言いたいこと

子供に野球嫌い、つまらないと思わせる野球部の顧問はマジで糞

日本の野球部顧問はどうしてあんなにすぐキレるクソヤローばっかりなんでしょっか?

子供に本気で心から接してる俺すげー人格者ーとでも思ってるんでしょうか??

この記事では中学校まで野球部に入っていた僕が、すぐキレて子供に野球の楽しさを教えることもできないクソ顧問の多さに問題提起していきたいと思います。

ウソです、文句言いたいだけです。 

まっすうさんの動画に触発されただけです。

※この記事ではクソ顧問などとかなりキツイ言葉を多用していますが、決して顧問の先生のすべてを否定したいわけではありません。顧問の先生が良くしてくれたところもありますし、感謝もしています。

ただ、その人のやり方が僕を野球嫌いにした原因の8割方を占めているのでその1点についてめちゃくちゃ憤っているだけです。

クソ顧問のせいで野球をやめた

僕も中学校の頃、野球部に入っていました。小学校の頃から公園で野球をやっていて、それがとても楽しかったからです。

僕の地域は小学校と中学校が近く小学校の頃の友達の多くは同じ中学校に入っていましたから、小学校で一緒に野球をしていた友達と一緒に野球をできると思ったからです。

野球は好きでした。打つのも守るのも走るのも、全部好きでした。

しかし、中学校を卒業して高校に入るころには野球は二度とやりたくないと思っていました。

実際、高校で部活を選ぶときに、同じ高校に行った同じ中学野球部員の友達に誘われましたが、結局、陸上部とテニス部しか見に行きませんでした。

高校と中学の野球部は別物だと分かってはいましたが、それくらい野球部には二度と入りたくないと思っていました。

その原因は中学校時代の部活にありました。

ミスするとすぐにキレる顧問

中学校時代の顧問はすぐキレてばっかりでした。

ノックを受けるときも、試合形式練習のときも、練習試合でも、遠征のバスのときでも。

僕がエラーすると、プレーが終わったあとすぐに「オイ!!」怒鳴り、ベンチの椅子でサングラスをかけて不貞腐れたようにふんぞり返る。

当時の僕は怒られることでプレーが萎縮し、ミスをしないことだけ考えるようになりました。

しかし、するとさらに体の動きは固くなり、更にミスを呼びます。顧問は更に怒鳴るか、明らかに不機嫌そうな表情をして椅子で頬杖をつき始めます。

そして守備が終わってベンチに戻ると顧問に、「オイ。」と呼ばれそちらにいくと説教が始まります。

説教には大きく分けて2パターンありました。でかい声を出してミスを責め、更に威嚇し始めるときもあれば、「さっきはきついこと言ったけどそれはお前のためなんだぞ」的な雰囲気を醸し出して諭し始めることもありました。

ああ優しくギャップを出す自分やっぱ教育者だなあ

とでも思って悦に浸っているのかわかりませんが、こっちからすると良い教育でもなんでもありません。怖いだけウザいだけです。

当時はそんなこと思わず、ただただ怒鳴られるのが怖くて嫌でしたが。。

そして、ミスを連発すると大抵ベンチの選手と交代させられます。こちらの攻撃が終わると

「オイ!〇〇!交代!」

と顧問の声。

もちろんミスをするのは僕が下手だからというのはあったけど、顧問が怒鳴ることで萎縮していたのは僕のようにミスる選手だけじゃなかったと思います。

実際、嫌がっている友達もたくさんいました。

次第に僕は顧問の前で野球するのが嫌いになり、気づけば顧問の前でなくともプレーするのが嫌になり、最終的には体育のソフトボールですら嫌いになっていきました。

思い通りにならないとキレる

しかも顧問のクソなところはミスったらキレるだけじゃありません。基本的に、自分の思い通りにならないとすぐキレて怒鳴り始めます。

チャンスでバッターが打てなかったり、ピンチで誰かがエラーすると地団駄を踏んでデカイ声で怒鳴ります。

「ふざけんなよ!どいつもこいつも…よォ!!やる気あんのかてめえ!!!」

何度も聞きましたこのセリフは。

教育者として、スポーツ指導者として教育のために言っているようにはどう考えても見えません。彼の怒号は完全に怒った動物のソレです。

少なくとも僕の目には、思い通りにならないと泣きわめく赤ちゃんと一緒に見えました。

ここでちょっと関係ない話に飛びますが、僕は自分の嫌いなところの一つに、機械が思い通りに動かないとすぐイライラしてしまうというのがあります。

例えばPCの反応が悪く、ブラウザのアイコンをクリックしても反応がなく何回か押したら30秒くらいしてタブが10個くらい開いたり、開きすぎたタブを1つにしようと思って閉じるボタンを押したら反応がなく、効いてないと思って何回か押したら1分後くらいに急に反応しだしてすべてのタブが閉じたりすることがあります。

ぼくは、こういう事があるとイライラしてブチギレてしまうことがたまにあり、直したいとずっと思っています。

何が言いたいかというと、顧問のキレ方がこのPCにイライラする自分のキレ方とまるで同じなんですね。

僕の場合これが完全に自分の恥部だと自覚しているので人前では絶対にこういうイライラは見せないように努力していますが、顧問の場合は少なくとも僕が在籍した2年間、ずっと生徒や保護者の見ている練習試合でこれを露呈していました。

自分の恥部を晒し続けていました。

謎のクソどうでもいい風習とそれにキレる顧問

また、野球部という部活はとても封建的(というか閉鎖的)で、本当にどうでもいい風習が数多くあります。

パッと思いつくだけでも

  • 坊主強制
  • 走るときに足を揃える
  • 特に意味がなくても練習中は何か声を出していなければならない
  • 長時間の練習こそ美学
  • 不味くても飯は大量に食え

とか。また、僕がいた野球部特有のもので言えば

  • 練習前に人生の心構え的な文章を全力で読み上げなければならない
  • どんなに遠くからでも顧問に呼ばれたら全力疾走で駆けつけないとダメ
  • 懇切丁寧に野球ノートを書く

など、今考えれば本当に不合理な風習ばかりで、成果が出ない練習であろうと思考停止で顧問の言うとおり続けていました。ほんとにクソですね。

しかし、こういうのをクソどうでもいいと思って軽んじていると顧問がキレます。

これはある日のこと。

僕らの野球部では、練習試合があると部員と顧問が別々に練習試合相手の学校まで移動します。

そして練習試合が終わると、部員は貸切バス、顧問は自家用車でそれぞれ遠征先から学校まで戻ってきて、学校で反省するのが通例でした。

その帰りのことです。

たまたま道中、僕らの乗っている貸切バスの後ろに顧問の車がつけているタイミングがありました。

普段は顧問の車のほうが先に行ってしまうことのほうが多く、それを珍しがったバスの最後列に座っていた僕の友達たちは顧問の車に向かって合図を送るようなことをしました。

そして、学校について恒例のミーティングを行うために顧問を呼び出したところ、何故か不機嫌な様子。

案の定ミーティング前に顧問はキレました。バスの中でふざけんじゃねえぞと。

そんなことでそこまでキレるか?

というか仮に本心では、バスの中で顧問に向かってふざけた態度を取る中学生を指導したい、と思ってるのだとしても、感情的にキレてるように見えては伝わるもんも伝わりません。

この他にも顧問がクソどうでもいいことでキレた場面は数え切れませんが、そもそも顧問に限らず学校というのは本当にどうでもいいことについてばかり説教してくる先生ばかりなので、ここでは割愛します。

たかが中学の部活くらい楽しくやらせて

ここまで読めばわかると思いますが、僕はこの顧問のもとで野球をやることが楽しいとは全く思えませんでした。

自分の下手さ2割、この顧問のせい8割が原因で僕は野球をプレーすることが嫌いになりました。

今思えば、顧問の先生だって

  • 土日返上で生徒の練習を見ていたり
  • 対外試合をセッティングしてくれたり
  • バスの手配をしてくれたり

大変な部分はあったと思います。中学校時代の僕は未熟で、そういうところに考えが至りませんでした。

ですが、顧問が怒鳴ったりすぐキレたりするせいで僕が野球嫌いになったのは事実ですし、僕と違ってある程度うまい友達たちも、顧問がいないときのほうが楽しそうでした。

部員の8割方は顧問をバカにしていたと思います。

こうなった理由は、顧問の熱意の向け方が明らかに間違っていたからだと思うんですよね。

勝つのは大事だが生徒を威圧する必要はない

もちろん、勝つことは大事です。

熱意を持って指導することは悪いことじゃない。

けど、そのために生徒を威圧する必要あるか?って話です。

大人になるとわからないかもしれませんが、大人に大声出して威嚇されると、中学生にとってはかなり怖いです。

しかも今大学生だからわかるけど、中学生ってかなり視野狭いです。

ネットが身近にある今どうかは知りませんが、少なくとも僕ら世代の多くの中学生にとっては、学校で見る世界がすべてみたいなところがありました。

土日も返上で部活に打ち込んでいるような生徒なら、部活の世界がすべてであるかのように思っている生徒も少なくない。

その部活で、楽しいと思っていたはずの部活で、参加するたびに怒鳴られるというのは、生徒を、人生を否定されるような感覚に陥らせかねない危険な行為です。

精神的に病む可能性だってあります。

生徒を威嚇する必要なんてこれっぽっちもないのです。

プロ養成所みたいな強豪校じゃない限り、たかだか中学校の部活なんて楽しくやらせてやればいい。

楽しくない状態で練習したって勝てないのだから。

強豪校の奴らが血の滲むような練習を重ねて強くなれるのも、その根底には、きつい練習の辛さに勝る、「野球が好きで楽しい」と思える心があるからです。

野球に限りません。

全く楽しいと思えないものを強制されることほど、無意味で耐え難いことはない。

本気で「楽しい」と思えれば、高校、大学と花開く可能性だってあります。

こんなのは綺麗事かもしれません。

ですが、野球が好きないち中学生だった者としての本音です。

中学校の部活くらい楽しくやらせてほしかった…!!!

つまらない野球はやめていい

これを読んでくれているあなたが僕と同じくクソ顧問に悩む野球部員だとしたら

辛い思いをするくらいならやめていい

と伝えたいです。あなたが野球をできる場所は、そこじゃない。他にももっといい場所が絶対あります。

生徒を威嚇するクソ顧問をクソだと思うあなたの気持ちは間違ってません。

こうは言っても、やめるのは体裁が悪いから辞めづらいと思うかもしれません。

本当に辞めづらくて、そんな面倒な思いをしてまで辞めたくないと思うならそれでもいいと思います。僕もそうでした。

ただ、本当に辛いのだとしたら、そんなことに消耗させられるあなたの人生が勿体ないので体裁なんか気にせずやめましょう。

野球以外にも打ち込める楽しいものは幾らでもあります。

中学校の部活なんて人生のほんっっっっの一部にすぎません。本当です。

 

また、これを読んでる野球部の顧問の方(ここまで読んでるはずないかw)に伝えたいのは

楽しくやらせることだけは絶対に忘れないで

と言いたいです。

僕も当時は先生の立場なんて考えすら及ばないガキ(今もかw)だったので、顧問がどれだけ大変かといった事情はわかりません。そこはごめんなさい。

ただ、楽しめない中学の部活に存在意義などありません。

どんなに苛ついても、どんなに大変でもそこだけは忘れないでいてほしいです。

それと、土日に部活手伝いすぎて消耗しすぎないように、体に気をつけてください。

現場からは以上です。

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です