【テニス】ボレーやリターンに共通するブロックショットのコツ

スポンサーリンク

サーブとストロークは強いのに、ボレーはからっきし。

 

そんな悩みを抱えていませんか?

 

僕は真逆の悩みを抱えていますw

 

この記事では、リターンとボレーはできるけどストロークとサーブがからっきしの僕が、ボレーとリターンを上達させるのに必要なたった1つのことをお伝えしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ボレーとリターンを上達させるのに必要なこと

roby0059 / Pixabay

 

それは

 

テイクバックをしない

 

ということです。

 

他にも大事なことはありますが、ストロークやサーブが打てるのにリターンやボレーは苦手という人が注意すべき点はここです。

 

 

ボレーとリターンに共通すること

 

サーブやストロークと異なり、ボレーとリターンの基本には、共通する点がいくつかあります。

 

  • テイクバックがない
  • 体の回転を使わない
  • トップスピンをかけない

 

この3つです。

 

では、これらの違いはなぜでてくるのでしょうか?

 

 

ボレー系とストローク系は根本的に違う

StockSnap / Pixabay

 

これが、リターン/ボレー系が得意な人と、サーブ/ストローク系が得意な人に分かれる理由です。

 

両者は、 ショット自体の性質が根本的に異なるのです。

 

リターンやボレーと、サーブやストロークとで決定的に異なるのは、打点まで最短距離でラケットを出すか、最大距離でラケットを出すかという点です。

 

ストロークやサーブは、ボレーやリターンに比べて準備する時間が長いため、ボールをより強くヒットするために、スイング開始から打点まで、ラケットをできるだけ長い距離加速させなければいけません

 

また、リターンやボレーに比べてボールスピードが遅いため、大きくラケットを振らないとボールが飛んでいきません。

 

大きくラケットを振るためには、体の回転を使ってより長い距離ラケットを振らなくてはいけないため必然的に体の回転を使うことにもなります。

 

 

しかし、リターンやボレーは時間がありません。ラケットを大きく引いていてはミスにつながりますし、大きなスイングがなくてもボールが飛びます。

 

したがって、リターンやボレーでテイクバックはほとんどしませんし、基本的には体の回転は使いません。

 

加速させることより、素早くセットすることを優先するわけです。

 

上記のように、飛んでくるボールのスピードの違いから

 

  • ボレーとリターン→最短距離
  • サーブとストローク→最大距離

 

というスイングの根本的な違いが生じるわけです。

 

故に、ラケットを大きく振る人はストローク/サーブがうまい傾向にあり、スイングが小さい人はリターン/ボレー系が得意になる傾向にあります。

 

 

僕は明らかに後者です。ストロークやサーブでもフォームが小さくなかなか球が飛びませんが、ボレーとリターンだけはフォームがきれいで安定しています。

 

サーブうまくなりたい。

 

 

最短距離でラケットを出そう

 

なので、リターン/ボレー系のショットを上達するためには

 

最短距離でラケットを出す

 

ことが一番大切です。そのために

 

  • 体の回転は使わない
  • 面の向きは変えない
  • 体重移動(フットワーク)でボールを飛ばす
  • テイクバックはしない

 

ことを意識しましょう。

 

ボレーやリターンが、サーブやストロークといった最大距離でボールを飛ばすショットとは根本的に別のショットであることを理解した上で、これらを意識すればリターンやボレーがいかに簡単なショットであるかが分かってくると思います。

 

リターンやボレーについての具体的なノウハウはこちらの記事にも書いているので参考までに。

 

誰でもできる!ストロークに負けないボレーの基本2つとミスしないコツ!

【テニス】ボレーは必ず小指側から握り込まなければいけない2つの理由

 

みなさんもぜひ実践してみてください!

 

それでは。

 

テニス上達ボレー
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。
大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。
コメントとかもらえると嬉しいです。

のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント