投資

社会人になったので楽天証券で積み立てNISAをはじめたよ

社会人になり安定した給料を得られるようになったので、楽天証券で積み立てNISAを始めました。

今日はその報告です。

楽天証券で積み立てNISAとはなんぞや

早い話、証券口座を作って株を買い始めたということです。

楽天証券は証券口座の1つで、積み立てNISAは国が用意している非課税枠のことです。積み立てNISA口座を使って株を買うと、本来株の運用益にかかる20%強の税金が免除されます。

要するに国が「もう年金とかで一人一人の老後のお金の面倒とか見るの無理だから、非課税枠用意して資産増やせるようにしといたわ。ちゃんと資産増やしといてな。」ってな感じで用意した政策の1つですね。

で、せっかくそんなお得な制度があるならつかっちゃいましょうということです。

株を買いはじめた理由

  • お金に働いてもらうという響きになんとなく憧れたから
  • 自分の労働が無限に続くわけじゃないと思いたかったから
  • 日々の生活に何か目標が欲しかったから

自分の労働が無限に続くわけじゃないと思いたかったから

僕の好きなYouTubeチャンネルに「Fラン大学就職チャンネル」というチャンネルがありまして、そのチャンネルで僕が一番好きな「飢と渇」という動画(原作は小説ですが)があります。

飢と渇 灰色の街 - カクヨム

その動画で主人公のうちの一人のセリフに、こんなセリフがあります。

俺達は労働を強制されているのではない。


誰でも。

…そう。誰でも資本家にはなれる。労働をしながらでも。

資本家の世界に入り込むために、毎月稼いでいるこの金を貯めればいい。
そのためには、単純な話、無駄遣いをしないことだ。

俺はそれを頑なに守っている。
意思を持って日常を過ごしてるつもりだ。

俺はこんな口だけの弱者にはならない。
言ってもしょうがないことも言わない。

ひたすら、自分の実益だけを追求してやる

初めてこのセリフを聞いて僕はすごく腑に落ちた覚えがあります。

労働って確かに強制されてないし、金を貯めれば資本家にもなれるな、って思いました。

逆に、せっかく働いているのにそのお金を一切貯めないでいるのは
資本主義という1つの軸だけで見たときに、一切レベルアップしていないんだと思うと、なんだか少し怖くなりました。

実際にはお金はただの道具なので、貯まったからってレベルアップもクソもないんですけどね。

どんなにスピードが遅かろうと、金を貯め続ければ少しずつ労働からは遠ざかってくけれど、一切貯めずにいれば
まさに「働けども働けども生活楽にならざり」なわけです。

つまり貯めれば労働は単なるその日暮らしのお金を稼ぐ行為から、自分を少しずつ労働から脱出させる行為に変わるのです。額の多寡は問わず、ただ貯めると決めるだけでいい。
それだけで労働の捉え方が変わるなら、やってみたいと思いました。

日々の生活に何か目標が欲しかったから

あとこれは後付けですが、もとからそんなにお金持ちじゃない人間にとって、あれこれ考えてお金をためる作業って結構面白いです。

お金そのものに興味があるというより、お金を増やすために色々策を巡らす行為そのものが結構楽しいです。ゲームのスコアあげみたいな感じ。

どうやって給料を増やすか、どうやって収入を増やすか、どうやってモノを安く手に入れるか。

そういう生活の端々で小さな工夫を考えつつ過ごすのも、人生に1つ軸ができたようで、また楽しいです。

積み立てNISAを始めた理由

積み立てNISAを始めたのは単にお得だからです。

運用益が非課税になるなんて金銭的にお得なのはもちろん、税金を一切申告しなくていいなんてやらない理由がありません。

NISAにしなかったのは、積み立てNISAのほうが積み立て可能な期間が長く、しかも積み立て可能な総額のほうが多いから。

どうせろくに勉強もせずやる投資で勝率を上げるには勝負のスパンをできるだけ長くする必要があるし、複利効果は期間の長さに応じて二次関数的に大きくなるし、今の自分にNISA枠を使い切れるだけの収入も貯金もないので、じゃあ積み立てNISAのほうがいいに決まってんじゃん、ってことで積み立てNISAにしました。

楽天証券で投資を始めた理由

楽天証券にした理由は

  • 楽天経済圏にどっぷり浸かっているから
  • クレカ決済で1%ポイントがたまり、再投資に使えるから
  • 楽天銀行口座を持っていて使いやすそうだったから

こんなところです。

実際に選ぶときにはSBI証券と比べて銘柄のラインナップや手数料などもう少しちゃんと考えた記憶がありますが、詳細は覚えていません。なんなら住信SBIネット銀行の口座もあるので、3つ目とかほぼ理由になってませんね。

まあ証券会社の違いについては色々詳しい方がYouTubeで動画とか出してくれているので、そちらを見た方がわかりやすいと思います。

個人的には動画で学習系コンテンツを見るのは(ペースが遅いし必要な情報を検索しづらいので)嫌いですが、今はグーグルで検索しても、体裁だけ綺麗で内容が薄く読み応えのない記事しか浮上してこないので、仕方なくYouTubeをオススメしています。

正直投資のリターンのところでそんなに劇的な差がでるような感じではなかったので、楽天ユーザーは楽天を選び、それ以外の方は雰囲気で好きな方を選んでもそんなに問題ないような気がします。

というわけで、この投資資金が20年後にいくらになるのか楽しみにまっていたいと思います。

20年後もブログをやっていたら報告します。

あと申請通ったらここら辺にアフィカスリンクを貼るので、楽天証券良さげだなって思ったらぜひ登録してください。

僕は実質時給1,000円くらいなので、僕の人生の時間が30分くらい増えます。

-投資

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋