【テニス】すぐ使える!シングルスでシコラーに勝つための対策を3つ紹介

スポンサーリンク

シコラーと呼ばれるプレーヤーに苦しめられたことはありませんか?

 

シコラーというのは簡単に言うと「球をひたすら返して相手のミスを待つプレースタイルの人」のことです。むかつきますよね、強いし。

 

高いロブやスライスなど入る確率の高いショットを我慢強く打ち続け、左右に振られても走って走って拾い続けるあのしぶといプレーに僕も何度煮え湯を飲まされたことか。

 

今回はこのシコラーに勝つために必要な3つのことをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

シコラーにやられた

Embed from Getty Images

 

今日、僕の所属するテニスサークルで大会があり、相手はいわゆるシコラーでした。

とにかくゆるいロブを深いところにコントロールし続けて粘って得点を狙ってくる人です。

 

初めのうちは相手の球が浅くて、ばしばしこっちのアプローチショットが決まっていたのですが、徐々に相手の球が深くなっていくにつれてなかなかミスをしてくれなくなっていき、こちらから何球も深いところに打ち込まないと甘い球が来ない状況に。

 

ロブでしこられる展開につきあうのが嫌だったので、なんとかリターンとサーブで有利な状況を作って前に出て決めてしまいたかったのですが、逆にこっちのリターンミスやサーブのダブルフォルトが増えてしまいました

 

たまにうまくいって攻めのリターンやサーブで前に出たのはいいものの、アプローチやボレーを決めきれずにパッシングやロブで抜かれてしまい思ったように得点できず、敗北

 

ラリーで我慢強く深い球を打ち込んで得点できていたゲームもあっただけに、その集中力を最後まで保ち続けられなかったことが悔やまれる試合でした。

 

シコラーを倒す3つの方法

僕はどうすればこの人に勝つことができたのか。必要なことは3つありました。

  • シコラーへの認識を改めること
  • 前後の揺さぶりや角度のついたショットを使うこと
  • ショットの確率、精度を上げること

です。

 

シコラーへの認識を改める

Embed from Getty Images

この試合に臨むまでの僕は、シコラーを特別なプレースタイルと考えていましたが、それは大きな誤解でした。

 

シコラーは特別なものでもなんでもなく、ごく当たり前なテニスの基本だったのです。

 

言い換えれば僕は、ただ自分が相手より球が入れられないだけのことなのに、それを理解せず、自分が勝てないからといって

 

アイツらは強いショットが打てないからちまちまつないでいるんだ

 

と、自分を守るために真っ赤な顔で必死にマウントをとろうとしていただけなんですね。恥ずかしい。

 

単に実力が劣っていて勝てないイライラをどうにかするため、相手にシコラーというレッテルを貼っていたに過ぎません。

 

テニスは相手より一球でも多く返さなくては勝てないスポーツです。がんがん強い球を打つことができたとしても、その強い球が70%とかしか入らないのでは絶対に勝てません。

 

プロはバコバコ速い球でウィナーをとっていますが、それは前提として、入れようとすれば球が100%入る自信があって初めて成り立つ戦術ですし、漫然と球を入れているだけでは勝てないからやっているのです。

 

つまり、テニスで強いプレーヤーというのは誰もがその前提としてシコラーであり、そこから相手を攻めることでよりポイントの確率を上げられるのがさらなる上級者なのです。

 

シコることのできないいわゆるバコラーという人たちがいるとすれば、それは単にヘタなだけです。

バコることでポイントする確率よりもミスをする確率が高くなるのなら、その人にはバコる権利もメリットもありません。

 

そんな人よりもずっとミスせず球を入れられるいわゆるシコラーの人の方がよっぽど格上です。

僕はずっとこの認識を誤っていました。

 

短く角度のついたストロークを打つ

僕はこの試合中に相手を攻略するために

 

  • 深いところに強く打ち込み続ける

 

という作戦をとっていました。

 

しかし今となってこれを見返してみると、この戦略は明らかにバカです。

深いところから深いところへロブを上げて戦ってくる相手に対して、深いところに打ち込むという戦略は明らかに相手の土俵で戦う戦略であり、得策ではありません

 

相手を走らせながら打たせればミスや浅い球が増えるのだから、当然ここでは走らせる距離を長くするべきだったのです。

具体的にはもっと短く鋭角にショットをコントロールして、相手の動く範囲を広げるべきでした。

Highlights: Nishikori Tops Federer In London 2018 Opener

↑1:01のような角度のついたショットを打てるのが理想です

 

また、僕の経験上一般的にいわゆるシコラーと言われる人は左右の動きに強い人が多いですが、前後の動きは左右ほど得意でない人が多いです。

なので、浅いスライスやドロップショットなどのように浅い球を意図的にコントロールする技術は、いわゆるシコラーを倒すのにとても効果的なのですが、僕は全く頭に浮かびませんでした。

まったくアホチンですね。

 

ショットの確率と精度を上げる

最後に大事なのは、ショット自体の確率と精度です。

 

この試合の時の僕は、上で挙げたようなシコラー攻略のための戦略を知っていたとしても、それを実行するショットの精度、確率がありませんでした

テニスでは有効なショットや作戦があっても、それをするのに半分以上ミスっていれば一生勝てません

 

そしてそれ以前に、当時の僕は基本的なショットすべてに問題が多すぎました

バックハンドもフォアハンドもボレーもスマッシュもサーブも、こうすれば絶対入るという蓋然性のあるショットがなかったのですから、その状態で自分より上級者のシコラーとやれば戦略以前に自分のミスでペースを失うのは当然です。

 

つまり

  • 基本のショットが当たり前に入る
  • シコラー攻略のためのショットが当たり前に入る

この2つがあって初めて勝てる可能性が出てくる、ということですね!

 

まとめ

Embed from Getty Images

シコラーに勝つためには

  • 「シコラーはまがい物」的な思考を改める
  • 前後の揺さぶり、角度のついたストロークでミスを誘うor浅い球を打たせる
  • あたりまえに入るショット戦略を実行できるだけ精度と確率のあるショットを習得すること

の3つが大事。シコラーはせこい戦略などではなく、テニスの基本に忠実な強い戦略です。

相手のシコラー以上に粘れることを前提にし、自信を持って相手を崩せるショットをを身につければシコラーは倒せるはずです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

関連記事

【テニス】すぐに使えるシングルスの試合で勝つための王道の作戦を伝授
テニスのシングルスで勝てないと悩んでいませんか? しかし、そんな悩みは今日で終わりです。なぜなら、テニスのシングルスで勝つには明確なセオリーがあるからです。 この記事ではシングルスで勝つために必要なたった一つの方法について説明していきま...

シングルスはひたすら真ん中に返せば勝てるぜってことを力説した記事です。

 

【テニス】試合になると打てない人が緊張しないで実力を出すカンタンな方法
「テニスの試合で緊張してプレーが萎縮する」「練習でできることができない」そんな悩みを抱える人が、試合でも緊張しないでいつものプレーができるようになるメンタル術をまとめました。ずっと緊張しいだった僕もこの方法でかなり緊張が緩和されたのでオススメです。

試合で緊張してばかりだった僕が、意識を変えただけで本当に試合で緊張しなくなったその方法をまとめた記事です。

テニス上達
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。
大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。
コメントとかもらえると嬉しいです。

のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント