仮想通貨

仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムとは?

仮想通貨について調べると有名なビットコインだけでなくいくつもの通貨があることがわかります。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムなどめちゃくちゃたくさんありますが、これらはコンセンサスアルゴリズムが異なります。

仮想通貨それぞれの違いを知るために、コンセンサスアルゴリズムとは何なのか調べていきます。

コンセンサスアルゴリズムとは

仮想通貨のブロックを追加する際、どのマイナーの計算結果を正とするかを確定するためのアルゴリズムのこと。コンセンサス(意見の一致)アルゴリズム(仕組み)。

ブロック追加(取引記録)は通常多数のマイナーのマイニング作業により決定されるが、計算ミスや悪意のある改竄も含まれるが、その場合にいずれを正しいとするかを決定するためのルール。

何か代表的なコンセンサスアルゴリズム

PoW(プルーフオブワーク)

最も早く計算を行ったマイナーの答えを正とするコンセンサスアルゴリズム。ビットコインやその他多数のアルトコインでも採用されるベーシックな仕組み。
不正をするにも膨大なマシンパワーが必要であり少数者による独占が物理的に難しい為セキュリティは強いものの、電力の大量消費が前提となっているため環境負荷が強い、マシンパワーがすべてを決めるため承認者が偏る、51%問題が発生しうるというデメリットがある。

PoS(プルーフオブステーク)

仮想通貨を多く保有している人に承認権限を与えるコンセンサスアルゴリズム。PoWのデメリットを解消するために生まれた。
大きく分けてステーキング(コインをウォレットに保有するだけで受け取れる利子みたいなもの)とPoSマイニング(コインの保有数と保有期間で算出されるCoin Ageを踏まえたPoWマイニング、Coin Ageの値が大きいほどマイニング難易度が下がる。低スペックPCでも参加可能)という2つの手法によって承認権限が与えられる。一度マイニングに成功すると取引承認を得るための評価が下がるため、特定のマイナーが独占することがないよう設計されている。
計算は要らないし電力の消費も少ないし51%問題も発生可能性は下がるが、長期保有に強くインセンティブが働くため、通貨の流動性が低いなどのデメリットがある。

イーサリアムがPoWからPoSに移行することを計画しているらしい。

PoI(プルーフオブインポータンス)

PoSの発展形。通貨の保有量だけでなく、取引回数や取引量などいくつかの指標から、当該通貨上での保有者の「重要度」をスコアリングし、その結果を基にブロック生成者を決めるコンセンサスアルゴリズム。XEM(ネム)で採用されている。ネムではブロック生成過程をマイニングではなくハーベストと呼ぶ。

PoC(プルーフオブコンセンサス)

バリデーターという特別な承認権限を持ったノードの80%以上の同意により承認がされるコンセンサスアルゴリズム。XRP(リップル)で採用。中央集権的。

DPoS(デリケートプルーフオブステーク)

PoSの発展形。通貨保有量が多い人が優先されるわけでなく、通貨保有量に応じて重みづけされた投票でブロック生成者を決めるコンセンサスアルゴリズム。LSK(リスク)で採用されている。

-仮想通貨

follow us in feedly

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2022 とおるの部屋