クロスバイクの変速機の調子が悪いから、どうにかしたいな」

「グーグルポチポチ なになに、変速機の調整は自分でできるのか…よし!自分でやるぞ!」

ちょっと待ってください!!

自分が不器用、あるいは機械いじりが苦手という自覚がある方は無理に変速機調整をやらないほうがよい、かもしれません。

必要ないのに変速機を調整してしまった

当たり前ですが僕のクロスバイクも、買ったときは変速機の調整いらずの快適な状態でした。

しかしある日、クロスバイクのチェーンがカラカラ音を立てるようになりました。

音がなろうと乗ってるぶんには全然困らないのですが、手入れのされていない自転車感が出るのが嫌でどうにかしようと考えました。

今思えばフロントディレイラーの後ろの留め具がチェーンにぶつかっているだけで、そもそも以上でもなんでもなかったんですが…

しかし当時はそんなことも分かってなかったので、原因を探るべくネットで調べてみたところ、「ワイヤーの初期伸び」という単語が僕の目に飛び込んできました。

僕もクロスバイクを買ってちょうど2ヶ月くらいだったので、これかな?と思ってワイヤーの初期伸びを解決することに決定。

ワイヤーの初期伸びの直し方を調べると、だいたいはワイヤーの張り具合を調節するプラスチックの部品(なんていうのかはよくわかりません)を少し回すだけで調節できると書いてありました。

「ほんとにこんな簡単に解決できるのかな?」これが後々の諸悪の根源なのですが、そう思った僕はあろうことか他にも解決方法がないか調べました。

そこで変速機の調整方法を記したサイトにこう書いてあるのを発見します。

ところで、調子が悪いリアディレイラーを下手にいじって、余計に調子を崩してしまったという経験はありませんか?

私はあります^^;

これは、基本となる部分の調整を怠ったまま、小手先の調整に頼ろうとするからなんですね。

 

なるほど、小手先の方法に頼ってはいけないのか。そう言われてから、先のネジをくるくる回すだけの方法が、いかにも小手先の改善方法に見えてしまうようになります。

そしてあろうことか、僕は思い立ちます。

「小手先ではなく、しっかりとディレイラーを調整する方法を身に着けよう」と。

これが間違いでした…。

一度はうまくいった調整

そして、僕は自分で変速機を調節します。

しかし上のブログを参考にして調節したところ、いろいろ苦労しながらもなんとかディレイラーの調整に成功します。

正確にいうと若干失敗しているのですが、その時点ではちゃんと変速する状態に戻っていたのでとりあえず成功したということにしておきます。

このときにはマヌケにも、「自分で変速機の調整ができるようになった!」と思っていました。「変速機調整の方法」的な記事まで書こうかと思ったくらいです。やめといて(面倒くさがって書くのを後回しにして)よかったです。

しかし一度は調整に成功したと思いましたが、乗り続けているうちにどんどんディレイラーはおかしくなり、特にローギアが踏み込むと勝手に変速するようになってしまいました。

それでも最初のうちは大したことなかったので放置していましたが、一ヶ月ほど放置した結果我慢ならない状態になり、再び自分で調整することになりました。

2度目は全くうまくいかず

そして2度目の調整を敢行しましたが、これがさっぱりうまくいきません。

ディレイラーの調整には大きく分けて2つあると思っていて

  1. ディレイラーの可動域の調整
  2. ディレイラーワイヤーの張り方の調整

どちらもちゃんと出来ないと動くようになりません。

僕の場合どちらもちゃんとできていなかったのですが、それ以上に

  • 可動域の調整ができていないとどういう不具合が起きるのか
  • ワイヤーの張り方の調整ができていないとどういう不具合が起きるのか

が分かっていなかったのが痛かったです。このせいでかなり時間を浪費しました。

これがわからないと、調整し終えて最後にテストするときに、何を直したら良いのかわからないのです。

僕が調整する中で、テストのときには

  • 一番外(アウター)に入れてるのにチェーンが外まで落ちていかない
  • シフターを操作しても全く手応えがなく変速機が動かない
  • シフターを動かす回数とギアの動く回数が対応しない

などの不具合がありましたが、部品ごとの役割がちゃんと分かっていないと不具合に対してどこを調整し直すべきなのかがさっぱりわかりません。

こうなると、調整し直す必要のないところまで調整し直してしまってまたおかしくなる、ということを繰り返すので何時まで経っても調整が終わりません。

3時間もかかった挙げ句、ディレイラーがちゃんと動くどころかアウタートップにしか入らなくなったのはこれが一番の原因です。

動画は親切だけど意外とわからない

自転車の修理は、初めは教えてくれる人がいないとかなりきついです。

しかも、自転車は詳しい友達でもいない限りなかなかディレイラーの調整を教えてもらえることはありません。

Youtubeの動画などはかなりわかりやすいものもありますが、動画で初心者に向けて懇切丁寧に説明するのは大変だからか、ある程度理解のあることを前提に進められている動画も多いです。

ブログなんかはさらに見てもなかなか理解しづらいですから、できれば初心者が変速機の調整をするなら教えてくれる人がいないとなかなか大変です。

自力で出来ないほど難しい感じはありませんが、それなりに大変でもやり遂げる気力が必要です。

それがない場合はお店の人に頼んでしまったほうが圧倒的にラクです。クロスバイクを買ったお店であればタダでやってくれることもありますしね。

ちなみに僕はリアディレイラーの調整で1080円かかりました…。

まとめ

  • ディレイラーの調整は初心者には結構難しい
  • やる場合は根気よくやる必要がある
  • 自信がなかったらいじらないほうが良い

です。

僕の場合は下手にいじったせいで、ワイヤーをボロボロにしてしまったので、直してくれたお店の人にも

「ワイヤーがボロボロだから微妙だけど、とりあえず整備できたよ」

と言われてしまいました。しかし、変速機は驚くほどスムーズになりました。チェーンのカラカラ音もならなくなりました。

変速機調整が自分には大変だということが分かったので後悔はしていませんが、お店に任せれば確実に良くなるので、失敗したくない、あるいはそんなに頑張ってまで自分でやりたくないという人はおとなしく自転車屋さんに頼みましょう。

クロスバイクに関する関連記事

クロスバイクに関する記事が埋もれていて見づらかったので、全てジャンル毎に一覧にしてまとめました。

https://skcnat.info/crossbike-category/

他の記事を探す際には参考にしてみてください。

-コラム

follow us in feedly

関連記事

コラム

自転車(クロスバイク)の機械式ディスクブレーキが効かない(効かなくなった)ときの対処法

コラム

【評判】新宿のY's Roadでチューブ交換(パンク修理)してもらった感想

コラム

ロードやクロス乗りの自転車をチャリンコ呼ばわりするのは失礼なのか?

コラム

静音派が爆音ラチェットのホイールを使ってみた感想【意外と良い】

コラム

【実体験】空気抵抗が段違い!自転車で速く走りたければ上着は脱ぐべき

コラム

乗ってわかった、ディスクブレーキのクロスバイクの良いところ悪いところ

コラム

クロスバイクはフレームサイズが合ってないと股下が痛くなるので注意

コラム

【2019.3】中華カーボンホイールが激安!Aliexpressの記念セールの使い方

コラム

クロスバイクの保管方法!屋内保管が無理なら屋外保管でも全然良い

コラム

クロスバイクで長距離を高速巡航するなら軽いギアで速く回そう

コラム

クロスバイク購入で痛感…ママチャリの良さとは

コラム

クロスバイク初心者が初めて輪行をしてみた感想と注意点

コラム

自転車の車載動画をスマホで撮影する方法|スマホホルダーが便利

コラム

【実体験】クロスバイクのお尻・股下の痛みを改善する3つの方法

コラム

ディスクブレーキの干渉を調整したらめちゃくちゃ進むようになった話

コラム

ロードバイクに憧れても買わずにクロスバイクが好きでいる理由

コラム

クロスバイクを安く買うくらいなら中古パーツでロード組んだほうが良い?

コラム

普段使いの自転車をクロスバイクに変えたらこんな良いことがあったよ

コラム

大学生がクロスバイクを購入する4つのメリット
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2022 とおるの部屋