クロスバイク

ロードバイクに憧れても買わずにクロスバイクが好きでいる理由

クロスバイクを買うとロードバイクが欲しくなるっていうけど、僕は今んとこロードバイクを買うつもりはありません。

その理由を紹介します。

手軽だから

まず、クロスバイクは手軽に扱えます。

具体的にはスーパーに行ったり、通勤通学なんかの日常の用途にも気兼ねなく使えるところが魅力です。

ロードバイクだとヘルメットやレーパンを着たりしなきゃ服装と自転車が釣り合わなくて不格好になったり、家の中に収納しているために気軽に乗り回せなかったりします。

その点クロスバイクは私服で乗り回せるし、街で気軽に乗り回している人も多い。外に放置して気軽に乗り回している人も多いので、面倒くさいことを気にせずサクサク使えます。

楽なんですよね。

キャリアをつけることができるから

これはロングライドやキャンプツーリングを目的にしている人にとってはかなり重要なんじゃないかな?

僕はクロスバイクに乗って遠くに行ったり、野宿の旅をしてみたいと思っているのでここは外せません。

そもそもリアキャリアを付けるはキャリアを止めるためのダボ穴がないと取り付けるのも一苦労ですし、そもそもロードバイクにリアキャリアを付けたい人なんていないでしょう。

見た目がかっこ悪くなっちゃいますしね。

リアキャリアをつけられないと何が大変かって、体が辛いのです。

クロスバイクやロードバイクという乗り物自体、前傾姿勢で前を向いて走るという日常生活ではありえない奇妙な姿勢を強いられるものです。

これに加えて重いバックパックを背負うとなると、もう訳のわからない負荷が背中にかかります。さらに、お尻もサドルに押し付けられることで痛みが出てきます。

直立した状態で斜め45°くらいの前かがみになりつつも、顔は斜め上を向いた状態で背中は前に向かって押し続けられているのです。いかに日常ではありえない負荷かかかっているかわかるでしょう。

しかし、荷物がリアキャリアに固定されることで、意味不明な姿勢は改善せずともそこに体を押さえつけるバックパックの重さはなくなるので、上半身の疲労感も、おしりの痛みもかなり改善されると思われます。

しかしこれをロードバイクでやってしまうとロードバイクのせっかくの格好良さが失われてしまうばかりか、軽さも失われてしまいます。

丈夫さより軽さに重きをおいて作られたロードバイクの良さが全て打ち消されてしまうことになるので、クロスバイクでしかできないのです。

なので、ロングライドに必須なリアキャリアの搭載ができないロードバイクを買う予定は今のところありません。かっこいいとは思いますがね。

盗まれにくいから

これが一番の理由かもしれません。クロスバイクはロードバイクに比べてだいぶ盗まれにくいです。

なぜなら、クロスバイクのコンポはだいたいグレードが低くてパーツを持っていっても高値で売れないからです。

基本的に、スポーツ自転車を盗む人はママチャリを盗む人と違って部品を売っぱらう目的で盗む人が多いです。

しかし、クロスバイクはやっすい無名のホイールを使っていたりグレードの低いコンポ(SHIMANOだったらClarisとか)を装備していることが大半なので、盗む労力に対価が見合わず盗まれにくいようですね。

いくら高くて性能の良いロードバイクを手に入れたとしても盗まれてしまっては何も残りませんからね。

自転車の所有者からしても、クロスバイクのほうが盗まれにくいということは分かっているので駐輪するのもそれほど気を使わなくて済むため、気持ち的にも楽なのです。

頑丈、雑に扱えるから

そして、クロスバイクはもともとマウンテンバイクが進化したものなので頑丈です。

ロードバイクは自転車本体の軽量化が至上命題です。だからといって剛性がクロスバイクに劣るとは言いませんが、それでもロードバイクのほうが華奢なイメージは拭えません。

だから、クロスバイクは乗っていて安心感があります。値段がロードバイクより安いことも相まって、多少雑に扱っても大丈夫だろうと思わせてくれるんですよね。

高いロードバイクだと、気を遣ってしまって純粋に移動手段として乗り潰すことができない気がします。デコボコする道とかを飛ばす気にはなれません。

速く移動するためのツールとして乗り潰せるのがクロスバイクの魅力なのです。

結局は乗り手のフィジカルだから

ロードバイクを買うってことは、おそらくクロスバイクより高い走行性能、つまりもっと速く走りたいから買うわけですよね。

わかりますよ、ロードバイクのほうが漕いだ力が効率よくスピードに変換されるからより速く走れるのは。

けど、結局のところスピードに一番大きな影響を与えるのは、漕ぐ人の体力と脚力にほかならないんです。

僕のようなクロスバイク素人が速く走りたかったら、いいチャリンコを買うより、自分を鍛えたほうが絶対に効率が良いんですよ。

脚力と体力さえ備われば、

  • クロスバイクに大量の荷物を積み
  • 峠だらけ、トンネルだらけの坂道を
  • 20時間時速16kmで

走り続けることだってできるんです。

僕はこの動画を見てから、結局チャリンコの性能より漕ぎ手のフィジカルが一番大事なんだな、と思いました。

憧れてる人がクロスに乗っているから

結局はこれかもしれません。

僕がクロスバイクが好きな理由は、好きなYouTuberの方がクロスバイクを使って自転車の旅をしているからです。先ほどの動画の、相模原から富山まで20時間で走破した人ですね。

他にもキックボードで3日かけて同じく相模原から伊勢神宮まで行ったり、ジョギングと言って80km走ったり、毎日すごく楽しそうなことをしています。

この人はきっとフィジカルおばけで僕にそのまま当てはめるのは無理でしょうが、僕はこの人みたいな旅がしたいなと思っています。

なので、この人と同じような旅をするんだったらクロスバイクが良いかな、と思っているのも一つの理由です。

野宿できるような荷物をぶら下げて何百キロも走るとなると、華奢なロードバイクよりもクロスバイクのほうが良いんじゃないかな、と思うわけです。

まとめ→クロスバイクは最高

クロスバイクから自転車趣味にハマると殆どの人はロードバイクを買うことになると言われていましたが、僕は例外だったみたいです(笑)

クロスバイクを買って半年近く経った今でも、全然ロードバイクがほしいとは思いません。

これからも乗り倒して乗り倒して乗りまくりたいと思います。

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

クロスバイクを買ったばかりの初心者の頃は、一体何が必要なのかよくわからないと思います。

そんな方へ向けて、僕のクロスバイクのために買った(浪費した)物(金額)を全てまとめました。

https://skcnat.info/crossbike-item-i-bought/

僕の浪費記録がクロスバイクを趣味にしたい人の参考になれば幸いですw

他にもこんな記事があるよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です