利用しないとマジで損する神サービス(30日間無料

どれも無料期間に解約すれば1円もかかりません!

便利なサービス

【Evernote】無料メモアプリを5種類以上試した俺が1番おすすめするメモアプリ

こんにちは!

 

この記事を読んでくださっているあなたは、きっとメモアプリを探していることと思います!

 

この記事では

  • メモアプリはたくさんありすぎて、どのアプリを選べば良いのかわからない…
  • 今使っているメモの使い勝手が悪くて、違うメモアプリを探している

 

そんな迷えるメモアプリ難民の方に、5つ以上のメモアプリを使ってはアンインストールし続けた僕がおすすめのメモアプリを紹介したいと思います。

 

それではいってみましょう!

 

おすすめのメモアプリ

 

AJEL / Pixabay

 

僕が1番におすすめするメモアプリは

 

Evernote

 

というアプリです。こんなやつ。

 

Evernoteのダウンロードはこちら

 

それぞれiPhone版、Android版があるのでどちらのユーザーも使うことができます!

 

数あるメモアプリの中からなぜEvernoteがおすすめなのか、ということをお伝えします。

 

Evernoteの強み

 

Evernoteのいいところはたくさんありますが、僕が他のメモアプリと比べてここまでEvernoteを推すのは、他のメモアプリにはない特徴があるからです。

 

それは

 

  • 複数端末間で勝手に共有してくれる
  • ユーザー数の多さからくる圧倒的信頼感

 

という特徴です。

 

この2つについて詳しく説明します。

 

端末間で勝手に共有してくれる!

 

Evernoteの最大にして最強の特徴がこの自動共有機能です。

 

自動共有機能というのは、同じEvernoteアカウントに紐づけされた端末には、自動的にメモの内容が共有されるというハイパー便利機能です。

 

 

例えば、あなたがスマホA、パソコンBを持っていて、どちらにもEvernoteがインストールされているとします。どちらもあなたのあるアカウントでログインしています。

 

このとき、スマホAにメモをすると、自動的にパソコンBのEvernoteにもその内容が反映されるのです。これが自動共有機能です。

 

自動共有機能はどう役に立つ?

 

では、なぜこの機能がそんなに役立つのか。

 

 

皆さんがメモをする時を想像してみてください。

 

なにかのアイデアがふっと湧いてきたときにメモをすることが多くありませんか?

 

そういうとき、メモしたい端末がすぐ手元にあるとは限りません。

 

例えば、大学で重要な会議があるとき。パソコンは重くて持っていけないとき、その内容をスマホにメモします。でも、最終的にはパソコンでまとめたい。

 

家に帰ってから、その会議に関する資料を作るとき、PCのEvernoteを開きます。

 

すると、スマホから送らなくてもメモの内容が表示されるのです。これがとっても便利。

 

普通のメモアプリだと、共有機能と言ってもドロップボックスやメールなどでの共有をしなければいけないことが多いです。

 

しかしEvernoteならどんな端末でも自動で共有してしまいます。使ってみるとわかりますが、自動かそうでないか、この差はかなり大きいです。

 

 

このように、複数の端末をまとめて一つのメモにしてしまえる点が、Evernoteの最高の強みなのです。

 

 

ちなみにEvernoteは無料プランとプレミアムプランがあり、無料プランの共有機能では同時に2つの端末までしか共有できません

 

プレミアムプランならば複数端末での共有の上限数はありません。

 

通常プレミアムプランは5200円/年の料金がかかりますが、今なら(2017年9月現在)1ヶ月間無料でプレミアムを体験することができるとのこと。

 

無料体験とか言ってお金がかかるんじゃないの?

 

って思うかもしれませんが、「無料期間内にプレミアムを解除する」もしくは設定から「自動更新を解除」すれば、お金はかかりません

 

僕もこの方法でプレミアムの無料体験をしましたが、お金がかかることはありませんでした!

 

なので気になる人はぜひ試しに使ってみてください。結構便利ですよ。

 

プレミアムの無料体験はこちら

 

個人的には、プレミアムを使ってみてメリットを感じなければ、無料版で十分だと思います。無料版でも機能はかなり充実していますしね!

 

 

ユーザー数の多さ=信頼感

 

Myriams-Fotos / Pixabay

 

そして、Evernoteが他のメモアプリと決定的に違うのがユーザー数の多さ。

 

インストール数を見ても

  • Evernote…100000000(1億)
  • ColorNote…100000000(1億)
  • GoogleKeep…100000000(1億)
  • Clevノート…1000000(100万)
  • シンプルメモ帳…500000(50万)

※以下はだいたい10万DL以下。

 

と、圧倒的。

 

ここで並んでいる、GoogleKeepとColorNoteという2つのアプリも僕は使っていました。

 

しかし、ColorNoteは使いこんでみるとEvernoteのほうが使い勝手が良く、UI(見た目)もEvernoteのほうが洗練されていると感じました。

 

またGoogleKeepは、できることは多いのにも関わらず、デザインをシンプルにしすぎたせいですごく使い方がわかりにくいものでした。

 

そのため僕はこの3つの中ではEvernoteが一番使いやすかったです。

 

 

話がそれましたが、ユーザー数が多いアプリほど、多くの人から信頼されているアプリだと言うことです。これは

 

アプリの性能が良い
→多くのユーザーがDL
→たくさんの要望、改善点
→アプリの進化
→多くのユーザーがDL
→…以下無限ループ

 

という好循環が生まれるからです。

 

事実Evernoteアプリは、必要最低限の機能はしっかり網羅していますし、動作も安定しています。

 

消えたら困るメモだからこそ、信頼できるメモアプリに任せたいですよね。

 

これが僕がEvernoteを推す2つめの理由です。

 

 

メモアプリはEvernoteな理由まとめ!

 

 

メモアプリにはEvernoteがおすすめ

 

理由は

 

  • 複数端末間での共有機能が超便利
  • ユーザー数の多さに起因する使い勝手の良さがある

 

から。

 

今使っているメモアプリに満足している人もしていない人も、試しにEvernoteをインストールしてみてはいかがでしょうか!

 

それでは!

-便利なサービス
-, , ,

follow us in feedly

関連していそうな記事

便利なサービス

音声入力での認識ミスを一括して修正するアプリ「BLNOTE」の紹介

音声入力とても便利ですよね。しかし、音声入力をしているといつも同じような変換ミスが行われてそれを直すのがとても大変だということがあると思います。 この記事では、普段音声入力をしている僕が、音声入力の認 ...

便利なサービス

Kindle Unlimitedの無料体験を一ヶ月間使ってみた感想!正直手放しでおすすめはできん!

以前僕はKindle UnlimitedというAmazonの読み放題サービスの無料体験に登録していました。   Kindle UnlimitedとはAmazonで販売されている書籍のうち対象 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

本日のおすすめ

1

以前から、「iPadを持ってる人って何に使ってんの?」ということを疑問に思っていました。 どーせPCの代わりにはならんし、ネット動画やブラウザ使うくらいしか用途がないならスマホで足りるから買う必要なん ...

2

いろんなブロガーさんやユーチューバーの方がやっている企画をパクって当ブログでも買ってよかったもの、後悔したものランキングをやっていきたいと思います。 ちなみに2020年とか書いてますが普通に今まで僕が ...

3

スマホ代高いなあ、、 そう思っているあなたへ、スマホ代は確実に安くすることができます。 というか、日本でも節約が声高に叫ばれるようになって久しいのに、大手キャリアにスマホ代として何千円も払うのはめちゃ ...

4

AmazonユーザーなのにPrimeに登録してない大学生ははっきり言って損してる。 そう言えるくらいPrimeはいい。 「お金もらえるし、無料体験だけ使ってサッサと解約したろww」 そう思っていた僕が ...

5

カメラ…それは終わりなき沼の始まり。 僕は他にも自転車やテニスなどを趣味にしていますが、これほど金のかかる趣味はカメラしかないのでは? そう思うくらい、カメラの沼は深い(金額的に)   …わ ...

6

僕は、2019年の1月にクロスバイクを買ってから6月の今まで、クロスバイクにかなりのお金をつぎ込んできました。 「金が無い、金が無い」といいつつ、「クロスバイクは趣味だから」と半年間金を費やしてきまし ...

© 2020 とおるの部屋